東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2013年04月

「旅の途中@新高円寺」の実食レポート。

新高円寺にある路地裏の名店。
店主の花井さんは、諸事情があり出身地名古屋に引っ越しをした。
後を継ぐのは、イケメン青年。

旅の途中@新高円寺-店舗外観
ラーメン屋らしからぬ外観。

旅の途中@新高円寺-店内
厨房で1人切り盛りするのは、イケメン青年。
今時珍しい実直そうな好青年。

旅の途中@新高円寺-ネギソバ
今回は、限定メニューの「ネギソバ(950円)」。
伊丹十三監督の名作「映画『タンポポ』(1985年)」の中で登場する「ネギソバ」をヒントにしたもの。
季節のつけ菜「小松菜」が、最初に提供される。

通常のラーメンに、炒めたネギが載っている。

旅の途中@新高円寺-ネギソバ
丼鉢が差し出されると、ゴマ油の芳香が立ちあがる。
炒めたネギが、たっぷり。

旅の途中@新高円寺-ネギソバ
レンゲでスープをすくいグビリ。

鶏の出汁と醤油の香りが心地良いスッキリとした味わい。
それにネギの甘みが滲み出ている。
飲むほどに深みが増していき、美味しい。

旅の途中@新高円寺-ネギソバ
麺は「三河屋製麺」製の中細のストレート麺。

スルスルとすすりやすく、歯切れの良い麺。
噛みしめると、小麦の甘みが滲み出て来る。

旅の途中@新高円寺-ネギソバ
具のネギが、たっぷり入っている。
柔らかく、シャキッとした食感も残している。

細切りのチャーシューは、味付けも良く、柔らかくて美味しい。

平日の夜営業がなくなったので、個人的には敷居の高いお店となった。
復活を望みたいところだが、当面、日曜日に伺うことにしよう。

旅の途中
「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都杉並区高円寺南3-16-21 ビレッヂサカエ1階
【電話】非公開
【定休日】月曜
【営業時間】
○11:30-16:00(火~土曜)
○11:30-21:00(日曜)
【アクセス】
①東京メトロ丸の内線 新高円寺駅 徒歩6分
②JR中央線 高円寺駅 徒歩10分

「進化@新中野」の実食レポート。

2012年2月25日オープン。
「町田汁場 しおらーめん 進化(2007年10月19日創業)」の2号店。

進化@新中野-店舗外観
お店の場所は、新中野駅を出て、「鍋屋横丁交差点」から「鍋横商店街」を南に歩いて左側。
階段の手すりのようなものが付いている外観が目印。

進化@新中野-秋刀魚の霙つけめん
今回は、季節限定「秋刀魚の霙(みぞれ)つけめん(850円)」。

「当店で直接焼いた秋刀魚から出汁を取り、進化自慢の醤油ダレで味付けをしました。途中で大根おろしと生姜を混ぜてお召し上がり下さい。」とのこと。

進化@新中野-秋刀魚の霙つけめん
まずは麺をリフト。
麺は竹打ちの縮れ太麺。
竹打ちと言うことで、不揃いなボコボコ麺。
すすると、フルフルと横揺れをしながら、唇をかすめる。
長さが短めなので、一息で口の中に吸い込まれる。
プリプリとした食感。
汁がよく絡み、噛めば小麦の甘みがあって美味しい麺。

進化@新中野-秋刀魚の霙つけめん
つけ汁は、サラリとしたシャバ系。
醤油とのさんまの相性抜群。
さんまの脂が、醤油ダレの香ばしさや旨味を持ち上げる。
和の味わいで、美味しい。
頃合いを見計らって、すりおろし生姜を入れると、キリッと味が引き締まる。
大根おろしを入れると、サッパリとした味わいに変化する。

進化@新中野-秋刀魚の霙つけめん
具は、鶏つくね、メンマ、海苔、カイワレ、大根おろし、糸唐辛子、白ゴマ。

進化@新中野-秋刀魚の霙つけめん
つくねは、量がつくねぇ(少ねぇ)と言うことはなく、2個。

進化@新中野-秋刀魚の霙つけめん
軟骨が入っているので、コリコリとしていて歯触りが良い。

進化@新中野-秋刀魚の霙つけめん
メンマは、甘めの味付けでシャクシャクとした食感。

最後にスープ割り。
魚介出汁の風味が立ち上り、優しい味わいに。
ウマい、ウマい!

