東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2015年02月

「ニコマル@中野」のレポート。
今回は、店舗紹介編。

店主は、加藤哲男さん。
加藤さんは、「つきじ丼匠@築地場内」出身。

2009年9月5日、奥さんの実家である埼玉県の本所で、「食堂ニコマル」を創業。
2013年8月11日、中野へ移転 オープン。

『お願い!ランキング(テレビ朝日)』-2014年2月12日放映。
川越達也&オードリーの抜き打ち発掘レストラン!~中野編~
で、紹介された。

ニコマル@中野
お店の場所は、中野駅北口より中野通り(中野サンプラザ寄り)を北へ進む。
「新井交差点」を過ぎ、暫く歩いたところ。

ニコマル@中野
店内は、喫茶店の居抜き。
夫婦で切り盛りをしている。
12席 (カウンター3席 テーブル8席)。
2卓しかないテーブル席。

ニコマル@中野
窓から見える草花が素敵。
サクラの咲く頃は、特等席になるに違いない。

ニコマル@中野
卓上調味料の中に、「中央線ソース」が置かれている。
このソースは、「株式会社ポールスタア」製のもので、因みに「西武線ソース」と言うのもある。

ニコマル@中野
壁に貼られたお品書き「四天王盛」と言うのが気になる。

ニコマル@中野
「ドリンクメニュー」。
お通し代250円。
ナカノハイボールも置いてある。

ニコマル@中野
「ソフトドリンクメニュー」。

ニコマル@中野
「フードメニュー」。

ニコマル@中野
「本日のおすすめ」。

ニコマル@中野
「〆の飯」。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ

ニコマル
************
【住所】東京都中野区新井2-7-11 ウィング中野 1F
【電話】03-3389-7950
【定休日】日曜
【営業時間】
*11:30-14:30 /17:30-22:30(LO22:00)・・・平日
*11:30-14:30/17:00~21:30(LO21:00)・・・土・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分

「わしや ごはん処@中野」のレポート。

1948年(昭和23年)設立の「わしや商事株式会社」が運営するお店。
惣菜店は、中野本店・ 荻窪店・ 西荻窪店。
ごはん処は、今回のお店。
その他、宅配、仕出し弁当も扱っている。

わしや ごはん処@中野
中野駅北口より、中野サンモール商店街に入る。
右手に「わしや惣菜店 中野本店」が見える。
「ごはん処 わしや」は、その角を右手に曲がった「中野北口一番街」にある。

わしや ごはん処@中野
総席数約28席。

わしや ごはん処@中野
「生ビール・ジョッキ(450円)」。

わしや ごはん処@中野
「芽ぐみ米定食(800円)」。
内容は、芽ぐみ米・サバの粕漬焼、ポテトサラダ、いんげんのごま和え、ねばねば小鉢、味噌汁。
芽ぐみ米とは、「特許製法により、お米の周囲の硬い果皮を取り除き、健康に有益な成分を最大限残した今までにないお米です。」とのこと。

わしや ごはん処@中野
居酒屋とは違い、定食屋らしいセットものを。
安く、美味しく、ボリューミー。
鯖は脂が載っていて、適度な塩分でイイ肴。

わしや ごはん処@中野
付属のねばねば小鉢。
もちろん、ご飯にぶっかけて食す。
Σ(´θ`)うめぇ~

わしや ごはん処@中野
「小松菜のおひたし(200円)」。

わしや ごはん処@中野
「シークワーサーサワー(400円)」。
レモン、ライムの時代は終わった。

わしや ごはん処@中野
「あじフライ(350円)」。
衣サックリ、中ジュワーッ。

定食屋で飲むのも最高!
ヾ(*´∀`*)ノ カオハ ホンノリ 桜の幹色 マタネ。

わしや 新鮮野菜ごはん処
******************************
【住所】東京都中野区中野5-63-5
【電話】03-5345-5061
【定休日】日曜
【営業時間】11:00-22:00(L.O.21:30 )
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩3分

「丹華麗@中野」の実食レポート。

1992年創業。
フレンチ、イタリアン、中華をアレンジした創作料理が楽しめるお店。

お店の場所は、中野駅北口を出てアーケード街の「中野サンモール」を直進。
左手に「海鮮三崎港 中野サンモール店」が見えてくるので、それが目印。
1階が「海鮮三崎港」、隣の階段を上がると2、3階が「中華食堂一番館 中野サンモール店」。

