東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2017年06月

「ガンジーパレス@中野」の実食レポート。

中野マルイ裏の「桃園通り」沿いにあるインド料理店。
インドから持ち込んだ、香辛料をたっぷり使用したメニューが自慢のお店。
「ランチバイキング/1100円」が人気。

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
中野駅南口からレンガ坂を登り、突き当たったら左に曲がって直ぐ。
「桃園通り」沿いにある。

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
総席数42(カウンター7席、テーブル35席)。

【平日ランチセット/650円】(11:30-15:30)
カレー1種類+ナンorライス+サラダ

≪カレー/全8種類の中から1種類チョイス≫
1.チキンカレー
2.チキンとほうれん草カレー
3.マトンカレー
4.マトンとほうれん草カレー
5.エビカレー
6.野菜カレー
7.キーマカレー
8.日替わりカレー

≪辛さの選択≫
1.甘口
2.中辛
3.辛口
4.大辛
5.激辛

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
今回は、「キーマカレー」と「ライス」。
「ドリンク飲み放題+100円」も付ける。

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
「サラダ」。
千切りキャベツとキュウリ。
ニンジンドレッシングでいただく。

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
「ターメリックライス」。
日本米で、ふっくらモチモチ。

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
「キーマカレー」。
通常キーマと聞いてイメージするものとは少し違う。
挽肉は、細かめに挽いたもの。
肉の旨味と香辛料が複雑な味わいが混じり合いウマい。
辛さは、大辛にしたので、食べ進むうちに額から汗。

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
「ラッシー」。

本格インド料理 ガンジーパレス@中野
「チャイ」。
食前と食後に、計4杯ずつ飲む。
満腹だが、スッキリとした気分。

(*´∀`*)ノ マタネ!

インドレストラン ガンジーパレス
*****************************************
【住所】東京都中野区中野3-39-10 ユーシティービル B1F
【電話】03-3384-0458
【定休日】無休
【営業時間】11:30-15:30L.O/17:00-22:30L.O.
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩3分

「南印度ダイニング@中野」の実食レポート。

2005年8月創業。
南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさんが創り出す本格的な南インド料理のお店。
埼玉県川口市にもお店がある。

南印度ダイニング@中野
早稲田通りから「薬師あいロード」を直進して左手。

南印度ダイニング@中野
店内は、カウンター3席、テーブル16席(4人掛け×2卓、2名×4卓)の全19席。

南印度ダイニング@中野
今回は、「日替わりランチ/800円」。
本日の日替わりランチは、「バターチキンカレー」。
ナンかライスで、ライスをチョイス。

南印度ダイニング@中野
パコラ は、インドの天ぷら風の揚物。
具は、たまねぎと豆。
サックリとした食感で、中はモッチリでウマい。

南印度ダイニング@中野
アチャールは、野菜や果物などをスパイスや酢と一緒にマスタードオイルに漬け込んだピクルス。
激辛で刺激的。
口の中がホットホット。

南印度ダイニング@中野
バターチキンカレー。
鶏肉のぶつ切りがゴロゴロ。
串の穴が残っているので、竈でじっくりローストしたものみたい。
辛いけど美味しい、美味しいけど辛い。
バターを使っているので、マイルドでコクのある味わい。

南印度ダイニング@中野
店主の“ラヤパン アマラダスさん”直々のパフォーマンス。

南印度ダイニング@中野
パフォーマンスを見てから飲むチャイは、また格別。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

南印度ダイニング 中野店
********************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-23-23
【電話】03-3388-0373
【定休日】第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
【営業時間】 11:30-15:00/17:30-23:00
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩10分/西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分

「カフェ サンマリノ@中野」のレポート。

2015年11月3日、リニューアルオープン。
元々は、1979年(昭和54年)6月創業の洋食屋さん。
2015年3月から、店主の体調不良により休業していたが再開。
店名は「クックショップ サンマリノ」から、「カフェ サンマリノ」に変更。
店主の奥様と娘の岩間麻衣さんが引き継ぎ、切り盛りをしている。

