東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2013年03月

「路傍@中野」の実食レポート。
1961年(昭和36年)創業の中野の老舗の居酒屋。
現在のご主人のお母さんが初代。

先代を継いで、脱サラした二代目夫婦が切り盛りをしている。

路傍@中野-店舗外観
場所は、中野駅北口からサンモールを直進し、ブロードウェイ入口手前の路地を右に入り、暫く歩いた左側。

路傍@中野-暖簾
店頭には、メニュー表が掲げられてはおらず、店内の様子も窺い知ることが出来ない。
ちょっと不安。
暫し、「路傍の石」の状態となる。
無謀にも、路傍に突入!

路傍@中野-店内
店内は、Jの字型のカウンター8席。
カウンター内には、小さな囲炉裏と自在鍵がぶら下がっている。
また、古びた調度品が隅々に垣間見ることができる。
先代の時には、文人墨客が出入りしていたようである。

路傍@中野-店内
カウンタ席の前に、二代目店主夫妻が立っている。
ヤバい。対面式だよ。どうしよう。
距離が近すぎる。

カウンター内右手には「千福」の四斗樽が積み上げられている。

路傍@中野-店内
卓上には、旬の野菜が陳列。
左のお客さんは、70代の女性。
右手は、40代の男性。
共に太公望と言うことで、釣り好きの人達。
因みにボク、小学校時代に釣り堀に行ったこと数回のみ。
どうしよう。

路傍@中野-千福
取りあえず、「千福(800円)」の冷やを頼む。
飲み物は、広島の「千福の樽酒」とビール、ウイスキーのみ。焼酎は置いていない。

樽から注がれた「千福」の升酒が差し出される。
杉の香りが、良い香り。
さっぱりとした飲み口で、添えられた塩をなめつつ、グイグイと飲めてしまう。
美味しいね。
釣りの話で盛り上がる店内。
話題に入れないボク。
どうしよう。

路傍@中野-イカの煮付け
メニューが書かれた札は壁に掛かってはいるものの、値段が記載されていない。
どうしよう・・・と思った時、さりげなく「イカの煮付け」が差し出される。
頼んでいないんだけど・・・。
でも、おふくろの味、美味しいね。

路傍@中野-ほうれん草のおひたし
黙々と飲んでいると、左の女性と釣りの話を。
よく分からんけど、聞いているだけで面白い。
知っていたらもっと面白かろう。

さりげなく、「ほうれん草のおひたし」が差し出される。
頼んでいないのだけど・・・。
でも、鰹節とゴマがたっぷりと振りかけられていて美味しい。

後で知ることには、「きみの玉手箱(800円)」が名物だそう。
山芋とうずらの卵を蒸し焼きにしたもの。

緊張して飲むのは久々だが、うちとければ楽しいお店。
飲んだら皆友だち。

あなたも一度勇気を出して、飛び込んでみて下さい。
扉を開けた瞬間、一度にたくさんの視線を浴びることがあっても、決してめげないで下さい。

樽酒 路傍(ろぼう)
************************
【住所】東京都中野区中野5-55-17
【電話】03-3387-0646
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】18:00-24:00
【アクセス】JR中央線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩5分

「スタンディングワインバー アワ(awa)@中野」の実食レポート。

ふれあいロードにある「awa」に再訪。

awa@中野-店舗外観
「魚だしらーめん 菜華@中野」の隣。
小窓から、ワインボトルが並んでいるのが見える。

awa@中野-店内
黒板に、メニューが書かれている。
さて、何にしようか。

awa@中野-フードケース
フードケースの中にもおつまみが色々と陳列されている。
タパスだね。京都のおばんざいみたいでもある。

awa@中野-ワイン
ワインが冷されている。
赤ワインは常温で、とも言われているが、冷えている方が好み。

awa@中野-エスト エスト エスト
今回のセレクトは、「エスト エスト エスト(380円)」
イタリア製の白ワイン。
以前、家で飲んだ記憶がある。
スッキリ、キレのあるワイン。
ヴォーノ。
量は、ピッコロ。

awa@中野-マスタード ジャーマンポテト
肴は、「マスタード ジャーマンポテト(380円)」

まてよ・・・、ワインはイタリア製、肴はドイツ風。
フレンチオンリーではないのね。
でも、楽しめる。

〆に、「魚だしらーめん 菜華」はいかがですか。

standing wine bar awa
************************
【住所】東京都中野区中野5-55-3
【電話】03-5942-9255
【定休日】無休
【営業時間】18:00-翌3:00
【アクセス】JR中央線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩5分

