東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2013年08月

「メリメロ(Meri Mero)@新井薬師前」の実食レポート。

「新井薬師門前通町栄会」商店街にあるビストロ。
この街にビストロがあること自体そぐわない感じもしたが、10年間も続いていた。
開店と同時に満席と成り、「今日はもうおしまいです」と門前払いをくらったことが数回。
オーナーシェフ1人で切り盛りをしているため、一定数の客が入るとランチは終わってしまう。

そして、8月31日をもって閉店。
移転らしい。

メリメロ@新井薬師前-看板
西武新宿線の新井薬師前駅南口を出て、五差路南西方向に延びる「新井薬師門前通り」をまっすぐ進み左手。
これまでに、お店の名前を間違えずに言えたことがなかった。
いつも新井薬師前の「カリメロ」と言ってしまう。

メリメロ@新井薬師前-店内
「カリメロ」の店内。
いや、「マリメロ」? いや「メリメロ」だ。

メリメロ@新井薬師前-パン
今回は「meri meroコース(1500円)」で、“お魚料理”を選択。

国産小麦100%フランスパンとライ麦パン。
外側サックリ、中はしっとり。
美味いんだなコレが。
ソースにつけるため、半分残しておく。

メリメロ@新井薬師前-アミューズ
「芝えびのエチュベ クミン風味」。
海老のプリッと感がたまらない。
これを食べたために、スーパーでS&Bの「クミン」を買ってしまった。
でも、棚の隅に追いやられている。

メリメロ@新井薬師前-スープ
「10種の白い野菜ミックスポタージュ」。
10種の白い野菜ってなんだろう。
考えすぎると味がわからなくなるのでやめておこう。

メリメロ@新井薬師前-スズキのソテー
「スズキのソテー トマトケッパーソース にんじんライスと野菜のブレゼ」。
ブレゼとは、「蒸し煮」のこと。
高温で表面を焼き固めてあるので、サクッとした歯触り、噛むと魚の脂がジュワーッ。
ヾ(*´∀`*)ノ オイシイネ

メリメロ@新井薬師前-スズキのソテー
トマトの酸味とケッパー特有の薫りが織りなすフレンチならではのソース。
ニンジンのライスと野菜のブレゼもイカシテいる。

メリメロ@新井薬師前-アイス
お口直しのアイスが最高。

メリメロ@新井薬師前-紅茶
このお店の特徴の一つともいえるデカイカップ。
これだけでかく、なみなみと入っていると食後もゆったりと過ごせるというもの。

さて、どこに移転するのだろう。
メリメロに、メロメロだったんだけどね。残念。

サヨナラダケガ ジンセイダ(_´Д`)ノ~~.。・:*:・゚`☆、。

フランス田舎料理とうまい酒 メリメロ
******************************************
【住所】中野区上高田2-54-8 アイボリーファーストビル1F
【電話】03-3387-5772
【定休日】月曜・第3火曜日
【営業時間】
・12:00-15:00(Close)/18:00-22:00(L.O)・・・水・木・金・土・日曜日
・18:00-22:00(L.O)・・・火曜日
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩5分
・JR中野駅 徒歩15分

「池麺KINGKONG@池袋」の実食レポート。

2010年8月28日オープン。
「東池袋大勝軒」のセカンドブランドで、一番弟子である飯野敏彦さんが立ち上げたお店。

池麺KINGKONG@池袋-店舗外観
場所は、JR池袋駅東口にある「豊島区役所」の裏。

カウンター14席。
BGMは、ヒップホップ系。

池麺KINGKONG@池袋-トロフルつけめん+半熟玉子
本日は「トロフル半熟玉子(900円)」。

「つけめん」は、大勝軒の基本ベースである魚介豚骨スープに、隠し味として旬のフルーツジャムを加えたつけ汁。
それに、デュラムセモリナ粉を使用した自家製麺。

麺の量は、並(200g)と中盛(400g)が同一料金。
並だともう少しと言った感じだし、中盛だと多そうだし・・・。
300gがないので、「帯に短し、タスキに長し」といった感じ。
悩んで、中盛。

