東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2016年07月

「天麩羅 きよし@中野」の実食レポート。

創業より50年を超えるという、老舗の天ぷら屋さん。

天婦羅 きよし@中野
中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」より、早稲田通りを早稲田方面へ。

天婦羅 きよし@中野
店内は、カウンターは5席と座敷12席 (テーブル3卓×4席)。
小上がりは、落ち着くね。

今回は、「天ぷら定食/850円」。
天婦羅 きよし@中野
最初に、漬物とサラダが差し出される。
漬物は、野沢菜と沢庵。
サラダは、水菜とトマト、サニーレタス、アーリーレッド、そしてイカゲソ。
サラダは、天ぷらが上がる前に、食べる。

天婦羅 きよし@中野
ご飯と天つゆ。
ご飯は、たっぷりのどんぶり飯。
天つゆはアッサリめ。

天婦羅 きよし@中野
味噌汁は、鰹出汁が効いている。
具は三つ葉。

天婦羅 きよし@中野
天ぷらは、海老2尾、穴子、ピーマン、インゲン、ナス、それとかき揚げ。
かき揚げは貝柱とイカ、エビ。
天ぷらに、かき揚げがついているのが嬉しいね。
ボリューム満点で、コストパフォーマンスも素晴らしい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

天麩羅 きよし
*****************
【住所】東京都中野区中野5-24-22
【電話】03-3387-0172
【定休日】月曜
【営業時間】12:00-14:30/17:00-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩11分

「打越酒場@中野」のレポート。
2014年4月2日オープン。

打越酒場@中野
ふれあいロードの真ん中辺り。

打越酒場@中野
総席数24席。
このお店は、全面禁煙。
嫌煙家にとっては、嬉しいお店。
愛煙家にとっては、悲しいお店。

打越酒場@中野
最初に、「和風セット790円」。
和風セットとは、いわゆる「晩酌セット」みたいなもの。
ドリンク1杯+チョコッと奴+本日のなめろう+打越酒場+おまかせ焼き鳥3本がセット。
ドリンクは、ホッピー。
車にポピー。

打越酒場@中野
本日のなめろう。
日ごとに違う魚のようだが、鯵。
味噌のブレンド加減が良くて、ウマい。

打越酒場@中野
おまかせ焼き鳥は、レバーとネギマ、シロ。

打越酒場@中野
奴。
ちょこっというけれど、量はしっかり。

打越酒場@中野
「枝豆/280円」。

打越酒場@中野
「ダイエットシトラス/中150円+外190円」。
レモンとグレープの混合果汁入り。
ダイエットになるの?

打越酒場@中野
「ごぼう唐揚げ/380円」。
揚げゴボウもいいけど、唐揚げもなかなか。

打越酒場@中野
マグロ赤身+キングサーモン+〆鯖+金目鯛/各100円。
サーモンと〆鯖が美味しい。

打越酒場@中野
「自家製ポテトサラダ/190円」。
ソフトクリームみたいだね。
タップリあって、良心的。

(*´∀`*)ノ マタネ!

打越酒場
****************
【住所】東京都中野区中野5-56-2 オスカービル 1F
【電話】03-3388-7250
【定休日】無休(元旦のみ)
【営業時間】
*17:00-翌1:00・・・平日
*15:00-23:00・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「5丁目チキン とりパニ@中野」のレポート。

2015年5月11日オープン。
昭和新道にある立飲みの名店「パニパニ@中野」の2号店。

とりパニ@中野
お店の場所は、中野駅北口より「中野ふれあいロード」に入り、スーパーの「ライフ中野駅前店」を少し北へ進んだ左側。

とりパニ@中野
オープン当初の立ち飲み形式だったが、今は椅子席に変わった。
椅子のあるテーブル席30席程、カウンターは立ち飲み席(ドリンク50円引き)。
BGMは、洋楽ポップス。
テレビは無音で放映されている。

とりパニ@中野
「ドリンクメニュー」。

とりパニ@中野
「フードメニュー」。

とりパニ@中野
「さっぱりトマトサワー/390円」。
珍しいもの好きなので、こちらを。
リコピン効果で、肌の老化を防ぎたいもの。

とりパニ@中野
「TAPAS・3点盛り/600円」。
8種類のタパスから選べる。
今回は、
①生ハムとオニオンスライス
②紫キャベツマリネとキャロットラぺ
③砂肝のコンフィ
ちょこっとずつ、色々な味が楽しめるのがイイね。

