東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2017年07月

「薬ちか@新井薬師前」のレポート。

お好み焼き・鉄板焼きの居酒屋。
2012年5月創業。
店主は、高橋習平さん。
高橋さんはやきとん たつや@沼袋」で修業後、独立して開業。

薬ちか@新井薬師前
新井薬師前駅南口を出て直ぐの好立地。

薬ちか@新井薬師前
総席数18席(カウンター5席、テーブル6人掛け×1卓、4人掛け×1卓、3人掛け×1卓)。
カウンター席には、いつも見かける常連のお父さんたち。

薬ちか@新井薬師前
「レモンサワー/330円」。

薬ちか@新井薬師前
「アスパラトマトサラダ/380円」。
グリーンアスパラが、八百屋ではちょっと高い。

薬ちか@新井薬師前
「〆サバ刺し/380円」。
鯵の南蛮漬けや〆鯖など酸味のある魚が好み。

薬ちか@新井薬師前
「クエン酸セット/380円」。
血液サラサラ?
後で、「焼酎ナカ/250円」をお替り。

薬ちか@新井薬師前
「串焼き5本盛り合わせ/480円」。

砂肝、ハツ、タンを塩焼きで。

薬ちか@新井薬師前
カシラ、レバーをタレで。
安くて、身もしっかりあり、美味しい。

薬ちか@新井薬師前
「チューハイ/330円」。

薬ちか@新井薬師前
「モダン焼き/950円」。
焼きそばの麺が入った大阪風お好み焼き。
〆はやっぱり、コレ。
フワフワ生地に、カリカリのそば。
ソースとマヨネーズの味がイイね。
「大阪風」、「広島風」と3種類あるのが嬉しい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

薬ちか
*********
【住所・地図】東京都中野区上高田3-41-8  藤井ビル B1F
【電話】03-3388-9454
【定休日】無休
【営業時間】
*17:00-翌1:00・・・月~土
*15:00-0:00・・・日
【アクセス】西武新宿線 新井薬師前駅南口 徒歩30秒

「篝@中野」の実食レポート。

創業より約40年という「せいろめし」と「きりたんぽ鍋」が名物のお店。

篝@中野
中野ブロードウェイの2階へ。
地図を書いて表せと言われても難しい場所。
まぁ、端から端まで歩くと見つかると思う。

篝@中野
総席数24席(カウンター4席、小上がりのテーブル4人×5卓=20席)。
厨房に2名、ホール担当1名で切り盛り。

篝@中野
小上がりの席。

篝@中野
壁に貼られた短冊メニュー。

篝@中野
今回は、「田舎煮定食/890円」。

篝@中野
ご飯はどんぶり飯。
男性には嬉しい量、女性とっては多め。

篝@中野
具だくさんの味噌汁と漬物。

篝@中野
関東風だが、上品な味付けで、良く味が染みていて美味しい。

篝@中野
しらすおろしと切り干し大根などの小鉢が付き、栄養面でのバランスの良さが光る。
和食って本当にいいなぁ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

酒と食事の店 篝(かがり)
********************************
【住所・地図】東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F
【電話】03-3388-7255
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-13:30/17:30-21:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分

「泰陽飯店@中野」のレポート。

「中野ふれあいロード北商店会」にある上海料理のお店。
2008年3月17日、フジテレビ「ウチくる?!」という番組で、タレントの柳原可奈子さんが紹介した。

泰陽飯店@中野
中野駅北口より「中野ふれあいロード」の入り、直進して左手。
「中野ふれあいロード北商店会」内にある。

泰陽飯店@中野
円卓中心の総席数35席。

泰陽飯店@中野
常時空席があるので、安心。

泰陽飯店@中野
「生ビール/290円」。
サワーや酎ハイ類の価格は月並みだが、生ビールは激安。
アルコール類は、これで決まり。

泰陽飯店@中野
「海鮮サラダ/480円」。
メニューの画像とは少し違っていた。
千切りのキャベツの上に海老。
味付けは胡麻ドレ。
海老プリ。

泰陽飯店@中野
「春巻き/380円」。
酢醤油+からしを溶いていただく。

泰陽飯店@中野
「焼き餃子/450円」。
中国料理店だと、水餃子がメインだが、焼餃子も置いていた。
焼きめがカリッと

泰陽飯店@中野
「生ビール/290円」。

泰陽飯店@中野
「五目タンメン/780円」。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ。

泰陽飯店
************
【住所・住所】東京都中野区中野5-59-1 中野興産ビル 1F
【電話】03-5318-3390
【定休日】無休
【営業時間】11:00-翌1:00
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「松喜鮨@新宿三丁目」のレポート。

