東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2016年01月

「砂場@中野」のレポート。

砂場@中野・野方・沼袋
隣家から、亡くなった妻「おそわさん」の名を呼ぶ旦那の声が聞こえる。
「おそわどん」、「おそわどん」と。
そして、翌日も・・・???。

意を決して、隣の家に行き、恐る恐る窓から覗いてみると・・・。
旦那が楽しそうに食事をしていた。
「おそば、うどん」「おそば、うどん」と言いながら。

砂場@中野・野方・沼袋
店内は、4人がけテーブルが3卓と カウンター6席(2席×3)。

砂場@中野・野方・沼袋
今回は、「きつねそば/540円」+「ミニ中華丼/480円。
きつねは、お揚げがたっぷり。
蕎麦は、スルシコで美味しい。

砂場@中野・野方・沼袋
お目当てはこの「ミニ中華丼」。
蕎麦屋なんだけど、中華丼ということで気になっていた。
ミニなので、蕎麦とセットで頼めるのが嬉しい。
優しい味付けの餡で、野菜たっぷり。
漬物も付いて嬉しい。

今度は、゛おそば、うどん゛どちらにしようかな。
(*´∀`*)ノ マタネ!

砂場
*******
【住所】東京都中野区野方1-20-4
【電話番号】03-3385-8162
【定休日】火曜
【営業時間】11:00-20:00
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩12分
*西武新宿線 沼袋駅 徒歩12分
*西武新宿線 野方駅 徒歩12分

「ガンジーパレス@中野」のレポート。

ガンジーパレス@中野
中野駅南口からレンガ坂を登り、突き当たったら左に曲がって直ぐ。
桃園通り沿いにある。

ガンジーパレス@中野
半地下にある扉を開け、中に入る。
入って右側が、カウンター席。
少し進むと、「ランチバイキング/1100円」のコーナーが設けられている。
日替わりカレー4種類、サラダ3種類、釜直火焼きナン、サフランライス、デザート2種類、ドリンク3種類という内容。
大食漢の人には嬉しいメニュー。
ランチに訪れる人の多くは、このバイキングにする。

ガンジーパレス@中野
奥にあるテーブルを中心とした空間。
総席数42(カウンター7席、テーブル35席)。

ガンジーパレス@中野
「ドリンク飲み放題/100円」を追加したので、最初にラッシーで喉を潤す。

ガンジーパレス@中野
今回は、「チキンとほうれん草カレー/650円」+ドリンク飲み放題/100円」。
ナンかライスが選べるので、ナンをチョイス。
カレーの辛さは、5段階から選べるので、4段階目の「大辛」を選択。

ガンジーパレス@中野
サラダは、定番のドレッシングがかかっている。

ガンジーパレス@中野
「チキンとほうれん草カレー」。
辛さを大辛にしたので、ズドーンと来る辛さ。
鶏のコクがあり、ウマい。
ナンは、甘味があり美味しい。
カリッと感は余りなく、パン生地のようなソフト感のあるナン。

ガンジーパレス@中野
食後の「チャイ」。
ドリンク飲み放題なので、ラッシー2杯、チャイを3杯お代わり。

C.P.としては、申し分ない。
カレーの量も多いし。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

インドレストラン ガンジーパレス
*****************************************
【住所】東京都中野区中野3-39-10 ユーシティービル B1F
【電話】03-3384-0458
【定休日】無休
【営業時間】11:30-15:30L.O/17:00-22:30L.O.
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩3分

「新宿割烹 中嶋@新宿三丁目」のレポート。

2008年~2015年まで、「ミシュラン☆星」を8年連続で獲得している名店。

店主の中嶋貞治さんは、NHKの朝の情報番組「あさイチ」やNHK教育の「きょうの料理」に出演し、日本料理の名手として知られている。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
新宿駅東口から、"新宿通り"と"青梅街道"の中間にある「中央通り」を直進。
「IDC大塚家具」を通り過ぎて、1本目の右側の路地を曲がって直ぐ。
「鰯 昼定食」と書かれた幟が目印。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
そぉーっと覗いてみてごらん。
やっぱし、行列。
内勤のものは、食にありつくことはまず無理。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
表札。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
シンプルな暖簾。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
木製置き看板と亀。
入って右手が、ウェイティングスペース。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
総席数32席。
カウンター10席、テーブル18席(6人掛け×1卓+4人掛け×3卓)、座敷4席。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
今回は、「いわし柳川鍋/900円(税込)」。
御飯・味噌汁・漬物付き。
※ご飯は2杯目まで無料。

