東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2016年05月

「珉珉 中野店@中野」のレポート。
今回は、「実食編」。

珉珉 中野店@中野
「中野ブロードウェイ入口」からほど近い、「白線通り」にある。

珉珉 中野店@中野
客席の間隔がやや狭いので、隣の会話が耳に入り、ゆっくり語り合うには不向き。

珉珉 中野店@中野
「沖縄産シークァーサーサワー/450円(税込)」。
喉を潤す。

珉珉 中野店@中野
「みんみんサラダ/340円」。
サラダにコーンフレークを載せるのもイイね。
家で、やってみよう。

珉珉 中野店@中野
「炒飯餃子セット880円」の餃子。
単品だと、「炒飯/650円」と「元祖焼き餃子(7ヶ)/340円」なので、110円お得。
ハーフサイズの一品がないので、セットものを頼んだ方がいいかも。

珉珉 中野店@中野
「サントリー角ハイボール/350円」。

珉珉 中野店@中野
「炒飯餃子セット880円」の炒飯。
パラパラ、ホロリのお米。
ラードのギトギト感がないので、食べやすい。

珉珉 中野店@中野
「ジャスミンハイ/420円」。
これを飲んでいれば、二日酔いにはならない。

珉珉 中野店@中野
「脱皮海老の黒胡椒炒め&黒酢団子セット/960円」。
ライスと玉子スープ。

珉珉 中野店@中野
海老はサックリと揚がっていて、胡椒のピリッとした刺激が心地良い。
肉団子、ネットリとした餡がかかって、美味しい。

あ~、お腹一杯。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

珉珉
********
【住所】東京都中野区中野5-55-17 平井ビル 1F
【電話】03-3388-6066
【定休日】無休
【営業時間】
*11:30-15:00(L.O.14:30)/17:00-23:00(L.O.22:30)・・・平日
*11:30-23:00(L.O.22:30)・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分

「ネパール料理 カナカナ@中野」のレポート。
2012年5月23日オープン。
「ロイヤルベンガル@新鎌ヶ谷(千葉県)」の姉妹店。

ネパール料理 カナカナ@中野
中野駅を出て、中野通り(マルイ側)を南へ。
ラーメン屋の「武道家」と「ひむろ」の間の道を右折して直ぐ。

ネパール料理 カナカナ@中野
ネパールで有名な『仏陀の知恵の目』が描かれた看板が、目印。

ネパール料理 カナカナ@中野
店内は、照明を落とした落ち着いた雰囲気。
総席数32席 (4人掛け×3卓、2人掛け×2卓、小上がり4人掛け×4卓)。

今回は、「ダルバート チキン付き/1080円」。
ダルバートとは、「ネパールの代表的な料理。素材の味を生かした自然で優しい味が特徴です。豆料理の『ダル』と米飯の『バート』の合成語であり、それにカレー味の野菜炒め煮などのおかず『タルカリ』、漬物の『アチャール』の2つを加えた4つがセットになったものです。あっさりとした味で消化も良く、ネパールでは毎日食べられています。」とのこと。

ネパール料理 カナカナ@中野
最初に、スープ。
あっさりとした味。

ネパール料理 カナカナ@中野
「ダルバート チキン付き」。
「バート」は、ご飯の事。
ライスは日本米で、固めに炊かれていてカレーには合う。

ネパール料理 カナカナ@中野
「ダル(豆のスープ」。
日本の味噌汁のようなもの。
豆の量は少ない。
サラッとしていて、塩分も油分も控えめで飲みやすい。
そして、各種香辛料の香りも心地よい。

ネパール料理 カナカナ@中野
「タルカリ」は、季節野菜のカレー炒め煮。
タルカリはポテト,キャベツ,青菜がしんなりする位炒めてある。
スパイシーで、ご飯に良く合う。

ネパール料理 カナカナ@中野
「アチャール」は、野菜のちょっと酸っぱいゴマ風味和え。
茹でたじゃが芋をすり胡麻とスパイスで合えたもの。

ネパール料理 カナカナ@中野
「チキン」。
チキンと玉ねぎを炒め煮されたもの。
玉ねぎの甘みが出ていて、スパイシー。

ネパール料理 カナカナ@中野
食後の「アイスチャイ」。
インド・ネパール料理と謳った店は多いが、ネパール料理を前面に打ち出したお店は少ない。
「ダルバート 」を食べられたのは、収穫。
他のネパール料理もあればいいなぁ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ネパール料理 カナカナ@中野
************************************
【住所】東京都中野区中野3-34-3 中野住研コーポ 1F
【電話】03-3383-0661
【定休日】日曜
【営業時間】
*11:30-15:00(L.O.14:30)/17:30-23:00(L.O.22:30)
*11:30-21:00(L.O.20:30)・・・日曜・祝日
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩4分

