東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2012年09月

「麺屋武蔵 新宿本店@新宿」の実食レポート。

限定麺ねらいで、麺屋武蔵にやって来ました。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-店舗外観
外の並びはありません。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-店内
店内には、空席があります。
少し時間を外すと、余裕で座れます。
並ぶの辛いもんネ。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-券売機
券売機です。創業当初とは、メニューが変わっています。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-限定メニュー
夏季限定の2種。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-豆乳冷やし麺
今回は、「豆乳冷やし麺(850円)」。

キャッハッハッ、どう見ても日の丸。
見た目はシンプル。

キッコーマン飲料が販売する「紀文の調整豆乳」とのコラボレーションメニューだそうです。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-アイス
四角いガラスの器は、キンキンに冷やされています。
純白のスープは、貝柱、生ハム出汁の豆乳スープ。
豆乳の円やかな味わいの中に、貝柱や生ハムの滋味深い味が良く出ています。
ウマいですね。

中央に浮かぶ赤いものは、トマトベースの豆乳ラー油アイス。
単独で食べても美味しくはありません。
食べ進む中で、少しずつ溶けだして、辛みが増していくような効果をねらったものです。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-麺
麺は平打ちの太縮れ麺。
手揉みが入ったボコボコ麺です。
すすると踊るような動きをします。
縮れている分、スープを持ち上げます。
ムッチリとしていて、美味しいです。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-鶏チャーシュー
具はスープの中に隠れています。
衣をつけたムネ肉、控えめな味付けです。

麺屋武蔵 新宿本店@新宿-具
野菜は、オリンピックの五輪を意識した5色の野菜が入っています。
パプリカの赤と黄色・キクラゲ・スナップエンドウ・ヤングコーン。
これらの野菜は、柚子風味のゼリー寄せになっています。

たまに覗いてみると、面白い企画の限定メニューが出ていることがあります。
次回はどんな限定がでるのでしょうか。楽しみです。

麺屋武蔵 新宿本店
**********************
【住所】東京都新宿区西新宿7-2-6 K1ビル1F
【電話】03-3363-4634
【定休日】無休
【営業時間】11:30-22:30
【アクセス】
○都営大江戸線 新宿西口駅 徒歩3分
○西武新宿線 西武新宿駅 徒歩4分
○JR山手線・中央線他 新宿駅 徒歩8分

「旅の途中@新高円寺」の実食レポート。

住宅街にひっそりたたずむ隠れ家的な「旅の途中」にやってきました。
旅の途中@新高円寺-店舗外観
ウッディな外装。「らーめん」と書かれた看板が唯一主張をしております。

旅の途中@新高円寺-店内
店内に入ると、先客3人ほど。
「以前とビミョーに変わった~」と店長に話しかけていたので、常連さんですね。

旅の途中@新高円寺-豆乳ひやつけ
今回は、「豆乳のひやつけ(1050円)」。8月の限定。
豆乳と味噌をベースにしたつけ汁の“つけ麺”。

旅の途中@新高円寺-麺
麺は中細のストレート麺。
水で冷たく締められて、張りがあります。
一気に口の中に滑り込む啜り心地の良さがあります。
ビヨーンと伸びるしなやかさがあり、プッツンと音が出るような歯切れの良さがあります。
噛みしめると甘味が出てきます。

旅の途中@新高円寺-つけ汁
つけ汁はイエローカレーのような色をしています。
隠し味に、唐辛子ペーストとヨーグルトが加えられています。
豆乳のまろやかさが伝わり、ピリッとした辛みがアクセントになっています。
ライトな酸味は、ヨーグルトの効果でしょうか。
コクがあって、美味しい!!

