東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2014年05月

「Bia Bia(ビアビア)@東高円寺」の実食レポート。

2012年12月20日創業。
イラン人のマスウド・ニコナムさんが営むラーメン店。
3回目の訪問。

ビアビア@東高円寺
「ニコニコロード」の風景に、しっかりと馴染んでいる。

ビアビア@東高円寺
今回は、「醤油半熟玉子ラーメン(800円)」。
濃口と普通があるので、「普通」で。

大山鶏の丸鶏の動物系の出汁+昆布・煮干し・スルメ・鯖節等6種類の魚介の出汁をブレンド。
醤油ダレは、濃口と薄口醤油をブレンドし、日本酒や味醂、香味野菜などを加えて作ったもの。

鰹節がフワーッと香る甘目の醤油味。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

鶏の旨みがじんわりと来て、舌を喜ばす。
飲むほどにウマいねぇ。

麺は、ライ麦入りの自家製の細ストレート麺。
スルスルっと啜りやすく、ザクッと歯切れの良い麺。
喉越しも良い。

ビアビア@東高円寺
具のチャーシューは、バラ肉。
2枚ついている。
口の中に入れるとトロトロにとろけ、ジューシー。
Σ(´θ`)うめぇ~

ビアビア@東高円寺
味玉は、味がしみ込み、黄身がトロ~リとした半熟具合。
ネギは、白髪ネギと九条ネギ、小ネギ。
よい箸休め。

ビアビア@東高円寺
こちらは、穂先メンマ。
柔らかくて、シャクシャクとした食感。

あーっ、美味しかった。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

Bia Bia
::::::::::
【住所】東京都杉並区高円寺南1-6-6 吉川ビル1F
【電話】03-3317-7154
【定休日】月曜
【営業時間】
・11:30-14:00/17:30-22:00(平日)
・11:30-スープ切れ終了(土・日・祝)
【アクセス】東京メトロ丸の内線 東高円寺駅出口2 徒歩3分

「銀座ハゲ天 伊勢丹会館店」のレポート。
1928年(昭和3年)創業。
本店は、銀座3丁目にある。

都内の有名な天ぷら屋さんの創業を調べてみると・・・。
・天國@銀座-1985年(明治18年)
・てん茂@三越前-1985年(明治18年)
・船橋屋@新宿-1886年(明治19年)
・天七@京橋-1892年(明治25年)
・つな八@新宿-1924年(大正13年)
・・・ということで、「ハゲ天」は新しい方の部類。

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
創業の地は九段で、当初の屋号は「たから」。
初代店主の渡辺徳之治はハゲ頭だったので、客から「ハゲの天婦羅屋、ハゲ天」と呼ばれていた。
銀座に進出する際、このあだ名の「ハゲ天」を屋号にした。

お店は、伊勢丹の直ぐ近くの「伊勢丹会館」の3階にある。

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
店内は、テーブル席を中心としたゆとりのある60席。

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
ここで揚げて、揚げたてを客席まで持ってきてくれる。

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
卓上の様子。
左の器は「つゆの辛口」、右の器は「つゆの甘口」。
手前が、「塩」。

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
今回は、「お手頃ランチ900円+(税72円)。」
天ぷらは、「海老2尾、魚介2品、野菜2品」

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
大和芋のとろろと漬物が付いている。

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
サツマイモの炊き込みごはんと赤だしの味噌汁。
炊き込みごはんは、日替わり。
もちろん、白米もある。
おかわりもできる。

味噌汁の具は、なめこ。

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
「海老の天ぷら」と「茄子とかぼちゃの天ぷら」。
真っ直ぐ伸びた海老。
細かく包丁で筋目を入れるから、揚げても丸くならない。
サックリ。
カボチャと茄子は、ホッコリ。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店@新宿
「キスとイカの天ぷら」。
これは、塩で頂く。
Σ(´θ`)うめぇ~

