東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2012年02月

大成食品@中野・沼袋の「麺市場・工場直売会」のレポートです。

大成食品は、1917年(大正6年)10月3日創業の製麺業の老舗。
「九段斑鳩@九段」「青葉@中野」「麺好@中野富士見町」「はやし@渋谷」「創新麺庵 生粋@池袋」など、都内の有名店がその麺を採用しています。

アンテナショップとして、「麺彩房@沼袋」や「麺彩房@五反田」なども経営しています。

チラシ-大成食品@中野・沼袋
事前に1万枚配布されたという新聞折り込みチラシ。
第1回目平成24年2月26日(日)
第2回目平成24年3月4日(日)と書かれている。
不定期でしょうが、月1回位やるようです。

今回は、たまたま通りがかった時、工場直売会をやっているのを、見つけました。

看板-大成食品@中野・沼袋
おうちで「行列店のラーメン」と書かれています。

外観-大成食品@中野・沼袋
工場と言っても、それ程大きくはありません。どの製麺所もこの位の規模なのでしょうか。
並びに「楽麦舎」という直営店もあります。

会場-大成食品@中野・沼袋
会場に入ると、壁に紅白幕が張られています。
その前に麺とスープの素が陳列されています。

麺-大成食品@中野・沼袋
つけ麺用の麺は、3玉で450円です。

陳列-大成食品@中野・沼袋
スープは色々な種類があります。
鮪出汁、アゴ出汁、担々麺の素などバラエティに富んでいます。

試食-大成食品@中野・沼袋
会場の奥では、餃子やラーメンの試食をやっていました。

購入-大成食品@中野・沼袋
折角なので、アウトレットの麺(3玉入り)×2とスープの素6種類、それにメンマを購入しました。
しめて700円台です。安いですねぇ。

麺を冷凍しておいて、後で少しずつ食べてみたいと思います。

大成食品株式会社
*************************
【所在地】東京都中野区新井2-20-9
【電話番号】03-3386-5636
【休業日】日曜
【営業時間】8:00-17:00
【最寄駅】
 〇JR中野駅北口 徒歩11分
 〇西武新宿線 沼袋駅 徒歩13分

「中野汁場 進化@新中野」のレポートです。
2012年2月25日にオープンしました。

町田の人気店「町田汁場 しおらーめん 進化」の2号店となります。
中野では、塩ラーメンではなく、小田原系醤油ラーメンを提供するとのことです。

店舗外観-進化
スゲッ、並んでいる。20~30人位。この辺りでこういう行列が出来たのは初めてではないでしょうか。

折角ですからここで、「鍋横商店街」周辺のお店について紹介しておきます。
ラーメンだと中野大勝軒系の「つけめん大勝軒」が知られていますね。
蕎麦屋では、「まつや@淡路町」の親戚筋がやっている「まつや」。
パン屋さんだと直ぐ売り切れる「ミルクロール」。
「エリヤ洋菓子店」は、“魔女の指”というチョコレートが有名です。
あと、「むさしのタマヤ」の“鍋横最中”が有名です。

ラーメンを食べて帰るだけではもったいない。
帰り際にお土産としてどうですか。

店舗外観-進化
角にお花屋さんがありますが、お店がお花屋さんの延長にも見えます。

店舗外観-進化
オープン当日なので、祝花が一杯飾られています。
せたがや店主・前島司さんや佐野実さんのもあります。

行列-進化
左の方は、「そこにラーメンがあるから」を合言葉に、1年間で1221杯のラーメンを食べた記録をもつ山本剛士さん(第6回ラーメン王)。
でも、私の目の前には
「そこに山があるから」( ̄Д ̄;)
右は、ラーメンブロガーのマッハさんです。
話は変わりますが、同じく中野区本町には「貴乃花部屋」があります。

店内-進化
ホール係は店主の奥さん。
店内はL字型のカウンター9席。

券売機‐進化
入って右側に、券売機があります。
「鯵香る醤油」シリーズは、後日の発売だとか。

卓上-進化
卓上の様子はこんな感じ。白黒のつぶ胡椒が入ったミルが置かれています。
後は、箸とレンゲと爪楊枝。

チャーシューワンタンメン+味付け玉子
お店の一押しメニューは、「チャーシューワンタンメン」です。
「小田原系」なので、特色でもある「チャーシュー」と「ワンタン」の両方を食べないと未食扱いです(嘘)。

