東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2012年08月

「コーヒーお酒ジャズ ロンパーチッチ(rompercicci)@新井薬師前」のレポート。

2011年10月創業。
東京中野の新井薬師前にあるコーヒーとお酒、ジャズのお店です。

ロンパーチッチ@新井薬師前-店舗外観
中野駅北口より、中野通りを直進。
カンロ本社向かいの道を薬師あいロード商店街に向かって歩くと直ぐ。
紅白のビニールの庇が目印。
外観からは、何のお店かわかりません。

ロンパーチッチ@新井薬師前-店内
店内に入って、ビックリ。
オサレな空間。
インテリア関係の雑誌で見るようなスタイリッシュな空間。
おまけに店の奥に鎮座するマニアックなスピーカーから、ジャズが流れています。
紛れもなく、ジャズ喫茶だとここで初めて分かる。

ロンパーチッチ@新井薬師前-店内
テーブルや椅子など、クラシカルな感じのものでまとめています。
ウッディな感じが、落ち着いた気分にさせてくれます。

ロンパーチッチ@新井薬師前-メニュー
こちらが、メニュー。

ロンパーチッチ@新井薬師前-メニュー
こちらは、ドリンクメニューです。

ロンパーチッチ@新井薬師前-ひよこ豆のドライカレー
今回は、「ひよこ豆のドライカレー(Lサイズ)+コーヒー(1050円)」。
正直なところ、食べ物についてはあまり期待はしていなかったんですよ。
だって、カフェや喫茶店で美味しいものに出会ったことがなかったもので・・・。
でも、このドライカレーは、本格的。
色々なスパイスが混じり合って、香り高く、食欲中枢を刺激。
挽肉の旨みとひよこ豆のポックリとした食感が相俟って、美味しい。
辛さも適度で、イケます。
ご飯とカレーをマゼマゼしながら、食べます。
箸休めに、ピクルスをかじります。

ロンパーチッチ@新井薬師前-コーヒー
食後のコーヒー。
コーヒーは注文ごとに、豆を挽いて入れています。
香りが良く、美味しいコーヒー。
ロータスのクッキーをかじりながら、飲みます。

ゆっくりと時間が過ぎていきます。

ロンパーチッチ(rompercicci)
*******************************
【住所】東京都中野区新井1-30-6第一三富ビル102
【電話番号】03-6454-0283
【定休日】月曜
【営業時間】11:00-23:00
【アクセス】
〇西武新宿線 新井薬師駅 徒歩8分
〇JR中央線・総武線他 中野駅北口 徒歩10分

「旬麺 しろ八@新宿御苑前」のレポート。
2005年9月13日創業のお店。

店名に「旬麺」とあるように、ラーメンに「旬(しゅん)」を取り入れています。
「旬」とは、季節(月)ごとにトッピングする野菜が変わります。
それも、契約農家の有機栽培のものだけを使用しています。

もちろん、スープなどには化学調味料は一切使っていません。

しろ八@新宿御苑前-店舗外観
お店の場所は、新宿御苑前駅出口2より外に出ると、目の前が新宿通り。
新宿通りと平行して走る一本北側の通り沿いにあります。
オレンジ色の壁が目印です。

しろ八@新宿御苑前-券売機
店内入って左側に、小型の券売機があります。

しろ八@新宿御苑前-限定メニュー
今回の実食レポートは、「トマティーニャ ツメタイーノ」という限定メニューです。

しろ八@新宿御苑前-店内
店内は広々としています。
厨房を囲むようなL字型のカウンター15席。
厨房スペースに、かなりの余裕があります。
スタッフは、店主の芳賀八城さん他1名。