御飯のおかわりをして、とろろを天つゆで割ったものをぶっかけて頂く。
Σ(´θ`)うめぇ~

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

銀座ハゲ天 伊勢丹会館店
::::::::::::::::::::::::::::::::
【住所】東京都新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館 3F
【電話番号】03-3352-0325
【定休日】不定休(伊勢丹百貨店に準ず)
【営業時間】
・11:00-15:00/17:00-22:00(平日)
・11:00-22:00(土・日・祝)
【アクセス】
・東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 徒歩4分
・JR中央線・総武線・東京メトロ丸の内線・他 新宿駅東口 徒歩5分

「ピッツェリア コパン(Pizzeria Copain)@新井薬師前」の実食レポート。
6回目の訪問。

コパン@新井薬師前
中野駅方面から、自転車をギコギコ漕いで、到着。

コパン@新井薬師前
オシャレな置き看板。

コパン@新井薬師前
自然光を取り入れた落ち着いた空間。

コパン@新井薬師前
【ランチのセットメニュー(1080円)】。
・ピッツァorパスタを1つ選択。
・ドルチェを1つ選択。
・コーヒーor紅茶かを選択。
サラダ付き

今回は、ピッツアの「マリナーラ(チーズなし)」。
ドルチェは、「ブラッドオレンジのソルベ」。
そして、「ホットコーヒー」。

コパン@新井薬師前
ワインビネガーの酸味が効いていて、お口スッキリ。

コパン@新井薬師前
ピッツアの「マリナーラ(チーズなし)」。
マリナーラ(marinara)とは、イタリア語で「船乗りの」を意味する形容詞。
イタリアの都市ナポリの船乗りがよく食べていたことに由来している。
トマトの他、にんにく・オリーブオイル・オレガノだけをのせて焼いた、シンプルなピッツァ。

コパン@新井薬師前
マルゲリータと決定的に違うのは、チーズが載っていないこと。
チーズは欠かせないものと思っていたが、なくてもイケる。
ニンニクとオリーブの風味が効いたトマトソースの味わいは格別。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

コパン@新井薬師前
「ブラッドオレンジのソルベ」。
甘酸っぱい味のシャーベット。
お口スッキリ、リセット。

コパン@新井薬師前
エスプレッソのように濃いコーヒー。

(*^〇^*)Era tutto buonissimo

コパン(Pizzeria Copain)
::::::::::::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区松が丘1-32-11 フラット哲学堂1F
【電話】03-5318-6786
【定休日】不定休
【営業時間】
・11:30-14:00/18:00-22:00(日・祝17:30~)
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩15分

「中野ビール工房@中野」のレポート。

店舗紹介編(part1)」。
店舗紹介編(part2)」。
今回は、「実食編」。

中野ビール工房@中野駅
「店舗外観」。
板材を基調とした外装。
突当りの扉を開けて、そのまま進むと「中野ふれあいロード」に出る。
でも、私有地なので、通リ抜けはできない。

中野ビール工房@中野駅
右手は、「小料理 信濃路」。
お通し(3品)1000円+酒+カラオケで、楽しむ常連さんが多いお店。
カラオケによる歌声も、わずかに漏れてくる。

中野ビール工房@中野駅
プレオープンということで、入れ代わり立ち代わり関係者がちょこっと顔を出す。

さて、このお店では、全メニュー(ドリンク・フード)500円均一。
お店も、客も計算しやすいのが利点。
但し、商品価値が見えてこないのが難点。

原価がそれぞれ違うので、どこかでうまく相殺しているんだろう。
100円ショップと同じだね。

中野ビール工房@中野駅
まず一杯目は、「ペールエール」。
アルコール度数5.8%。
「柑橘系の香り、苦味のバランスが良いビール」とのこと。
クリーミーな泡で、ライトな口当たり。
とてもフルーティ。
ヨーロッパ各地で飲んだビールの味に近い。
Σ(´θ`)うめぇ~

中野ビール工房@中野駅
「枝豆とみょうがの夏サラダ」。
茗荷って、ソーメンの時ぐらいしか使わないが、サラダとしても合うね。
今度やってみよう。

中野ビール工房@中野駅
「IPA」
アルコール度数7.4%。
「ガツン!と来る苦み、飲み応え有り」とのこと。
苦味ばしった大人の味だね。
(*゚Q゚*)ビター!(*゚Q゚*)ウマ!

