東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2016年04月

「そば処 悠楽里(ゆらり)」のレポート。
2012年10月15日創業。
「株式会社スマイルシェアリング」が、運営するお店。
小麦粉などのつなぎを一切使用しない「国産そば粉十割蕎麦」を提供している。

悠楽里(ゆらり)@新中野
手前のインドカレー屋さんも気になるが、こちらへリピート。

悠楽里(ゆらり)@新中野
満席になったのを一度も出くわしていないが・・・。
夜は賑わうのかな?
少し心配になってしまう。

今回は、「あったかいきのこそば/750円」。
悠楽里(ゆらり)@新中野
付き出しで、蕎麦を揚げたものが出る。
カリコリ。
味がついていれば、ベビースターラーメン。

悠楽里(ゆらり)@新中野
あったかいきのこそばが着丼。

悠楽里(ゆらり)@新中野
きのこたっぷり。
キノコの味が汁に、出まくっている。
ウマい。
十割蕎麦は、スルシコ。
いつものように裏切らない美味しさ。
何で込まないの?
行列になったら困るけど。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

そば処 悠楽里(ゆらり)
******************************
【住所】東京都中野区中央3-34-1 プラム鍋横 1F
【電話番号】03-3381-7212
【定休日】月曜
【営業時間】11:00-22:00(L.O.21:30】
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 新中野駅3・4番出口 徒歩3分

「和香@中野」のレポート。
今回は、夜の部「店舗紹介編」。

2014年8月28日創業。
昼は讃岐うどん専門店、夜は築地から毎日仕入れてくる魚の料理を中心とした居酒屋。

店主は、大森茂さん。
大森さんは、寿司職人として、20年以上のキャリアをもっている。
板前だった頃からやりたかった「讃岐うどん」のお店と、職人として培った「和食」のお店を融合した業態を取るお店とした。
屋号の「和香」は、和食の「和」と香川県の「香」を取り入れた。

和香@中野
早稲田通りから、「薬師あいロード」に入って、少し進んだ左手。

和香@中野
店内は、L字型カウンター9席とテーブル19席。
夜は盛況。

和香@中野
「ドリンクメニュー」。

和香@中野
「本日の日本酒メニュー」。

和香@中野
「一品料理のメニュー」。
〆は、うどんかな。

和香@中野
「本日のおすすめメニュー」。

和香@中野
陰刻が、何ともお洒落。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

和香
**********
【住所】東京都中野区新井1-8-7
【電話番号】03-6312-6232
【定休日】水曜
【営業時間】11:30-14:30(L.O.)/17:30-23:30(23:00L.O.)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分

1967年(昭和42年)創業の「鳥やす 高田馬場本店」の支店。
高田馬場に3店舗もある焼き鳥店が、中野に進出。
2014年9月2日オープン。

鳥やす@中野
「中野駅北口三番街商店街」の真ん中辺り。

鳥やす@中野
安心してください。2階は空いてますよ。
今回は、1階のカウンターも空いていた。

鳥やす@中野
「お通し/60円」。
大根おろしと鶉の卵。
お口スッキリ、さて飲むか。

鳥やす@中野
「富翁 上撰本醸造辛口/2合-660円」。
京都伏見の「北川本家」のお酒。
熱燗は、身体に染みるぅ。

鳥やす@中野
「バリバリ生野菜・大根/200円」。
鶏肉が入った料理が多いので、野菜を補給。

鳥やす@中野
「梅香〆/300円」。
茹でた鶏もも肉を、オクラと大葉と梅酢で和えた一品。
酸味が食欲をそそる。

鳥やす@中野
「焼き鳥盛り合わせ/490円」。
もつ・すなぎも・はさみ・はつ・ぼんちり・てばさき・つくね。
これで、ワンコインだと思うと涙が出ちゃうわ。

鳥やす@中野
「あさ開 純米/350円」。
岩手県盛岡市の「あさ開」のお酒。
「また開」と言いそうになってしまう、いかんいかん。
味は、まろやか。

鳥やす@中野
「チーズ大葉巻き揚げ/300円」。
餃子の皮で、チーズと大葉を巻いて揚げたもの。
酒のつまみにチーズって合う。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ

鳥やす 中野店
*******************
【住所】東京都中野区中野5-59-12 中島ビル 1・2・3F
【電話】03-3385-2330
【定休日】無休
【営業時間】
*11:30-14:00/17:00-23:30(L.O.22:45)・・・平日
*12:00-23:30・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「ぽんた食堂@中野」のレポート。
2014年12月4日創業。

鮮魚店出身の店主さんが開いた海鮮・魚介料理のお店。
築地市場で買い付けした生本まぐろ、魚がメインで、ランチは丼物が中心。

今回は、夜の部の「店舗紹介編」。

ぽんた食堂@中野
中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」を左折(高円寺方面)し、セブンイレブンの手前の道を右折して直ぐ。
「旧・刑務所通り」、正式には「平和公園通り」沿い。

ぽんた食堂@中野
総席数16席(4人掛け×2卓、2人掛け×4卓)。
立地は然程良いとは言えないが、固定客も増えてきている。

ぽんた食堂@中野
「酎ハイ、ハイボール、ウイスキー、ワインなど」のメニュー。
酎ハイの種類も色々取り揃えている。

ぽんた食堂@中野
「ビール、日本酒、焼酎のメニュー」。
ビールは近くにキリンの本社があるので、これがメイン。
日本酒も焼酎も豊富。

ぽんた食堂@中野
「一品のメニュー」。
本まぐろ丼、海鮮丼に惹かれる。

ぽんた食堂@中野
「一品のメニュー」。
まぐろほほ肉、ウマそう。

ぽんた食堂@中野
「一品」のメニュー。
天使の海老って、ニューカレドニアで養殖されているクルマエビ(ホワイト種)のブランド名らしい。
塩焼きが、美味しそう。

ぽんた食堂@中野
「定食」のメニュー。
定食を肴に一杯というのもイイね。
安く上がるし。

ぽんた食堂@中野
「本日のおすすめ」メニュー。
やはり、魚が魅力的。

次回は、「実食編」。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ぽんた食堂
***************
【住所】東京都中野区新井2-28-4
【電話】03-3386-2515
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】
11:30-14:00/18:00-22:00(月-土)
11:30-14:00・・・(火のみ)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分

「寿々秀@中野」の実食レポート。
早稲田通り沿いにある洋食屋さん。

寿々秀@中野
新井交差点から早稲田通りを東へ進む。
「薬師あいロード」入口を過ぎて暫く歩いた左手にある。
特に看板類がないので、見過ごしてしまいがち。

寿々秀@中野
店頭のガラスに貼られた写真入りのメニューを見て、洋食屋さんであることを認識。

寿々秀@中野
店内は至ってシンプル。
テーブル5卓で、約16席ほど。

寿々秀@中野
ご夫婦2人で切り盛りをしている。

寿々秀@中野
メニュー。
その他のメニューは、壁面に貼られている。

寿々秀@中野
今回は、「ビーフシチュー/1000円」。

寿々秀@中野
ご飯は皿に盛られているが、量はしっかり。
ポテサラと千切りのキャベツとニンジンがついている。

寿々秀@中野
シチューは濃厚で、コクがある。
肉の旨みと野菜の旨みがギュっと詰まっていて美味しい。
トロトロの牛肉も美味しいね。
サワークリームの酸味が、味を引き立てている。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

寿々秀
*************
【住所】東京都中野区新井1-6-5 寿々秀 1F
【電話】03-3386-2853
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:30-20:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分

「felicite(フェリシテ)@中野・高円寺」のレポート。

2016年3月9日創業。
オーナーシェフは、ホテル、神楽坂、恵比寿のお店を経て、独立。

店名の゛felicite(フェリシテ)゛とは、フランス語で「最上の幸せ」、「至福」という意味。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
お店の場所は、JR中野駅と高円寺駅の中間辺り。
中野駅北口より、中野通りを北に進み、「新井交差点」の信号を渡って左折。
早稲田通りを西(環七・大和陸橋)方面へ直進。
「手打蕎麦 盛絽屋」の手前の道を右折して直ぐ。
「大新横丁商店街」にある。
イタリアンの「リエート オーラ (Lieto ora)」の跡地。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
店頭に置かれた置き看板。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
総席数14席(2人掛け×3卓、4人掛け×2卓)。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
スタイリッシュな店内。
若きオーナーシェフ1人で切り盛り。
目配り、気配りはしっかり。