スープは甘味のある豚出汁のスープ。
カエシが効いたキレのあるスープです。

麺は全粒粉入りの縮れの付いた中位の太さの麺です。
縮れ加減がよく、スープを持ち上げます。
スルスルと啜り心地が良く、プッツンと切れます。

もやしの下に隠れたチャーシューが4枚。箸でつかめばフルフル、口の中でホロホロと砕ける。
脂身から甘味が出ています。
ワンタン3個は、皮はピローンとした中厚。餡は大きめで、味噌が使われているような味付けです。
味玉は白身に味が染み込み、黄身がゼリー状。メンマは柔らかく美味しいです。
他には三つ葉と海苔ともやしが載っています。

さて、今日は初日ということで、長い行列が出来、待ちました。
並んでいた人の中には、同日リニューアルオープンの「牛薫る麺処 嵐風@新井薬師前」に連食をしに向かった人もいたようです。

一見さんのラーメンコレクター達の行列は、数日間で終わることでしょう。
列が引いた後、そこからが本当の勝負となることでありましょう。
風の立たないところに、ぜひ風を起こして欲しいですね。

中野汁場 進化
********************
【所在地】東京都中野区本町4-30-11 アーク新中野102
【電話】03-6382-8184
【定休日】火曜(祝日の場合はその翌日)
【営業時間】11:30-15:00/18:00-21:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩4分

「車屋 別館@新宿」のレポートです。

お店の場所は、アルタの裏側の道を紀伊国屋書店方面へ向かって少し行った所にあります。
本店は、歌舞伎町にあります。

元々は高級肉を扱う精肉業を営んできたそうです。
本店は高級料理店ですが、別館はリーズナブルな値段で食事ができます。

車屋別館@新宿-メンチカツセット
本日は、「メンチカツセット(980円)」をたのみました。

衣は粗めのパン粉で、サクサクとした心地良い食感です。
サックリと歯を立てた後、ジューシーな肉汁がジュワーッと口の中にあふれてきます。

ウスターソースの入ったグラスが添えられていますが、私は醤油派なのでそれをかけます。
学生時代、学食でよく食べていた「(紙)カツ定食」に醤油をかけることを覚えて以来、フライには醤油をよくかけます。
これが結構いけると自分では思っています。

付け合わせのポテトサラダは、美味です。
キャベツと紫キャベツの千切りは、何もかけずにいただきます。

おみそ汁は、なめこです。好物のひとつ。

ご飯とおみそ汁はお替りができます。

1杯目のご飯は、メンチカツと一緒に。
2杯目は、お茶を注いで香の物を入れてお茶漬けにして食べました。

落ち着いた雰囲気で、美味しい食事。
新宿で食事場所にあてがない時は、いつもここになります。
ご馳走さま。

【以前の実食レポート】
車屋別館@新宿|チキングリエセット

車屋 別館
**************
【所在地】東京都新宿区新宿3-21-1
【電話】03-3352-5566
【定休日】元旦
【営業時間】
 〇11:30~23:00(L.O.22:00)
 〇11:30~22:30(L.O.21:30)-日・祝日
【最寄駅】JR新宿駅東口 徒歩2分

「一軒め酒場@中野」の実食レポートです。

2010年12月22日にオープン。「養老の瀧グループ」のお店です。
おじさん達に馴染みが深いのは、やはり「養老の瀧」。
幅広い客層に浸透するために、「一の酉」や「楽顔亭」をはじめとする新業態のお店も展開しています。

一軒め酒場-外観
お店の場所は、中野駅北口右手の中央三井信託銀行前の道を北進した路地にあります。

一軒め酒場-看板
“190円”の文字が際立った看板が目印です。
「灘の銘酒 白鶴」「酎ハイ・各種サワー」が190円とは激安!!(〝ロ゛)アアアアアアアアア!!