麺は中太のストレート麺。
四角い形状で、やや固めの茹で加減。
弾力性は強くはないが、引き締まった感じ。

表面がツルツルとしていて、滑らかな口当たり。
噛むと適度な硬さで、クキクキとした食感。

つけ汁は、「温め直し」「タレ追加」が可能。
茶濁色で、ドロッとした感じの汁。
( ̄¬ ̄)ノウコウ トンコツギョカイ。

濃厚魚介の味わいに、ジャムが入っていることで、円やかな味わい。
尖りが無く、微かな甘みと酸味が効いていて美味しい。

つけ汁の中に入っている挽肉と軟骨が、コリコリとした歯触りで楽しい。

池麺KINGKONG@池袋-トロフルつけめん+半熟玉子
具のチャーシューは、炙られていて、香ばしい。
噛むとジューシーな肉汁が溢れ出て美味しい。

半熟玉子は、黄身がトロリとした絶妙な半熟具合。
他の具は、小口切りのネギ、ナルト、メンマ。

麺が少なくなってきた時点で、卓上の「カレー粉」を加える。
味変効果でウマい。

最後に、スープ割り。
旨味が際立ち、気持が安らぐ感じ。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

400gの麺が、気づいたらなくなっていた。
胃が大きくなったのかな。ヤバイ。
(*^〇^*)ダイエットハ アシタカラ♪

池麺 KING KONG
***********************
【住所】東京都豊島区東池袋1-32-2 小泉ビル1F
【電話】03-6914-2070
【定休日】不定休
【営業時間】11:00-22:00(LO)
【アクセス】JR山手線・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸の内線・他 池袋駅 徒歩5分

「メリメロ(Meri Mero)@新井薬師前」の実食レポート。

「新井薬師門前通町栄会」商店街にあるビストロ。

メリメロ@新井薬師前-店舗外観
西武新宿線の新井薬師前駅南口を出て、五差路南西方向に延びる「新井薬師門前通り」をまっすぐ進み左手。

メリメロ@新井薬師前-店内
全席が1度埋まってしまうと、その日のランチは終了というハードルの高さ。
オーナーシェフ1人で切り盛りをしているのでしょうがない。
でも今回はセーフ。

メリメロ@新井薬師前-パン
今回は「meri meroコース(1500円)」で、“お肉料理”を選択。

国産小麦100%フランスパンとライ麦パン。
外側サックリ、中はしっとり。
理想的な焼き加減。

メリメロ@新井薬師前-アミューズ
「芝えびのエチュベ クミン風味」。
エチュベ(étuver)とは、フランス料理で、水やダシ汁を使わず、素材の水分だけで蒸し煮する料理法。
エ〇チをスルベではないので、お間違えのないように!

メリメロ@新井薬師前-スープ
「10種の白い野菜ミックスポタージュ」。
クリーミーでオイシイ。
ズルズルチューと音が出ないように、慎重に口の中に運ぶ。

メリメロ@新井薬師前-ポークロースソテー
メインの「日光ホワイトポークロースソテー マシュルームソース にんじんライスと野菜のプレゼ」。
復唱してみろと言われたら、言えない。ウッ。
ヾ(*´∀`*)ノ オイシソー

メリメロ@新井薬師前-ポークロースソテー
フレンチは、ソースが決めて。
オレンチは、オタフクソースが決めて。
このブラウンソースがイイね。
上品でウマい。
肉はボリューミーで、柔らかくジューシー。
(*゚Q゚*)ウマー!(*゚Q゚*)ウマー!

付け合わせのニンジンライスもイイね。

メリメロ@新井薬師前-デザート
汗ターラタラで暑いので、アイスであるのが嬉しい。

メリメロ@新井薬師前-コーヒー
ギガカップ。
~( ̄‥ ̄*)ウーン イイカオリ♪
午後の優雅なひと時。

モウスグ゙εミヾ(;´д`)o尸~~サヨーナラー

フランス田舎料理とうまい酒 メリメロ
******************************************
【住所】中野区上高田2-54-8 アイボリーファーストビル1F
【電話】03-3387-5772
【定休日】月曜・第3火曜日
【営業時間】
・12:00-15:00(Close)/18:00-22:00(L.O)・・・水・木・金・土・日曜日
・18:00-22:00(L.O)・・・火曜日
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩5分
・JR中野駅 徒歩15分