しろ八@新宿御苑前-卓上
卓上の様子です。

しろ八@新宿御苑前-お品書き
お品書きとスープについて書かれています。

しろ八@新宿御苑前-解説
麺と旬菜について書かれています。
ワサビとニンニクは、申し出るとつけてもらえます。

しろ八@新宿御苑前-トマティーニャ ツメタイーノ
今回の実食は、「トマティーニャ ツメタイーノ」とユニークなネーミングです。
遊び心が入っています。

「新感覚ヌードル 中華ソバゲッティシリーズ第3段『冷やしトマトソース和えバジルレモン風味』」だそうです。

ルッコラ・バジル・パプリカ・レタスなどの4種類の野菜がタップリと載っています。
麺の上には、トマトペーストに、味噌を加えたオリジナルブレンドのソースがかけられています。

しろ八@新宿御苑前-麺
野菜を掻きわけて、麺を取りだします。
麺は、中太の縮れ麺です。
固めで、ゴワゴワとした感じです。

ソースと絡めていただきます。
弾力性がありますね。ボソッとした感じですが、噛むと味が出てきます。

トマティーニャ ツメタイーノ-細部
ソースは、チーズと味噌が混じり合った濃厚な味わいです。

濃いめの味なので、麺を食べる合間に、野菜を食べます。
それぞれの野菜は、瑞々しくて美味しい。甘味を感じます。

具のチャーシューは、鶏肉を塩麹で漬けこんで焼いたもの。
旨みが引き出されていて美味。

後半、レモンを搾り加えると、サッパリ、スッキリとなって爽やかな後味になりました。

もう一回、タベタイーノと思いましたが、このメニューは既に終わりました。
また、来年の夏、類似したメニューが出ることでしょう。
それまで、チャオ!

旬麺 しろ八
**************
【住所】東京都新宿区新宿1-12-1 サンサーラ第三御苑101
【電話】03-3341-0207
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】
〇11:30-21:00
〇11:30-17:00(土曜)
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅出口2 徒歩3分

「第45回 川島夜店市(川島商店街)」のレポート。

毎年、8月下旬に川島商店街振興組合主催で、青年部を中心とした「川島商店街・川島夜店市」が開かれます。
今年は、8月24日(金)、25日(土)に開催されました。
出店がたくさんあるので、買い食いするのが楽しみです。

川島夜店市-リーフレット
色鮮やかなリーフレット。
力を入れていることが分かります。
「昔ながらの元気な川島商店街」とあります。
正直なところ、お店の数が少しずつ減っているのが寂しいところです。

川島夜店市-川島商店街入口
川島商店街の入口です。
左手はお花屋さん(左)、右手は「ふたば鍼灸整骨院」。

川島夜店市-立て看板
入口付近の立て看板です。

川島夜店市(川島商店街)
「新宿さぼてん」の前で、ヨーヨー釣りが行われています。
子供より、お母さんの方が夢中になったりして・・・。

川島夜店市-焼きそば
焼きそばのお店の前に長蛇の列が出来ています。
夜店で一番長い行列かも。
大正8年創業の「大石製麺店」の麺を使用しています。
TVのアド街ック天国で紹介されたことがあるお店です。

川島夜店市-焼きとうもろこし
トウモロコシを焼いています。
茹でたものも良いですが、やっぱり焼いた醤油味のものが最高!

川島夜店市-うどん
川島商店街には、うどん屋さんが2軒あったように記憶しております。今は無いですね。
ですが、夜店ではうどんを提供する店が毎年出ております。

川島夜店市-天ぷらうどん
天ぷら入り(300円)を買いました。
関西風の昆布だしの効いた汁に、麺は冷凍麺を使っています。

川島夜店市-お好み焼き
夜店市1,2位を争う行列ができます。
関西風ではなく、東京風のお好み焼きです。
生地の上にトッピングするタイプ。
私が子供の頃食べていたのは、このスタイルのお好み焼きでした。

川島夜店市-提灯
夜空を見上げると、大きな提灯。

川島夜店市と共に、私の夏は終わって行く。
さらば夏の光よ。

第45回 川島夜店市(川島商店街)
**************************************
【場所】川島商店街
【期間】2012年8月24日(金)、25日(土)
【時間】16:00-21:00
【アクセス】
〇東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩7分
〇京王バス「東大附属高等学校前」、「弥生町3丁目」バス停より1分。

「むろや@新宿御苑前」の実食レポート。

むろや@新宿御苑前-店舗外観
四谷四丁目交差点より、外苑西通り沿いを富久町方面へ。
坂を下ってから暫し直進、到着!
暖簾で、手や口を拭いたという人はいないと思うが・・・。

むろや@新宿御苑前-店内
お店の奥の方です。

むろや@新宿御苑前-店内
つけ麺を食べる時は、ついつい猫背に・・・。私もですが。
そう言えば、器を持って食べている人は見たことがありませんね。
蕎麦猪口と違って重いもんなぁ。だから?