とりパニ@中野
「アールグレイハイ/360円」。
後口がいいので、これを。

とりパニ@中野
「もっちりコンカン/480円」。
餅とチリコンカンの出会い。
キンコンカンコン・・・正解。
スパイシーなチリコンカンと餅の相性抜群。

とりパニ@中野
「酎ハイ/320円」。
とりパニで一番安い酒。

とりパニ@中野
「自家製チーズ豆腐 ハニーナッツがけ/420円」。
チーズ豆腐の上に、蜂蜜に漬けたナッツが載せられている。
クラッカーの上に載せて、パクリ。
チーズのコクがたまらない。
これは、気に入った。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

5丁目チキン とり★パニ(TORI★PANI)
***********************************************
【住所】東京都中野区中野5-60-2 ライオンズプラザ中野
【電話】03-3387-1247
【定休日】不定休
【営業時間】
*17:00-24:00(L.O.23:30)・・・月~土曜
*15:00-22:00(L.O.21:30)・・・日曜
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「すし政@新井薬師前」のレポート。

すし政@新井薬師前
新井薬師前駅南口を出て、中野方面へ直進。
二つ目の信号の五差路を超えて、更に直進して左側にある。

すし政@新井薬師前
総席数は、30席。
カウンター8席+テーブル4席(2人掛け×2卓)+小上がり18席(6人掛け×3卓)
2階にも宴会場有り。

今回は、「お寿司(大盛)800円」。
すし政@新井薬師前
サラダを胡麻ドレッシングでいただく。

すし政@新井薬師前
大根と油揚げ、ワカメ、三つ葉のお味噌汁。
魚のアラの出汁が効いている。

すし政@新井薬師前
蒸したて、熱々の茶わん蒸し。
コレがついて、この値段というのは素晴らしいコストパフォーマンス。

すし政@新井薬師前
大盛りは、700円のお寿司に「サーモン」と「タコ」がプラス。
シャリも大きめで、お腹一杯。
イナダとサーモンが旨かった。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

すし政
*********
【住所】東京都中野区上高田2-53-11
【電話】03-3387-2323
【定休日】第一月曜
【営業時間】11:00-23:00
【アクセス】西武新宿線 新井薬師前駅南口 徒歩5分

「川秀@阿佐ヶ谷」のレポート。
鰻と寿司の二本立てのお店。

お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の名付け親が、こちらの店主。
常連の2人に、「本当の姉妹みたいに似ているので、『阿佐ヶ谷姉妹』をコンビ名にしたら」と言われたのがきっかけらしい。

川秀@阿佐ヶ谷
阿佐ヶ谷駅北口から中杉通りを北上、「世尊院前交差点」を斜め左に、「松山通り」を少し行った右手。
阿佐谷商和会商店街にある。

川秀@阿佐ヶ谷
店頭に立て掛けてあるポップ。

川秀@阿佐ヶ谷
店内にはいると、照度が弱めの落ち着いた雰囲気。
年季が入っているが、よく磨き込まれている。
カウンター5席とテーブル12席(4人×3卓)。
椅子の背に、「川秀」という文字がくり抜かれている。

川秀@阿佐ヶ谷
お品書き。
良心的な価格設定。

川秀@阿佐ヶ谷
今回は、「うな丼/1000円」。
お吸い物は、肝吸いではない。
この値段だもの。

川秀@阿佐ヶ谷
丼からは、芳ばしい香り。
お腹グーッ。
ご飯だけ残らないように、計算しながら食す。
脂が載っていて美味しい。

今度は奮発して、うな重/1500円に挑戦してみようかしら。
(*´∀`*)ノ マタネ!

川秀
*******
【住所】東京都杉並区阿佐谷北1-26-7
【電話】03-3339-1062
【定休日】月曜
【営業時間】11:00-14:00/17:30-21:30
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩4分

「武蔵野そば処@中野」のレポート。
1954年(昭和29年)9月11日創業。
2001年(平成13年)にリニューアルオープン。

武蔵野そば処@中野
「中野サンモール」を直進し、「中野ブロードウェイ」入口の所を右折。
「白線通り」を暫く歩き、左手の路地を左折した「新仲見世商店街」にある。
「ふれあいロード」からは、ラーメン店の「菜華」の角を曲がって直ぐ左手。

路地裏にある木々に覆われた古民家風の佇まい。
水車の車輪がいくつも並び、年月を感じる色褪せた暖簾が掛けられている。

武蔵野そば処@中野
引き戸を開けて中に入ると、照度が低く、民芸調のレトロな雰囲気。
1階は、テーブル4席、小上がり4席。
2階は、座敷18席(4人×1卓、6人×1卓、8人×1卓)。