旅の途中@新高円寺-具
麺の上に、パプリカ、キュウリ、チャーシュー、ミョウガが載っています。
パプリカは甘くて、シャリシャリとした食感で美味しい。
チャーシューは、しっとりとした肉質で、食べ応えがあります。
ミョウガを食べるとお口直しになります。
他の具は、水菜と付け合わせの小松菜。

麺を食べた後に、スープ割り。
優しい味わいです。一滴も残さず、飲んでしまいました。

旅の途中
************
【住所】東京都杉並区高円寺南3-16-21 ビレッヂサカエ1階
【電話】非公開
【定休日】月曜
【営業時間】
 ○11:30-16:00(らーめん旅の途中)
 ○17:00-22:00(YORU NO TABI BASARA-よるのたび ばさら)
【アクセス】
 ①東京メトロ丸の内線 新高円寺駅 徒歩6分
 ②JR中央線 高円寺駅 徒歩10分

「麺屋 はやしまる@高円寺」の実食レポート。

高円寺の路地裏の名店「はやしまる」にやってきました。
はやしまる@高円寺-店舗外観
年輩のご婦人が、自転車を止めて入ろうとしております。
常連さんでしょうね。地域に根付いて、愛されているお店の証拠です。

はやしまる@高円寺-店内
店内に入ると店主の林さんの他、女の子が接客を担当しています。
アルバイトのようです。
林さんをサポートするスタッフは数人いるようです。

はやしまる@高円寺-限定メニュー
今回の実食は「鯵の冷やしそば(880円)」。
前金制なので、オーダーと共に支払います。

はやしまる@高円寺-鯵の冷やしそば
着丼!
チャーシューの代わりに、アジのほぐし身が沢山載っています。
冷やされたスープは、酸味の強いスッキリとした味。
飲むたびにレモングラス、こぶみかんの葉、パクチーなどの香辛料の香りが鼻腔をすり抜けます。
飲んだ後に、アジの旨みが余韻として残ります。
印象としては、アジアンテイスト。タイ風かな。

はやしまる@高円寺-鯵の冷やしそば
キュウリの千切り、もやし、トマトは、シャリシャリと音がする瑞々しさ。
針生姜は薬味としてよく合います。

はやしまる@高円寺-麺
麺は自家製の中細のストレート麺。
ツルツルとしていて、啜り心地が良いですね。
噛むと張りのあるクキクキとした食感です。

はやしまる@高円寺-鯵
具の焼き鯵のほぐし身は、肉厚で味は淡泊。
エキスはスープの方に、出ています。

鯵節を使スープを飲んだことはありますが、鯵そのものを使ったものはお初。
タイ風にまとめたところが、オンリーワンと言った感じです。

麺屋 はやしまる
******************
【住所】東京都杉並区高円寺北2-22-11
【電話】03-3330-6877
【定休日】水曜(祝日の場合は営業)、第2・第3火曜
【営業時間】
〇11:30-16:00/17:30-20:30(平日)
〇11:30-21:00(土曜・日曜・祝日)
【アクセス】JR中央線・総武線他 高円寺駅北口 徒歩5分

「中野汁場 進化@新中野」の実食レポート。

町田の人気店「町田汁場 しおらーめん 進化」の2号店。
町田では「淡麗系塩ラーメン」を提供し、こちらでは「小田原系醤油ラーメン」を提供しております。

進化@新中野-店舗外観
黒を基調とした外観。一見、ラーメン屋さんに見えません。

進化@新中野-券売機
店内に入ると右側に券売機があります。
今回は、「海老の冷やしラーメン(900円)」。
限定麺のボタンをポチッとな。

進化@新中野-限定メニュー
静岡県由比漁港で水揚げされた桜海老が使用されています。
桜海老と言えば、由比が有名ですね。

進化@新中野-店内
店内の様子です。

進化@新中野-海老の冷やしラーメン
「静岡県由比漁港で水揚げされた海の宝石“桜海老”を使用し、愛知県七福醸造の最高級白醤油で仕上げた冷やしラーメンです。」とのこと。

スープは、よく冷やされています。
一口飲むと、魚介の旨みと白醤油の円やかな味わいが口の中に広がります。
スープの表面に浮かぶ油は、海老油でしょうか。
海老の芳ばしい香りが、鼻をすり抜けます。
素材の旨みがしっかり出ていて、何かが突出することなく穏やかです。
滋味深く、美味しい。
途中で気づきましたが、スープの中にジュレが入っていました。

進化@新中野-麺
麺は中太の縮れ麺。
竹打ち麺だそうです。
その特徴である縮れが、特有の啜り心地と食感をもたらします。
啜ると踊るような躍動感があります、
唇に当たる感じも心地良いですね。
スープの絡みも良く、噛んではプリッとした食感です。

進化@新中野-具
釜揚げされた桜海老がたくさん載っています。
サクッとした歯触りで、噛むほどに甘味が出てきます。
新鮮でウマい。
紫タマネギとミョウガ、スプラウトは良い箸休め。