むろや@新宿御苑前-限定メニュー
今回の限定メニューは、「麻辣つけめん」。
麺の量が同額だと思うと、貧乏性なので多い方を頼んでしまいます。
てなわけで、中盛を。

むろや@新宿御苑前-麻辣つけめん
麺は平打ちの太縮れ麺で、甘辛く味付けされた挽肉と海老油で和えてあります。
単独でも、食べることができてしまいます。

むろや@新宿御苑前-麺
麺を汁につけて口に運び、ワッシワッシと食べます。
啜るのはちょっと厳しい。
モッチリとしていて、咀嚼すると甘味が出てきます。

むろや@新宿御苑前-つけ汁
つけ汁は花椒(ホアジャオ)が効いた刺激的な味わい。
辛みと痺れが波状攻撃をしかけ、刺激的。
もちろん、激辛仕様ではないので、度合いは適度。

具のチャーシューは、スライスとブロック状のものがゴロゴロと入っている。
共に柔らかく、ウマい。
キクラゲや具としては珍しいザーサイは、コリコリ感が楽しい。
他の具は、水菜。

最後にスープ割り。
最後の一滴まで飲み干し完食。

ラーメン むろや
******************
【住所】東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1F
【電話】03-3351-2439
【定休日】日曜
【営業時間】
 〇11:15-15:00/17:00-21:00
 〇11:15-15:00(祝日)
【アクセス】
 〇東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 徒歩5分
 〇東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩6分

「麺屋 はやしまる@高円寺」の実食レポート。

2004年10月創業。
ご主人の林信さんは、「かづ屋@目黒」出身です。
ということは、「たんたん亭」の流れをくむお店と言っても良いでしょう。

お店は、高円寺駅北口の「庚申通り商店街」から右の路地に入った目立たない場所にあります。

はやしまる@高円寺-メニュー
わんたんめんが、人気メニューです。

今回は期間限定の「担々麺(900円)」をオーダーします。
それに「わんたん(180円)」をつけます。

はやしまる@高円寺-担々麺
鶏ガラと魚介ベースの出汁に、味噌ダレと胡麻ペーストを加えたスープ。
スープ表面には、オレンジ色のラー油が浮かんでいます。

スープを一口飲んで、蒸せるような辛さはありません。
飲みやすい辛さです。
胡麻の香り高さと、味噌の甘みが合わさって、とてもクリーミーでマイルドな味わい。
飲むほどに、体の奥に染みいるようなウマさがあります。

はやしまる@高円寺-担々麺
肉味噌の上に載ったパクチーは、相性抜群。香りが心地良い。

麺は中細のストレート麺。
滑らかな口当たりが印象的です。
ムッチリとした小麦の風味が豊かな麺です。

ワンタンは、テルテル坊主型。
皮はピロピロ、餡は肉の旨みがたっぷりで美味しい。
茹でキャベツやもやしなどの野菜は、栄養補給。

美味しさに思わずスープは、完飲。

【住所】東京都杉並区高円寺北2-22-11
【電話】03-3330-6877
【定休日】水曜(祝日の場合は営業)、第2・第3火曜
【営業時間】
〇11:30-16:00/17:30-20:30(平日)
〇11:30-21:00(土曜・日曜・祝日)
【アクセス】JR中央線・総武線他 高円寺駅北口 徒歩5分