一軒め酒場-店内
1階20席+2階60席の全席数80だそうです。
見た感じとは違って、凄いキャパですなぁ。
店内の様子はカウンター4席ほどにテーブル8卓です。

一軒め酒場-店内
カウンター席の壁には、液晶テレビが付いています。
一人でも退屈しませんなぁ。ウフフ。

一軒め酒場-メニュー
((★д★//キャー!!。ヤススグルゥ。
「バクハイ」ってなんじゃ?馬鹿輩ではないし・・・?

ビールに、ウイスキーを混ぜたものだそうです。

一軒め酒場-メニュー
メニューをざっと見ると、200円台が多いですね。

一軒め酒場-シークワーサーサワー
でもって一杯目は、「シークヮーサーサワー(200円)」。
190円って・・・税別なのね。
アルコールの濃さは、濃からず薄からず。

一軒め酒場-えいひれ
「えいひれ(263円)。
今日は、カミカミデー。長持ちするおつまみは、庶民の味方。

一軒め酒場-ポテサラ
「ポテトサラダ(231円)」
ニトリですな。キャベツと玉ねぎが多くてヘルシー。

一軒め酒場-メンチ
「メンチカツ(189円)」。
西友の45円のメンチには値段的には負けるが、肉が多めでジューシー。

一軒め酒場-おにぎり
「おにぎり梅・おかか(各100円)」。
帰りにビニコンでおにぎりを買う必要がありませんね。

“センベロ”ファンには嬉しいお店です。
センベロとは何かって? 「千円でべろべろに酔えるお店」という意味です。


一軒め酒場 中野北口店
**********************************
【所在地】東京都中野区中野5-61-10
【電話】03-3387-7801
【定休日】年末年始
【営業時間】12:00-25:00
【最寄駅】JR中央線・総武線 中野駅 徒歩3分

「銭湯 寿湯@中野・新井薬師前」のレポート。
1951年6月16日創業のお風呂屋さんです。

中野駅と新井薬師前駅の中間位の所にあります。
中野駅北口を出て中野ブロードウェイを抜けると早稲田通りに出ます。それを渡り、薬師あいロード商店街を北上して暫く歩いた左側にあります。

余談ですが、「薬師あいロード商店街」の由来は、新井薬師が目の神様なので、“アイ(eye)”と愛をかけて名付けられたとのこと。

寿湯@新井薬師前・中野
ことぶき湯に到着。
斜め前には、バルセロナに本店があるキャンディ専門店「papabble(パパブブレ)」の2号店があります。

中に入ります。
玄関内は右側にL字状に下足箱があります。
左手の自動ドアからロビーに入ります。
フロントで料金と松竹錠の鍵を渡します。
料金は450円、それにサウナ料金200円(タオル大・小付き)です。

フロントに向かって右側が男湯。
夕食時なので、先客1名。
脱衣所はそれほど広くはありません。
中央に、一畳程の腰掛けが置かれています。
浴室入口の右横に、懐かしいアナログ体重計とぶら下がり健康器が置かれています。

浴室の正面は石レンガの装飾壁になっています。
浴槽は、左から深湯、隣の浅湯は座湯、寝湯があり、右端はバイブラ湯となっています。
乾式サウナは入口の右横にあり、水風呂はバイブラ湯の前にあります。

サウナ入口の左横の場所を占拠!
カラン(蛇口)からのお湯の出方が弱々しく温度も温め。

サウナキーを使って室内に入ります。
座席は2段式で6人位座れます。その他に椅子が一台置かれいます。
ガス遠赤サウナで、温度は100度位。
BGMはクラッシックで、テレビはありません。
「サウナ5分(砂時計)⇒水風呂で冷ます」を6回繰り返しました。

風呂は寝湯に入り、〆に深湯につかりました。
寝湯は完全に寝る体制ではなく、斜めなので丁度良い角度です。
深湯は、44度位で皮膚がピリッとして気持ちが良いです。

立ちシャワーブースは2基ありますが、左側は故障中で水しか出ません。右側はレバーを引くとお湯がチョロチョロとしか出ないので、使うのをやめました。

サウナ付としては格安な設定ですが、老朽化による不備があったりしたので値段相応といったところです。
サウナ利用客が少ないので、気兼ねすることなく気ままに入れるところがメリットです。
サービス券に5回スタンプを押してもらうと1回無料になるところも嬉しいですね。

