東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2015年01月

「ももや@中野」のレポート。
今回は、「実食編」。

ももや@中野
狸小路で、ひと際目立つ赤い提灯。
1階だけだと思ったら、2、3階もあるのね。
1階が埋まっていたので、今回は2階に通された。

ももや@中野
メニューは、鶏肉料理がメイン。
野菜系は少ないかも。
お通しは、「ワカメ酢」。
肉が中心の食事になるので、これはいいかも。

ももや@中野
「グレープフルーツハイ(430円)」。
アルコール度数は、高め。

ももや@中野
「もつ煮込み(350円)」。
コンニャクとか、豆腐などは加えていない。
味付は、しょっぱくなくイイ塩梅。

ももや@中野
「手作りつくね焼き(430円)」。
ももや看板料理の一つ。
デカッ!
パン粉は少なめで、肉が多めなのがイイ。
甘辛いタレで、ウマい。

ももや@中野
「ラムネハイ(430円)」。
懐かしいラムネで、割る。
甘い。

ももや@中野
「もも、ねぎま、れば(1串120円)」。
鳥取県産のブランド鶏、大山鳥・・・と書いてあるが、大山鶏が正しい表記だと思う。
肉の味が分かる塩でいただく。
(*゚Q゚*)ウマ!

ももや@中野
「デンキブラン(430円)」。
下町のブランデー、デンキブラン。
オンザロックで。
グラスをフリフリして、氷を溶かしながら飲む。

ももや@中野
「かしら、しろ(1串120円)」。
部位の名前がよく分かっていないのだが、かしらというからには豚頭だと思う。
シャバ系の程良い醤油味。

ももや@中野
「やまいも(120円)」。
皮ごと焼いたもの。
シャリシャリとしていて美味しい。

ももや@中野
「しろ(120円)」。
2本頼んだのだが、遅れて1本が到着。
しろ特有のゴムのような弾力性のある部分と、かなり柔らかい部分が混在。
柔らかい部分は、もつ煮込みのもつかな・・・謎。

19時までは、ドリンクが250円というハッピーアワー価格。
今度は早く来ようっと
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

鳥焼き もつ煮込み ももや
*************************
【住所】東京都中野区中野5-56-15
【電話】03-3388-7311
【定休日】無休
【営業時間】16:00-24:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「ももや@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

2007年オープン。
「御茶ノ水店」に次ぐ2店舗目となる。

ももや@中野
中野駅北口より、中野サンモールを直進。
ブロードウェイ入口の一本手前の路地「中野北口狸小路」に入り、右手。
木製看板の上部に、赤提灯が沢山ぶら下がっているのが、目印。

ももや@中野
19時までは、ドリンクが250円というハッピーアワー価格。
このフレコミにひきつけられる人も、多いことであろう。

ももや@中野
店内は1階がカウンター席とテーブル席。
階段を上がると2階、3階にも席がある。
総席数65。

ももや@中野
こちらは、2階席。
古民家風の造り。

ももや@中野
ももやの自慢は、鳥取の「大山鶏」を使った串焼き。
ももやの名物料理は、
①白ればポン酢
②三黄鶏
③手作りつくね焼き

次回は、実食レポート。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

鳥焼き もつ煮込み ももや
*************************
【住所】東京都中野区中野5-56-15
【電話】03-3388-7311
【定休日】無休
【営業時間】16:00-24:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「中野寿湯温泉@中野」のレポート。
1951年(昭和26年)6月16日創業の銭湯。
オーナーは、小林さん。

2013年3月に、中野区で初の“天然温泉”と認められ、名称も「ことぶき湯」から「中野寿湯温泉」に変更した。
従来より使用していた井戸水の成分を分析した結果によるもの。
温泉の成分は「メタ珪酸(けいさん)」で、天然の保湿成分と言われていて、ツルツル美肌になるらしい。

寿湯@中野
中野ブロードウェイを抜けて早稲田通りに出る。
それを渡り、薬師あいロード商店街を北上して暫く歩いた左側。

寿湯@中野
玄関内は右側にL字状の下足箱があり、左手の自動ドアからロビーに入る。

寿湯@中野
フロントで、料金と松竹錠の鍵を渡す。
料金は460円+サウナ料金200円(タオル大・小付き)。

さて、浴室内に入る。
前回のレポート「寿湯@中野・新井薬師前」も参考までに。

浴槽は、左から深湯、隣の浅湯は座湯、寝湯があり、右端はバイブラ湯となっている。
温泉は、無色透明・無味無臭。
水風呂で、水の匂いを嗅ぐと僅かに金気臭ぽい匂いがする。

洗い場の席数は、19程。
シャンプー&ボディシャンプーは、8セット常備され、奪い合いにならずに済む。

サウナは、詰めて入れば上段3人、下段3人、椅子1人の7人が座れる。
だが、体格がイイ人や股関節がヤワラカイ人もいるので、通常4人位がいいところ。
室温は、97℃をキープ。
砂時計は3つあるのが、嬉しい。

