東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2012年11月

「むろや@新宿御苑前」の実食レポート。

むろや@新宿御苑前-店舗外観
暖簾の脆化(ぜいか)は、前回と変わらず。

むろや@新宿御苑前-店内
先客は、4人。ラオタ仲間でしょうか、ラーメン談義で盛りあがっているゥ。

むろや@新宿御苑前-秋刀魚だしらーめん
さて、今回は「秋刀魚だしらーめん(800円)」。
数日間の限定なので、既に終了しているメニュー。

むろや@新宿御苑前-秋刀魚だしらーめん
茶濁色のスープ。
節系の苦みばしった味が、舌にビンビン伝わる。
秋刀魚の風味と言うよりは、節類の基本ベースの味が勝っている。
魚介出汁が大漁旗を振りかざして、口内を駆け巡る。
これは旨い。

むろや@新宿御苑前-麺
麺は、浅草開化楼製の平打ち太縮れ麺。
最近では珍しい平打ちで、このメニューに合ったものをコーディネイト。
スープが良く絡み、噛んではムッチリとした食感。
ズズズッと鈍い音を立てながら啜る。

むろや@新宿御苑前-つみれ
これは、具のサンマのつみれ。
切り身を叩いたものなので、鮮度抜群、風味も良し。

むろや@新宿御苑前-チャーシュー
チャーシューは、ロース肉。
適度な噛み応えを残した肉質。
噛んだ瞬間、肉汁が溢れだしジューシー。

むろや@新宿御苑前-メンマ
メンマは、穂先の部分でとても柔らかい。
他の具は、ネギと水菜。

季節感を盛り込んだ素晴らしい一杯。

ラーメン むろや
******************
【住所】東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1F
【電話】03-3351-2439
【定休日】日曜
【営業時間】
〇11:15-15:00/17:00-21:00
〇11:15-15:00(祝日)
【アクセス】
〇東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 徒歩5分
〇東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩6分

「はやしまる@高円寺」の実食レポート。

はやしまる@高円寺-店舗外観
路地裏の名店。
外装の木材の色合いが渋く、重厚な感じになってきた。

はやしまる@高円寺-店内
路地裏だが認知度は高く、店内はほぼ満席。
入れ代り立ち代わりお客が入り、賑わっている。

券売機はなく、口頭注文・前金制。
以前、支払いをうっかり忘れて、外に出ようとしたお客を見たことがある。
呼び止められたお客としては、とてもばつが悪いものだ。
ということで、前金制になったようだ。

はやしまる@高円寺-冷やしらあめん
今回は、「冷やしらあめん(醤油)780円」。
どう見ても、今、提供されているものではない。
当たり。
見て、凍ってくれれば、嬉しいニャン。

はやしまる@高円寺-冷やしらあめん・醤油
山形県の“冷やしラーメン”のスタイルを取り入れたもの。

よく冷えたスープ。
一口飲むと、鰹の風味がフワーッと口内に広がる。
油分が少ないので、ダシ汁を飲んでいる感じ。
円みのある醤油の味と鰹節の出汁が相俟って、美味しい。
ワサビを溶かし入れれば、キリッとした感じに味変。

はやしまる@高円寺-麺
麺は中太のストレート麺。
張りのある艶やかな麺肌。
噛むとムッチリとして、噛むほどに甘味の出る美味しい麺。

はやしまる@高円寺-チャーシュー
具のチャーシューは、肉厚のものが2枚。
キメの細かいしっとりとした肉質。

はやしまる@高円寺-野菜
野菜は、千切りのきゅうり、もやし、小口切りのネギ。

麺屋 はやしまる
******************
【住所】東京都杉並区高円寺北2-22-11
【電話】03-3330-6877
【定休日】水曜(祝日の場合は営業)、第2・第3火曜
【営業時間】
〇11:30-16:00/17:30-20:30(平日)
〇11:30-21:00(土曜・日曜・祝日)
【アクセス】JR中央線・総武線他 高円寺駅北口 徒歩5分

管直人
早朝の三鷹駅前。
この後ろ姿は?