「天麩羅 きよし@中野」の実食レポート。

創業より50年を超えるという、老舗の天婦羅屋さん。

天ぷら きよし@中野
中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」より、早稲田通りを早稲田方面へ。

天ぷら きよし@中野
店内は、カウンターは5席と座敷12席 (テーブル3卓×4席)。
二代目の店主・小沢登志さんと奥さんの二人で切り盛りしている。

今回は、「天ぷら定食/850円」。
天ぷら きよし@中野
最初に、大根おろし、サラダ、漬物が差し出される。
サラダは、レタス、キュウリ、トマト、アーリーレッド。

天ぷら きよし@中野
ご飯は丼飯なので、量的にも十分。

天ぷら きよし@中野
天ぷらは、海老2尾、インゲン、サツマイモ、ピーマン、かき揚げ。
かき揚げは貝柱とイカ、エビ。

サックリとした食感。
熱々で美味しい。
かき揚げの海老がゴロゴロと入っていて、これもウマイ。
天つゆもイイけど、塩でも食べてみたい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

天麩羅 きよし
*****************
【住所】東京都中野区中野5-24-22
【電話】03-3387-0172
【定休日】月曜
【営業時間】12:00-14:30/17:00-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩11分

「秋元屋@野方」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

2004年(平成16年)1月30日創業。
店主(代表取締役)は、 秋元宏之さん。
秋元さんは、「㐂よし@蕨(埼玉県川口市)」で修業後、独立。
修業先で習得した味噌ダレのもつ焼きが特長。

【直営店】は、本店の他、「秋元屋@桜台」、「第三秋元屋@野方」がある。

【秋元屋系】と呼ばれる「秋元屋」出身者による店は、「弐ノ十@都立家政」、「やきとん 野方屋@高円寺」、「野方屋 新宿思い出横丁店」、「やきとん たつや@沼袋」、「豪 GO @ 新井薬師前」、「やきとん くろちゃん @ 富士見台」、「焼とん 高田屋@高田馬場」、「やきとん万備@中板橋」、「ひなた@上板橋」、「やきとんひなた@大山」、「やきとん ま~ちゃん@仲御徒町」、「やきとんあかね@久我山」、「やきとん なべ屋@中野坂上」、「浦野屋 やきとん てるてる@ 高田馬場」等。

秋元屋@野方
″5つの商店街″のある野方。
西武新宿線・野方駅の出入り口1(南口)を降りて左折。
「三菱東京UFJ銀行野方支店」向かいの1本目の路地を左折して、直ぐ。

秋元屋@野方
店頭には行列が出来ていて、店内は満席状態。
回転が速いので、待ち時間は思ったより短い。

秋元屋@野方
「秋元屋」は左右に2軒の店がとなりあって建っていて、入口は共通。
向かって左側が、創業した当時から続く、「秋元屋」本店。
右側は、5年後に空き店舗を改装したスペース。

創業当初は、15席のカウンターだけでスタートしたが、クチコミで人気が急上昇。
増築を繰り返し、現在は当初の5倍近い席数に増えた。
総席数70席。

秋元屋@野方
右側の拡張した店舗内。

秋元屋@野方
左側の店舗内。
焼き台の前に男性スタッフ2名、ホール担当の女性スタッフ1名の体制。

秋元屋@野方
卓上調味料は、塩、コショウ、一味、七味、醤油、ソース、ごま油などが置かれている。

秋元屋@野方
【ドリンクメニュー】。
席料は、100円。
最安値の酒は、「金宮焼酎(ストレート・ロック・水割り・お湯割り)」と「特製ハイボール」などの320円。
サワー類は、400円前後。

秋元屋@野方
【串焼・焼き物・揚げ物などのメニュー】
やきとんは120円、焼き鳥は130円で各種並んでいる。
サイドメニューもしっかり。
その他、日替りのホワイトボードメニューある。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

秋元屋
*********
【住所】東京都中野区野方5-28-3
【電話番号】03-3338-6236
【定休日】月曜(月曜が祝日の場合は、営業、翌日休み)
【営業時間】
*17:00-24:00・・・平日
*16:00-24:00・・・土・祝
*16:00-23:00・・・日曜
【アクセス】西武新宿線 野方駅南口 徒歩5分