いい汗かいて、お肌ツルツル。
帰り際、近くのイオン(AEON)で発泡酒買って、グビグビ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

中野寿湯温泉
******************
【住所】東京都中野区新井1-14-13
【電話】03-3387-2047
【定休日】火曜
【営業時間】16:00-翌1:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩8分

「昭和湯@中野」のレポート。

1916年(大正5年)、有楽町で創業。
1936年(昭和11年)、野方に移転オープン。
1957年(昭和32年)、リニューアルオープン。
現在の店主は、3代目。

昭和湯@中野
野方の住宅地の奥まった場所にあるので、土地勘がないと分かりにくい。
近隣の場所から、なかなか煙突が見えてこないので見つけるのに一苦労。
迷った末、発見。
角には、元喫茶店であったようなテナントがある。

入り口はレンガ調のモダンな造り。
フロント形式で、入浴料金460円+サウナ利用料金200円(貸しタオル大小付き)。
実際は、660円ではなく、650円とちょっとおまけ。

中に入り、フロントで料金を払い、貸しタオルを受け取る。
サウナ室に入るカギはなく、オレンジ色のタオルが利用者の証となる。

昭和湯@中野
更衣室の横には、休憩室が完備。
リクライニングシート4台に、テレビ付。
ぶら下がり健康器具もある。

浴室は、洗い場の数23人分。
備え付けのシャンプー&ボディシャンプーのセットが、3組。

浴槽は、深槽×2、座ジェット、浅槽バイブラ、電気風呂、水風呂。
壁面はチップタイルで、太陽に鳥2羽が向かっている絵柄。
壁面の一部にTV(普段は使われていない模様)。

BGMは、昭和歌謡(70~80年代のJPOP)が流れている。
ご主人は、北島三郎ファンであるが、因みに昭和湯から5分ほど行ったところに北島三郎の事務所がある。

さて、目的はサウナ。
砂時計は1つで、温度は90℃。
オープンの15時台は80℃で、16時ぐらいになると90℃に上昇する。
スペースは、Max8人。
水風呂は2人サイズ。
~( ̄‥ ̄*)ユアガリゴノ ビールガサイコウ!

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

昭和湯
*********
【住所】東京都中野区野方1-21-1
【電話】03-3385-3886
【定休日】土曜
【営業時間】15:00-翌1:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩15分

「上越泉@野方」のレポート。

環七通りに近い銭湯。
JR高円寺駅、中野駅からも徒歩15分程度。

上越泉@野方
早稲田通りを高円寺方面へ。
盛絽屋という日本蕎麦屋さんの手前を右折。
「大新横丁商店街」を進み、左手3本目の路地を左折して正面に見えてくる。
住宅街にあるので、土地勘があっても少し分かりにくい場所。

上越泉@野方
昔ながらの銭湯の外観そのまま。
風情のある佇まい。

上越泉@野方
銭湯の入浴料460円で、サウナ料金が150円(バスタオル、タオル付)。
サウナ料金は、近隣のお風呂屋さんが200円なので、少し安めか?

上越泉@野方
いざ、中へ。
フロンで、サウナ付を申告。
「1時間なら、600円。それ以上なら700円。どちらにしますか。」だと。
表向きは460円+サウナ料金150円=610円。
10円安くなるが、1時間以内。
時間制限があるとはね・・・。
~( ̄‥ ̄*)オイオイ

浴室内は富士山の絵ではなく、竹林の写真パネルが貼られている。
さらに、その周囲にはギリシャ起源の「メアンドロス模様」。
浴槽は、ボディマッサージやバイブラ、水風呂、露天風呂。
それとサウナ。

洗い場は、21名分。
シャワールーム2か所。
シャンプー&ボディーソープが、3セット常備。

露天風呂は半分が屋根付きで、キャパが大人2人。
この日は、「ホワイトイオン」と言うことで、白いバスクリン。
気持ちイイねぇ。

サウナのキャパは、無理をすれば大人6人。
通常4人ほどか。
温度は、常時100℃、体感温度90℃。
砂時計がないので、汗の出具合で自己管理。
備え付けて欲しいなぁ。

休憩室がないので、1時間入れば十分かも。
ちょっと慌ただしかったな。~( ̄‥ ̄*)アセ フキフキ

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

上越泉
**********
【住所】東京都中野区野方1-51-10
【電話】03-3388-9445
【営業時間】15:30-翌1:00
【定休日】 金曜
【アクセス】西武新宿線 野方駅南口
【料金】
* 入浴料 460円
*サウナ150円(貸しバスタオル付き)
*手ぶら入浴セット 120円

