「花菜(KHANA )@高円寺」のグルメレポート。
PAL商店街にあるインド・ネパール料理店。

2002年2月創業。
10khana06404
今回は、「玄菜麺/850円(税込)」。

02khana06347
JR高円寺駅南口より、アーケード街「PAL商店街」を直進して、右側にある。
店頭に張り出されたメニューの“玄菜麺”の文字が目に飛び込む。
伝説のラーメン職人・田中玄さんが生み出したベジタリアンヌードルが提供されている。
03khana06345
店頭に画像入りのメニュー一覧。
店頭に置かれたチラシを持っていくと、ワンドリンクがサービス。
1階のアジアン雑貨店「歩汰羅(ポタラ)」の右脇の階段を登って、2階へ。
04khana06362

赤を基調とした細長い店内。
意外と広い。
06khana06355
インドとネパールの装飾品などで飾られ、エキゾチックな雰囲気。
05khana06358
総席数46席(4人×10卓、6人×1卓) 。
07khana06400
「玄菜麺/850円(税込)」。
高円寺「花菜」と「玄Style」のコラボ企画メニュー。
「玄」とはベジタリアン・ヌードルのパイオニア田中玄さんのこと。
動物系・魚介系素材を使わない野菜だけのヴィーガン仕様のラーメン。
どういう経緯か分からないが、田中さんのレシピを基に作られた一杯。
08khana06402
厳選した野菜を「重ね煮」で調理した後、昆布、椎茸だしでじっくり煮込んだ野菜スープ。
体にしみこむような優しい味わいだが、味の焦点化がしにくい。
過去に“玄菜麺”を何食も食べているが、玄さんが直に作ったものとはやはり違っている。
09khana06409
麺は、中太の平打ち縮れ麺。
ツルツルとした麺肌で、スープの絡みが良い。
歯切れも良く、コシもある。
11khana06405
具の蓮根は小ぶりで、薄切り。
“玄菜麺”の蓮根は、いわばチャーシューの代替品なので、厚切りで食感を楽しめるものにした方が良いかな。
12khana06406
動物系素材を使わない難しさが感じられる。
13khana06390
ワンドリンクサービスのコーヒー。

次回はカレーに決定。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

インド・ネパールレストラン KHANA 花菜(カナ)

【住所・地図】東京都杉並区高円寺南3-58-25 2F
【電話】03-5306-1626
【定休日】無休
【営業時間】
・11:00-16:00(ランチタイム)
・15:00-18:00(ティータイム)
・16:00-23:30/L.O.23:00(ディナータイム)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺駅南口 徒歩2分