時折出す限定で、少しずつ“進化”をし続ける。

限定を提供する数量は、ゆとりをもってくださいね。お願い!
券売機のボタンに「売り切れ」マークがついている時は、人差し指がさまよい鼻の穴の中へ・・・。

中野汁場 進化
「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【所在地】東京都中野区本町4-30-11 アーク新中野102
【電話】03-6382-8184
【定休日】火曜(祝日の場合はその翌日)
【営業時間】11:30-15:00/18:00-21:00
【最寄駅】東京メトロ丸の内線 新中野駅 徒歩4分

「ようすけ@中野」の実食レポート。

2011年11月15日創業。
店主は、原庸介さん。
新宿や中目黒などのラーメン店を渡り歩き、20年のキャリアをもつ。

ようすけ@中野-店舗外観
お店の場所は、中野駅北口より、ふれあいロードを早稲田通りに向かう途中の右側にある。
名店「青葉」や「菜華」のある通り。
木製の看板と白い提灯が目印。

ようすけ@中野-店内
外に券売機があり、購入して店内へ。
店内は、L字型カウンター7席。

ようすけ@中野-卓上
卓上には、酢、ロックソルト、一味、ブラックペッパー、爪楊枝、洗い箸などが置かれている。

ようすけ@中野-冷たい濃厚鶏白湯
今回は、季節限定の「冷たい濃厚鶏白湯らーめん(730円)」。

キンキンに冷えた丼鉢が差し出される。
それと、レモンのスライス。

ようすけ@中野-冷たい濃厚鶏白湯らーめん
スープは、白濁したトロミのある鶏白湯。
まずは、レンゲですくいグビリ。
よく冷えている。
鶏由来の臭みは無く、飲みやすい。
上品で優しい口当たり。
鶏の旨味が凝縮されていて、美味しい。
塩梅もほどよく、グイグイ飲めてしまう。

ようすけ@中野-冷たい濃厚鶏白湯らーめん
麺は中細のストレート麺。
四角い断面で、手もみが入っている。
スルスルと口の中に飛び込む啜り心地。
噛んでは、シコシコとした食感。
トロミのあるスープが、麺とよく絡む。

ようすけ@中野-冷たい濃厚鶏白湯らーめん
具は、鶏チャーシュー、メンマ、味玉、糸唐辛子、刻みタマネギ、小ネギ。

ようすけ@中野-冷たい濃厚鶏白湯らーめん
チャーシューは、一口大にカットされた鶏のムネ肉。
淡白な味だが、鶏の旨味が感じられる。

ようすけ@中野-冷たい濃厚鶏白湯らーめん
メンマは、ヒョロヒョロと長い穂先メンマ。
良質な部位で、とても柔らかい。

ようすけ@中野-冷たい濃厚鶏白湯らーめん
刻み玉葱は、スープに甘味が加わり、シャキシャキとした食感が心地良い。

味玉は味付が良く、トロリとした半熟具合。

別添えのレモンをしぼって回し入れれば、スッキリ、さわやか!

麺匠 ようすけ
「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野5-57-4 永嶋ビル1F
【電話】03-3387-7799
【定休日】水曜
【営業時間】11:30-22:00(スープがなくなり次第終了)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩5分