管直人+管源太郎
第94代内閣総理大臣-管直人氏と息子さんの管源太郎氏。

管直人
めったに訪れない機会なので、握手をしてもらい、チラシを受け取りました。

「食堂七彩@都立家政」の実食レポート。

食堂七彩@都立家政-店舗外観
食堂七彩の店舗外観。

食堂七彩@都立家政-生姜そば
今回は、「生姜そば(870円)」。
“気まぐれらーめん”という限定メニュー。

食堂七彩@都立家政-生姜そば
すりおろした生姜が、たっぷり入っています。
スープを一口飲むと、鶏のコクと醤油の味がふんわりと味蕾に染みてくる美味しさ。
ジワジワやってくるのが生姜の刺激。
たくさん入っているが嫌みは無く、飲んだ後はスッキリ。
体が徐々に温まってきます。

食堂七彩@都立家政-麺
麺は、「佐藤養悦本舗」製の中細ストレート麺。
しなやかで、滑らかな口当たり。
ソフトな食感で、スープとの相性がバッチリ。

食堂七彩@都立家政-チャーシュー
具のチャーシューは、低温調理されているので、レアな食感。
適度な噛み応えがあり、噛むほどに肉の旨味がほとばしります。

食堂七彩@都立家政-メンマ
メンマは、コリコリとした歯触りが印象的。

他の具は、小口切りのネギ。

量的にはもう少し欲しいところですが、完成度の高さに満足できます。

食堂 七彩
**************
【住所】東京都中野区鷺宮3-1-12
【電話】03-3330-9266
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-15:00/18:00-21:00
【アクセス】西武新宿線 都立家政駅 徒歩1分

「食堂七彩@都立家政」の実食レポート。

食堂七彩@都立家政-店舗外観
西武新宿線都立家政駅北口より、徒歩1分。
東京駅の「七彩@東京ラーメンストリート」に出店して以来、こちらは創作メニューを含めた展開をしています。

食堂七彩@都立家政-店内
製麺機を東京ラーメンストリートの方へ搬出したため、店内は少し広くなりました。

食堂七彩@都立家政-玉子焼き
今回は、「Bセット(970円)」。
メインは、「『茨城』スタミナ冷やし」。
それに、厚焼き玉子、自家製糠漬け、味噌汁(しじみ・長葱)のセットです。

最初に、厚焼き玉子。
ふっくらと仕上がっています。
ほんのりとした甘味があり、美味しい。

食堂七彩@都立家政-糠漬け
続いて、自家製の糠漬け。
左から、ニンジン、紫キャベツ、玉葱。
浅漬けで、適度な酸味があります。
個々の異なる食感が楽しめます。

食堂七彩@都立家政-スタミナ冷やし
続いて、「スタミナ冷やし」。
これは、茨城県のご当地ラーメンとして知られているものです。
冷やした麺の上に、野菜とレバーを炒めた熱々の具が載ります。

食堂七彩@都立家政-スタミナ冷やし
ドロッとした餡です。
冷やしと言っても、餡が熱々なので、一般的な“冷やし”とは異なります。
「かなり甘いですが、大丈夫ですか?」と聞かれましたが、本当に甘めの味付けです。
甘めの味付けですが、ブラックペッパーと一味の辛さで、味のバランスが取れています。
野菜がたっぷり入っているのが、嬉しいです。
野菜は、南瓜、ニンジン、キャベツ、花ニラ。
食べ応えあります。
その中で、花ニラがコリコリとした食感でアクセントになっています。

食堂七彩@都立家政-レバー
レバーもたっぷり入っています。
スタミナがつきそうです。

食堂七彩@都立家政-麺
麺は、稲庭うどんの老舗「佐藤養悦本舗」の特注麺(乾麺)です。
東京ラーメンストリートでは、従来の自家製麺ですが、こちらは業界では珍しい乾麺を使用しています。

麺に餡が絡まっているので、箸で持ち上げようとすると重みがあります。
具と一緒にワッシワッシと食べます。
ムッチリとした食感で、ウマい。

引き出しが多く、色々な創作メニューを繰り出すので、今後の展開が楽しみです。

食堂 七彩
**************
【住所】東京都中野区鷺宮3-1-12
【電話】03-3330-9266
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-15:00/18:00-21:00
【アクセス】西武新宿線 都立家政駅 徒歩1分

「旅の途中@新高円寺」の実食レポート。

旅の途中@新高円寺-店舗外観
住宅街にひっそりと佇む「旅の途中」。
「らーめん」と書かれたシンプルな電飾の看板が、遠くから見ると浮き出て見えます。

旅の途中@新高円寺-店内
先客は、2名。
客人は、静かに食べ、静かに帰っていきます。
そして、また一人、後客が静かに入って来ます。
厨房では、イケメン青年が、黙々と調理に専念しています。

旅の途中@新高円寺-秋のあえめん
今回は、「秋のあえめん(1050円)」。
期間限定メニュー。
オーダーをした後、最初に“季節のつけ菜”の小松菜が差し出されます。
そのまま食しても、トッピングしてもOKです。

旅の途中@新高円寺-秋のあえめん
手前に厚切りのチャーシューが切り分けられたもの。
その奥に、しめじ、エリンギ、舞茸、エノキダケなど、たっぷりのキノコ。
そして、生姜の細切りと白髪ネギが載っています。