ドジョウが一般的なので、イワシの柳川鍋は初めて。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
「副菜」。
大根の漬物と小松菜のおひたし。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
鍋がグツグツとした状態で運ばれてくる。
柳川の牛蒡の代わりに、玉ねぎ。
唐揚げにしたイワシの玉子とじ、と言う感じでカツ煮風。

イワシはフライなので、旨味が衣の中に凝縮されている。
齧ると、旨味汁がジョワーッ。
味付は、出汁が効いた甘めの醤油。
ふんわりとした玉子をまとい、柔らかく優しい味わい。
シャキシャキとした玉ねぎの食感もたまらない。
ご飯がススム君。

味噌汁は、小さくカットされた豆腐・お揚げ・わかめ・小ネギなどの具。
出汁が効いた薄味。

新宿割烹 中嶋@新宿三丁目
カウンターが空いていない場合は、こちらのテーブル席で相席となる。
並んで食べる価値はあると思うが、時間に余裕がない時は涙。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

新宿割烹 中嶋
******************
【住所】東京都新宿区新宿3-32-5 日原ビル B1F
【電話】03-3356-4534
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:30-14:00/17:30-22:00
【アクセス】
*東京メトロ丸ノ内線・副都心線 新宿三丁目駅 徒歩3分
*JR新宿駅東口 徒歩5分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
赤い提灯が、僕を呼んでいるよ。

赤ひょうたん@中野
店内奥の掘りごたつ風座敷。

赤ひょうたん@中野
「トマトジュース割り/380円」。
健康を考えて、これを。
リコピン摂取。

赤ひょうたん@中野
「クロムツ刺身/540円」。
お久しぶり。
近頃、サバとイワシしか食ってない感じ。

赤ひょうたん@中野
「あら煮大根/380円」。
出汁が染み込んだ大根ちゃん。

赤ひょうたん@中野
「生グレープフルーツサワー/460円」。
「生」とつくと、身体によさげ。

赤ひょうたん@中野
「ふぐ唐揚げ/570円」。
白状しろ。
君の正体は、トラフグではないのは分かっている。
でも、違いが分からない。

赤ひょうたん@中野
「大徳利/460円」。
2合でこの値段、ありがとう。

赤ひょうたん@中野
「ネギマ/160円、つくね/180円、レバー/130円」。
この界隈では、ちょっと高級な焼き鳥だ。
上等な焼き鳥には、塩だな。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
**************************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「虎忠@中野」のレポート。
今回は、「実食編」。

虎忠@中野
早稲田通りから昭和新道に入って、左手にある。

虎忠@中野
整然とした店内。

虎忠@中野
最初に、「シークワーサーサワー/400円」。
注文する時に、いつも噛んでしまう。
略して、シーサーサワーと言って通じたらいいのに。

虎忠@中野
「レバー/210円」。
店自慢の一品。
通常の2倍の値段の味・・・がするような気がする。

虎忠@中野
「ねぎ間/230円」。
クォリティの高い肉質。
焼き加減もイイ。

虎忠@中野
「つくね/210円」。
噛むと、口の中にジューシーな肉汁の旨みが広がる。

虎忠@中野
佐渡の北雪酒蔵「金星 北雪/630円」。
辛口。

虎忠@中野
「うずら卵/170円」。

虎忠@中野
「かぐら南蛮味噌ご飯/380円」。
新潟県長岡市の伝統野菜「かぐら南蛮」を越後味噌と大葉でじっくり煮てつくった旨み味噌。
かぐら南蛮は、ピーマンに見た目が似た唐辛子。
ご飯のお供にイイね。

虎忠@中野
「妙高山(妙高酒蔵)/630円」。
旨味と甘みのある飽きの来ない味わい。

虎忠@中野
「煮込み/580円」。
大根がイッパイ入り、美味しい。

次回は、どのカップ酒にしようかな。
(*´∀`*)ノ マタネ!