進化@新中野-チャーシュー
チャーシューは、豚ではなく、鶏です。
肉質は柔らかく、ジューシー。

進化@新中野-メンマ
メンマは平たく、柔らかい食感。
他の具は、海苔。

食べた後は涼しくなり、心が落ち着きます。
暑いけど、もう少しがんばろう。

中野汁場 進化
********************
【所在地】東京都中野区本町4-30-11 アーク新中野102
【電話】03-6382-8184
【定休日】火曜(祝日の場合はその翌日)
【営業時間】11:30-15:00/18:00-21:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩4分

「一福@初台」の実食レポート」。

1990年10月30日創業の味噌ラーメン専門店。
ラーメン好きだったら、知らない人はいない名店です。

一福@初台-店舗外観
京王新線初台駅を降り、「新国立劇場」横の道を北に進みます。
水道道路を渡り、少し進むと「不動通り商店街」に出ます。
左折して、暫く歩くとあります。

一福@初台-券売機
店内に入り、左手に券売機があります。
旧店舗時代には、醤油や塩のメニューもありましたが、一本化しました。

一福@初台-店内
店内は、厨房を囲むようなL字型カウンター7席。

一福@初台-店内
左手奥には、テーブル6席があります。
夜はサイドメニューも加わり、お酒と肴が楽しめます。

一福@初台-菜麺
今回は、期間限定の「菜麺(880円)」+味玉(100円)」。

麺の上には、大葉の千切り・水菜・トマト・玉ねぎ・ピーナッツ・枝豆・チャーシューなど刻まれた季節の野菜が盛られています。
見た目が鮮やかで、涼しげです。

和え麺なので、野菜を少し食べた後、具と麺を和えていただきます。

一福@初台-麺
麺は中太ストレート麺。
麺をリフト。
汁がしっかり絡まっています。
ゴマも付いていますね。
汁はゴマだれベースで、軽い酸味があります。

水でしっかりと締められて、ツヤツヤしています。
滑らかな口当たりで、噛むとムチッとした粘りのある噛み応えです。

一福@初台-野菜
具のチャーシューは、少し脂っけが抜けたパサパサ感のある塊です。
ゴロゴロ入っているので、食べ応え十分です。

野菜は水菜やトマト、玉ねぎが瑞々しくて美味しいです。
それに、ピーナッツを砕いたものと枝豆などの食感が、噛むことの楽しさを教えてくれます。

一福@初台-味玉
トッピングした味玉は、味が染み込み、黄身がしっとりとした半熟具合です。

途中で、麺に練りがらしを絡めたり、レモン汁をかけたりして味変効果を楽しみました。

夏に相応しい涼しげな一杯でした。

らぁめん一福
***************
【住所】東京都渋谷区本町2-17-14 小泉ビル
【電話】03-5388-9333
【定休日】月曜・不定休有り
【営業時間】
○11:30-14:00/18:00-21:30(L.O.21:00)
○11:30-15:00(日曜・祝日)
【アクセス】京王新線 初台駅 徒歩12分

「麺屋武蔵@新宿」の実食レポート。

1996年5月創業(青山)の麺屋武蔵の新宿本店です。

麺屋武蔵@新宿-店舗外観
一頃は、店内のみならず、外に大行列ができるほどの人気店でした。
今は店内で少し待つ程度で、時間帯を選べば直ぐ座れます。
並んで待つことのストレスは解消されました。

麺屋武蔵@新宿-限定メニュー
期間限定メニューが、時折登場します。
提供が午後3時よりとか、制約があり、ハードルが高いこともあります。
ですが、原価率を考えずに開発したメニューが多いので、魅力があります。

麺屋武蔵@新宿-券売機
店内に入って、階段を数段登ったところに、券売機があります。
以前と比べ、メニューや内容も、少しずつ変わってきています。

以前チャーシューは大判のものが入っていましたが、最近は角煮に変更されています。

麺屋武蔵@新宿-店内
店内の様子です。

麺屋武蔵@新宿-宮崎風冷汁つけ麺
今回は、「宮崎風冷汁つけ麺・味玉付(850円)」。
冷汁とは、宮崎県の郷土料理です。
それをアレンジしたつけ麺です。

つけ麺の麺の量は、中盛を選択。並・中・大・特と同じ価格という出血大サービス。
これは、嬉しいですね。
ボクにとっては、300gぐらいがちょうどいい。
400gだと苦しくなる。