今回は、ランチ(デザートなし)/1300円。
前菜は、「ノルウェイサーモン サラダ仕立て」。
メインは、3種類の中から「柔らかく煮込んだ骨付き鶏モモ肉(トマトソース)」を選択。
felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
「ノルウェイサーモン サラダ仕立て」。
野菜は、ヤングコーン、ミニトマト、ブロッコリー、リーフレタス、カブ。
ライトな酸味のあるドレッシングで野菜をいただく。
カブが美味しい。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
野菜の下には・・・、ジャジャーン。
ノルウェイサーモンが、かくれんぼ。
これがメインでいいんじゃない、と思うぐらいの量。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
「フランスパン」。
外側カリッ、中はしっとり、絶妙な焼き具合。
「お代わりもどうぞ」と言うことで、遠慮なくお代わりもした。
一般的に、パンのお代わりが出来るお店は少ない。
これで、お腹も十分満たされる。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
メインの「柔らかく煮込んだ骨付き鶏モモ肉(トマトソース)」。

鶏のコンフィ(低温のオイルの中でじっくり加熱した料理)は、外側がカリッ。
香ばしく、肉汁を逃がさずジューシー。
付け合わせのほうれん草とシメジも美味しい。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
トマトソースは、完熟トマトのような濃密な味。
リコピンタップリ。

felicite(フェリシテ)@中野・高円寺
食後のアイスコーヒー。
ドリンクは、コーヒー(ホット・アイス)、ティー(ホット・アイス)から選べる。

カジュアルに、フレンチが楽しめる素敵なお店。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

Restaurante felicite(フェリシテ)
***************************************
【住所】東京都中野区野方1-42-19 CASAとりーこ1F
【電話】03-6873-7521
【定休日】日曜夜・月曜
【営業時間】11:30-15:00(L.O.14:00)/18:00-23:00(L.O.21:30)
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩15分
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺北口 徒歩13分

「珉珉 中野店@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

1953年(昭和28年)創業。
創業地は、大阪千日前。
「株式会社 珉珉本店」が運営。

直営店は、
★関西・・・「南千日前本店」、「東梅田」、「虹のまち」、「曽根崎」、「京橋 」、「三宮 」、「四条」、「祇園」、「三条」、「桃山」、「向日町」
★関東・・・「八重州」、「豊洲」、「中野」、「錦糸町」、「六本木」、「虎ノ門」、「飯田橋」、「浜松町」、「光ヶ丘」。
その他、暖簾分け店は、約52店舗。

珉珉の(珉)の字は、王偏に民。
王様の味わいを庶民の料理に追求するというのが名前の由来。

珉珉 中野店@中野
中野駅から「中野サンモール」を直進。
「中野ブロードウェイ」入口に突き当たったら右折。
「白線通り」沿いの左手にある。
「珉珉」と書かれた木製看板と店頭に貼られたお品書きが目印。

珉珉 中野店@中野
店内は雑然とした感じで、中国庶民食堂といった雰囲気を醸し出している。
総席数39席 (テーブル席36席 カウンター席3席)

珉珉 中野店@中野
「ドリンクメニュー」。

珉珉 中野店@中野
「キリン様向けドリンクメニュー」。
キリン本社が近くにあるので、関係者を当て込んだメニューか?
一般のお客様もOK牧場。

珉珉 中野店@中野
「玉子・野菜料理のメニュー」。

珉珉 中野店@中野
「海鮮・肉類のメニュー」。

珉珉 中野店@中野
「麺類・飯類のメニュー」。

珉珉 中野店@中野
「小皿定食メニュー」。

珉珉 中野店@中野
「おすすめ料理のメニュー」。

珉珉 中野店@中野
「中野店限定メニュー」。

メニューが豊富。
いつも賑わいを見せている。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

珉珉
********
【住所】東京都中野区中野5-55-17 平井ビル 1F
【電話】03-3388-6066
【定休日】無休
【営業時間】
*11:30-15:00(L.O.14:30)/17:00-23:00(L.O.22:30)・・・平日
*11:30-23:00(L.O.22:30)・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分

「酒処 安兵衛@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

1945年(昭和20年)11月創業。
現在は3代目がオーナー。

安兵衛@中野
中野駅南口駅前左手の「ノイビル」の地下1階にある。
上階には、「フィットネスクラブ・ティップネス」がある。
表より階段を下りて、左手奥の方に店がある。
店頭のお品書きを見ると、炭火・串焼き専門店であることが分かる。