「三宝庵@中野マルイ店」の実食レポート。

「株式会社 家族亭」が運営するお店。
今回は、夜の訪問。

三宝庵@中野-店舗外観
中野マルイの5階のレストランフロアーに上がる。

三宝庵@中野-店内
店内は、テーブル43席。
空席あり。
昼間の方が混んでいる印象。

三宝庵@中野-お通し
まずは「瓶ビール・中瓶(530円)」で、プハー。
お通しの煮浸しを摘む。

三宝庵@中野-親鶏のたたき酢
「親鶏のたたき酢(420円)」。
お酢の効果か、サッパリとしていて美味しい。

三宝庵@中野-広島牡蠣の唐揚げ
「広島牡蠣の唐揚げ(380円)」。
フリッターよりも、パン粉のサクッとしたフライの方が好み。

三宝庵@中野-串焼き5種
「串焼き5種(540円)」。
鶏肉、ハツ、鶏皮、うずら、しし唐。
ウズラがイイね。

三宝庵@中野-鷹長
「鷹長(530円)」。
奈良県の「油長酒造(1719年創業)」の純米しぼり。
関東ではお目にかからないお酒。
飲みやすく、後味も良い。

三宝庵@中野-仕上げせいろ
「仕上げせいろ(400円)」。
蕎麦はやや太め。
歯触りからするとネッチリとしたタイプ。

汁は、節が効いてやや辛口。

三宝庵@中野-天丼
「天丼(850円)」。
サックリとした衣でウマい。
タレが染み込んだご飯を掻きこんで、サクッと完食。

(*^〇^*)クッタクッタ♪

三宝庵
「「「「「「「「「
【住所】東京都中野区中野3-34-28 中野マルイ5階
【電話】03-5328-2575
【定休日】中野マルイの定休日に準ずる
【営業時間】11:30-23:00(L.O.22:30)
【アクセス】JR中央線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩2分

「らぁ麺 やまぐち@高田馬場」の実食レポート。

2013年1月8日創業。
店主の山口裕史さんは、自作の趣味が高じて専門店を開業。

「第2回ラーメントライアウト」で準優勝し、同施設に2007年10月4日「麺屋にゃみ」を出店。
その後、「麺創研かなで@府中(2008年10月10日創業)」を経て独立。

やまぐち@西早稲田・高田馬場-店舗外観
高田馬場駅より、早稲田通りを東へ直進。
板材を多用した外装が目印。

やまぐち@西早稲田・高田馬場-店内
ブラウンと白を基調とした落ち着いた空間。
コの字型カウンター11席で、奥の方に厨房がある。

カウンターの天板には、メッシュのランチョンマットが敷かれている。

やまぐち@西早稲田・高田馬場-追い鰹中華そば
今回は、「味玉入り 追い鰹中華そば(850円)」。

大きめのチャーシューを中心に、具が整然と並べられている。
ヾ(*´∀`*)ノ オイシソー

やまぐち@西早稲田・高田馬場-追い鰹中華そば
鰹の香りが、ふんわりと漂い食欲をそそる。
~( ̄‥ ̄*)ウーン イイカオリ♪

鶏油が張られた茶濁色のスープ。
濃いめの醤油のキレのある味わい。
鶏の旨味が口の中に広がり、続いて鰹の風味がグワッと広がる。

やまぐち@西早稲田・高田馬場-追い鰹中華そば
鶏と魚介のバランスが良く、飲むほどに深みが増してくる。
(*゚Q゚*)ウマー!(*゚Q゚*)ウマー!

やまぐち@西早稲田・高田馬場-追い鰹中華そば
麺は、「麺屋 棣鄂(ていがく)」製の特注の中細ストレート麺。
東京では馴染みのない製麺所。
平たい形状で、密度感のある麺。

すすり心地は、まぁまぁ宜しい。
噛むとザックリとした食感で、歯切れの良さがあって美味しい。
小麦の風味もしっかり。

やまぐち@西早稲田・高田馬場-追い鰹中華そば
具のチャーシューは、大判。
しっとりとした肉質で、適度な噛み応え。
味付けも良く、噛みしめると甘味が出て来る。

やまぐち@西早稲田・高田馬場-追い鰹中華そば
メンマは、拍子木状の極太×2本。
太い割には、柔らかくシャクシャクとした食感。
味が染みていてウマい。

やまぐち@西早稲田・高田馬場-追い鰹中華そば
味玉は、黄身がトロ~リとした絶妙な半熟具合。

他の具は、万能ネギと小口切りのネギ。

(*^〇^*)イイシゴトシテル♪


らぁ麺 やまぐち
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】東京都新宿区西早稲田2-11-13 山武ビル1F
【電話】03-3204-5120
【定休日】月曜(祝日の場合、翌日)
【営業時間】
・11:30-15:00/17:30-21:00(平日)
・11:30-17:00(日・祝)
【アクセス】
・東京メトロ副都心線 西早稲田駅出入口1 徒歩9分
・東京メトロ東西線・JR 高田馬場駅7番出口 徒歩9分

「立呑酒場 魚屋よ蔵@中野」のレポート。
2005年6月創業の元魚屋さんが営む立呑酒場。

よ蔵@中野-店舗外観
昭和新道をブーラリ、ブラリ。
近頃、盛況の日が多い。

よ蔵@中野-店内
店内は6分の入りなので、潜入。

よ蔵@中野-メニュー
ドリンクのメニュー。

よ蔵@中野-酎ハイ
まずは、「酎ハイ(280円)」。
お疲れチャーン。

よ蔵@中野-メニュー
肴のメニュー。
ホワイトボードにも肴のメニュー有り。

よ蔵@中野-マグロ
「鮪(280円)」。
中トロもイイけど、マグロは赤身だね。
(*゚Q゚*)ウマー!(*゚Q゚*)ウマー!