中野ビール工房@中野駅
「フィッシュ&チップス」。
タルタルソース添え。
ビールに合うおつまみ。

中野ビール工房@中野駅
レモンを絞りながら、全体に汁を回しかける。
白身魚もポテトも揚げたてで、アツアツ。
ハフハフしながら食べる。
衣がサックリとしていて、ウマい。

中野ビール工房@中野駅
「ライトブラウン」。
アルコール度数5.7%。
「優しい香り、すっきり飲みやすい」とのこと。
適度なほろ苦さ。
スッキリとしていて、飲みやすい。
グビグビ。

中野ビール工房@中野駅
外に出るとこんな感じ。
突当りが、「昭和新道商店街」。
板塀が見えるでしょ。
ベンチも付いているので、地球が回っていたら一休みしよう。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

中野ビール工房
::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区中野5-53-4
【電話番号】03-3385-3301
【定休日】当面無休
【営業時間】
・18:00-23:00(L.O.)・・・平日
・15:00-21:00(L.O.)・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「中野ビール工房@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編(part2)」。
店舗紹介編(part1)」の続き。

中野ビール工房@中野
スタッフの手作りという内装。
突当りには、醸造スペースがある。

中野ビール工房@中野
天井には布を張り、フワフワとタレ下がった感じが面白い。

中野ビール工房@中野
二段ベッドの様。
酩酊している人は、上部へ上がるのが難しい。

中野ビール工房@中野
上段部分。
小さな卓袱台が一つ。
ちゃぶ台返しは、くれぐれも行わないように。

中野ビール工房@中野
奥の小上がりスペース。
3人掛け×テーブル2卓。

中野ビール工房@中野
長居すると足が痺れそう。

中野ビール工房@中野
醸造スペースが、見れる。

中野ビール工房@中野
立って見下ろすと、こんな感じ。

中野ビール工房@中野
ドリンクメニュー。

中野ビール工房@中野
フードメニュー。

次回のレポートは、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

中野ビール工房
::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区中野5-53-4
【電話番号】03-3385-3301
【定休日】当面無休
【営業時間】
・18:00-23:00(L.O.)・・・平日
・15:00-21:00(L.O.)・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「中野ビール工房@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編(part1)」。

2010年12月25日創業の「高円寺麦酒工房」の姉妹店。
「高円寺麦酒工房」、「阿佐ヶ谷麦工房(2012年7月14日Open)」、「荻窪ビール工房(2013年9月1日Open)」に次ぐ、4店舗目。

日本ではまだ珍しいBREWPUB(ブルーパブ=併設の醸造所で造ったビールを提供するお店)。

「中野ビール工房」は、2014年5月25日にグランドオープン。
プレオープンの23日に訪問。

中野ビール工房@中野
中野駅北口より、暫く歩き、「昭和新道商店街」に入る。
早稲田通りに向かって歩くと、右手に板塀が見えてくる。
その左手の路地の入口に、置き看板があるので左折する。
入口辺りからは、店の存在を確認するのが難しい。

中野ビール工房@中野
右側にあるのは、路地裏の名店「小料理 信濃路@中野」。
ディープな中野を知る人ならば、耳にしたことがある名前だと思う。
70代の女将が切り盛りし、年配の常連さんが贔屓にしているお店である。
その向かいが、ビール工房。