麺屋武蔵@新宿-麺
麺は太平打ち縮れ麺。その麺は、冷やされた和風出汁に浸かっております。
しかも、氷も入っておりますヨ。
その和風出汁を飲んでみましたが、出汁の感じが良く分かず、味がわかりませんでした。

さて、麺を持ち上げます。
平打ちの太麺ですが、手揉みが入っていて、厚みがまちまちです。

啜ると、フルフルと震えながら、口の中に飛び込んで来ます。
噛むとムッチリとした食感です。

麺屋武蔵@新宿-つけ汁
つけ汁は、味噌を鶏出汁で溶かしたものです。
甘口ではない、キリッとした味噌の味がします。
汁には酸味も加えらていて、スッキリとした後味です。

麺屋武蔵@新宿-具
つけ汁の中に、崩れた鶏団子が入っています。

麺屋武蔵@新宿-具
他には、キュウリ、ミョウガ、ネギ、豆腐など。
夏らしい具材がたくさん入っています。

麺屋武蔵@新宿-味付玉子
味玉は、味がよく染みたあんこ状の半熟具合です。

最後に、スープで割ります。
麺が浸かっていたスープを加えます。
そのまま飲んでいると、ご飯が欲しくなりました。
ご飯を投入したら、さぞ美味しかったことでしょう。

麺屋武蔵 新宿本店
**********************
【住所】東京都新宿区西新宿7-2-6 K1ビル1F
【電話】03-3363-4634
【定休日】無休
【営業時間】11:30-22:30
【アクセス】
○都営大江戸線 新宿西口駅 徒歩3分
○西武新宿線 西武新宿駅 徒歩4分
○JR山手線・中央線他 新宿駅 徒歩8分

「むろや@新宿御苑前」の実食レポート。

むろや@新宿御苑前-限定メニュー
券売機の下に、限定メニューのボードが貼られています。
短期間で入れ替わるので、レポートを書くのが大変です。
だから、いつも提供終了後の事後報告になるのヨン。

むろや@新宿御苑前-店内
店内は、やや照度を落とした暗め。
画像はいつも、修正しなければなりません。

店の奥の方には、ラーメンを熱く語っている方々が居りました。
スープは、冷めないようにネェ。

奥にある段ボールに、「ネコの焼海苔」と書かれています。
何だろう?気になる。

むろや@新宿御苑前-通常メニュー
これは、通常メニューです。

むろや@新宿御苑前-蛤の冷やし麺
これが、「蛤の冷やし麺(850円)」。
スープは、冷え冷え。透明感があります。

グビグビ。アッサリとした印象ですが、和出汁が良く効いています。
最初は鰹の出汁がフワッと来ますが、後から、蛤の出汁の旨みがジワジワ訪れます。

むろや@新宿御苑前-麺
麺は「浅草開化楼」製の細ストレート麺。

火がしっかりと入った柔らかめの茹で加減です。
啜り心地が良く、噛むとパッツンと切れる。
そして、スープの絡みが良くて、ウマい麺です。

むろや@新宿御苑前-蛤
具の蛤は、貝殻付きのもの以外にも数個入っています。

むろや@新宿御苑前-鴨チャーシュー
これは、鴨のチャーシュー。
燻煙されたもので、とても芳ばしい。
蕎麦屋で食べるのは、脂っぽさが残るものが多いですが、これは余分な脂は抜け落ちています。

噛むとスモーキーな香りが鼻をすり抜けます。
そして、ジンワリと肉汁が溢れ出て来ます。
ウマーい。
これを肴にして、ビールが飲みたいと思いました。

茗荷は、清涼感を与える薬味です。お口スッキリ。
他の具は、万能ネギ。

ラーメン むろや
******************
【住所】東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1F
【電話】03-3351-2439
【定休日】日曜
【営業時間】
 〇11:15-15:00/17:00-21:00
 〇11:15-15:00(祝日)
【アクセス】
 〇東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 徒歩5分
 〇東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩6分