「李苑@中野」のレポート。

1987年12月21日オープン。

李苑@中野
いつもココの角を曲がって、ふれあいロードに出るが、素通りばかり。
ランチメニューが目に留まったので、今回はここに決定。

李苑@中野
総席数は、40席。
見た感じは、40席も席数があるのかしらと思える感じ。

李苑@中野
今回は、「石焼ビビンバ(880円)」。
土日祝のランチメニュー。

先付として、副菜3点盛りが差し出される。
焼肉屋のランチは、大方これが付いている。

李苑@中野
牛のスープ。
ワカメとネギ入り。

李苑@中野
パチパチと音を立てながら、ビビンバ登場。

李苑@中野
そのままにしてくと直ぐ焦げてしまうので、手際よくマゼマゼする。
その際、卵の黄身はそのまま横によけておいて、暫くしてから混ぜる。
そうした方が、ウマいのだ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

韓国名菜 李苑
*******************
【住所】東京都中野区中野5-60-2 ライオンズプラザ中野 1F
【電話】03-3388-4872
【定休日】無休
【営業時間】*11:30-15:00/17:00-24:00(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩3分

「寿し常 中野マルイ店@中野」の実食レポート。
第5回目の訪問。

1949年4月創業の「株式会社 豊田」が運営するお店。
首都圏に40店舗以上を展開するチェーン店。

寿司常@中野
中野マルイ店の5階へ。

寿司常@中野
店内は、カウンターとテーブルを含め全42席。

寿司常@中野
今回は、「海鮮にぎり(1280円/税別)」。
最初にサラダ。
千切りキャベツの上に、アミが載っている。
サッパリとしたドレッシングでいただく。

寿司常@中野
味噌汁は、浅蜊。
タウリンたっぷり。
効きそう。

寿司常@中野
マグロ3貫は、全て赤身。
中トロは、この価格帯では入らないのね(涙)。
穴子が気に入った。

寿司常@中野
最後にプチデザート。
これ無くていいから、中トロくいてぇ。
~( ̄‥ ̄*)オネガイ

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

海鮮処 寿し常 中野マルイ店
***********************************
【住所】東京都中野区中野3-34-28 中野マルイ5F
【電話】03-5342-0401
【定休日】中野マルイの定休日に準ずる
【営業時間】
・11:00-23:00(L.O.22:30)
※11:00-17:00(ランチタイム)
【アクセス】JR中央線 中野駅南口 徒歩2分

「丸福@中野新橋」の実食レポート。

1951年4月創業。

丸福@中野新橋
新しくなった中野新橋駅を出たら信号を渡り、右へ直進した左側にある。

丸福@中野新橋
1階はテーブル30席と、地下には20席程度の座敷が完備されている。
テーブルは、一枚板を使った豪華なもの。

丸福@中野新橋
今回は、「きつねそば(800円)」。
前回よりも50円ほど価格がアップしたようだ。

丸福@中野新橋
ふっくら、ふくよかなお揚げ。
甘辛い汁がタップリ染み込んでいて、ウマー。

信州産の蕎麦粉を使った蕎麦。
蕎麦は、スルスル、シコシコ。
途中でダレルこともなく、しっかりとしたコシ。

具は、ワカメとネギ、蒲鉾。
それと、薬味のネギ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

手打そば 丸福
*****************
【住所】東京都中野区弥生町2-20-7
【電話番号】03-3372-2976
【定休日】無休
【営業時間】11:00-22:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩2分

「 炙谷@中野」のレポート。

「株式会社 グリーンカンパニー」が、運営するお店。
「打越酒場@中野」、「炭焼き・海鮮Dining 味わい屋・中野店 」は、姉妹店。

炙谷@中野
中野駅北口より、「ふれあいロード」を北進し、真ん中辺り。
店舗は「打越酒場」の2階。

炙谷@中野
総席数108席。
掘りごたつ風の落ち着いた雰囲気。

炙谷@中野
「レモンサワー(290円・外税)」。

炙谷@中野
「お通し(210円・外税)」。
厚揚げとさつま揚げを煮物。

炙谷@中野
「イカわたごろ煮(580円・外税)」。
イカわたの旨みが溢れている。
(*゚Q゚*)ウマ!

炙谷@中野
「ゴルゴンゾーラピザ/ハーフ(450円・外税)」。
メープルシロップをかけて頂く。
シロップが意外にも合う。

炙谷@中野
「ライムサワー(290円・外税)」。

炙谷@中野
「八品目のコブサラダ(ハーフサイズ400円・外税)」。
野菜タップリなのが、嬉しい。

「コブサラダ」とは、ハリウッドのレストランオーナーであるロバート・H・コブが考案したもの。
空腹のコブが、店の冷蔵庫に残っている食材を使い、手早く簡単に作ったサラダ。
それがウケて、商品化された。

炙谷@中野
「やきとん・5本盛(450円・外税)」。
シロ、タン、レバー、ハツ、カシラ。
肉の味が分かる塩焼きで。

炙谷@中野
「八海山・小とっくり(430円・外税)」。
口当たりが良く、飲みやすい。

炙谷@中野
あげだし豆腐(380円・外税)」。
鶏そばろの餡が、美味しい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

のみくい処 炙谷 中野店
*****************************
【住所】東京都中野区中野5-56-2 オスカービル2F
【電話】03-3388-5941
【定休日】無休
【営業時間】16:30-翌5:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

このページのトップヘ