「スタンディングワインバー アワ(awa)@中野」の実食レポート。
「株式会社 AVANTI 」が運営するお店。
中野駅北口の立ち食いの蕎麦屋「さかい」横の路地に入ったところにある「立ち飲み 泡@中野」の姉妹店。

その他系列店として、「BAR SARTO(サルト)中野店」「BAR SARTO(サルト)荻窪店」「BAR JILET(ジレ)@神楽坂」「パブリックバーコリンズ@中野」などがある。

awa@中野-店舗外観
お店の場所は、中野駅北口の「ふれあいロード」にある。
ラーメンの名店「菜華@中野」の隣。

awa@中野-看板
この置き看板が目印。

awa@中野-店内
店内は、スタイリッシュで、オシャレな雰囲気。
ワインボトルが、ズラッと並んでいる。
でも、10人入れるかどうかはビミョーなスペース。

awa@中野-店内
カウンターの前に立つと、ヨーロッパのバールにいるような気分になる。
立ち飲み=オヤジというイメージだが、ワインバーなので女性客やカップルが多い。

帰り際、スタッフが出口まで出てきて見送りをしてくれるのが気持ちいい。

awa@中野-メニュー
こちらは、黒板に書かれたメニュー。

awa@中野-メニュー
こちらは、ワインリスト。

awa@中野-フードケース
フードケースに、おつまみが色々陳列されている。
目で楽しめる。

awa@中野-ワイン・バルデルバ
今回のセレクトは、「バルデバ(380円)」。
スペイン産の赤ワイン。
グラスをクルクル回して、香りを楽しむ・・・ということはしない。
あくまで、立ち飲み。
おやじ臭く、チビリチビリと舐めるように飲む。
渋みがなく、飲みやすい。
そして、フルーティ。

awa@中野-サワラのマリネ
おつまみは、「サワラのマリネ(380円)」
サワラは、元々淡白な味わいだが、マリネにすると美味しいね。
家でも試してみよう。

センベロ(千円でベロベロに酔える)のお店ではないが、お立ち寄りの一軒としては楽しめる。
〆に、「菜華」でラーメンを一杯というのはいかが。

standing wine bar awa
************************
【住所】東京都中野区中野5-55-3
【電話】03-5942-9255
【定休日】無休
【営業時間】18:00-翌3:00
【アクセス】JR中央線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩5分

桜のシーズン到来。
中野通り沿いを歩いてきました。

中野通り・新井交差点-桜の名所
中野通りと早稲田通りとが交わる「新井交差点」から見た景色です。
右側に、「丸井本社ビル」があります。

中野通り・新井交差点-桜の名所
回れ右をして、新井薬師前方面を見たところです。

中野通り・新井五差路交差点-桜の名所
新井五差路交差点から見た景色です。

中野通り・新井小学校交差点-桜の名所
新井小学校の前に、陸橋があるのですが、ここから眺める桜が素敵です。

中野通り・新井小学校交差点-桜の名所
反対側の景色もとても素敵。
4月までもつのでしょうか。

「哲学堂公園」にやって来ました。

哲学堂公園は、東京都中野区の区立公園。

哲学堂公園-桜の名所
妙正寺川沿いに、桜の木が植わっています。
その下には、花見客がたくさんおりました。
場所取りが、大変そう。

哲学堂公園
**************
【所在地】中野区松が丘1-34
【アクセス】西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩12分

「新井薬師 梅照院@新井薬師前」にやってきました。

新井薬師 梅照院-桜の名所
桜満開!