銭湯 寿湯
**************
【所在地】東京都中野区新井1-14-13
【電話】03-3387-2047
【定休日】火曜
【営業時間】16:00-1:30

「パニパニ@中野」の実食レポートです。

昭和新道商店街にある“立ち飲み”スタイルの居酒屋さんです。

パニパニ@中野-店舗外観
この昭和新道商店街に立ち並ぶお店は、一見さんにはちょっと足を踏み入れにくい雰囲気があります。
でも、大丈夫。勇気をもって飛び込めば、誰でもウエルカムです。
一人静かに飲むのも良し、居合わせた人と喋るのも良し。自由です。

お店は、早稲田通りに近い場所にあります。外から店内の様子がよく見えます。
赤い暖簾と提灯が目印。

パニパニ@中野-店内
店内はL字型のカウンターとテーブル2卓で、10人前後で満杯となります。
サクッと飲んで食べて帰るお客さんが多いので、飲むスペースは直ぐに確保できます。

一輪ざしのバラの花がオシャレですね。
3割位が女性客です。男性一人客も入れ替わり立ち替わり入店してきます。
厨房では、マスターが一人で切り盛りをしています。
奥さまは、本日はいない様子。

お酒のメニュー-パニパニ@中野
ドリンクメニューは、こんな感じ。
「ファイト一発サワー」があります。リポビタンDで割ったもののようです。
「神宮サワー」は、ヤクルトで割ったものかな?次回、確かめてみたいと思います。

フードメニュー-ぱにぱに@中野
フードメニューはこんな感じ。
スペインのバルを思い出しました。
タパス(アペタイザー/小皿料理)のように冷製も温製のおつまみが揃っています。
会話をしながら、食事をするのにはもってこいの品揃えです。

金魚-パニパニ@中野
金魚(360円)
紫蘇が浮草で、唐辛子が金魚です。
サワーの味には、紫蘇の風味や唐辛子の辛みは強くありません。
視覚的な面白さを狙ったサワーです。

お通し-パニパニ@中野
お通しです。
ふわふわ玉子に、トマトケチャップ・・・ではなく、サルサソースがよく合います。
玉子の甘みに、ピリ辛が効いていて美味スィです。

ラビオリ-パニパニ@中野
ラビオリ(320円)。
冷凍食品を揚げたものです。
サックリとした食感です。

レモンサワー-パニパニ@中野
レモンサワー(350円)。
アルコールも濃いめで、良心的と言えます。

モッツアレラチーズとトマトのカプレーゼ
モッツアレラチーズとトマトのカプレーゼ(320円)。
カプレーゼとは、トマト、モッツァレラチーズ、バジルを組み合わせたサラダのこと。カプリ風のサラダ。
プチトマトは甘味と酸味があり、チーズとよく合います。

えびとアボガドの和風あえ-パニパニ@中野
えびとアボガドの和風あえ(290円)。
アボガドと合うのが醤油味。海老のプリプリ感とアボガドのまったりとした味が良く合います。

バルのような雰囲気とスタイル、粋ですね。
良いお店発見!
ご馳走さま。

パニパニ
************
【所在地】東京都中野区中野5-49-3
【電話】03-3389-3882
【定休日】日曜
【営業時間】
 〇17:00-24:00(平日)
 〇17:00-25:00(土曜)
【最寄駅】
JR中央線・総武線他 中野駅北口 徒歩7分

「竹葉亭(ちくようてい)@銀座」のレポート。

創業は江戸末期。
当初は、京橋付近の浅蜊魚岸(あさりがし・現在の新富町)で開業。
土佐の武市半平太なども通ったその桃井道場の門前で、門下生の刀預かり所として茶屋をしていたのが、そもそもの起源。明治9年の廃刀令に前後して酒や蒲焼を供する店となった。