新宿三丁目にあるお寿司屋さん。

松喜鮨@新宿三丁目
新宿三丁目駅C5出口より、新宿御苑方向へ少し進んで、右手一本目の焼肉の「長春館」の角を曲がって直ぐ。
新宿通りと並行して東西に走る路地にある。

松喜鮨@新宿三丁目
店内は、総席数27席(カウンター11、テーブル4人×4=16席)。

松喜鮨@新宿三丁目
今回は、「ランチにぎり・大盛/900円」。

松喜鮨@新宿三丁目
「茶碗蒸し」。
プラスチック容器を使っている。
干しシイタケの出汁の味が効いている。

松喜鮨@新宿三丁目
「ランチにぎり・大盛」。
かんぴょう巻、穴子、玉子、海老、エンガワ、まぐろ、いか、中トロ、はまち、サーモン。

松喜鮨@新宿三丁目
鮪の赤身が中トロに代わり、海老とかんぴょう巻が増えて、大盛りの方がお得感あり。

松喜鮨@新宿三丁目
中トロと穴子が美味しい。

松喜鮨@新宿三丁目
海老とカシラで取った出汁。
甲殻類の風味が、もう少し効いていると良いかも。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

松喜鮨
************
【住所・地図】東京都新宿区新宿3-8-2 クロスビル 1F
【電話番号】03-3354-7104
【定休日】日曜
【営業時間】11:00-翌5:00
【アクセス】
*都営新宿線 新宿三丁目駅C5出口 徒歩1分
*東京メトロ丸の内線・副都心線 新宿三丁目駅B2出口 徒歩3分

「南印度ダイニング@中野」の実食レポート。

2005年8月創業。
南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさんが創り出す本格的な南インド料理のお店。
埼玉県川口市にもお店がある。

南印度ダイニング@中野
早稲田通りから「薬師あいロード」を直進して左手。

南印度ダイニング@中野
店内は、カウンター3席、テーブル16席(4人掛け×2卓、2名×4卓)の全19席。

南印度ダイニング@中野
今回は、「カレーランチ/900円」。
野菜カレー・チキンカレー・キーマカレー・豆カレー・サンバルカレー・マトンカレーから一つを選択。
ナンかライスを選択。
ということで、チキンカレーとナンを選択。

南印度ダイニング@中野
千切りキャベツに、ニンジンドレッシングがたっぷりかかっている。

南印度ダイニング@中野
アチャールは、野菜や果物などをスパイスや酢と一緒にマスタードオイルに漬け込んだピクルス。
激辛で刺激的。

南印度ダイニング@中野
巨大なナン。
おかわりが出来るが、1枚で十分。

南印度ダイニング@中野
マイルドでコクがある。
辛さがボディブローみたいに後からジワジワと押し寄せる。
毛穴全開。
でも、ウマい。

南印度ダイニング@中野
辛さを忘れさせてくれる穏やかな味わい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

南印度ダイニング 中野店
********************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-23-23
【電話】03-3388-0373
【定休日】第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
【営業時間】 11:30-15:00/17:30-23:00
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩10分/西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分

「志喜千庵@新中野」のレポート。

1951年(昭和26年)創業。
石臼挽き自家製粉を使用した手打ち蕎麦のお店。

志喜千庵@新中野
新中野駅出口2を出ると、目の前が青梅街道。
左手に進んで直ぐ。
マグドナルドの隣。

志喜千庵@新中野
店内は木目調の落ち着いた雰囲気。
総席数52席。
1階は、テーブル24席(2人×4卓、4人×4卓)。
2階は、座敷を含む28席。

志喜千庵@新中野
今回は、「野菜天ざる/950円」。

志喜千庵@新中野
野菜の天ぷらは、椎茸、南瓜、大葉、茄子、ピーマン、インゲン、サツマイモ、レンコン、ニンジンかき揚げ。
薄衣をまとい、サックリ。

志喜千庵@新中野
蕎麦は、手きりの平打ち。
ボリューム満点。
スルシコ。

志喜千庵@新中野
大根おろしもちょこっとついている。
カエシは甘からず、ほんのり節の風味。

志喜千庵@新中野
薬味。

志喜千庵@新中野
ドロ系の蕎麦湯がお気に入り。
単独で飲んで楽しみ、次に残った汁を入れて飲む。
蕎麦の風味を楽しめ満足。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

