東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2017年10月

「五丁目煮干し@中野」のレポート。

2014年12月23日オープン。
店主は、青木修さん。
「煮干しらーめん 青樹@立川」のネクストブランドで、昭島店(閉店)に次ぐ3号店。  
51gocho02219
中野駅北口より、「中野サンモール」を直進。
「中野ブロードウェイ」入口より、1つ手前の路地「狸小路」にある。
続きを読む

「金龍門@中野」の3回目のレポート。

白線通りにある台湾家庭小皿料理のお店。
01kinryu02546
中野ブロードウェイ入口右横の「白線通り」を直進して左手。
前回食べ損ねた「水餃子」を今日こそは・・・。
続きを読む

「つけ麺 しろぼし@東中野」の実食レポート。
2014年12月1日創業。
元力士が営むラーメン屋さん。
相撲界で「勝ち」を表す「しろぼし」が屋号。        
ちゃんこ鍋とつけ麺を融合させた「醤油炊き つけ麺」が看板メニュー。
52shiro02028
店主は、木村謹仁さん。
武蔵川部屋の元力士(四股名は、巨武蔵・おおむさし)。
現役を引退した後、ラーメン店等の飲食店で8年間の修業をし、独立。
続きを読む

「ぽんた食堂@中野」の15回目のレポート。

2014年12月4日創業。
鮮魚店出身の店主さんが開いた海鮮・魚介料理のお店。
築地市場で買い付けした生本まぐろ、魚がメインで、ランチは丼物が中心。
01ponta02518
花金(花の金曜日)は、貸し切りになることが多くなった。

続きを読む

「すぎ本@鷺ノ宮」の3回目のレポート。

2013年12月15日創業。
店主は、杉本康介さん。
゛ラーメンの鬼”故・佐野実さんの「支那そばや本店(横浜市戸塚区)」で、3年半修業した後独立。
51sugimoto08408
鷺ノ宮駅北口より、中杉通りを中村橋方面へ進む。
左手、パチンコ店の手前の路地を直進し、右手直ぐ。
ウッディな外観。
続きを読む

「幸運豚人(Tsui-teru! Porkman)@中野」のレポート。

今回は、「店舗紹介編」。
2017年10月22日オープン。
「ガオス株式会社(鈴木潤一社長/2005年創業)」が運営するお店。
「ハイクオリティ カジュアル大衆ネオ豚バル」をコンセプトに、豚の低温調理メニューや創作料理などを提供している。
01porkman04998
同社は、中野エリアを中心に店舗展開をしている。
①「ぢどり屋中野店(2005年10月open)」。
②「中野B級酒場(2007年11月open)/閉店」。
③「ハヤシ屋中野荘(2009年3月open)」。
④「Tsui-teru!(2011年10月)open」。
⑤「Tsui-teru!和(2014年5月)open」。

続きを読む

「felicite(フェリシテ)@中野・高円寺」の8回目のレポート。

中野駅と高円寺駅の中間辺りにあるビストロ(フレンチ)。
2016年3月9日創業。
オーナーシェフは、ホテル、神楽坂、恵比寿のお店を経て、独立。
店名の゛felicite(フェリシテ)゛とは、フランス語で「最上の幸せ」、「至福」という意味。
55feli02411
「ランチ/1300円(税別)」。
メインは、「千葉県 ひらめソテー」。
続きを読む

「Court Lodge(コートロッジ)中野店@新中野」の11回目のレポート。

以前は「スリランカ公使館」だった場所で、直営のスリランカ料理店だった。
過去には、秋篠宮文仁親王と紀子様がお忍びで来て、食事をしたこともある。
56court02375
「Aセット・ビーフカレー/800円(税込)」。
2種類のカレーが食べられるのが魅力!
続きを読む

「長浜食堂@中野」の7回目のレポート。

1999年の創業。
創業地は東京都中野区松が丘(新井薬師前駅)で、現在地へ移転。
店主は、「御殿@井草」出身。
00nagahama02327
メニューが豊富で、酒、小皿料理・・・そして、〆に長浜ラーメンが食べられるお店。
続きを読む

「食堂七彩@都立家政」の22回目のレポート。

「無化調・自家製手切り麺・創作喜多方らーめん」を特徴とするラーメン店。
2007年2月27日創業。
2012年5月23日に、「食堂七彩」としてリニューアルオープン。
01shyoshi03802
今回は、「香菜担々麺/1120円」。
香菜(シャンツァイ)たっぷりの担々麺。
別名、パクチーorコリアンダー。
ビタミンCたっぷりで、かぜや肌荒れ、便秘、虚弱や疲労などに多大な効果がある。
続きを読む

このページのトップヘ