安兵衛@中野
店内に入ると、常連さんらしき人達。
カウンターとテーブル席、奥に小上がりがある。
カウンター10席、テーブル12席、小上がり8席。
店内には民謡が流れていて、ホッとするような家庭的な雰囲気。

安兵衛@中野
毎月第3土曜日に、津軽三味線のライブもやっている。

安兵衛@中野
「ビール・チューハイ・日本酒のメニュー」。

安兵衛@中野
「焼酎」のメニュー。
「河童九千坊」という焼酎が、珍しい。
福岡県久留米市の「紅乙女酒造」の焼酎。

安兵衛@中野
「焼き鳥」のメニュー。
中野界隈では、高級な部類。

安兵衛@中野
他の串焼類も充実。

安兵衛@中野
「鶏わさ」が、このお店の自信作のようだ。

安兵衛@中野
つぶ貝、穴子、かきが美味しそう。
他には、おにぎり(1個)200円、だし茶漬け500円、いくらご飯600円もある。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

酒処 安兵衛
****************
【住所】東京都中野区中野2-25-6 ノイビル B1F
【電話】03-3381-3421
【定休日】日曜
【営業時間】
*17:00-24:00頃・・・月~金
*17:00-23:00頃・・・土曜
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩2分

「膳や 与楽@中野」のレポート。
和創作料理のお店。

膳や 与楽@中野
「中野北口五番街」。
と言われて路地の名前が分かる人は、数少ない。
階段を上って、2階へ。

膳や 与楽@中野
固定客がついている様子。
カウンター7席+テーブル4席。

膳や 与楽@中野
店主の息子か、それとも・・・。

膳や 与楽@中野
「カリフォルニアワイン フランジア/1620円(税込)」。
前回よりも、600円ほど値上げ。

膳や 与楽@中野
「梅水晶/216円」。
お通し。
梅水晶とは、梅肉とサメの軟骨を和えたもの。

膳や 与楽@中野
「ゆであげソーセージ盛り合わせ/870円」。
自家製では、ないようで。

膳や 与楽@中野
「ホタテ貝柱とキノコのソテーガーリック風味/920円」。

膳や 与楽@中野
「お刺身盛り合わせ定食/1296円」。
与楽で飲むときは、定食を頼むのが、常道でお得。

膳や 与楽@中野
いくらちゃんと、温玉、漬物が付いている。

膳や 与楽@中野
刺身の色艶を見れば、鮮度がいいのが分かる。
やっぱり、お得だよね。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

膳や 与楽
*************
【住所】東京都中野区中野5-56-3 2F
【電話】03-3385-1409
【定休日】月曜
【営業時間】
*11:30-14:30/17:00-22:00
*12:00-20:00(日・祭日)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「天喜代@中野」のレポート。
1927年(昭和2年)創業の「旭鮨総本店」が手掛ける天ぷら専門店。
中野店は、2014年5月29日オープン。

天喜代@中野
中野駅北口より、右手「ケンタッキー」の横の路地に入る。
「二代目えん寺」を超えて、「ブリック」に突き当たったら右折。
そして正面。

天喜代@中野
テーブル14席、カウンター6席の総席数20席ほど。
ランチ時は、お手頃な値段で食べられるということで、入れ代わり立ち代わり人が入ってくる。

今回は、「かき揚げ丼とそばのセット/1200円」。
天喜代@中野
オクラと芝海老の入ったかき揚げ。
サックリとした衣、プリプリの海老も食感も最高。
ごはんも流石お寿司屋さん系列、しっかり炊けていてウマイ。

天喜代@中野
アオサの味噌汁も、香りがよく美味しい。

天喜代@中野
水でよく〆られた蕎麦は、スルスルシコシコ。
蕎麦の風味も豊か。

天喜代@中野
薬味と芝漬け。

天丼と蕎麦の組み合わせイイネ。
半チャーハンとラーメンの組み合わせと同じで、お気に入り追加。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

天ぷら 天喜代
******************
【住所】東京都中野区中野5-61-10 丸吉ビル 1F
【電話】03-5318-9526
【定休日】月曜(月曜が祝日の場合は、水曜が休み)
【営業時間】12:00-13:30L.O./17:30-22:00L.O
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩1分

このページのトップヘ