カフェ サンマリノ@中野
「新井交差点」より中野通りを北へ進み、右手。

カフェ サンマリノ@中野
ウッディな店内は、大きな窓から自然光が差し込む開放的な空間。
テーブル24席(6人×1卓、4人×3卓、2人×3卓)。

今回は、「ソーセージとトマトのナポリタン/880円」。
カフェ サンマリノ@中野
サラダとコンソメスープ。
しっかりと野菜を補給。

カフェ サンマリノ@中野
パスタは太め。
ソーセージもトマトも具沢山。
食べ応えあるぅ。

カフェ サンマリノ@中野
味付けは、トマトケチャップぽくない。
ウスターソース寄り。
頭に染みついているナポリタンの味とは違うが、これはこれでイケる。

カフェ サンマリノ@中野
食後のコーヒー(+200円)。

カフェ サンマリノ@中野
コーヒーを飲みながら、外の景色を眺めるの最高。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ。

カフェ サンマリノ
**********************
【住所・地図】東京都中野区新井1-11-8 海老沼ビル 1F
【電話】03-3389-4896
【定休日】水曜・日曜
【営業時間】10:30-21:00(L.O.)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分

「アチャラナータ@中野」のレポート。

2013年5月20日創業。
オーナーは、これまで南インド料理やスリランカ料理に携わってきた馬渕雅博さん。
店名の「アチャラナータ」とは、サンスクリット語で「不動明王」を指す。

アチャラナータ@中野
JR中央線の中野駅南口を出て、駅前ロータリーを左手に進む。
「三菱東京UFJ銀行」左横の「中野南口ファミリーロード」を進んで、左側。
置き看板が目印。

アチャラナータ@中野
「立飲 やきや」の左側が入口。

アチャラナータ@中野
「『光り輝く島』を意味するスリランカ、かつてはセイロンと呼ばれていました。
そう、日本と同じ島国です。
料理は日本と同じく、鰹節を使う文化があったり、油を殆ど使わなかったりヘルシースパイス料理。
しかもアーユルヴェーダ(スリランカ発祥の伝統医療)の国なので、食事に関して取り入れられています。
ランチはスリランカスタイルのミールスを、夜にはアラカルトでのスリランカ料理を提供しています。」とのこと。

アチャラナータ@中野
細い階段を上って3階へ。
ちょっと重いドアを開けると・・・。

アチャラナータ@中野
店内は整然としていて、明るい雰囲気。
総席数は、テーブル14席前後。

アチャラナータ@中野
今回は、「スリランカ ワンプレートランチ(800円)」。
カレーは、ポークかチキンを選択。
でもって、「ポーク」をチョイス。
ライスを挟んで、左側が「ポークカレー」、右側が「豆カレー」。
奥より、「パパダム(せんべい状のもの)」、「ソヤミート」、「ライス」、「モルディヴフィッシュ ポル・サンボール」、「グリーンバナナカレー」。

アチャラナータ@中野
左側の色の濃い方が、ポークカレー。
辛口で、スパイシー。
右の「豆カレー」は、甘口。

アチャラナータ@中野
これは、「グリーンバナナカレー」。
生食用ではなく、料理用のバナナを使ったカレー。
芋のような食感で、面白い。

アチャラナータ@中野
ポル・サンボールは、「モルディブ・フィッシュ」と呼ばれる日本でいう鰹節、それと削りココナッツ、タマネギ、ライム、スパイスを混ぜたもの。
鰹のふりかけ、もしくは佃煮と言った感じ。
カレーの味を引き立てる調味料ではなく、ご飯のお供。

アチャラナータ@中野
「パパダム(せんべい状のもの)」と「ソヤミート」。
パパダムはカリッとしていて、スナック感覚で食べる。
ソヤミートは、大豆でありながら肉の食感。