焼鳥 虎忠
******************
【住所】東京都中野区中野5-49-2
【電話】03-3387-5450
【定休日】月曜
【営業時間】17:00-翌1:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分

「食堂七彩@都立家政」の実食レポート。
2007年2月27日創業。
2012年5月23日に、「食堂七彩」としてリニューアルオープン。

食堂七彩@都立家政
西武新宿線 都立家政駅北口を出て、商店街を北へ進んで左手直ぐの場所。

食堂七彩@都立家政
今回は、「汁無 担々麺/970円」。

食堂七彩@都立家政
汁なしだが、タレと辣油がたっぷり注がれ汁有みたい。
肉味噌と四川芽菜、ネギ、砕かれたカシューナッツなどの具がタップリ。

白ゴマと花椒もタップリ振りかけられている。

食堂七彩@都立家政
程良い辛さで、 花椒の痺れ感がピリピリっとくるね。
この刺激がたまらない。

食堂七彩@都立家政
麺をズズズッと啜る。
中太の平打ち麺は、モッチリとしていて美味しい。
小麦の密度感がある。

食堂七彩@都立家政
肉味噌は、ホロホロとした食感でたっぷり。

食堂七彩@都立家政
芽菜の柔らかい食感、ナッツのカリカリとした食感が混じり合い歯触りの違いを噛むごとに楽しめる。

食べた後は、爽快な気分。
そうかい。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

食堂 七彩
*************
【住所】東京都中野区鷺宮3-1-12
【電話】03-3330-9266
【定休日】第3火曜
【営業時間】
*11:30-15:00/19:00-22:00頃
*11:30-22:00・・・土・日・祝
【アクセス】西武新宿線 都立家政駅 徒歩1分

「八海@中野」のレポート。
今回は、「実食レポート編」。

1959年3月10日創業。

八海@中野
中野駅北口より、右手「ケンタッキーフライドチキン」の前の路地を直進。
パブ「ブリック」に突き当たったら、右へ。
赤い看板が目印。

八海@中野
間口に比べて、奥に広い空間がある。

八海@中野
「ファジーネーブルオレンジサワー/380円」。

八海@中野
「お通し」。
カジキマグロの煮付け。

八海@中野
「山いも短冊/280円」。
本日のサービスメニューの1つ。
280円均一の料理が、約20種類ぐらいある。

八海@中野
「角ハイボール/290円」。
このお店で一番安い酒。

八海@中野
「アジフライ/280円」。
ご飯も欲しくなる。

八海@中野
「美少年・純米酒/400円」。

1752年(宝暦2)より酒造りを始めたという歴史がある「株式会社美少年(熊本県菊池市)」の日本酒。
これを飲む自分は、元美少年(美の少ない)。

八海@中野
「もやし炒め/280円」。
庶民の味方の野菜をパクつく。

八海@中野
「剣菱/400円」。
創業1505年(永正2年)以前という兵庫県の「剣菱酒造株式会社」のお酒。
小学生の頃、酒蓋を収集していたので、その頃よりしっている銘柄。
飲むのは、初めて。
味がしっかりとしている。

八海@中野
「金目鯛一夜干し/280円」。
小ぶりとはいえ、安い、そしてウマい。

(*´∀`*)ノ マタネ!

味 酒処 八海
******************
【住所】東京都中野区中野5-61-10
【電話】03-3387-1010
【定休日】日・祝日
【営業時間】17:00-24:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩2分

「焼肉・天国かずん @中野新橋」のレポート。
※店名変更:「焼肉 雅山(がざん)」。

「株式会社カズン」が運営する焼肉店。
この会社は、東京都に本社を置き、スーパーマーケット「旬鮮食品館」などを営む企業。

かずん@中野新橋
゛中野新橋駅゛の駅前通りより、一つ東側の道にある。
「楽しい語らいを おいしいお料理とおいしいお酒で」という立て看板。

かずん@中野新橋
店内はファミレスのようなボックス席中心。
隣があまり気にならないテーブル席。

かずん@中野新橋
「ライチ酒/220円(税込)」。
安い!

