「朝日庵@沼袋」の11回目の実食レポート。

1924年(大正13年)創業の沼袋の日本蕎麦屋。
新井薬師境内の湧き水「白龍権現水」、栃木県産「八溝蕎麦粉」を使った石臼引きの蕎麦粉で打つ蕎麦が自慢のお店。
07sansai03266
今回の逸品→「山菜盛合せ/460円」。
01asahian03249
沼袋駅前の踏切のもう一つ先(野方寄り)の踏切の近くにある。
土地勘がないと分かりにくい。
薄暗い住宅街に浮かびあがる看板と店舗入り口。
02asahian03256
今宵も蕎麦好きが集まっている。
03asahian03315
仕切りのあるテーブル席と小上がりのテーブル席で、総席数36席。
04asahian03261
「アサヒビール(中瓶)/500円(税込)」。
05otumami03259
「おつまみの柿ピー」。
06sansai03262
「山菜盛合せ/460円」。
筍、椎茸、油揚げ、キュウリ、ウズラの卵、揚げ蕎麦、ナメコ、紅生姜、大根おろし、ほうれん草、わらび(こごみ)。
予想外に豪華絢爛。
酒の肴として、最高!
08aemono03268
「ごま和え/330円」。
09natuya03281
「夏野菜の天ぷら/800円」。
10hoashi03292
花椒(ホアジャオ)入りの塩。
これは珍しい。
11natuya03293
ネタは、パプリカ、しし唐、ゴーヤ、ズッキーニ、ミニトマト、ナス、トウモロコシかき揚げ、枝豆かき揚げ、インゲン。
薄衣でサクサク。
個々の野菜の味を楽しむ。
12asahian03274
「純米吟醸 南/630円」。
高知県「南酒造場」の日本酒。
13asahian03271
フルーティーで、ウマい。
後口スッキリ。
14otuma03280
「おつまみ」。
普通はおつまみは1回こっきりだが、また付いた。
嬉しい限り。
茄子の煮びたしは、美味しい。
15asahian03298
「冷やしカレー麺/1080円」。
夏期限定の創作麺。
「インド人もビックリ⁉一度食べたらやみつき」。
16asahian03309
とてもマイルドで、優しい味わい。
単独でグビグビと飲める。
和風のカレー汁は適度にスパイシーで、食欲中枢を刺激する。
中華麺でも合いそうな汁。
蕎麦はスルスルと啜り心地が良く、シコシコとした食感。
17asahian03307
トマトとナス、水菜、ズッキーニ、カラーピーマンなどの夏野菜がてんこ盛り。
トッピングされたフライドオニオンも良いアクセント。
その他、茹で玉子。
18asahian03296
閉店時間を回り、他のお客さんがいなくなったのでここでお開き。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

朝日庵
【住所・地図】東京都中野区沼袋3-7-11
【電話】03-3386-5855
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-15:00(L.O.14:45)/17:30-20:00(L.O.19:45)
【アクセス】西武新宿線 沼袋駅南口 徒歩3分