「むろや@新宿御苑前」の実食レポートです。

むろや@新宿御苑前-店舗外観
四谷四丁目交差点より、外苑西通り沿いを富久町方面へ。
坂を下りながら、到着!
暖簾が綻んでいます。

むろや@新宿御苑前-店内
昼時以外は、空いています。

むろや@新宿御苑前-メニュー
今回の限定メニューは、「冷やし中華(海老風味)」。
短期間限定なので、行ってみるまでは何が登場するか分かりません。

むろや@新宿御苑前-冷やし中華
冷やし中華と言っても、一般的な中華料理屋のものとは違います。
また、袋めんのあの味とも異なります。

具の鮮やかさが、食欲中枢を刺激します。

むろや@新宿御苑前-麺
具を掻きわけて、麺と引っ張りだします。

麺は、「浅草開化楼」製の細ストレート麺。
スルスルっと軽快に啜れる啜り心地がたまりません。
噛むとザクッという歯触り、そしてパッツンと切れる歯切れの良さ。
汁の絡みも良く美味しい。

汁は海老の風味が溢れた和風醤油味。
くどさは一切ありません。
上品なコクがあり、後を引く旨味に溢れいています。
ピリッと効く一味がアクセントになっています。

むろや@新宿御苑前-冷やし中華
ドドーンと手前に鎮座しているのは、鶏チャーシュー。
これがウマいんだな♪
元々鶏肉は淡白な味なんですが、味付と調理法で激ウマに生まれ変わっています。

紅白の生ハムに見えるのは、蟹蒲鉾。
蟹の含有量は、10%だそうです。
そこらのスーパーで手にするカニカマは、5%位なので上物です(笑)。

千切りの絹さやは、切るのに手間がかかったそうです。
干し海老はこれでもかと大量に載っています。
芳ばしい風味がプンプン匂っています。
ミョウガは、お口サッパリ。

毎日、お昼に食べても飽きのこない冷やし中華。
・・・とは言っても、数日しか提供されていませんので、悲しい。

ラーメン むろや
******************
【住所】東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1F
【電話】03-3351-2439
【定休日】日曜
【営業時間】
 〇11:15-15:00/17:00-21:00
 〇11:15-15:00(祝日)
【アクセス】
 〇東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 徒歩5分
 〇東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩6分

「TETSU 六本木ヒルズ店@六本木」の実食レポート。

2005年8月11日創業の「つけめんTETSU@千駄木本店(文京区)」の支店。
2010年12月15日オープン。

TETSU@六本木-店舗外観
「六本木ヒルズノースタワー」の地下1階にあります。
看板に、お馴染みのドンブリをかたどったロゴが入っています。

TETSU@六本木-メニュー
店頭には、メニューの一覧が貼りだされています。
カレーライスは、テイクアウトできるようです。

TETSU@六本木-券売機
タッチパネル式の券売機です。
この機会を導入しているラーメン店は、まだ少ないように思います。

TETSU@六本木-店内
カウンター14席、テーブル12席(2席×6卓)。
店内は広々とした空間です。
 
TETSU@六本木-卓上
卓上の様子です。
冷水入りのポット、割り箸、揚げネギ、胡椒、酢、楊枝、割りスープの入ったポットなどが置かれています。

TETSU@六本木-特製つけめん
今回は「特製つけめん」です。
麺は極太縮れ麺。
うどん粉用とパン用の粉をブレンドしたものです。
見るからにゴワゴワとした感じです。
すすると言うよりは、ワッシワッシと口の中に運び込んで食べるタイプです。
凄い弾力性です。噛むと歯を押し返します。
アゴが鍛えられる感じです。
何回も噛んでいると、小麦の甘みが出てきます。

TETSU@六本木-特製つけ麺
つけ汁の出汁は、ゲンコツ・鶏ガラの動物系と濃厚な魚介出汁を合せたもの。
トロンとしたトロミのあるつけ汁です。
動物系と魚介系の出汁共に、濃厚です。
足し算をたくさんしたスープです。
濃いだけに、後半少し単調になりがちですが、途中で酢や揚げ葱を加えて味変を試みます。
また、卓上に置かれたポットの割りスープを少し入れてみます。

