「ボナエリ(Buona Eri)@中野」の14回目のグルメレポート。
「薬師あいロード」にあるイタリア料理店。

2012年7月30日創業。
銀座や渋谷のイタリアンレストランで修業をした静岡県御殿場市出身の勝又恵利さんがオーナーシェフ。
店名の「Buona」はGood(良い)、「Eri」はご自身の名前から。
恵利さんは双子の姉で、妹の麻利さんはパティシエをやっている。
2017年3月18日、テレビ東京「出没!アド街ック天国」で紹介された。
63buona03213
今回は、「ランチメニュー/1000円(税込)」。
3種類のパスタの中から、「ベーコンと木の子のトマトソース」を選択。
スープ・デザート・パン・ドリンクの中から、「スープ」と「デザート」の2つを選択。
51buona03214
中野駅北口より「中野サンモール」通って、「中野ブロードウェイ」を抜ける。
早稲田通りから「薬師あいロード」に入り、暫く歩いた左側にある。
52buona03155
店内は、総席数12席。
カウンター8席とテーブル4席(2人×2卓)。
調理担当の恵利さんとアシスト・ホール担当の慎一さん(通称:しんちゃん)のご夫婦で切り盛りをしている。
53buona03156
カウンター席に座るお客さんの大半は、常連さんか知り合いの方々ようだ。
ご夫婦と会話が飛び交うことから、一見さんではない。
椅子は高さがあり、下に荷物を置けるよう収納の籠が置かれている。
54buona03158
カウンター上部には、周年ごとの「開店○周年記念の色紙」や地元で神輿を担いだ時の写真が飾られている。
55buona03167
「サラダ」。
野菜は、プロシュット・クルード、レタス、トマト。
フレッシュな野菜を、ほんのり甘いドレッシングでいただく。
プロシュットの塩気が、良く合う。
56buona03173
「スープ」。
今回のスープは、クラムチャウダー。
濃厚な味わいで、身体が温まるぅ。
57buona03192
「ベーコンと木の子のトマトソース」。
58buona03202
スパゲッティの茹で加減はアルデンテ。
ソースの絡みも良く、シコシコとした歯触り。
59buona03198
頂上には、パルメザンチーズがタップリ振りかけられている。
最初にニンニクの風味が鼻腔をすり抜け、トマトの酸味とチーズのコクが口の中に広がる。
キノコの香りが余韻として残る。
60buona03199
香ばしいベーコンとしめじなどのキノコもたっぷりと入っている。
61buona03205
名脇役は、「オーリオ・ピカンテ(olio piccante)」。
ピカンテオイルは、オリーブオイルに唐辛子とニンニク、(ローズマリー)等を加えて作った香味食用油のこと。
ピ(ッ)カンテとは、イタリア語で「辛い(舌を刺すような辛さ)」と言う意味。
イタリアではタバスコはあらず、これがサーブされる。
少量振りかけると、パスタに香りと味にメリハリが付き、美味しさが増す。
62buona03210
「デザート」。
シフォンケーキは、甘味とリンゴの酸味が相俟って美味しい。
63buona03213
ジェラートで、お口をリセット。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ボナエリ (Buona Eri)
【住所・地図】東京都中野区新井1-23-24
【電話】03-6317-5242
【定休日】月曜
【営業時間】11:00-14:30/18:00-22:30(L.O.)
【アクセス】
・JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩8分
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩8分