中野ビール工房@中野
路地に突き出た木製の看板が目印。
店頭にもカウンターが設置されているので、ここでも飲めるようだ。
おそらく、喫煙所、喫煙者用、或はテイクアウトの受け渡し用の場所であるに違いない。

中野ビール工房@中野
中に入ると、板材を基調とした手作り感あふれる店内。
プレオープンということで、社長の能村夏丘さんが、ホール担当。

能村さんは、勤めていた広告制作会社を2009年に退職。
「地に足のついた仕事をしたい」と思い、その何かを求めた旅先で出合ったのが、栃木の小さなビール醸造所だった。
その後、運送業が本業の「(株)ゼンワークス 吉備土手下麦酒醸造所」の社長に弟子入りし、醸造や経営の技術と精神を学んだ。

「パン屋の感覚で普段使いできる店」が、コンセプト。

中野ビール工房@中野
店内に入り直ぐ左手のコーナーで、ドリンクと食べ物をオーダーする。
前金制で、ALL500円。
ドリンクはセルフサービスで、フードは席まで持ってきてくれる。

中野ビール工房@中野
ビールのメニューは、「ブラウマイスター(キリン製)」、「ライトブラウン」、「ペールエール」、「IPA」の4種類。

中野ビール工房@中野
自家製の他、KIRINのビールも置かれている。
飲み比べても、面白いかも。
ジョッキは、同じものを使い続ける。
ササっと水ですすいで、2度目にオーダーしたビールを注いでくれる。
経費節減の一つ。

中野ビール工房@中野
プレオープンということなので、挨拶回りのビジネスマンの訪問が多い。

中野ビール工房@中野
カウンター席の立ち飲みスペースの他、右手には2段ベットのようなテーブル席、奥には小上がりのスペースがある。

次回のレポートは、「店舗紹介編(part2)」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

中野ビール工房
::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区中野5-53-4
【電話番号】03-3385-3301
【定休日】当面無休
【営業時間】
・18:00-23:00(L.O.)・・・平日
・15:00-21:00(L.O.)・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「ニコニコカレー@中野」のレポート」。

今回は、「実食編」。

ニコニコカレー@中野
「レモンサワー(290円)」。
赤い星印がアルコールを入れる目安だとするならば、あと2㎝ほど上だと嬉しいニャー。

ニコニコカレー@中野
「2525サラダ(450円)」。
結構なボリューム。
アルコールを注入する前に、生野菜を摂ることが健康上グッド。

ニコニコカレー@中野
「サモサ(1P-180円×2)」。
カリッと感が冴えて、イイネ。

ニコニコカレー@中野
「グレープフルーツサワー(290円)」。
安いので、グイグイイケる。

ニコニコカレー@中野
「モモ(250円)」。
小籠包に似ているが、微妙に違う。

ニコニコカレー@中野
「スパイシー焼き鳥(1本130円)」。
タンドリー味の焼き鳥。
風変わりで美味しい。

ニコニコカレー@中野
「テキーラジンジャエール(290円)」。
カクテル類が、ALL290円なのが嬉しい。

ニコニコカレー@中野
「ニコニコカレー(400円)」。
このお店の看板メニュー(カレー)。
インド風と言うか、ネパール風カレー。
見た感じも違うよね。
規則正しいと言うか・・・。

ニコニコカレー@中野
「ニコニコカレー」。
スパイシーと言うよりは、トマトの酸味が効いたハヤシライス風。
この辺りが、インド風と言うよりは、ネパール風なのか。
インドカリーのメニューもあるので、次回はこちらで。

コストパフォーマンスもいいので、居酒屋利用で再訪決定!

