東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

2018年02月

「居酒屋なべちゃん@中野」の3回目のレポート。

2014年1月21日創業の「焼鳥 なべちゃん@中野新橋」の3号店。
「雨垂れ石を穿つ 日本酒BAR(旧・洋食酒場YOUG)@中野新橋」に続く店。
2017年8月4日オープン。
57nabe06098
オーナーは、福島県南会津郡只見町出身。
日本酒は、福島県の地酒「飛露喜」や「写楽」を取り揃えている。
焼鳥や炭火焼きには、「会津地鶏」や飼育日数55日の「大山鶏」を使用している。
続きを読む

「魚里ゐ夷@京都駅」のレポート。

2014年11月20日オープン。
京都駅八条口側の「烏丸通(からすまどおり)」沿いにある居酒屋。
海鮮料理」の他、京都の家庭料理「おばんざい」、さっぱりとした味わいの「京おでん」でおもてなしをする。

【屋号の由来】
(漁港)と京の都を(つなぐ)(えびす)の神様。
※ゐ(→「い」→「維」の訓読み「つなぐ」)
※夷(戎)の神様=七福神の漁業の神様「恵比寿天」。
②京の町の玄関口を神社の鳥居に例えた。
③店長・料理長の出身が、京都南区の馬場町の字を取り込んだ。
54toriebi06917
今回は、「店舗紹介編」。

続きを読む

「二葉@荻窪」の2回目のレポート。

1983年(昭和58年)、天沼の「教会通り」で創業。
その後、初代の後を親戚筋の小林修一さんが、2代目となり引き継ぐ。
2007年1月20日に、現在の地に2号店として上荻店をオープン。
その後、創業地の天沼店を閉店して現在に至る。
53futa09117
今回は、「味噌ラーメン/850円」。
続きを読む

「キッチン ドナルド@東中野駅」の2回目のレポート。
東中野ギンザ通り(東中野銀座商店会)にある親子二代でやっている洋食屋さん。

1972年(昭和47年)創業。
店長は、内田洋樹さん(息子)。
ホール担当は、内田英子さん(母親)。

テレビでも紹介されたことがある。
・2015年10月14日放映、フジテレビ「バイキング」
【出演者】花田虎上(第66代横綱・若乃花)、曙太郎(第64代横綱・曙)、小木博明(おぎやはぎ)、藤田紀子(元若乃花、貴乃花の母)。
・2016年06月28日放映、日本テレビ「火曜サプライズ」
【出演者】ウエンツ瑛士、小池徹平、三浦春馬。
・2016年10月7日放映、テレビ東京「昼めし旅」
37dona07523
今回は、「ハンバーグステーキ/650円(税抜き)」。
続きを読む

「エキゾチカ@中野」のレポート。
昭和新道商店街にあるビストロ ワインバル。
今回は、「店舗紹介編」。

2017年12月11日、オープン。
「株式会社 ピオネロ(Pionero)」 が運営するお店。
オーナーシェフは、福本 智さん。

福本さんは、1968年東京生まれ。
成蹊大学を卒業後、商社に入社。
会社勤めが10年を迎えた頃、“何か好きなことをして生きたい”と思い退社。
その後、飲食店開業を志し、居酒屋などに食材を運ぶ卸売業者に就職。
その間、肉や魚の部位や旬の素材、食材の産地、食材の相場を学んだ。
2008年12月11日、1号店「タカダノバル〈TAKADAnoBAR〉@高田馬場(2015年閉店)」を開業。
2011年11月08日、2号店「エキゾチカ〈EXOTICA〉@新宿三丁目(閉店)」をオープン。
2015年06月14日、3号店「肉タパス エキゾチカ チョコ@新宿三丁目(閉店)」をオープン。
2016年12月下旬、入居していた「第一シグマビル(末廣亭前)」が取り壊しの決定をしたため、移転先を検討。
2017年10月、ビストロ「シェ・オノ@中野」があったテナントに入居が決定。
02exotica08580
店名のエキゾチカ(exotica) は「異国風」という意味。
ワインにぴったりの手作り料理を提供したいという想いから命名。
続きを読む

「松葉@落合南長崎」の2回目のレポート。

1950年(昭和25年)頃創業。
若き漫画家たちの胃袋を支えた伝説の中華料理店。
1952~1982年にかけて存在した「トキワ荘」は、手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、石ノ森章太郎、赤塚不二夫等の漫画家が居住していた。
その「トキワ荘」から歩いて1分位のところに「中華料理 松葉」はある。
藤子不二雄作品によく登場する「ラーメン大好き小池さん」が食べているラーメンのモデルとなった。
小池さんのモデルは、当時「トキワ荘」に住んでいたアニメーション作家・鈴木伸一さん。
53matuba04766
今回は、「ラーメン/500円」と「焼売/400円」。
続きを読む

「マロミーナ@中野新橋」の13回目の実食レポート。
2009年10月5日創業。

店名の「il giardino di maromina 」は、「マロミーナさんの庭」という意味。
イタリアに長く滞在していたご夫婦で切り盛りをしている。
07maromi01025
今回は、「帆立のロゼソースのタリアテッレ(平打ち麺)/850円」。
続きを読む

「十番@東中野」の2回目のレポート。

「東中野銀座通り商店街」にあるタンメンと餃子が人気の中華料理店。
日本テレビ「どっちの料理ショー」、TBS「チューボーですよ」、テレビ東京「アド街ック天国」などで紹介された。
元横綱の若乃花、貴乃花兄弟が、明大中野中学校に通っていた時には常連だったことで知られている。
52jyuba03867
今回は、「玉子入りタンメン/680円」と「焼き餃子/370円」。
このお店一番人気の「タンギョウ(タンメンと餃子)」を。
続きを読む

「サンパティック@新井薬師前」の6回目の実食レポート。
「新井薬師門前通町栄会」商店街にあるフランス料理店。

2014年2月14日創業。
オーナーシェフは、黒岩靖博さん。
黒岩さんは、調理師学校を出た後、「銀座清月堂」、「新横浜プリンスホテル」、「広尾アラジン」で修業。
その後、渡仏。
1つ星の「レ・ミレジム@ブルゴーニュ」と2つ星ヴィヴァロワ@パリ」のミシュラン星付きのレストランで修業。
帰国後、「ルテシア@西麻布」でシェフを4年、「ビストロイデアル@神楽坂」にてシェフを3年。
最後に、「ミクニ マルノウチ」でシェフをした後、この地で開業。
 店名の「Sympathique」とは、感じの良い、可愛い・・・という意味。
51sympa04725
今回は、「Menu A/1400円(税込)」。
本日のスープ+黒豚肩ロースのグリエ きのこソース。
続きを読む

「すし処 房寿@浅草」の2回目のレポート。
浅草「雷門通り」から、浅草寺側に1本入った「食通街」にある寿司屋。

店主は、小見隆右さん。
当初は、すしや通りの牛丼の「松屋 浅草店」の2階で創業(「株式会社 フォーミ」が運営)。
1号店(東京都台東区浅草1-12-8 大山ビル2F)は、2号店(現在のお店)が出来た後もしばらく続いていたが、後に閉店。
2号店は2013年頃、オープン。
屋号の由来は、お世話になった親方の一文字「」という字と、寿司の「寿」とめでたい意味での「寿」を合わせてもの。
ワンコインランチが、メディアに取り上げられた。
2011年11月25日放送、FNNスーパーニュース「スーパー特報」(フジテレビ)で紹介。
2012年6月16日放送、「王様のブランチ(TBS)」で紹介。
39boujyu07449
今回は、「極上ちらし1500円」。
続きを読む

このページのトップヘ