「旅の途中@新高円寺」の実食レポート。

営業時間の変更がありまスた。
昼夜共に、開店時間が少し早くなりましたヨ。

旅の途中@新高円寺-店舗外観
窓の下の茶色の扉の中には、何がはいっているのだろう。
いつも気になっているんですが。
それは、ともかく、入店。

旅の途中@新高円寺-アイスドおしぼり
夏場は、紙おてふきを冷やしたものが提供されます。
首に当てると、気持ちいいネ。

旅の途中@新高円寺-ピクルス
つけ菜、いわゆる突き出しみたいなものです。
小松菜のおひたしの場合が多いのですが、今回はピクルス。
キュウリとパプリカのピクルスです。
夏場は、酢が効いているものを取ると、体がシャキッとします。
パプリカは甘味があって、美味しい。

旅の途中@新高円寺-トマトとアボカドの冷やし麺
今回は、「トマトとアボカドの冷やし麺」を頂きました。
限定メニュー(終了)。

「毎年やっています、夏の定番となりました、旅の途中風カッペリーニ。トマトとアボカドと冷たくしめた麺をオリーブオイルで和えます。」とのこと。


暫くして、冷やし麺が差し出されました。
カペッリーニとは、田舎風という意味ではナイネ。
髪の毛のような細いパスタと言う意味の様です。

冷やし麺は、中細ストレート麺の上に、トマト・アボカド・クリームチーズ・アーリーレッドが載っています。
それと、両サイドにサラダ菜が添えられています。

和え麺なので、麺と野菜をマゼマゼします。

旅の途中@新高円寺-麺
麺を引き出して、ズズズッ。
麺の表面がツヤツヤしています。
噛むとクキクキと音が出ます。

旅の途中@新高円寺-具
アボカドの甘みのある味とトマトの酸味が合わさって、美味しい。
紫タマネギのみじん切りは、シャリシャリとした歯触りを楽しむことが出来ます。

玉ねぎの下にクリームチーズがありますが、味に深みを与えています。
パスタとも、油そばとも違う和え麺。
野菜が美味しく感じられました。

旅の途中
************
【住所】東京都杉並区高円寺南3-16-21 ビレッヂサカエ1階 【お店の地図】
【電話】非公開
【定休日】月曜
【営業時間】
 ○11:30-16:00(らーめん旅の途中)
 ○17:00-22:00(YORU NO TABI BASARA-よるのたび ばさら)
【アクセス】
 ①東京メトロ丸の内線 新高円寺駅 徒歩6分
 ②JR中央線 高円寺駅 徒歩10分

「春木屋@荻窪」の実食レポート。

春木屋@荻窪-わんたん麺
今回は、「わんたん麺(1200円)。

ラーメンの価格が1000円を超えると、高いと感じるのはボクだけでしょうか。
高級なメニューに声を震わせながら、「アン・・ポン・・、イヤ、ワンタンメン」と言いました。

カウンター席の前は厨房で、調理をする過程を全て見てとれます。
フラットだけど、アリーナ席から見ているような眺め。

三代目の麺の湯切りは見事なものです。

さて、目の前に差し出されました。

透明感のある醤油色のスープ。
スープ表面に、キラリと光るラード。
このラードが、サラリとした口当たりとスープにコクを与えています。

一口飲んだ瞬間から、和風出汁の旨みが広がっていきますねぇ。
煮干や昆布の旨味が効いています。

麺は自家製の中細縮れ麺。
スルスルと啜り心地が良く、噛むとムチッと食感です。

具のモモ肉のチャーシューは、薄切りのスライス。噛み応えを残した肉質。
メンマは平たい形状で、シャクシャクとした食感。
ワンタンは、薄皮でチュルンとした口触りで、餡は少々。
他の具は、三角の海苔、小口切りのネギ。

具の一つ一つをとっても、しっかりとした仕事が施され、流石老舗。
また、気持が大きくなった時に、注文しようかと思いますゥ。

荻窪 中華そば 春木屋
***************************
【住所】東京都杉並区上荻1-4-6
【電話】03-3391-4868
【定休日】無休(年末年始休)
【営業時間】
 ○11:00-21:30頃
 ○11:00-21:00(日曜)
【アクセス】
 ○JR中央線・総武線 荻窪駅 徒歩3分
 ○東京メトロ丸の内線・東西線 荻窪駅 徒歩3分

このページのトップヘ