「味香坊@沼袋」のレポート。
沼袋駅北口「沼袋親交会」商店街にある中国と内モンゴルの料理を提供する中国料理店。

2016年7月24日創業。
オーナーは、中国の内モンゴル自治区出身。
奥様は、広島県出身の日本人。
01mikou02992
今回は、「店舗紹介編」。
02mikou02988
沼袋駅北口から、駅前の「沼袋親交会」商店街を新青梅街道方面へ歩いて左側。
中国提灯が目印。
以前「味王 沼袋店」があったテナント。
03mikou7102994
オーナーはホール担当、調理人は経験豊富な中国料理人・馬(マー)さん。
2人で切り盛り。
04mikou03043
総席数33席。
1階:21席(1人×1卓、2人×6卓、4人×2卓)。
2階:個室最大12人席。
05mikou03009
「お飲み物」のメニュー。
06mikou03010
「お飲み物」のメニュー。
中国料理店らしく、紹興酒も取りそろえている。
07mikou03012
「中国茶メニュー」。
効能も書かれているので、選びやすい。
08mikou03011
「ちょい呑みメニュー」。
ハイカラセット」だと、ハイボール/380円+唐揚げ/380円+選べるツマミ/380円=1140円で、40円お得。
生ビールセット」だと、生ビール/480円+焼き餃子/400円+選べるツマミ/380円=1260円で、160円お得となる。
09mikou03000
「サッとおつまみ とりあえず」のメニュー。
いわゆるスピードメニュー。
10mikou03001
「前菜」のメニュー。
11mikou03002
「逸品料理」。
店長のおすすめは、黒酢酢豚/720円。
12mikou03003
「逸品料理」。
「琥珀大学芋」が人気商品のようである。
大学芋は、「大正初期、東大・赤門前に『三河屋』なる氷屋があり、そこでサツマイモを揚げて、蜜にからめたところ、教授や学生から「大学いも」と親しまれるようになった。」とされている。
ということで、日本発祥の食べ物。
中国には、サツマイモの飴がけである「拔絲白薯(バースーバイシュー)」があるが、芋けんぴのようなもので大学芋とは違う。
13mikou03004
「逸品料理」。
特製マーボー豆腐は、麻辣味を効かせた本格派ぽい。
14mikou03005
「逸品料理」。
「モンゴル式ゆでラム肉/1400円」と「土鍋羊肉の海鮮と漬け白菜煮/980円」が、内モンゴル料理。
mikoubou03485
「逸品料理」。
mikoubou00408
「逸品料理」。
15mikou03006
「麺料理」。
16mikou03007
「飯・デザート・点心」のメニュー。
「モンゴル式蒸し餃子/500円」が気になる。
17mikou03008
「宴会コース料理」のメニュー。
18mikou03016
「定食メニュー」。
終日注文可能なメニューで、他に割安なランチメニューもあるようだ。
19mikou03015
夏季限定のメニュー。
冷やし担担麺・・・美味しそう。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!


味香坊(みこうぼう)

【住所・地図】東京都中野区沼袋4-1-17
【電話】03-5942-8181
【定休日】木曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-24:00
【アクセス】西武新宿線 沼袋駅北口 徒歩3分