新井薬師 梅照院-桜の名所
奥に真っすぐ進むと、「新井薬師公園」の方に抜けます。
そこではブルーシートを敷いて、花見を楽しんでいる人で賑わっていました。
「中野通り桜まつり」まで、桜はもつでしょうか。

真言宗豊山派 新井薬師 梅照院薬王寺
**********************************************
【所在地】東京都中野区新井5-3-5
【電話】03-3386-1355
【最寄駅】西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩5分

「丸信@荻窪」の実食レポート

1950年(昭和25年)7月創業。
荻窪ラーメンを代表する丸長系のお店。
初代が、信州出身ということでつけられた屋号。

荻窪には他に、「春木屋」「丸長」「二葉」などの代表的なラーメン店がある。
「漢珍亭@荻窪」は、4月で閉店ということでさびしい限り。

さて、三代目に代替わりした「丸信」へ。

丸信@荻窪-店舗外観
荻窪駅北口から、青梅街道を西荻窪方面へ直進。
杉並公会堂を越して、直ぐ。

丸信@荻窪-店舗外観
至ってシンプルな店舗外観。

丸信@荻窪-店内
店内は広々とした空間。
L字型のカウンター6席、テーブル12席。

お客が入れ代わり立ち代わり、すぐに席が埋まる。

丸信@荻窪-卓上
卓上には、コショウ・ラー油・醤油・七味唐辛子・酢・爪楊枝・割り箸などが置かれている。

丸信@荻窪-メニュー
こちらは、メニュー。

丸信@荻窪-ワンタンメン
今回は「ワンタンメン(790円)」+味付玉子(100円)。

濃い醤油色のスープ。
表面に、ラードが浮かぶ。
動物系の出汁がしっかりと出ていて、鰹節や鯖節などの魚介系も効いている。
醤油の芳ばしさが口の中に広がり、後味もスッキリ。
飲むほどに、旨さが増していく。

麺は自家製の中細のストレート麺。
やや柔らかめの茹で加減。
滑らかな口当たりで、啜り心地が良い。
噛むとムッチリとしていて、美味しい。

丸信@荻窪-ワンタンメン
具のチャーシューは、ロース肉で厚切り。
味付も良く、噛むと口の中でホロホロと崩れる柔らかさ。
ウマい!

ワンタンは、中厚の皮で餡もしっかりと入っている。
ピロピロとした皮の口当たり感がたまらない。
メンマは細めのものが多めに入っている。シャクシャクとした歯触り。
味付玉子は、黄身がトロトロとした半熟具合。
海苔、小松菜、小口切りのネギは、よい箸休め。

老舗といっても、「昔ながらの中華そば」という言葉でくくることはできない。
先代の味を引き継いだ三代目が、ブラッシュアップさせた味わい。

中華そば 丸信
******************
【住所】東京都杉並区上荻1-24-22
【電話】03-3391-4809
【定休日】水曜・第3木曜
【営業時間】
 ○11:00-17:00(平日)
 ○11:00-15:00(土・日・祝)
【アクセス】
 ○JR中央線・東京メトロ丸の内線 荻窪駅 徒歩7分

「浅見製麺所@中野・新井薬師前」の実食レポート。

浅見製麺所@中野-店舗外観
最近、店舗の外観が変わった。

浅見製麺所@中野-店内
昭和を感じさせる店内。

浅見製麺所@中野-卓上
卓上は、こんな感じ。

浅見製麺所@中野-ごぼう天
「ごぼう天(350円)」
「菊水辛口(480円)」をチビリチビリやりながら、いただく。
衣サクサク、噛むほどに、ゴボウの甘みが出て美味。

浅見製麺所@中野-温玉肉団子そば
「温玉肉団子そば(750円)
蕎麦の風味薫る。

浅見製麺所@中野-温玉肉団子そば
でかい、肉団子。
ジューシー。

浅見製麺所@中野-温玉肉団子そば
温玉を崩して、蕎麦を啜る。
シコシコ、喉越し良し。

昼間も、夜も盛況。

浅見製麺所
***************
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
 ○西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
 ○JR中野駅北口 徒歩13分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。