丹華麗@中野
「うまいものは、地下にある」。
確かに・・・、そうかも。

丹華麗@中野
店内は、26席 (カウンター4席、テーブル2人×11卓)。
女性占有率高し。

今回は、「魚ランチ(860円)」。
<メヌケのポシェ うにクリーム>

丹華麗@中野
最初に、コンソメスープ。

丹華麗@中野
フリルレタスのサラダ。
サッパリとしたドレッシングで、いただく。

丹華麗@中野
2種類の炊き込みご飯。
日替りで、鮭とお揚げ。
量は好きなだけ、よそってくれるので・・・大盛り。

丹華麗@中野
<メヌケのポシェ うにクリーム>
マヌケ? メヌケか。
メヌケとは、スズキ目メバル科メバル属だと。

丹華麗@中野
適度に脂が載っていて、このうにソースがまたウマい。
付け合わせの野菜もしっかりとあって嬉しいね。

丹華麗@中野
+100円で、コーヒーを飲む。

ご飯の盛がよく、お腹いっぱい。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

丹華麗
***********
【住所】東京都中野区中野5-65-11 筑紫ビル B1F
【電話】03-5380-4567
【定休日】日曜
【営業時間】
・11:30-14:00(L.O.)/18:00-22:00(L.O.)
・12:00-14:30(L.O.)/17:30-21:30(L.O.)[祝]
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「神南カリー@中野」の実食レポート。
2012年10月5日オープン。
「株式会社ベイクルーズ」が運営。

「毎日食べたい無添加カリー」がコンセプト。

神南カリー@中野
「中野セントラルパーク サウス」の2階へ。

神南カリー@中野
休日ランチは、人が少なめで、ゆったり。
平日ランチは、混み合うのかしら?

今回は、「ダブルカリー(780円)+ランチセット(300円)」。
神南カリーと神南欧風の組み合わせ。

神南カリー@中野
まずは、サラダ。
ランチセットを頼んだので、サラダとドリンク付き。
フレッシュな野菜がてんこ盛り。
コレが魅力。

神南カリー@中野
「ダブルカリー」到着。
左が「神南カリー」、右の黒い方が「神南欧風」。
ご飯の上のクコの実が綺麗。
美容、美肌に良いみたい。

神南カリー@中野
軍配は神南欧風。
人の好みは十人十色ということで・・・。

神南カリー@中野
食後のコーヒー。

神南カリー@中野
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

神南カリー 中野店
************************
【住所】東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス 2F
【電話】03-5345-7891
【定休日】不定休(中野セントラルパークに準ずる)
【営業時間】11:00-21:00
【アクセス】JR・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「中野 洋食酒場 カラフル@中野」の実食レポート。

2013年12月9日創業。
店主は、長野県出身の宮下功子(のりこ)さん。
横浜調理師専門学校卒。
中野の地域消防団にも所属。

オープン以前は、新宿御苑前で間借りのランチ営業をしていたが、間借り先の閉店に伴い、自身の店を開業することを決意。

「本格洋食が食べられる酒場」をコンセプトにしている。

カラフル@中野
中野ブロードウェイ入口右横の「白線通り」を東に進む。
「炉傍(ろぼう)」の角を曲がったところに入口がある。
階段を上って2階へ。

カラフル@中野
店内は、15席(カウンター5席+テーブル10席)。

今回は、「ナシゴレン(850円)」。

カラフル@中野
プチコーンスープ。

カラフル@中野
ナシゴレンとは、インドネシアやマレーシアの焼き飯料理。

カラフル@中野
プリプリの海老ちゃんがタップリ。
特有の香辛料やニンニクが効いていて、ウマい。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!
目玉焼きを潰して、混ぜて食べるとマイルドな味わいに。

カラフル@中野
水菜とミニトマトは、良い箸休め。
ヾ(*´∀`*)ノ ジャーネー。

中野 洋食酒場 カラフル
*****************************
【住所】東京都中野区中野5-55-17 2F
【電話】090-8846-5517
【定休日】日曜日・祝日
【営業時間】11:30-15:00(L.O.14:30)/18:00-21:30(L.O.21:00)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅 徒歩5分

「居酒屋キャリフォルニア@新宿」のレポート。

2013年5月17日 オープン。


居酒屋キャリフォルニア@新宿
「新宿つな八・総本店」の前方のビル。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
エレベーターで、4Fへ。
トタンのような入口外装。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
店内はテーブル席を中心とした総席数48席。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
ランチALL890円。

今回は、「Weekly stew dish」。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
サラダバー。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
好みの野菜をてんこ盛り。
メインが来る間に、さらにお代わりを・・・。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
コンソメスープ。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
魚介がたっぷりのブイヤベース風。
ゴロッと丸ごとのじゃがいも。
タコやイカ、浅蜊などからの滋味深いエキスがタップリ。

居酒屋キャリフォルニア@新宿
ティーを飲んで、ホッとした気分。

ヾ(*´∀`*)ノマタネ

居酒屋キャリフォルニア
******************************
【住所】東京都新宿区新宿3-28-16 コルネビル 4F
【電話】03-3341-0589
【定休日】月曜
【営業時間】12:00-14:30LO/17:00-23:00LO
【アクセス】JR新宿駅東口 徒歩4分