志喜千庵
************
【住所・地図】東京都中野区中央4-4-6
【電話番号】03-3381-5363
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:00-21:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 新中野駅出口2 徒歩30秒

「泪橋@中野」のレポート。
2008年頃創業。
「中野昭和新道商店街」にある宮崎郷土料理と焼き鳥・焼きトンの店。

店主のもっこさん(ニックネーム)は、「やきとん みつぼ」の池袋店・江戸川橋店で約4年間修業。
江戸川橋店で店長を務めた後、独立。

泪橋@中野
お店は、中野駅北口の「ふれあいロード」より東にある「昭和新道」沿いにある。
屋号の「泪橋」は、漫画「あしたのジョー」に由来する。

丹下段平がジムを構えていたというのは、台東区と荒川区の境にある「泪橋」の下。
人生に敗れ、ドヤ街へ流れ着く者が、涙を流しながらこの橋を渡ったとされる。
「あしたのジョー」の作品のテーマは、拳一つでどん底から這い上がり、明日の栄光を目指すというもの。
つまり、「泪橋を逆に渡る」ことを目指している。

泪橋@中野
店内は、厨房前のカウンター6席、壁際の2席、テーブル1卓の4席。

泪橋@中野
席数が少ないためもあるが、満席状態が多く、潜り込めるのはタイミングの問題。

泪橋@中野
「瓶ビール(黒ラベル・中瓶)/580円」。

泪橋@中野
「お通し/400円」。
ブロッコリー、パプリカ、かぼちゃの温野菜ときぬかつぎ。

泪橋@中野
「鶏4点盛り/1500円」。
内容は、鶏レバー刺身、とりわさ、砂肝刺身、地鶏たたき、砂肝。
三つのタレが付いているが、ごま油のタレがウマくて気に入った。
砂肝はシャリシャリといった食感がステキ。
全て臭みなく、新鮮でおいちぃー。

泪橋@中野
「白2本、レバー2本/各120円」。
焼き加減が良くて、外側カリッ。

泪橋@中野
「豆乳ハイ-420円」。
呑兵衛でも健康に気を付けている。

泪橋@中野
「バーニャカウダ500円」。
アンチョビの塩辛さが、野菜の味が引き立てる。

泪橋@中野
「地鶏もも串/200円」。
色が黒いので、牛串かと思ったよ。
ガッツリと食べ応えある。

泪橋@中野
「八海山/650円」。
菊正宗とは違うな。
それぐらいしか分からない自分。

泪橋@中野
「イカわたホイル焼き/480円」。
ワタの味がとても好き。
酒と合うつまみ。

店を出た後、「泪橋を逆に渡る」ことの可能性は、もうないと自分で悟る。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

泪橋 (なみだばし)
***********************
【住所・地図】東京都中野区中野5-53-10
【電話】03-6383-2900
【定休日】日曜
【営業時間】17:00~23:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「台湾料理 味王 中野店@中野」のレポート。

中野ふれあいロードにある台湾料理のお店。
系列店として、「味王@沼袋店」、「味王@池袋店」などがある。

台湾料理 味王@中野
中野駅から、中野ふれあいロードに入って直ぐ左手にある。

台湾料理 味王@中野
総席数50席。
いつもどっかしら空いているので重宝。

台湾料理 味王@中野
「幻の露/380円」。
芋焼酎のお湯割り。

台湾料理 味王@中野
「五目チャーハン/750円」。
日本の家庭的な感じ。
醤油の芳ばしさあってウマい。
パラパラだが、街の中華屋のラードでコーティングされた感じではない。

台湾料理 味王@中野
「酸辣湯/630円」。
刺激的で美味しい。
酢を加えると円やかになり、辛味が弱まる。

台湾料理 味王@中野
「春巻-480円」。
パリッとした皮の食感を楽しむ。

台湾料理 味王@中野
「焼売/480円」。
わぁ、でっかい。
肉汁が飛び出し、ウマいっす。
辛子醤油が合うね。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