赤ひょうたん@中野-提灯
赤い提灯に誘われて・・・、入店。

居酒屋 赤ひょうたん-店内
おっ!ひょうたん。

居酒屋 赤ひょうたん-店内
間仕切りのあるカウンター席。
1人客が、入れ代わり立ち代わり。
女性一人客もチラホラ。
安心の店内。

居酒屋 赤ひょうたん-枝豆
「枝豆(280円)」
スーパードライ・中瓶(500円)で、プハーッ。
枝豆は、塩分控えめ。

居酒屋 赤ひょうたん-豆腐とトマトのサラダ
「豆腐とトマトのサラダ(480円)」
ボリュームが、結構ある。
和風のドレッシングが、かかっている。
とても、ヘルシー。

赤ひょうたん@中野-たけのこ煮
「たけのこ煮(450円)」
スーパーで買う水煮のタケノコは、クターっとした食感。
このタケノコは、シャリシャリ感があって美味しい!
味付も上品で、出汁の旨みも感じる。

赤ひょうたん@中野-水菜と生桜エビのかき揚げ
「水菜と生桜エビのかき揚げ(450円)」
サクサク感が、心地良い。
天つゆにおろしを入れて、食べるとさらに美味しさ倍増。

赤ひょうたん@中野-〆張鶴
前回、熱燗が今一つだったので、今回は銘酒の冷やを所望。
〆張鶴は、金沢の居酒屋で飲んだのが初めてだったが、それ以来。
感動的な旨さではないが、ソコソコイケル。

赤ひょうたん@中野-焼き鳥
「焼き鳥」
ねぎま(160円)、もも肉(180円)、つくね(180円)、レバー(130円)。
今回は、タレで。
焼き鳥一本で、100円以上だと高いと思うが、肉質良し、タレの味良しということで納得。


居酒屋 赤ひょうたん
****************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】
 ○16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】
 ○JR 中野駅 徒歩4分

「パニパニ@中野」の実食レポート。

パニパニ@中野-提灯
赤い提灯に誘われて・・・、いや、白い提灯だな。

パニパニ@中野-店舗外観
いつも盛況!
空きスペースがあるかな?
あった。
なくても、もぐり込む。

パニパニ@中野-店内
赤玉ハニーワインがあるね。懐かしー。
ポルトガルのポルト(ポート)ワインに似たタイプ。
何れ飲んでみよう。

パニパニ@中野-マスター
マスターの後ろ姿。
一般的なコンロで調理。

パニパニ@中野-メニュー
メニュー。
立ち飲みとしては、洋風であり、オシャレ!

パニパニ@中野-ファイト一発サワー
「ファイト一発サワー(390円)
ネーミングに惹かれる。
文字通り、「リポビタンD」で割ったサワー。

パニパニ@中野-ファイト一発サワー
お疲れちゃーん。
グビグビ、元気が出るね、タウリンの効果。

パニパニ@中野-つきだし
つきだしは、バゲット。
クリームチーズを塗った後に、スパイスを振り掛け、香草を載せたもの。
ワインと一番合うと思うが・・・、どの酒とも合う(笑)。
余談だが、バゲットは気泡が小さいものが良質。
大きい気泡があるものは、練りが足りない。

パニパニ@中野-えびとアボカドの和風あえ
「えびとアボカドの和風あえ(290円)」
これが、お気に入り。

パニパニ@中野-コーヒーハイ
「コーヒーハイ(390円)」
苦みばしった憎いヤツ。
ローストしたコーヒー豆も入っている。

パニパニ@中野-フィッシュandチップス
「フィッシュandチップス(380円)」
ナゲットのフィッシュとフライドポテト。
イギリスのパブで食べたイメージとは違うが、コレはコレ。

パニパニ@中野-トマトサワー
「トマトサワー(390円)」
トマトの酸味が効いて、サッパリとした後口。

オシャレな社交場。
女性一人客も多し。
中野に来て、このお店を知らないのは、モグリと言ってもよい。

パニパニ
***********
【所在地】東京都中野区中野5-49-3
【電話】03-3389-3882
【定休日】日曜
【営業時間】
 〇17:00-24:00(平日)
 〇17:00-01:00(金・土曜)
【最寄駅】
JR中央線・総武線他 中野駅北口 徒歩7分

このページのトップヘ