特製の具は、別皿で提供されます。
チャーシューは、バラ肉の厚切り。トロトロで、口の中に入れるととろけます。
メンマは極太。味付けはほど良くシャクシャクとした食感。
味玉は、黄身がトロリとした絶妙な半熟具合。
他の具は小口切りのネギ、ナルト、カイワレ。

TETSU@六本木-焼き石
最後にTETSUお馴染みの「焼き石」を器に入れます。
ジュワーッと音を立て、グツグツと煮えたぎります。

熱々のスープを堪能します。
鰹出汁の割りスープで薄めたので、最後の一滴まで楽しめました。

つけめんTETSU 六本木ヒルズ店
*************************************
【住所】東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワーB1
【電話】03-3497-0154
【定休日】無休
【営業時間】11:00-23:00
【アクセス】
○東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩2分
○都営大江戸線 六本木駅 徒歩5分

「メリメロ(Meri Mero)@新井薬師前」の実食レポート。

「新井薬師門前通町栄会」商店街にあるビストロです。

西武新宿線の新井薬師前駅南口を出て、五差路南西方向に延びる「新井薬師門前通り」をまっすぐ進み左手にあります。

メリメロ@新井薬師前-店舗外観
古くからある街並みの中に、このお店は溶け込んでいます。

メリメロ@新井薬師前-暖簾
やや色あせた暖簾をくぐり、中に入ります。

メリメロ@新井薬師前-店内
店内はスタイリッシュな空間。
空席もありますが、休日はほぼ満席になります。

メリメロ@新井薬師前-店内
女性客が大半です。
ゆっくりと落ち着いた気分で、食事ができます。

今回は「meri meroコース(1500円)」で、“お魚料理”を選択しました。

メリメロ@新井薬師前-ワイン
飲み物は、珈琲・紅茶・生ビール(小)・白ワイン・赤ワインより選びます。
今回は、白ワインをたのみました。
フルーティで、口当たりが良く美味しい。

メリメロ@新井薬師前-パン
国産小麦100%使用のフランスパンです。
焼き立てで、外側がサックリ、中がしっとりしています。

メリメロ@新井薬師前-アミューズ
アミューズは、「小エビのエチュベ クミン風味」。
エチュベとは、 水や出汁をほとんど加えず、素材がもつ水分を生かした蒸し煮料理のことです。
酸味のあるスッキリとしたドレッシングでいただきます。
海老のプリプリ感が、たまりません。

メリメロ@新井薬師前-スープ
スープは、「カブとメークイーンのポタージュ」。
トロミのある円やかで濃厚な味わいで美味しい。

メリメロ@新井薬師前-魚料理
メインの「スズキのソテー・トマトソース パスタとシュープレゼ」です。

外側がカリッと揚がっていて、歯を立てるととサクッと音がします。
噛むと、ジョワーっとジューシーな脂が流れ出てきます。
トマトソースの程好い酸味が、美味しさを引き立てます。

付け合わせのシュープレゼは、芯つきキャベツをベーコンと一緒に煮込んだものです。
パスタは満腹感を、キャベツは箸休めになります。

メリメロ@新井薬師前-アイス
「山桜一番蜜アイス」。
最後は、デザートです。
蜜の甘みよりも、ヨーグルトの爽やかな酸味が口の中に広がります。
冷たくて、美味しい。

ゆったりとした空間の中で時間をかけて、美味しいものを味わう。
素敵なお店です。
ボリューム感もあり、満足。

フランス田舎料理とうまい酒 メリメロ
******************************************
【住所】中野区上高田2-54-8 アイボリーファーストビル1F
【電話】03-3387-5772
【定休日】月曜・第3火曜日
【営業時間】
 12:00-15:00(Close)/18:00-22:00(L.O)・・・水・木・金・土・日曜日
 18:00-22:00(L.O)・・・火曜日
【アクセス】
 ・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩5分
 ・JR中野駅 徒歩15分

このページのトップヘ