旅の途中@新高円寺-麺
麺は「三河屋製麺」製の中細のストレート麺。
表面がピカピカと光っています。
引き締まった麺は、啜り心地が抜群で、スルスルと口の中に入って来ます。
歯を立てるとパッツンと切れます。
噛むほどに甘味が出て、美味しい。

動物系の脂は使わず、オリーブオイルを使っているので、スッキリとした後味。
生姜と醤油ダレの相性が良く、和風テイストの和え麺です。

旅の途中@新高円寺-チャーシュー
肩ロース肉のチャーシューは厚切りのものが、食べやすいように短冊切りになっています。
味付けも良く、しっとりとした肉質でウマい。

旅の途中@新高円寺-具
キノコは、種類によって異なる食感や風味が楽しめます。
白髪ネギの爽やかさが、お口の中をリフレッシュしてくれます。

月替わりのメニュー、今後も楽しみです。
秋の味覚満載の一杯でした。

旅の途中
************
【住所】東京都杉並区高円寺南3-16-21 ビレッヂサカエ1階
【電話】非公開
【定休日】月曜
【営業時間】
○11:30-16:00(らーめん旅の途中)
○17:00-22:00(YORU NO TABI BASARA-よるのたび ばさら)
【アクセス】
①東京メトロ丸の内線 新高円寺駅 徒歩6分
②JR中央線 高円寺駅 徒歩10分

↓↓↓お帰りの際は、こちらをポチッとお願いします。アリガトウ!

「むろや@新宿御苑前」の実食レポート。

むろや@新宿御苑前-店舗外観
暖簾が脆化(ぜいか)しています。
このままアーチ状にポッカリと空くと、くぐりやすいのですが(笑)。

むろや@新宿御苑前-メニュー
今回は、期間限定の「蛤と茸の冷し麺(850円)」。

むろや@新宿御苑前-店内
店内は、照度を落としているので、落ち着いた雰囲気です。

むろや@新宿御苑前-蛤と茸の冷し麺
さて、着丼。

スープ表面には、うっすらと油が浮かび、透明感のある冷製スープ。
顔を近づけると、キノコの香りがプンプン匂います。
一口飲むと、醤油、キノコ、ハマグリの順で、その旨味が口の中に広がっていきます。
寄せて来る波の如し。
ウマ~い。
ベースのハマグリの旨味が、じんわりと味蕾に染みわたります。

むろや@新宿御苑前-麺
麺はストレートの細麺。
茹で加減が絶妙です。
スルスルと啜り心地が良く、噛んではサクッと歯切れの良い麺。
噛むほどに小麦の甘みが出てきます。

むろや@新宿御苑前-蛤と茸の冷し麺
具は、青ネギ、鴨チャーシュー、しめじ、椎茸。

むろや@新宿御苑前-鴨チャーシュー
チャーシューは、燻煙された鴨肉。
余分な脂が抜け落ち、しつこさはありません。
香ばしい香りが、鼻腔をすり抜けます。
適度な噛み応えがあり、旨味が満載で旨い。
これは絶品!

むろや@新宿御苑前-キノコ
汁を含んだ椎茸は、噛むと汁がジュワっと出てきます。
しめじは、そのものの香りと味が溢れています。

ラーメン むろや
******************
【住所】東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1F
【電話】03-3351-2439
【定休日】日曜
【営業時間】
〇11:15-15:00/17:00-21:00
〇11:15-15:00(祝日)
【アクセス】
〇東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 徒歩5分
〇東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩6分

「立呑酒場 魚屋よ蔵@中野」のレポート。
2005年6月創業の元魚屋さんが営む立呑酒場。
昭和新道にあります。

魚屋よ蔵@中野-看板
ポップなポスターが飾られています。

魚屋よ蔵@中野-店内
液晶テレビが設置されているので、一人で入っても退屈しません。

魚屋よ蔵@中野-冷蔵ケース
お店に入って目の前に、冷蔵ケースが鎮座しています。
その日お薦めの刺身やおつまみが、並べられています。
鮮度も抜群です。

魚屋よ蔵@中野-酎ハイ
「焼酎ハイボール(280円)」。
このお店で一番安いのが、この酎ハイ。
アルコール分も濃く、酔いが回ります。

魚屋よ蔵@中野-鰤の刺身
「鰤の刺身(280円)」。
今回は・・・、今回もかな。
厚切りのブリをいただきます。
ウマ。
「魚屋さんが、屁をこいた。ブリ!」
古いギャグです。