「むろや@新宿御苑前」の実食レポート。

むろや@新宿御苑前-店舗外観
脆化(ぜいか)した暖簾が、風になびいている。
店主が話していた移転の話は、ない模様。
引き続き、契約更新をしたのかな。

むろや@新宿御苑前-トムヤムつけ麺
今回の限定メニューは、「トムヤムつけめん(中盛)850円」。

むろや@新宿御苑前-トムヤムつけ麺
麺は中太の平打ち縮れ麺。
若干よじれたゴワゴワっとした見た目。

麺を持ち上げ、ズズッとすする。
小麦がギュッと詰まった弾力性のある食感。
噛みしめる毎に、甘味が滲み出て来る。

むろや@新宿御苑前-トムヤムつけ麺
つけ汁は、基本ベースのスープにトムヤムペーストを加えたもの。
適度な辛味に、和風の出汁が効いたウマいスープ。
鼻を抜けるパクチーの香りが心地良い。
和風とタイ風を上手く組み合わせた「むろや」らしい味わい。

むろや@新宿御苑前-トムヤムつけ麺
パクチーが苦手な人も多いが、タイ風にはこれですな。
外せない。

むろや@新宿御苑前-トムヤムつけ麺
具の鶏団子2個。
味付けが良く、ウマい。

むろや@新宿御苑前-トムヤムつけ麺
薄くスライスしたチャーシューが、タップリと入る。
その他、ブロック状のものも入っている。
嬉しいね。

むろや@新宿御苑前-トムヤムつけ麺
これは、海老。
表面に衣が付いていて、トロミがある。
かむとプリプリとした食感で美味しい。

麺と具を食べた後、スープ割り。
和風出汁の旨味と爽やかな辛味が、口の中に広がる。

最後の一滴まで、楽しめるオリジナリティ溢れる一杯。

ラーメン むろや
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1F
【電話】03-3351-2439
【定休日】日曜
【営業時間】
〇11:15-15:00/17:00-21:00
〇11:15-15:00(祝日)
【アクセス】
〇東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 徒歩5分
〇東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅 徒歩6分

「旅の途中@新高円寺」の実食レポート。

住宅街にある路地裏の名店。

旅の途中@新高円寺-店舗外観
平日が昼営業のみとなったので、敷居が少し高くなった。

旅の途中@新高円寺-季節のつけ菜
今回は、限定メニューの「白いらーめん(1100円)」。
最初に、季節のつけ菜が差し出される。
大方、小松菜のおひたし。
前菜として醤油をかけて食べても良し、ラーメンに載せても良し。
ラーメンに載せることに。

旅の途中@新高円寺-白いらーめん
乳白色のスープ。

旅の途中@新高円寺-白いらーめん
基本の鶏ベースに、魚介を効かせた出汁。
それに、すりおろしたカブと豆乳が入っている。

トッピングは、チャーシューとトンブリ、春菊。

旅の途中@新高円寺-白いらーめん
まずは、スープをグビリ。
豆乳のまろやかさで口当たりが良い。

時折、すりおろしたカブのザラザラ感が舌に触れる。
至って、穏やかで、優しい味わい。
とてもヘルシー。

旅の途中@新高円寺-白いらーめん
麺は中細のストレート麺。
スルスルと啜り心地がよく、スープをよく持ち上げる。
柔らかめの茹で加減で、噛むとムッチリとした食感。

旅の途中@新高円寺-白いらーめん
具のチャーシューは、肩ロース。
厚切りで、Lサイズ。
しっとりとした肉質で、味付けがよく美味しい。
それを噛みつつ、麺をすする。
ウマいなぁ。

百合根はポクポクとした食感、トンブリはプチプチとした食感。
共に噛む楽しさを教えてくれる。

春菊は、醤油ラーメンには合わないと思うが、このラーメンにはよく合う。
体が温まったところで、ゴチソウサマ。

旅の途中
「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都杉並区高円寺南3-16-21 ビレッヂサカエ1階
【電話】非公開
【定休日】月曜
【営業時間】
○11:30-16:00(火~土曜)
○11:30-21:00(日曜)
【アクセス】
①東京メトロ丸の内線 新高円寺駅 徒歩6分
②JR中央線 高円寺駅 徒歩10分

「さいころ@中野」の実食レポート。

さいころ@中野-店舗外観
赤く光るネオン管が、目印。
これは、リニューアル前の「地雷源」の時のものが付いている。

さいころ@中野-店内
黒を基調としたスタイリッシュな店内。

さいころ@中野-ラタトゥイユカレーつけ麺
さて、今回は季節限定の「ラタトゥイユカレーつけ麺(1000円)」。
ラタトゥイユとは、南仏のニースの野菜煮込み料理のこと。