アチャラナータ@中野
デザートの「ミーキリ」と「キリテ-/200円」。
「ミーキリ」は、水牛の乳で作ったヨーグルトに、キトゥルという木の花からとれる蜜をかけたもの。
ヨーグルトに、椰子の花の蜜の香ばしい甘さがピッタリ
「キリテ-」は甘く、飲むとホッとするね。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

アチャラナータ
*******************
【住所・地図】東京都中野区中野2-27-14 丸萬ビル 3F
【電話】03-3381-3128
【定休日】火曜・水曜
【営業時間】11:30-14:30/18:00-21:00(L.O.)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「中野餃子 やまよし@中野」のレポート。

今回は、「店舗紹介編」。

2017年5月12日創業。
吉祥寺の人気店「肉山」の光山英明さん(株式会社個人商店 代表取締役社長)が、プロデュース。

店主は、中野区在住の矢部淳さん。
矢部さんは10年以上ラーメン店で働き、餃子好きが高じて、自ら餃子のお店を開業。

中野餃子 やまよし@中野
中野駅北口、サンモール商店街を直進し、中野ブロードウェイ入口を右折。
「白線通り」を暫く歩いた左手の「中野新仲見世商店街」にある。
以前はジンギスカン料理の「神居古潭(カムイコタン)」があった場所。

中野餃子 やまよし@中野
「中野餃子 やまよし」と書かれた赤提灯が目印。

中野餃子 やまよし@中野
総席数12席。
壁には、お笑い芸人・アンジャッシュの渡部建さんのサインが直に書かれている。

中野餃子 やまよし@中野
カウンター5席。
肩が触れ合うほどの狭さ。
密着度が高く、みんな仲良しになれるかも。

中野餃子 やまよし@中野
2階は、4人掛け×1卓、3人掛け×1卓の7席。
三角地のテナントの空間利用は、なかなか難しものがある。

中野餃子 やまよし@中野
もし、ここで火災や地震があったらどうしよう。

中野餃子 やまよし@中野
そうだこの窓から逃げ出そう。
しかし、出っ腹がそれを拒むかもしれない。

中野餃子 やまよし@中野
卓上調味料は、辣油、酢、醤油、それと粗挽き胡椒。
黄色いのは、「卓上ベル」。
1階のスタッフを呼ぶもので、10カウントを打ってはいけない。

中野餃子 やまよし@中野
「ドリンクメニュー」。
日本酒は置いていない。
ハイボールが、餃子に合うようだ。
中野愛があるならば、中野ハイボール(ナカボール)があってもイイかも。

中野餃子 やまよし@中野
「餃子・つまみ・ご飯」のメニュー。

餃子はいつ食べるの?
きょうさ。

(*´∀`*)ノ マタネ!

中野餃子 やまよし
***********************
【住所・住所】東京都中野区中野5-55-9
【電話】非公開
【定休日】月曜
【営業時間】 16:00-24:00(23:30L.O.)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口徒歩4分

「志喜千庵@新中野」のレポート。

1951年(昭和26年)創業。
石臼挽き自家製粉を使用した手打ち蕎麦のお店。

志喜千庵@新中野
新中野駅出口2を出ると、目の前が青梅街道。
左手に進んで直ぐ。
マグドナルドの隣。

志喜千庵@新中野
店内は木目調の落ち着いた雰囲気。
総席数52席。
1階は、テーブル24席(2人×4卓、4人×4卓)。
2階は、座敷を含む28席。

志喜千庵@新中野
今回は、「穴子天ざる/1100円」。

志喜千庵@新中野
デフォルトで、蕎麦は他店の大盛り。
店主の心意気が伝わってくる。

蕎麦は、手きりの平打ち。
ラーメンと違って、日本蕎麦の平打ちは少ない。
キッチリと水で〆られ、シコシコ感がある。
ウマいねぇ。

志喜千庵@新中野
穴子天は、衣サックリ。
柔らかくしっとりとした肉質。
脂が載っていて、うまかっちゃん。

志喜千庵@新中野
蕎麦湯はトロミがあり、残った汁を入れて飲む。

志喜千庵@新中野
店頭に置いてある製粉機。
これほどガッツリ喰ったという気分になれる蕎麦屋は、類を見ない。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

