「メンドコロ kinari@東中野」の3回目のグルメレポート。
JR東中野駅東口の近くにあるラーメン専門店。

2018年5月16日、創業。
店主は、越川一彦さん。
元々は、この店舗で「ビストロ トワトワ」を経営していた。
その後、知り合いの「麺処 きなり」の店主・土橋健司さんのプロデュースという形で、「メンドコロ kinari」としてリニューアルオープン。
土橋さんは店を手伝いながらノウハウを伝授し、自己の店を開業するために店を離れた。
2018年11月27日に、土橋さんは「中華そば きなり@新所沢」を開業した。
駒込時代の「麺処 きなり」は、「ミシュランガイド東京2018」のビブグルマンに、掲載された実績をもつ。
2018年11月30日販売の「ミシュランガイド東京2019」のビブグルマンにも、掲載された。
44kinari05692
今回は、「Ra-men汐/780円」+「味玉/100円」。
31kinari05713
JR東中野駅東口の階段を下りて、コンビニの角を右へ曲がる。
右手1本目の横断歩道を渡った所の角にある。
34kinari05683
店内に入り左手に券売機が置かれている。
店内は、ブラウンと白を基調とした落ち着いた雰囲気。
33kinari02263
厨房の背後にあるバックカウンターには、ウィスキーボトル等が並べられている。
32kinari05680
総席数15席(カウンター5席、テーブル2人×3卓、ボックス4人×1卓)。
35kinari02266
店主とホール担当の女性の2人体制。
36kinari02261
卓上に置かれているのは、一味唐辛子と燻製酢、ブラックペッパー、紙ナプキン。
箸は、角盆に料理と一緒に載せられている。
37kinari05690
「Ra-men汐/780円」+「味玉/100円」。
38kinari05698
透明感のあるスープに、鶏油が浮かぶ。
スープは、サフランで色付けを施している。
鶏ガラベースに、魚貝の出汁を加えた清湯。
塩味は程良く、鶏と魚介、貝類・昆布等の出汁が効いている。
あっさりとしていながらも、飲むほどに滋味が溢れる奥深いスープ。
余韻を楽しめる。
39kinari05705
麺は、「三河屋製麺」製の中細ストレート麺。
スルスルと一気に口の中へ滑り込む滑らかさ。
低加水のザクっとした歯切れ感。
ポクポクとした食感で、小麦の風味も豊か。
40kinari05700
具の肩ロースのチャーシューは、低温料理のロゼ色。
しっとりとした肉質で柔らかい。         
41kinari05703
鶏チャーシューは、味付けは控えめで、ふっくらとした肉質。
42kinari05711
穂先メンマは、柔らかくシャクシャクとした食感。         
43kinari05709
味玉は、味付は控えめで、黄身がジュレ状のトロリとした半熟具合。
他の具は、チンゲン菜とカイワレ、生姜の甘酢漬け。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

メンドコロ kinari
【住所・地図】東京都中野区東中野1-51-4 大総ビル1F
【電話】03-3684-1235
【定休日】水曜
【営業時間】
・11:30-14:30/18:00-21:00・・・月・火・木・金・土
・11:30-14:30・・・日曜
【アクセス】
・JR総武線/都営大江戸線 東中野駅東口 徒歩1分
・都営大江戸線 東中野駅A1出口 徒歩4分