「立呑酒場 魚屋よ蔵@中野」のレポート。
2005年6月創業の元魚屋さんが営む立呑酒場。

魚屋よ蔵@中野
昭和新道をトボトボと歩く。

魚屋よ蔵@中野
最近、盛況。

魚屋よ蔵@中野
たまに、空いていることもあるのネ。
ホッ。

魚屋よ蔵@中野
懐かしい、電話がある。

魚屋よ蔵@中野
冷蔵ケースの中には、刺身とお惣菜。
日により違うので、楽しみ。

魚屋よ蔵@中野
「酎ハイ(280円)」。
この店で一番安い飲物。

魚屋よ蔵@中野
「かんぱち(280円)」。
かんぱちは、間八と書くみたい。
勘八でもイイみたい。
環八は、違うだろ。

魚屋よ蔵@中野
「レモンサワー(380円)」。
喉を潤す。

魚屋よ蔵@中野
「鰹(280円)」。
身が厚いね。
生姜醤油で、いただく。

魚屋よ蔵@中野
「煮物(280円)」。
つくねと厚揚げ。
程良い味付けでウマい。

魚屋よ蔵@中野
「金宮焼酎(300円)」。
シャリキン、ヒエヒエ。
こんな飲物だったのね。

魚屋よ蔵@中野
「煮物(280円)」。
大豆、タコ、大根など。
美味しいつまみ。

ヾ(*´∀`*)ノ カオハ ホンノリ 桜の幹色 マタネ。

立呑酒場 魚屋よ蔵
***********************
【住所】東京都中野区中野5-48-5
【電話番号】03-3319-8642
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】17:00-23:00(L.O.)
【アクセス】JR中野駅北口 徒歩5分

「藤吉郎@新中野」の実食レポート。

新中野駅4番出口より、青梅街道を右(東高円寺方面)へ進む。
一つ目の青梅街道から中野通りに抜ける斜めの道沿いにある居酒屋。

藤吉郎@新中野
店の左側にある樽が目立つ。

藤吉郎@新中野
左端が店主。
忙しそうに動き回る。
1度に3つぐらいの注文がイイみたい。

藤吉郎@新中野
「ビール・大瓶(520円)」。
一般的には、中瓶の値段。

藤吉郎@新中野
「にら玉(420円)」。
醤油の味が濃いめで、フワフワの玉子。
ニラが入っていて、元気が出そう。

藤吉郎@新中野
「餃子(420円)」。
酢醤油で、いただく。

藤吉郎@新中野
「酒2合(520円)」。
寒い時期、やはり熱燗だね。

藤吉郎@新中野
「とり(二串230円)とつくね(二串230円)」。
身が結構大きめなのが嬉しい。
醤油ダレも甘辛くてイイね。

藤吉郎@新中野
「しろ(二串230円)」。
弾力性のある食感が好み。

藤吉郎@新中野
「わかめ酢(350円)」。
健康を考えて、酢の物を。
血液ドロドロが、シャバシャバになった・・・気がした。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 藤吉郎
********************
【住所】東京都中野区中央4-2-6
【電話番号】03-3380-3967
【定休日】日曜(不定休有)
【営業時間】18:00~
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅4番出口より 徒歩2分

「丸福@中野新橋」の実食レポート。

1951年4月創業。

丸福@中野新橋
中野新橋駅より、直ぐ。
緑の看板が目印。
出前用のバイクが置かれている。

丸福@中野新橋
1階はテーブル30席と、地下には20席程度の座敷が完備されている。
テーブルは、一枚板を使った豪華なもの。
余り知られてはいないが、厨房へ続く暖簾の奥にも、テーブル席がある。

丸福@中野新橋
「野菜あんかけそば(950円)」。
白菜、大根、里芋、ニンジンなど野菜タップリ。
さつま揚げ、豚肉も入っている。
汁はトロミのあるあんかけ。
(*゚Q゚*)ウマ!
身体が温まる。
蕎麦は汁がシッカリ絡み、シコシコ。
Σ(´θ`)うめぇ~

冬は、やっぱりこれだね!
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!


手打そば 丸福
*****************
【住所】東京都中野区弥生町2-20-7
【電話番号】03-3372-2976
【定休日】無休
【営業時間】11:00-22:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩2分

「神南カリー@中野」の実食レポート。
2012年10月5日オープン。
「株式会社ベイクルーズ」が運営。

「毎日食べたい無添加カリー」がコンセプト。

神南カリー@中野セントラルパーク
「中野セントラルパーク サウス」の2階へ。

神南カリー@中野セントラルパーク
それほど込み合うこともなく、ゆったりとした雰囲気で食事ができるのが嬉しい。

今回は、「神南カツカリー(800円)+ランチセット(300円)」。
ランチセットとは、サラダとドリンクバー付のこと。

神南カリー@中野セントラルパーク
サラダ。
以前のようなサラダバー形式ではないのが残念。
でも、たっぷりの野菜で満足。

神南カリー@中野セントラルパーク
昔から、カレーのトッピングと言えば、カツかな。
その次に、コロッケ。

神南カリー@中野セントラルパーク
ライスは、十穀米。
カツは、厚切りではないが、紙カツほど薄くもない。
カレーは、ウスターソースの味がする。
カレーにソースをかけるなんて邪道・・・と思っていたが、これはコレ。
いいじゃないの~。

神南カリー@中野セントラルパーク
食後のアイスコーヒー。

神南カリー@中野セントラルパーク
自分ちのリビングがこれだけあればイイなぁ。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

神南カリー 中野店
************************
【住所】東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス 2F
【電話】03-5345-7891
【定休日】不定休(中野セントラルパークに準ずる)
【営業時間】11:00-21:00
【アクセス】JR・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

このページのトップヘ