さいころ@中野-ラタトゥイユカレーつけ麺
野菜をたっぷり使ったラタトゥイユが、麺の上に載っている。

さいころ@中野-ラタトゥイユカレーつけ麺
麺は中太のストレート麺。
最初に、麺をラタトゥイユに絡めて食す。
ソフトで、モッチリとした食感の麺。
ラタトゥイユは、ナス、パプリカ、トマト、玉ねぎがよく煮込まれていて柔らかい。
野菜の甘みがじんわりと口の中に広がる。

さいころ@中野-ラタトゥイユカレーつけ麺
つけ汁は、カレー風味を加わったスパイシーな味わい。
背脂が浮かび、コクと甘味を醸し出す。

さいころ@中野-ラタトゥイユカレーつけ麺
具は、短冊チャーシュー、挽肉、しめじなど。

さいころ@中野-ラタトゥイユカレーつけ麺
麺を食べ終えたところで、スープ割り。
魚介スープが加わり、美味しさ倍増。

お値段相応、創作的な一杯に舌鼓を打つ。

肉煮干し中華そば さいころ
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野2-28-8
【電話】03-6304-8902
【定休日】年中無休(正月など臨時休業有)
【営業時間】11:00-23:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「菜華@中野」の実食レポート。

1996年創業。
「ふれあいロード」にあるラーメン店。
ラーメンアベニューとも呼ばれるこの通りには、「青葉」、「ようすけ」などのお店が並ぶ。
やや、早稲田通り寄り沿いに位置する。

菜華@中野-店舗外観
以前は、「支那そば 菜華」であったが、現在は「魚だしらーめん 菜華」である。
カウンター10席。
夫婦で切り盛りをしている。

菜華@中野-ピリトロ冷やしそば
今回は、季節限定の「ピリトロ冷やしそば(800円)」+味付け玉子(100円)。
“とろろ”と“唐辛子麺”を使った和え麺。

丼の底にタレ、そこにピンク色の麺。
トッピングとして、とろろ、きゅうり、白髪ネギ、水菜、糸唐辛子、海苔、チャーシューが載っている。
それに、味付け玉子。

菜華@中野-ピリトロ冷やしそば
麺は、唐辛子が練り込まれた中太のストレート麺。
断面は長方形の平打ち。

甘酸っぱいタレをよく絡めて、麺をすする。
麺に練り込まれた唐辛子と振りかけられたカイエンペッパーの辛みが刺激的。
添えられたとろろを絡めれば、刺激は和らぎ、これぞ“ピリトロ”。

菜華@中野-ピリトロ冷やしそば
麺を食べる合間に、短冊切りのチャーシューをパクリ。
多めに入っているので、食べ応えがあって美味しい。

味玉は、味が染み込み、黄身がトロ~リとした半熟具合でこれもウマい。
キュウリや水菜は、瑞々しくシャッキリ。

変わっていて楽しめる。
面白い味わい。

魚だしらーめん 菜華
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野5-55-3 
【電話】03-3389-2561
【定休日】月曜(祝日の場合翌日)
【営業時間】
○11:30-14:30/18:00-23:00
○11:30-売り切れ次第終了(土・日・祝日)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩5分

「さいころ@中野」の実食レポート。

さいころ@中野-店舗外観
ラーメン屋さんらしからぬ外観。

さいころ@中野-店内
黒を基調としたスタイリッシュな店内。

さいころ@中野-冷やニボ
今回は、「冷やニボ(780円)」。
季節限定メニュー。
ワサビ付き。

スープは冷え冷え、クールですな。
植物性の油が、少量浮かぶ。

おっ、煮干しちゃんの風味、醤油のスッキリとした味わい。
柚子も酸味も爽やか。
冷えているので、口当たり良くグビグビ飲めてしまう。

さいころ@中野-冷やニボ
麺は自家製の中太ストレート麺。

チュルチュルと滑らかな口当たりで、噛むとムッチリ。
噛むほどに甘味が出て来るウマい麺。

さいころ@中野-冷やニボ
厚切りの鶏チャーシューが、ドーン。
付属のワサビを付けて頂く。
淡白ではあるが、柔らかくて美味しい。
メンマはシャクシャクとした食感。
ナルトとカイワレは、箸休めとして頂く。