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ニコニコカレー
::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区新井2-2-1 2F
【電話番号】03-6454-0768
【定休日】不定休
【営業時間】
・11:00-17:00(ランチ)
・17:00-25:00(ディナー)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分

「ニコニコカレー@中野」のレポート」。

今回は、「店舗紹介編」。

ニコニコカレー@中野
中野駅北口より、中野通りを直進。
早稲田通りと交わる「新井交差点」の信号を渡り、左折して直ぐ。
中華料理「幸館」の左横の階段を上がって、2階。

ニコニコカレー@中野
4人がけテーブル5卓、2人がけテーブル3卓の26席。

ニコニコカレー@中野
照度を落とした落ち着いた空間。

ニコニコカレー@中野
「ドリンクメニュー」。
サワー類が、290円と親切な設定。

ニコニコカレー@中野
カクテル類も、オール290円。
すごいッス。

ニコニコカレー@中野
「ランチメニュー」。
ディナータイムでも、カレーをオーダーすることは可能。

ニコニコカレー@中野
「おつまみメニュー」。
冷や奴、枝豆180円・・・泣かせる。

次回は、「実食編」。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ニコニコカレー
::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区新井2-2-1 2F
【電話番号】03-6454-0768
【定休日】不定休
【営業時間】
・11:00-17:00(ランチ)
・17:00-25:00(ディナー)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分

「たなかや@中野」の実食レポート。

2012年11月2日創業。
「ふれあいロード」にある立ち飲みのお店。
店主は、女将の「ちよちゃん(通称)」。

5回目の訪問。

たなかや@中野
ライトブラウンでまとめた店舗外観。
提灯のホッピーの文字が一際目立つ。

たなかや@中野
「グレープフルーツサワー(390円)」。

たなかや@中野
「枝豆(150円)」。
定番のおつまみ。

たなかや@中野
「サバの味噌煮(250円)」。
良く味が染みている。
脂が載っていて美味しい。

たなかや@中野
「レモンサワー(290円)」。

たなかや@中野
「ボンジリ野菜炒め(300円)」。
野菜を補給。

たなかや@中野
「チューハイ(290円)」。
お手頃な価格。

たなかや@中野
「ちくわ磯部揚げ(200円)」。
青海苔の風味がイイネ。

サクッと飲んで、ご馳走様。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

立ち飲み たなかや
::::::::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区5-54-3
【電話】03-6454-0422
【定休日】日曜
【営業時間】16:00-23:00(フードメニューL.O.22:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅 徒歩6分

「そば処 悠楽里(ゆらり)」のレポート。
2012年10月15日創業。
小麦粉などのつなぎを一切使用しない「国産そば粉十割蕎麦」を出すお店。

店主は、この道に就き30年の岩崎 真也さん。
高校時代の同級生と二人で切り盛りをしている。

今回は「実食編」。

ゆらり@新中野
店の近くに来ると「十割そば」と書かれた幟が、目を惹く。
青梅街道から、あまり見えないのが残念。

ゆらり@新中野
奥行きのある店内。
古民家調の内装。

ゆらり@新中野
季節限定!!
これだね。
今回はこれ。

ゆらり@新中野
「春野菜・天せいろ(880円)」。
天ぷらがてんこ盛り。

ゆらり@新中野
十割蕎麦。
茹で加減が良く、水でしっかり締められている。

ゆらり@新中野
スルスル、シコシコ。
ボソボソ感はない。
ウマい。

ゆらり@新中野
二年物の本枯れ鰹の出汁がじんわりと。
どちらかと言えば辛口ではあるが、カエシの濃さも程よい。

ゆらり@新中野
薬味。
本わさびが、イイネ。
風味豊か。爽快。

ゆらり@新中野
たらの芽、こごみ、フキノトウ、菜の花、あしたば等、豪華。
春の味覚を堪能。
サクサクで美味しい。

ゆらり@新中野
蕎麦湯。
単独で飲んでも美味。
汁に入れて、完汁。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

そば処 悠楽里(ゆらり)
:::::::::::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区中央3-34-1 プラム鍋横 1F
【電話番号】03-3381-7212
【定休日】月曜
【営業時間】11:00-22:00(L.O.21:30】
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 新中野駅3・4番出口 徒歩3分

このページのトップヘ