台湾料理 味王 中野店
*****************
【住所】東京都中野区中野5-59-1
【電話】03-5343-2588
【定休日】年中無休
【営業時間】
*11:30-翌1:00(月~木)
*11:30-翌2:00(金・土)
*11:30-翌0:00(日・祝)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「ガンジーパレス@中野」の実食レポート。

中野マルイ裏の「桃園通り」沿いにあるインド料理店。
インドから持ち込んだ、香辛料をたっぷり使用したメニューが自慢のお店。
「ランチバイキング/1100円」が人気。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
中野駅南口からレンガ坂を登り、突き当たったら左に曲がって直ぐ。
「桃園通り」沿いにある。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
エントランスから、続くカウンター7席。
店内奥のテーブル35席。
総席数42。

【ランチセット/650円】(11:30-15:30)
カレー1種類+ナンorライス+サラダ

≪カレー/全8種類の中から1種類チョイス≫
1.チキンカレー
2.チキンとほうれん草カレー
3.マトンカレー
4.マトンとほうれん草カレー
5.エビカレー
6.野菜カレー
7.キーマカレー
8.日替わりカレー

≪辛さの選択≫
1.甘口
2.中辛
3.辛口
4.大辛
5.激辛

インドレストラン ガンジーパレス@中野
今回は、「エビカレー」と「ナン」。
「ドリンク飲み放題+100円」も付ける。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
キャベツとキュウリの千切りのサラダ。
ニンジンドレッシングでいただく。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
ナンはふっくらの仕上がり。
外カリッと中はモッチリ。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
エビカレーの辛口。
辛口で刺激だが、ヒリヒリする辛さではなく丁度良い。
コクがあり、マイルドなカレー。
エビもプリプリとしていてナイス食感。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
食前食後に、ラッシーとチャイを飲む。

インドレストラン ガンジーパレス@中野
カレーの後に、チャイ。
ナンデこんなに合うんだろう。

(*´∀`*)ノ マタネ!

インドレストラン ガンジーパレス
*****************************************
【住所・地図】東京都中野区中野3-39-10 ユーシティービル B1F
【電話】03-3384-0458
【定休日】無休
【営業時間】11:30-15:30L.O/17:00-22:30L.O.
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口徒歩3分

「十七番地 薬師あいロード入口店@中野」のレポート。

薬師あいロードにある居酒屋。
今回は、【店舗紹介編】。

2016年9月23日オープン。

「有限会社:JOHコーポレーション(代表:常田利幸さん)」が運営するお店。
「十七番地グループ」の系列店。

系列店は、以下の通り。
「十七番地(あいロード商店街店・中野南口レンガ坂店・新中野店・落合店・中野南台店・下北沢店・高田馬場)」
「常蔵(中野店・新中野店)」
「赤燈 (retto)@新中野」
「むげん@中野(昭和新道)」
「くろちゃん 東新宿店@新大久保(閉店)」
「地酒 漁介@高田馬場」
「酒と肴 志超(しちょう)@野方」など。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
早稲田通りから「薬師あいロード商店街」に入り少し歩いた左側。
以前あった中華料理の「鞍山」→台湾料理の「故宮 中野編」のテナント。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「焼きとん、煮込み」と書かれた赤提灯が目印。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
総席数26席(カウンター8席、2人掛けテーブル×2卓、4人掛けテーブル×2卓、6人掛けテーブル×1卓)。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「故宮」の時と間取りはほぼ同じ。
お通し代300円(税込)。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「酒メニュー」。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「焼酎メニュー」。
ボトルを入れるのなら、7の付く日がお得。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「串焼きメニュー」。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「一品料理・炒めもの・ご飯もの等」のメニュー。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「本日のおすすめ」メニュー。

十七番地 薬師あいロード入口店@中野
「本日の地酒」メニュー。


ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

大衆酒場 十七番地 薬師あいロード入口店
*****************************************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-14-1 1F
【電話番号】050-5592-9436 /03-6454-0565
【定休日】無休
【営業時間】
*17:00-24:00(L.O.23:00)月~木曜日
*17:00-26:00(L.O.25:00)金・土曜
*16:00-24:00(L.O.23:00)日曜
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩7分
*西武新宿線 新井薬師前南口 徒歩10分

このページのトップヘ