関東大震災を機に、本店は銀座8丁目(当時は木挽町)に移転。
屋号は、「中国で酒のことを“ササ”と称したことにちなんで『竹葉亭』と名付けられました」とのこと。

てっきり、銀座のお店が本店かと思いましたが、違っていました。
因みに、本店には大正13年に建てられた風情のある建物が残っているようです。

こちら銀座店は、明治に出店して以来戦火を免れた歴史のある店で、永井荷風の「断腸亭日乗」にも度々出て来る知る人ぞ知るというお店です。

竹葉亭 銀座店-店舗外観
場所は、銀座四丁目交差点の直ぐ近くにあります。
銀座三越の向かいに当たります。
間口はやや狭い感じです。
1階と地下は椅子席、2階のお座敷で、椅子44席、座敷30席とキャパはあります。

竹葉亭 銀座店の店内
2階座敷の窓際に座ると銀座の街並みが見下ろせ、ここが特等席です。

お品書き-竹葉亭銀座店
お品書はこんな感じです。
まず最初は、メニューの右端のものをオーダーすべしとよく申されます。
でも、ガァアアン。高すぎますから・・・。ムリムリ。

お品書
メニューの左ページです。
酒の肴には良さそうなものが揃っています。
鯛茶とか鮪茶とかが気になります。
お値段も、選び様によっては何とか・・・。

うなぎ丼A-竹葉亭 銀座店
さて、本日は「うなぎ丼A」(1890円)+きも吸(210円)。

きも吸はついておりません。
ですが、折角なのでつけてみました。

うなぎちゃんは、身が引き締まって見えます。

クンクン。フワッと立ち上る鰻の芳ばしい香り、たまらないねぇ。
端っこの焦げ目、表面の照り、なかなかです。

箸でつかむとすっと切れます。柔らかいですね。
外側がカリッとしていて、ふっくらとした焼きあがりです。
やはり、たまに食べる中国産とは違いますがな!

タレはサラッとしていて、甘ったるさはありません。
市販の物とは違い辛口です。

ご飯はお米の一粒一粒がしっかりとしていて、パラパラとしています。コクのあるタレと絡みあい美味しいですね。

きも吸も久々でしたが、これもウマッ!

雰囲気も味の一つです。銀座に出た時にはまた立ち寄りたいお店です。

ご馳走さま。

竹葉亭 銀座店
*****************************
【所在地】東京都中央区銀座5-8-3
【電話】03-3571-0677
【定休日】年末年始
【営業時間】
 〇11:30-14:30/16:30-20:00
 〇11:30-20:00(土・日・祝)
【最寄駅】
 〇東京メトロ銀座線 銀座駅 A5出口徒歩1分
 〇JR有楽町駅 徒歩6分

「南印度ダイニング@中野・新井薬師前」の実食レポートです。

2005年8月創業。
南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフが創り出す本格的な南インド料理のお店です。

南印度ダイニング-店舗外観
中野駅北口から向かって、早稲田通りを越えた「新井あいロード」沿いにあります。
店頭の黒板には、日替りメニューが記載されています。

南印度ダイニング-店内
ホール係はいつもの奥さんです。
厨房にはインド人シェフが、3人います。

ナスとレンコンのカリー
本日は、「日替りランチ(750円)を頂きます。
ワンプレートになっています。
ナンは、しっとりとしていて美味しいです。端っこも、カリカリとしていて、この芳ばしさがたまりません。
ご飯かナンかを選べますが、ナンを選んだ人には1回のみ、お替りができます。
まあ、普通ですと最初の1枚でお腹が満たされます。

今日のカリーは、野菜が中心なので甘味が甘みがありマイルドです。
ピリッとした刺激の中に、この甘味が溶け込んでいるので、辛いのが苦手な人でも大丈夫です。
具の蓮根は、サックリとした食感で美味しい。カリーと意外にも合います。

南印度ダイニング-チャイ
お口直しには、やはり「チャイ」が合います。
シナモンの風味が効いていて、ホッとした心地良い気分にしてくれます。

ご馳走さま。

***********************************************************************
南印度ダイニング
【所在地】東京都中野区新井1-23-23
【電話】03-3388-0373
【定休日】第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
【営業時間】 11:30-15:00/17:30-23:00
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩10分/西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分