武蔵野そば処@中野
2階は板張りで、8人掛けが掘りごたつ風になっている。
天井からは自在鉤が吊るされている。
なんとも風流な内装。

武蔵野そば処@中野
「グレープフルーツサワー/390円」。
喉を潤す。

武蔵野そば処@中野
「お通し/200円」。
日によって異なるようだが、今回は枝豆。

武蔵野そば処@中野
「そばカッケ/650円」。
カッケとは、蕎麦粉をこねて、薄く伸ばし、それを小さく切って豆腐などと煮て食べる岩手県北の郷土料理のこと。
この「そばカッケ」は、そばを刺身のように、薬味の入ったカエシにつけて食す。

武蔵野そば処@中野
「レモンサワー/390円」。

武蔵野そば処@中野
「生姜てんぷら/400円」+「キス天ぷら/400円」。
薄衣で、サックリとした食感。
天つゆは薄めで、途中から備え付けの塩でいただく。
生姜の天ぷらは珍しく、なかなかイケる。

武蔵野そば処@中野
「芋焼酎 黒霧島/500円」。
ロックで。
焼酎は、蕎麦湯割りが人気。

武蔵野そば処@中野
「武蔵野(もり)/700円」。
薬味が多彩。
白ゴマ・穂紫蘇・菊花・鰹節、それと小ネギとワサビ。
蕎麦は、北海道から取り寄せた石臼挽きの蕎麦粉を使用。
蕎麦は、手打らしく、太さがまちまち。
冷水でキリッと〆られ、スルスルと啜り心地が良く、喉越しが良い。
汁は、甘さ控えめで、醤油がやや立った鰹出汁。

武蔵野そば処@中野
「蕎麦湯」。
残しておいた汁に、蕎麦湯を入れて飲む。
ウマイねぇ。
単独で飲んでも美味しい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

武蔵野そば処
******************
【住所】東京都中野区中野5-55-11
【電話】03-3389-4751
【定休日】日曜
【営業時間】
*11:30-14:00/18:00-24:00(月~金)
*11:30-15:00/18:00-24:00(土)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩5分

「馬関彩@中野」のレポート。

今回は、「実食レポート」。

馬関彩@中野
中野駅南口より、中野通り沿いの「南口本通りアーケード街」へと進む。
「不二家」を通り越し、「ガスト」のちょっと先。

馬関彩@中野
2階は、グループが入っている様子で、賑やか。

馬関彩@中野
「キリンラガービール(中瓶)/500円」。

馬関彩@中野
「お通し/200円」。
ビールに枝豆が、よく合う。

馬関彩@中野
「馬刺し/980円」。
このお店の看板メニュー。
赤身でヘルシー。
おろしニンニクをのっけて、醤油をつけて食べると美味。

馬関彩@中野
「豆乳緑茶割り/450円」。
今日はヘルシー路線で、ドリンクもヘルシーなものを選択。

馬関彩@中野
「お得な串盛りセット/1050円。
アスパラ巻き・やきとり・しそ巻き・手羽先・ピー肉・つくねの6本。
単品で頼むより、50円ほど安い。
串焼きはどれも表面がカリッとした焼き加減で、美味しい。

馬関彩@中野
つくねは、甘辛いタレで、肉はジューシー。
卵黄をつけると、更に美味。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 馬関彩
******************
【住所】東京都中野区中野2-29-7
【電話】03-5328-6139
【定休日】無休
【営業時間】
*18:00-翌4:00・・・月~土
*18:00-翌2:00・・・日
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「べじcafe 和み@阿佐ヶ谷」のレポート。

2013年9月20日創業。
杉並区の認証を受けたヘルシーメニューを提供するお店。
オーナーは、日本肥満予防健康協会認定の「肥満予防健康管理士」。

創業地は「杉並区阿佐谷北1-43-6」で、以前「汁や きりん」というラーメン屋さんがあった跡地。
2015年6月20日に、現在の場所に移転オープンした。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
阿佐ヶ谷駅北口を出て、「中杉通り」を北(鷺ノ宮駅方面)へ進む。
「世尊院前交差点」のところで左折して、暫く歩いた右側。
「阿佐ヶ谷商和会」商店街にある。
「陽光ラーメン 航海屋」の右隣。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
店内は白を基調とし、フローリングや天板、ドアなどが、白木のナチュラルな色でまとめている。
カウンター8席とテーブル5席(1人掛け×5卓)。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
カウンターの椅子は、キャスター付き。
テーブルは、スペースの関係上向かい合わせにはならず、一方向を向いた一人席。
卓上には、「S字フック」が置かれていて、それを天板にぶら下げて荷物掛けにする。