よ蔵@中野-ホタテ
「ホタテ(280円)」。
色白のシットリとした舌触りが素敵。

よ蔵@中野-シークワーサー
2杯目は、「シークワーサーサワー(380円)」。

よ蔵@中野-煮物
「煮物(280円)」。
里芋ちゃんがホッコリとしていて、美味しい。

よ蔵@中野-シュウマイ
最後に、「シュウマイ(480円)」。

これで、オシュウマイ。
ヾ(*´∀`*)ノ カオハ ホンノリ 桜の幹色。

立呑酒場 魚屋よ蔵
****************************
【住所】東京都中野区中野5-48-5
【電話番号】03-3319-8642
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】17:00-23:00(L.O.)
【アクセス】JR中野駅北口 徒歩5分

「こばやし@松本」の実食レポート。

明治末期に長野県北安曇の地、糸魚川沿いの大町で創業。
既に100有余年の歴史を持つ老舗。

本店(長野県松本市大手4-8-6)は、松本城の近くにある。
ココは「駅前店」。
その他、「こばやし安曇野庵@豊科」、「神道庵@松本」などの系列店がある。

こばやし駅前店@松本-店舗外観
当初の目的は、「源智のそば@松本(長野県松本市中央3-7-8)」。
事前情報だと、通し営業・・・の筈。
なのに、14:00前で「お昼の部は終わりました」とのこと。ガーン。
トボトボと、松本駅方面へ向かう。

松本駅前のエリアは、居酒屋ばかり。
と諦めかけていた瞬間、「純手打そば」の文字が目に入る。

重厚な木製の看板が歴史を感じさせる。

こばやし駅前店@松本-店内
店内は白とセピアを基調とした広々とした空間。
総席数32席(縦長のテーブル1卓×18人、四角いテーブル1卓×8人、同じく1卓×6人)。
天板は一枚板。

こばやし駅前店@松本-メニュー
グランドメニュー。
コレ以外に、肴メニューもある。
馬刺しで一杯という客人も多いとか。

価格設定は、4桁中心、よっ!K点越え。
「お値段以上、値トリ」とならぬことを願う。

こばやし駅前店@松本-ごぼ天おろしそば
今回は、「ごぼ天おろしそば(1100円)」。

蕎麦は、「手練り」「手伸し」「手切り」を忠実に守り続けたつなぎ二、そば粉八で作る「二八そば」。

蕎麦の上には、モミジおろし、千切り大根、カイワレ、レモン、牛蒡天、白ゴマ、ネギがトッピングされている。

こばやし駅前店@松本-ごぼ天おろしそば
つゆは、北海道産の良質な昆布、土佐の本節、極上醤油を使用。
甘め辛めの中間で、若干辛め。

蕎麦は細く切られているが、太さはまばら。
細めだが、コシはしっかりとしている。
口に含むと香りが立ち美味しい。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

こばやし駅前店@松本-ごぼ天おろしそば
ごぼう天は、甘味があって美味しい。
レモンを搾りながら、全体に回し入れれば、スッキリ爽やかな味わいになる。

蕎麦も多めで、満腹。
(*^〇^*)フゥ♪


信州松本 手打蕎麦 こばやし
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】長野県松本市中央1-2-8
【電話】0263-36-1555
【定休日】無休
【営業時間】11:00-20:00
【アクセス】
・JR中央本線・篠ノ井線・大糸線 松本駅 徒歩2分
・アルピコ交通上高地線 松本駅 徒歩2分

「第46回 川島夜店市(川島商店街)」のレポート。

毎年開催されている川島商店街振興組合青年部を中心とした「川島商店街・川島夜店市」。
今年は、8月23日(金)、24日(土)に開催された。

川島商店街@中野新橋-川島夜店市
弥生町の風物詩となっている「川島夜店市」。
自分の気持ちの中では、夏の終わりの節目ともなっている。

川島商店街@中野新橋-川島夜店市
ゲリラ豪雨の恐れもある空の怪しい雲、それでもたくさんの人が繰り出している。

川島商店街@中野新橋-川島夜店市
昨年よりも、出店が少し増えた感じ。
台湾発祥の「タピオカティー」を売る店、力士(元?)が売る「味噌ちゃんこ」などが目新しいところ。