「葡萄酒場@新中野」の実食レポートです。

お店の場所は、青梅街道から少し入った場所にあります。
東京メトロ丸の内線 新中野駅から3分ほど。
土地感がないとちょっと分かりにくい場所ですね。

葡萄酒場-店舗外観
アパートの1階部分が店舗といった感じです。
手づくり感のある店舗外観です。

引き戸を開けて中に入ります。
店内-葡萄酒場
ご近所のオフィスの方たちでしょうか?先客のグループがおりました。
普通の居酒屋さんを使いそうなものですが・・・。

そう、このお店の良さは、静かなこと。
手をたたいて笑う人や、憂さを晴らすようにやたら声がでかくなるような人はおりません。
お酒を飲みながら語り合うには、最適な空間ですね。
隠れ家的な雰囲気が素敵です。

タコとセロリ
最初に飲み物のレモンサワー(350円)をたのみます。
おつまみは、「タコとセロリのマリネ」450円。
若い時は、揚げものなどコッテリしたものから入りましたが、今はスッキリ系から入ることが多くなりました。
セロリのシャキシャキ感とタコのムッチリとした食感がたまりません。

チーズの味噌漬け-葡萄酒場
「チーズの味噌漬け」300円。
このお店でオーダーする頻度が高いのが、このメニューです。
本当に、旨いなぁ。他に何もいらない位。

自家製ソーセージ-葡萄酒場
「自家製ソーセージ」一本150円。
いわば、つくねですね。香辛料が適度に効いています。

ピザ-葡萄酒場
「イタリアンサラミとベーコンのピザ」650円。
葡萄酒場での〆は、ピザかパスタです。
焼きおにぎりやお茶づけは合いません。
このピザは、南イタリアンスタイルのカリカリの生地です。
サクサクとした食感で、美味しいです。

ご馳走さま。
落ち着いた雰囲気で、素敵なお店です。

********************************************
葡萄酒場
【所在地】東京都中野区本町4-19-6 石田ビル1F
【電話】03-3383-8026
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】17:30-24:00
【最寄り駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩3分

「手づくりパン ボングー@中野」にやって来ました。
新井薬師あいロードの中ほどにあるパン屋さんです。

bon goût(ボングー)は、フランス語で、「美味しい味」「質のいい」「センスのいい」という意味。
bon=良い、gout=味ということです。

ボングーの店舗外観
19時を回っていますが、まだやっています。
そちこちにありそうなパン屋さんです。
店頭に調理パンが並べられています。サンドイッチやハンバーガーなどが、半額だそうで・・・。

中からスキップをしながら(嘘)出てきた先客のマダムが、「明日は休みだから、陳列棚のパンが4個で315円でいいそうよ」と親切にも教えてくれました。

店内-ボングー
棚には、残り少なくなった調理パンが置かれています。
4個で同じ値段なら、元値が少しでも高めのものを選びます(貧乏性)。

パン-ボングー
ラップされた状態です。
ピザ+スコーン+ソーセージロールパンです。
ソーセージロールパンのラッピングがかなり頑丈です。
ヌォーーッ、手ではがれません。棒にしっかりくっついています。ハサミでチョキッとな。

調理パン-ボングー
ピザは北イタリアタイプのふっくらとした生地で、美味しいです。
スコーンは、微妙に硬かったので、火が入りすぎたもののようです。値引きされずに置かれているものもありました。
ソーセージパンは、しっとりとしたパン生地で、噛むとソーセージの皮がパキュッと弾ける感じが快感です。

ついでに、他の調理パンを紹介しておきます。
白身魚のフライのサンドイッチ200円、ナポリタンのパン150円、照り焼きチキン210円、カレーパン126円、お茶ロール126円、チーズフランス126円、クリームパン105円・・・その他たくさん。

中野サンモールや中野駅周辺にもパン屋さんが数件ありますが、ココのは素朴で素直に美味しいと言えるパンです。

ボングー(BON GOUT)
::::::::::::::::::::::::::
【所在地】 東京都中野区新井1-21-6
【電話】03-3319-7780
【定休日】9、19、29日
【最寄駅】
 〇JR中央線 中野駅 徒歩8分
 〇西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩9分
【営業時間】7:00-19:00(売り切れ次第)

このページのトップヘ