スタッフは、女性3名。
BGMは、液晶テレビ。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
一番人気の「一日分の野菜がとれちゃうランチ」は、厚生労働省が推奨する一日の野菜摂取量350gが取れるように工夫されたメニュー。
その他、「牛すじと季節の野菜カレー/800円」と「具だくさんのふわトロオムライス/800円」がある。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
ランチ「ビール/200円」と「ワイン/250円」がお得。
ワインは、なみなみと入っている。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
今回は、「一日分の野菜がとれちゃうランチ/800円」。
本日のメニュー。
・ポークソテー
・ブロッコリーのマヨ和え
・もやしと玉子のあんかけ
・ポテトとベーコンのカレーソテー
・大根のつけもの
・なし(梨)

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
ご飯は玄米、赤米、麦等を中心とした「五穀米」。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
「大根のつけもの」と「味噌汁」。
味噌汁は、出汁がしっかりと効いている。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
「ポークソテー」は、肉は柔らかくジューシー。
和風ソースが美味しく、ご飯がススム。

べじcafe 和み@阿佐ヶ谷
「もやしと玉子のあんかけ」、「ポテトとベーコンのカレーソテー」、「ブロッコリーのマヨ和え」などの副菜も上品な味付けでウマい。
デザートの「梨」は、瑞々しく、よいお口直し。

ご飯の大盛りもできるが、デフォルトでもボリュームたっぷり。
そして、ヘルシーで、ウレシー。
(*´∀`*)ノ マタネ!

べじcafe 和み
*****************
【住所】東京都杉並区阿佐谷北2-15-2 小松ビル 1F
【電話】03-6383-0140
【定休日】火曜日、毎月の最終月曜日
【営業時間】
*ランチ・・・11:30-14:00(L.O.)
*カフェ・・・・14:00-16:00
*ディナー・・18:00~24:00(L.O.23:00)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 阿佐ヶ谷駅北口 徒歩3分

「ロイスダール(RUYSDAEL)中野本店」のレポート。

1923年4月創業(会社設立:1972年11月)で、国内チョコレート菓子メーカーとしては老舗。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
中野駅方面から、中野通りを北進。
西武新宿線の踏切を渡ってさらに進む。
そして、左側。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
置き看板の向こう側は、2階のフレンチ・ビストロの「ロイスダール中野レストラン」入口。
手前が、洋菓子・パンなどの販売を行っている入口。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
店内は、広々。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
入口正面のケースには、色鮮やかなケーキが並んでいる。
美味しそう!

ロイスダール中野本店@新井薬師前
種類が豊富で、目移りしてしまう。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
さて、どれにしようか。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
「ピロシキ/173円(税込)」。
ソフトなパン生地で、中の具材は挽き肉や春雨。
上品な味付けで美味しい。
「新宿 中村屋」のピロシキに軍配。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
「カレードーナツ/152円」。
持って帰って開いた時には、フワフワ感は消失。
カレーはマイルドな辛さで、上品な味わい。

ロイスダール中野本店@新井薬師前
「バゲット/248円」。
太く、長さもあるので、結構な量。
硬すぎず、食べやすい食感。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ロイスダール(RUYSDAEL)中野本店
*****************************************
【住所】東京都中野区松が丘2-4-14 1F
【電話】03-3388-7125
【定休日】月曜
【営業時間】10:00-19:00
【アクセス】西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩5分

「さんきん@新中野」のレポート。

2010年11月創業。
「鍋横商店街」にある武蔵野うどん専門店。
元々は、酒屋さんを営んでいたが、改築してうどん屋さんを開業。

さんきん@新中野
新中野駅出口3を出て、「みずほ銀行」先の信号を渡って右折。
鍋屋横丁の道を直進して、左側。
「十貫坂上」の交差点の一歩手前にある。

さんきん@新中野
入って左手奥の部屋は、製麺室。
カウンター5席。

さんきん@新中野
今回は、「カレー肉汁/650円」。

さんきん@新中野
加水率やや高めで、ソフトな麺。
スルスルと啜り心地が良く、ムッチリとした食感。

さんきん@新中野
和風出汁の旨味とカレー風味が融合。
塩梅も程良く、後を引くウマさ。
汁がしっかりうどんに吸着。
全汁。

「武蔵野うどん」と謳っている以上は、それと比較されがち。
知っている人は、「ビジュアルが違うじゃないか」、「うどんが固くない」と言うだろう。
知らない人は、「安くて、おいしいうどんね」と言うだろう。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

武蔵野うどん さんきん
***************************
【住所】東京都中野区本町4-36-7
【電話】03-3381-4960
【定休日】木曜、第2・4水曜
【営業時間】11:30-14:00/17:30-20:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅出口1or3 徒歩3分

このページのトップヘ