夏が来れば思い出す・・・。
早く夏が来てほしい。

肉煮干し中華そば さいころ
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野2-28-8
【電話】03-6304-8902
【定休日】年中無休(正月など臨時休業有)
【営業時間】11:00-23:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「満るゐ@中野」の実食レポート。
1966年4月16日創業。

満るゐ@中野-店舗外観
早稲田通り沿いをトボトボ歩き到着。

満るゐ@中野-店内
おっ、昼間から酒を飲むおっちゃーん、2人。
常連さんのようだね。

満るゐ@中野-イベリコ豚肉汁そば
さて、今回は「イベリコ豚肉汁そば(840円)」。
肉汁と言えば「武蔵野うどん」だが、蕎麦バージョンでいきますか。

蕎麦は白い更科そば。
ほんのり蕎麦の風味、甘味のある味わい。

スルスルっとね。

満るゐ@中野-イベリコ豚肉汁そば
こちらは、つけ汁。
表面はテカってますな。
ブーちゃんの脂だろうか。
肉たっぷり、ネギもタップリ。
甘めの汁。

満るゐ@中野-イベリコ豚肉汁そば
イベリコ豚は、スペイン産の黒豚。
餌として、ドングリを食べているそうな。
ということで、ドングリ由来のオレイン酸がたっぷり。
俺、胃酸たっぷり。
脂身の比率の高いバラ肉。
ホロホロとしていて、ジューシー。

グランドメニュー以外に、色々なトライを試みる日本蕎麦屋さん。
冒険をする日本蕎麦屋さんは、中野では希少。

近くに御寄りの際は、ぜひどうぞ。

満るゐそば 中野店
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区新井1-6-5
【電話番号】03-3388-2681
【定休日】日曜
【営業時間】
○11:00-21:00(月ー金)
○11:00-19:00(土)
【アクセス】JR中野駅北口 徒歩7分

「さいころ@中野」の実食レポート。

厳選素材を駆使した「地雷源」がリニューアルして、店名と共にコンセプトが変わったのが数年前。
食べ手を選ばないオーソドックススタイルの中華そばを提供している。

さいころ@中野-店内
時間を外せば、ガラ空き。
食事の時間帯は、このように席が埋まる。
女性一人客でも安心なカウンター席。
画像に映っているのは、ハリセンボンの春菜じゃねーょ。
厨房にいるのは、MC風のお兄さん。

さいころ@中野-茹で麺機
これはつけ麺用の茹で機。
湯切りが必要ではない便利な機械。

さいころ@中野-特製つけめん(小)
今回は、「特製つけめん(950円)」。

麺は、太ストレート。
このお店の自慢の自家製麺。
2Fで、作られたもの。
打ち立ての熟成感はないフレッシュな麺。

うどんのようなモチモチとした食感。
小麦の風味も香り、美味しい。

つけ汁、煮干しが効いたサッパリとした醤油味。
酸味があるので、後味スッキリ。
ブラックペッパーのスパイシーな刺激が、味全体を引き締めている。

バラ肉のチャーシューは、薄切り。
柔らかい肉質でジューシー。
味玉は、黄身が固まりつつある半熟具合。
味付けはしっかり。
メンマは、シャクシャクとした食感。
他の具は小口切りのネギ、ナルト、海苔。

麺と具を食べ終えて、スープ割り。
魚介の風味が立ち上る。
ホッとした気分になり、満足、満足。

肉煮干し中華そば さいころ
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野2-28-8
【電話】03-6304-8902
【定休日】年中無休(正月など臨時休業有)
【営業時間】11:00-23:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

このページのトップヘ