川島商店街@中野新橋-川島夜店市
あっ、神輿!
何時担ぐの?
後でしょう。

川島商店街@中野新橋-川島夜店市
「お好み焼き」「フランクフルト」「餃子」「焼きとうもろこし」などを購入して、晩御飯のおかずとする。

夜店市一番人気の「お好み焼き」は、正直言って絶賛するようなものではない。
でも毎年買ってしまうんだよね(笑)。
なんでぇ~。

第46回 川島夜店市(川島商店街)
**************************************
【場所】川島商店街
【期間】2013年8月23日(金)、24日(土)
【時間】16:00-21:00
【アクセス】
〇東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩7分
〇京王バス「東大附属高等学校前」、「弥生町3丁目」バス停より1分。

「鮨丸@新宿」の実食レポート。
1947年(昭和22年)3月24日会社設立の「丸山商事株式会社」が運営するお店。

「IDC大塚家具ショールーム」で家具を見た後に、立ち寄る。

鮨丸@新宿-店内
店内は昼間から飲んでる客もいるが、大方は単身やカップル。
寿司屋というのは、おあいその時にハラハラするような場面もあるが、コチラのランチは明朗会計なので安心。

鮨丸@新宿-店内
ネタが入ったケースには、鮮度の良い魚が並べられている。
左端にあるシャコは、最近食べていない。

鮨丸@新宿-ランチちらし
今回は、「ランチちらし(1050円)」。

ネタは、海老、イカ、サーモン、白身魚、椎茸、玉子焼き、おぼろ、沢庵の千切り、大葉、マグロ、かまぼこなど。
オーソドックスなネタが勢揃い。
鮮度も良く、バランスが取れている。
ヾ(*´∀`*)ノ オイシソー

鮨丸@新宿-ランチちらし
寿司屋らしく、アラ汁がウマい。

定番のネタが満載で、種類が豊富。
「ランチ北海道丼」と比べると華やかさはないが、寿司飯好きにはたまらない。
酢の加減も丁度良く、美味しいご飯。
(*^〇^*)マタネ♪

すし処 鮨丸
「「「「「「「「「「「「「「「
【住 所 】新宿区新宿3-31-6
【電 話 】 03-3356-7077
【定休日】年末年始
【営業時間】
○11:30-14:00/17:00-23:30 (月-金)
○11:30-23:30 (土)
○11:30-21:30 (日・祝)
【アクセス】JR・京王線・小田急線他 新宿駅東口 徒歩3分

「上高地食堂@上高地」実食レポート。

「松本市役所 山岳観光課」が運営する公営施設。

お昼過ぎ、「新島々駅」辺りで昼食を・・・と思ったら何もなかった。
腹ペコリンだが、上高地までじっと我慢の子。
上高地食堂@上高地-店舗外観
約1時間後、上高地に到着。
キョロキョロ。
他にはなさそう・・・ということで、観光センターの2階へ進む。

上高地食堂@上高地-店内
1階が売店、2階が食堂と売店になっている。

食堂は約100席。
お客の大半は、山男、山ガール。
山姥も少し。
口頭注文、後払い制。

上高地食堂@上高地-メニュー
「定食」のメニュー。
スキー場と同様、4桁ですな。

上高地食堂@上高地-メニュー
「丼物とカレー」のメニュー。

上高地食堂@上高地-メニュー
「そばとうどん」のメニュー。

上高地食堂@上高地-信州サーモン丼
今回は、「信州サーモン丼(1200円)」。

小鉢、漬け物、味噌汁付。

では、いただきまーす。
(o^~^o)モグモグ
腹が減っていれば、何でも美味しい。
と言うと語弊があるので、取り消し。

うん、美味しい。
マグロも良いけど、漬けサーモンもイイね。

上高地食堂@上高地-信州サーモン丼
千切りの胡瓜とミョウガが、良いアクセント。
サクッと完食。

さて、これから明神池まで行けるかな?
(*^〇^*)マタネー♪

上高地食堂
「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【住所】長野県松本市安曇上高地4469-1 上高地バスターミナル・観光センター2階
【電話】0263-95-2039
【定休日】不定休
【営業時間】6:00-16:30 (季節により変動あり)
※4月中旬 ~ 11月15日
【アクセス】
・アルピコ交通上高地行きバス 上高地(終点)下車すぐ 

このページのトップヘ