「土日cafe@中野」の実食レポート。

平日は、「デザインオフィス」、土日は「カフェ」となるお店。

土日cafe@中野
中野駅北口を出て北に進み、早稲田通りを越えたところにある「薬師あいロード商店街」にある。

土日cafe@中野
総席数14席 (L字型カウンター6席、テーブル8席(8人掛け×1卓)。
壁の書棚には、建築やインテリア関連の本がズラリと並ぶ。

土日cafe@中野
タイルの壁面が、オシャレ。

今回は、「イカおくらと具だくさんぶっかけそば/900円」。
土日cafe@中野
ビシソワーズスープ、茹で野菜。
スープは、濃厚で美味しい。

土日cafe@中野
カブの浅漬け。
カブは瑞々しく、シャリシャリとした食感。

土日cafe@中野
「イカおくらと具だくさんぶっかけそば」。

土日cafe@中野
具は、イカ、おくら、わかめ、ナメコ、かまぼこ、白髪ネギ、カニカマと具だくさん。

土日cafe@中野
やや太めの日本蕎麦。
スルスル、シコシコと、あっという間に完食。
暑くて食欲のない時でも、これならサクッと食べられる。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

土日cafe (カフェ)
**********************
【住所】東京都中野区新井1-15-9
【電話】非公開
【定休日】月~金
【営業時間】12:00-20:00(L.O.19:30)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分

「さらしな総本店@中野」のレポート。
今回は、「実食編」。

さらしな総本店 北口店@中野
幟に、「鴨汁そば」、「鴨南そば」とあるが、「鴨」が一押しなのかな。

さらしな総本店 北口店@中野
重厚な感じのする落ち着いた雰囲気。
突当りの奥で、蕎麦を打っている。

さらしな総本店 北口店@中野
「お通し」。
お酒の価格に含まれている。
切り干し大根。

さらしな総本店 北口店@中野
「ほらふき(大)/1150円(税込)」。
「法螺吹き」なんて、聞いたことのない銘柄。
北海道「高砂酒造」の日本酒。
すっきりとしていて飲みやすい。

さらしな総本店 北口店@中野
「そば味噌/310円」。
日本酒のアテにピッタリ。

さらしな総本店 北口店@中野
「うなぎ塩焼き/540円」。
皮が香ばしくカリッとしていて、噛むとジューシー。

さらしな総本店 北口店@中野
「筍の木の芽味噌焼き/750円」。

さらしな総本店 北口店@中野
「田舎(大)/980円」。
本来なら、「さらしな」を頼むべきだが、コチラを所望。

さらしな総本店 北口店@中野
蕎麦粉100%の「田舎蕎麦」が好き。
喉越しの良さはないが、蕎麦の風味を存分楽しめる。
汁は、若干甘め。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

さらしな総本店 北口店
***************************
【住所】東京都中野区中野5-56-7
【電話】03-3389-4218
【定休日】無休(正月休有)
【営業時間】11:00-21:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「kurumari(くるまり)@中野」の実食レポート。

Kurumari(くるまり)@中野
中野駅南口より、中野通りを直進。
「中野五差路」に出たら左折(大久保通り)」。
「中野郵便局」の手前のビルの2階。

Kurumari(くるまり)@中野
店内は、総席数26席 (テーブル16席+カウンター5席+ソファ席5席)。

今回は、「デミグラスソース オムライス/820円+サラダドリンクセット/220円」。
牛すじを加えて、コトコト煮込んだ自家製デミグラスソースオムライス。」とのこと。
Kurumari(くるまり)@中野
サニーレタス、水菜、ミニトマトのサラダ。
グリーンサラダで、ビタミン補給。

Kurumari(くるまり)@中野
コンソメスープ。

Kurumari(くるまり)@中野
卵2個に牛乳40ccを加えて作るふんわりとしたオムレツ。
「ごぼうポタージュ オムライス」が、一番人気だが、今回は未食のこちらをいただく。
デミグラスソースが、たっぷりで美味しい。

Kurumari(くるまり)@中野
しっとりとしたオムレツにくるまれたライスは、味付け控えめ。
ベーコンが主体で、マッシュルームや玉ねぎ、ピーマンのなどの野菜。

Kurumari(くるまり)@中野
付け合わせのニンジンやジャガイモなどの温野菜も甘くてウマイ。

Kurumari(くるまり)@中野
食後のアイスコーヒー。

Kurumari(くるまり)@中野
創作のオムライスも繰り出されるので、今後も目が離せない。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

オムライスとダイニングバー kurumari(くるまり)
***********************************************
【住所】東京都中野区中野2-28-1 中野JMビル 2F
【電話】03-6382-7450
【定休日】月曜
【営業時間】
・11:30-15:00(L.O.14:30)
・18:00-23:30(L.O.23:00)
【アクセス】
JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「酒菜家 秀@中野」のレポート。