志喜千庵
************
【住所・地図】東京都中野区中央4-4-6
【電話番号】03-3381-5363
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:00-21:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅出口2 徒歩30秒

「ガンジーパレス@中野」の実食レポート。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
中野駅南口からレンガ坂を登り、突き当たったら左に曲がって直ぐ。
桃園通り沿いにある。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
階段を少し降りたところに入口がある。
入って直ぐ右側がカウンター。
テーブル席は、その奥。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
総席数42(カウンター7席、テーブル35席)。

【平日ランチセット/650円】(11:30-15:30)
カレー1種類+ナンorライス+サラダ

≪カレー/全8種類の中から1種類チョイス≫
1.チキンカレー
2.チキンとほうれん草カレー
3.マトンカレー
4.マトンとほうれん草カレー
5.エビカレー
6.野菜カレー
7.キーマカレー
8.日替わりカレー

≪辛さの選択≫
1.甘口
2.中辛
3.辛口
4.大辛
5.激辛

今回は、「チキンカレー」と「ナン」を選択。
それと「ドリンク飲み放題/+100円」。
インドレストラン ガンジーパレス@中野
チャイとコーヒー、ラッシーが飲み放題なので、食前にチャイとラッシーを1杯ずつ飲む。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
サラダはキャベツとキュウリで、ニンジンドレッシングでいただく。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
ナンは大振り。
シットリとした生地。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
チキンカレーは、ぶつ切りの鶏肉がゴロゴロと入っている。
辛さは“大辛”を選択。
舌にジリジリと来ると辛さがたまらない。
コクがあって美味しい。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
毛穴が開いて、額に汗が出たところで、食後のドリンク。
甘いチャイが癒される。

(*´∀`*)ノ マタネ!

インドレストラン ガンジーパレス
*****************************************
【住所・住所】東京都中野区中野3-39-10 ユーシティービル B1F
【電話】03-3384-0458
【定休日】無休
【営業時間】11:30-15:30L.O/17:00-22:30L.O.
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩3分

「マロミーナ@中野新橋」の実食レポート。
2009年10月5日創業。

店名の「il giardino di maromina 」は、「マロミーナさんの庭」という意味。
イタリアに長く滞在していたご夫婦で切り盛りをしている。

マロミーナ@中野新橋
中野新橋駅を出て、北に進み、橋を渡ったら1本目の道を左折。
神田川と並行して走る道を直進。
「中野区立第二中学校」の南側にある。

マロミーナ@中野新橋
レンガ風の壁紙が、お洒落。
総席数は14席(2人掛け×1卓、4人掛け×3卓)。

マロミーナ@中野新橋
冠水の心配がなくなった神田川沿い。
食後は、この遊歩道を歩いてみようかな。

今回は、「ポークのマルサーラクリームソース スパゲッティ/850円+コーヒー/100円」。
マロミーナ@中野新橋
「前菜」。
スープは、ニンジンとツナ。
マイルドな味わい。

マロミーナ@中野新橋
「ポークのマルサーラクリームソース スパゲッティ」。
イタリアワインのマルサラ酒で作るソース。
マルサラ酒は、甘く熟成させたワインで、ティラミス作りにも使うお酒。

マロミーナ@中野新橋
マルサーラ風味が独特。
チーズタップリ。
クリーミーで深みのある味わい。
ウーン、ウマい!
スパゲッティは、ツルシコのアルデンテ。

マロミーナ@中野新橋
ポークは、ブロック状のものがゴロゴロ。
大盛(+100円)にすれば良かったと後悔。

マロミーナ@中野新橋
外の景色を眺めながらのコーヒーは、格別。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