魚屋よ蔵@中野-里芋煮
「里芋煮(210円)」。
冷蔵ケースに入っているおつまみは、レンジでチンをしてくれます。
味がしっかりと染みていて、美味しい。

魚屋よ蔵@中野-シューマイ
「焼売(210円)」。
これも、チンをしてもらいます。
「もう、おしゅーまい(おしまい)」。
古いギャグです。

今宵も楽しく過ごしました。
では、では。

立呑酒場 魚屋よ蔵
****************************
【住所】東京都中野区中野5-48-5
【電話番号】03-3319-8642
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】17:00-23:00(L.O.)
【アクセス】JR中野駅北口 徒歩5分

「最大元@下井草」の実食レポート。
2011年2月7日創業。
「アラカブ(カサゴ)」を使った醤油ダレのつけ麺が看板メニューです。
あと、日曜日限定で、茨城のご当地ラーメン「スタミナ冷やし」が提供されています。

最大元@下井草-店舗外観
お店の場所は、下井草駅出入り口2を出て、井荻駅方面へ直進。
住宅街にあります。

最大元@下井草-店内
店内は、L字型カウンター6席とテーブル4席。

壁には、日本ハムファイターズ関連の写真が掲示されています。
また、液晶テレビの番組でスポーツ中継が流されています。

最大元@下井草-メニュー
メニュー。

最大元@下井草-メニュー
こちらは、裏側のトッピングやサイドメニューです。

最大元@下井草-アラカブーレ
今回は、裏メニューの「アラカブーレ(700円)」です。
言わば、和え麺。

まずは、麺とタレが絡むように、マゼマゼします。
麺を引き上げ、啜る。
麺肌がツルツルしていて、滑らかな口当たりです。
麺は平打ちのストレート麺。
表面がしっかりとしていて、中はムッチリとした食感で美味しい。

タレは油少なめで、アラカブの風味と旨みがしっかりと出ています。
それと共に、たっぷりと入った生姜が刺激的です。

最大元@下井草-アラカブーレ
具のチャーシューは、厚切りの短冊状のものが3枚。
しっとりとした肉質で、ジューシー。
珍しい具として、「式見かまぼこ」が載っています。
味が濃くて美味しい。
味玉は、黄身がゼリー状の半熟具合。
メンマは柔らかく、シャクシャクとした食感です。
他には、海苔とネギがついています。

つけめん最大元
******************
【住所】東京都杉並区下井草4-32-18
【電話】03-6795-5515
【定休日】水曜日
【営業時間】
○11:30-15:00/18:00-翌1:00
○11:30-18:00(日・祝)
【アクセス】西武新宿線 下井草駅 徒歩5分

「第19回チャランケ祭2012」のレポート。

日時:
・11月3日(土曜)11:00~
・11月4日(日曜)10:00~

会場:中野駅北口広場
※JR・東西線・中野駅北口改札を出て、左手のエスカレーターを昇ってすぐ。

チャランケ祭-会場
幟がたくさん立っていますね。
歌声も聞こえてきます。

「チャランケ祭」とは、アイヌと沖縄人の出逢いから始まった祭とのこと。
1994年から中野駅北口広場(2011年のみ新井薬師梅昭院境内で開催)で行われ、今年は第19回目となります。

踊りや歌などの民俗芸能や文化を通じて人と人がふれあい、交流を深めることを目的に行われています。

「チャランケ」とはアイヌの言葉で「とことん話し合う」という意味。
「チャーランケ」は、沖縄で「消えんなよぉ」という意味の言葉だそうです。

中野駅北口広場
会場には、テーブルが用意され、宴が始まっています。

チャランケ祭-出店
アイヌ料理の「ハルコロ」というお店です。
イモと片栗粉を練って焼いた「シト」、鹿肉の煮込み「ユク煮込み」などがありました。

チャランケ祭-コンサート
丁度、沖縄民謡の演奏が行われていました。
その他、アイヌ舞踊、エイサー、東北地方の郷土芸能など、たくさんの出し物がありました。

アイヌと沖縄人の出会いから始まったというお祭だそうですが、繋がりは「チャランケ」という言葉だけではないようですね。
先日の新聞の記事の中に、アイヌ民族と沖縄人のDNAが極めて近いと書いてありました。
それをさかのぼれば、縄文人のDNAということでしょうか。

全国的に見ても、アイヌと沖縄人が交流する機会や場はほとんどないのでは・・・と思いますが、この中野の地で19年も続いているというのは凄いものです。
今後も続いて欲しいものですね。

蛇足ですが、
アイヌ語を起源とする地名には、「能登」、「鎌倉」、「江戸」、「日暮里」・・・et cetera。
アイヌ語を起源とする言葉では、「トナカイ」、「ラッコ」、「シシャモ」、女性雑誌の「nonno(花)」などがあります。
では、では。

このページのトップヘ