昭和新道商店街にある料亭風居酒屋。

酒菜家 秀@中野
木製の看板が、素敵。

酒菜家 秀@中野
店内の総席数29席(カウンター7席、テーブル22席)。
いかにも日本料理の板さんという感じの方が、厨房に2名いる。

酒菜家 秀@中野
「巨峰ハイ/450円」。

酒菜家 秀@中野
「お通し/600円」。
茶わん蒸しとホタルイカ。
腕は確かだ。

酒菜家 秀@中野
「飯だこ里芋煮/680円」。
出汁の染み具合が、絶妙。
旨いなぁ。

酒菜家 秀@中野
「ジャスミンハイ/400円」。

酒菜家 秀@中野
「きんき一夜干し/680円」。
煮魚が合うのだろうが、焼もイイね。

酒菜家 秀@中野
「せりお浸し/480円」。
せりは家庭では、まったく食べないので・・・。

酒菜家 秀@中野
「日光恵比寿蔵/600円」。
栃木県の「北関酒造」の純米酒。
無名の銘柄に、興味津々。
淡麗辛口で、スッキリとした味わい。

酒菜家 秀@中野
「白魚のばら天/700円」。
シラウオとシロウオの違いがよく分かっていない。
炒った塩で、食べると旨さが倍増。
サクサクで、美味しい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

酒菜家(さかなや) 秀
**************************
【住所】東京都中野区中野5-46-5   東陽ハウス
【電話番号】03-3387-0063
【定休日】日曜
【営業時間】17:00-24:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分

「藤吉郎@新中野」の実食レポート。

藤吉郎@新中野
中野通りから、青梅街道に抜ける斜めの道を進む。
大きな酒樽が、目印。

藤吉郎@新中野
テーブルの上の花は、本物か、それとも造花か・・・。

藤吉郎@新中野
「ビール(大瓶)/520円」。
中瓶でこの値段が多い昨今、嬉しい限り。

藤吉郎@新中野
「ポテトサラダ」。
手づくり感があって、美味しい。

藤吉郎@新中野
「さば塩焼き/580円」。
脂が載っていてウマい。
高級魚よりも、こういった魚の方が旨いと思う。

藤吉郎@新中野
「グレープフルーツサワー/380円」。
更に、アルコール注入。

藤吉郎@新中野
「焼き鳥盛り合せ/580円」。
たん、はつ、かしら、レバー、しろもつの5本。
正肉は入っていないが、内臓系で十分。

藤吉郎@新中野
「おにぎり(鮭)/210円」。
大きめで、最後の〆にはもってこい。

藤吉郎@新中野
昭和の居酒屋の雰囲気を残す。
静かに酒が飲めるのが、イイね。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 藤吉郎
********************
【住所】東京都中野区中央4-2-6
【電話番号】03-3380-3967
【定休日】日曜(不定休有)
【営業時間】18:00~
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅4番出口より 徒歩2分

「Pipeline(パイプライン)別邸@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

2016年5月3日オープン。
「株式会社マルトモ・セールス アンド トラスト」が運営するお店。

フリフリチキンとカレーのテイクアウトの店「Pipeline@中野(東京都中野区中野5-55-12)/2015年6月22日Open」に次ぐ、2店舗目 。

パイプライン別邸@中野
中野駅北口より、中野通りを北へ進む。
「新井交差点」の信号を渡り、暫く歩いた右側。
「サンマリノ」の隣。

パイプライン別邸@中野
コンクリート打ちっぱなしのオシャレな外観。
1Fが受付・会計場・調理場。
2F~4Fが、飲食スペース。
5Fは、防水工事・総合リフォームの「有限会社マルトモ 営業部」、「株式会社マルトモ・セールス アンド トラスト」が入っている。

パイプライン別邸@中野
1階は、左手が厨房、右手がウェイティングスペース。
奥にエレベーターがあり、客室までの移動手段となる。

パイプライン別邸@中野
ご案内の準備が整うまで、ウェイティングスペースの長椅子に座って待つ。

パイプライン別邸@中野
店内の至る所、ハワイ関連のグッズが飾られている。

パイプライン別邸@中野
2階の部屋。
席数12(5人掛けソファー席×2卓、2人掛け×1卓)。
ハワイアンキルトのクッションが素敵。

パイプライン別邸@中野
3階の部屋。
席数14(6人掛け×2卓、2人掛け×1卓)。

パイプライン別邸@中野
ランチョンマットを敷いて、お冷と紙おしぼりがセットされる。
桜の季節には、予約席になりそうな特等席。

パイプライン別邸@中野
「ランチメニュー/税別」。
店先のメニュー表には、ハワイ料理の「ガーリックシュリンプ/1200円」が追加されていた。

パイプライン別邸@中野
ハワイアンラガービールの「プリモ」がある。
「KONAビール」はない。

次回は「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

Pipeline(パイプライン)別邸
*********************************
【住所】東京都中野区新井1-11-9
【電話】03-5942-7789
【定休日】月曜
【営業時間】
*11:00-23:00・・・平日
*11:00-15:00・・・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分

このページのトップヘ