イル・ジャルディーノ ディ マロミーナ
*********************************************
【住所・地図】東京都中野区本町5-12-3
【電話】03-3384-1518
【定休日】日曜・月曜
【営業時間】11:30-14:00(L.O.)/14:00-17:00(ティータイム)/17:00-21:00
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 中野新橋駅 徒歩3分

「さらしな総本店 南口店@中野」のレポート。

1948年(昭和23年)11月創業。
北海道産の石臼挽粉を使用した打ちたて、茹でたての蕎麦を食べられるお店。

さらしな総本店 南口店@中野
JR中央線の中野駅南口を出て、駅前ロータリーを左手に進む。
「三菱東京UFJ銀行」左横の「中野南口ファミリーロード」を少し進んで、右側にある。

さらしな総本店 南口店@中野
文字が陰刻のシブい看板。

さらしな総本店 南口店@中野
店内は、白とセピア色を基調とした落ち着いた空間。
総席数27席(1F:カウンター7席+テーブル10席/2F:座敷20席)。

さらしな総本店 南口店@中野
今回は、「地獄そば/980円」。
釜から上げたてのそばを水にさらさず、卵白と温めた汁に入れた「地獄の業」を取るという意味の縁起そば。

さらしな総本店 南口店@中野
薬味の葱と山葵。

さらしな総本店 南口店@中野
“地獄”と言うから、辛いのかと思ったら違っていた。
具は、ネギ・刻み海苔、ほうれん草、削り節、卵黄。

さらしな総本店 南口店@中野
日本蕎麦の和え麺なので、麺と具を馴染ませながら食す。
削り節の香りがイイね。

さらしな総本店 南口店@中野
蕎麦を水にさらさず、卵白も入っているので、ヌメーとした口当たり。
程良い塩梅で、上品な和風テイスト。
卵黄をつければ、更に円やかに。

さらしな総本店 南口店@中野
蕎麦湯は、シャバ系。
上澄みで、透明感のあるもの。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

さらしな総本店 南口店
***************************
【住所・地図】東京都中野区中野2-30-13
【電話】03-3380-4828
【定休日】無休(正月休有)
【営業時間】11:00-21:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「東京風月堂 中野南口店」のレポート。

1872年(明治5年)創業の「東京風月堂」の支店。
ゴーフル、ゴーフレット等の洋菓子と和菓子の販売、並びに喫茶・レストランなども運営している。

東京風月堂 中野南口店
中野駅南口を出て、中野通りを新中野駅方面に直進。
「中野マルイ」先の右側。

東京風月堂 中野南口店
入口付近は、洋菓子の販売。
奥が飲食スペース。
総席数76席 と広々。

今回は、「お得なセットメニュー/1026円(税込)」。
※「ミニサラダ&紅茶/珈琲」付き。
オムライスセット(海老と帆立のトマトクリームソース)。

東京風月堂 中野南口店
「ミニサラダ」。
ミニと言えども、しっかりとあるサラダ。
野菜は、リーフレタスとパプリカ、ミニトマト。
オニオンドレッシングで、いただく。

東京風月堂 中野南口店
オムライス(海老と帆立のトマトクリームソース)。
オムライスは古典的な薄焼き卵で紡錘形に巻いたもの。

東京風月堂 中野南口店
海老と帆立が鎮座。
トマトクリームソースは、マイルドでコクがあって美味しい。

東京風月堂 中野南口店
添えられた温野菜。

東京風月堂 中野南口店
中身はパラパラのケチャップライス。
よく見たら、具なしでライスのみ。

東京風月堂 中野南口店
食後のコーヒー。
ライトな苦味で、落ち着く感じ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

東京風月堂 中野南口店
*******************************
【住所・地図】東京都中野区中野3-34-32 凱旋ビル 1F
【電話】03-3381-2480
【定休日】年中無休
【営業時間】9:00-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

このページのトップヘ