かずん@中野新橋
「かずんサラダ/450円」。
いつも頼むサラダ。
要は、グリーンサラダ。

かずん@中野新橋
「カルビ/550円」と「ロース/550円」。
値段的に割安なこの肉を選んでしまう。

かずん@中野新橋
「レモンハイ/220円」。

かずん@中野新橋
「ホルモン/450円」。
元々「放るもん=ホルモン」の部位だが、安くて噛み応えがあるところが好き。

かずん@中野新橋
火を弱めないと、直ぐ焦げてしまうので、弱火に調整。
甘口と辛口の2種のタレがあるのが嬉しい。

かずん@中野新橋
「ウーロンハイ/220円」。
お口サッパリ。

かずん@中野新橋
「ビビンバ/550円」。
ビビン麺がお気に入りだが、腹持ちが良いので、これを。
ウマいねぇ。
牛骨スープも美味しい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

焼肉・天国かずん
********************
【住所】東京都中野区弥生町2丁目20-16
【電話】03-5308-0850
【定休日】不定休
【営業時間】18:00-22:40(L.O.)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 中野新橋駅 徒歩3分

「魚鮮水産@中野」のレポート。

「チムニー株式会社」が、運営するお店。
「はなの舞」、「花の舞」、「さかなや道場」、「豊丸水産」、「軍鶏農場」、「升屋」等のブランドを展開している。

魚鮮水産@中野
中野駅北口より、中野サンモールを直進。
「コージーコーナー」の手前の路地を右折。
少し歩いて、「陸蒸気」の隣。

魚鮮水産@中野
大漁旗や網などを貼ったディスプレーが、鮮魚をアピールしている。

魚鮮水産@中野
「ビール・中瓶/480円(税抜き)」。

魚鮮水産@中野
「お通し」。
おでんだ。

魚鮮水産@中野
「炙り〆鯖棒鮨/680円」。
居酒屋では、なぜか〆鯖が食べたくなる。
家では、食べないのに。

魚鮮水産@中野
「ブラッドオレンジ割り/400円」。
甘いお酒も美味しい。
でも酔わない。

魚鮮水産@中野
「牡蠣の朴葉焼き/680円」。
牡蠣と味噌の相性バッチリ。

身体がポカポカ。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

三代目網元 魚鮮水産 中野北口店
********************************************
【住所】東京都中野区中野5-59-2 エフワンビル 1F
【電話】03-5345-6065
【定休日】無休
【営業時間】
*17:00-翌3:00・・・月~木
*17:00-翌5:00・・・金
*16:00-翌5:00・・・土
*16:00-翌1:00・・・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅 徒歩3分

「砂場@中野」のレポート。

砂場@野方・中野
どこだどこだ。
やっと辿りついたものの、帰り道も分からない・・・といった場所。

砂場@野方・中野
「砂場」は登録商標なので、暖簾分けされていないと使えない。

砂場@野方・中野
店内は4人がけテーブルが3卓と カウンター6席(2席×3)。
貸し切り状態で、ゆったり・・・と思ったら後客が来た。

砂場@野方・中野
今回は、「つけめんカレー/780円」。

砂場@野方・中野
野菜たっぷし。
お肉もたっぷし。

砂場@野方・中野
蕎麦はスルシコ。

砂場@野方・中野
蕎麦屋のカレーだね。
和風。
スパイシーではなく、心が和む華麗。
ボクは加齢臭。

(*´∀`*)ノ マタネ!

砂場
*******
【住所】東京都中野区野方1-20-4
【電話番号】03-3385-8162
【定休日】火曜
【営業時間】11:00-20:00
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩12分
*西武新宿線 沼袋駅 徒歩12分
*西武新宿線 野方駅 徒歩12分

このページのトップヘ