「らーめん処 くろ助@新高円寺」のグルメレポート。
青梅街道の新高円寺駅と南阿佐ヶ谷駅間にあるラーメン専門店。

2019年11月16日創業。
店主は、小島康裕さん。
小島さんは大学を卒業後、ラーメン業界に入り、「無邪気@自由ケ丘」、「らーめんと甘味処 九月堂@渋谷」、「二丁目つけめん GACHI@新宿三丁目」、「麺や庄の ラゾーナ川崎(閉店)」、「日本麺料理さくら@駒込(閉店)」、「らぁ麺 いしばし@阿佐ヶ谷」等に在籍後独立した。
60kurosuke05892
本日は、「甘海老の西京味噌ラーメン/850円(税込)」+「チーズリゾット/300円」。
51kurosuke05869
お店の場所は、新高円寺駅1番出口を出て、青梅街道を南阿佐ヶ谷駅方面へあるいて左側にある。
木製看板と赤提灯が目印。
55kurosuke05879
店内に入り右側に、小型の券売機が設置されている。
52kurosuke05874
間口は狭いが、奥行きのある空間。
奥の厨房まで続く、直線型カウンターと壁際ににテーブル席が配置されている。
54kurosuke05878
店内は、木を多用したウッディーな感じ。
照明を落とし、落ち着く雰囲気。。
店主さんが一人で切り盛りをしている。
夜の時間帯には、アルコール類と肴を用意している。
53kurosuke05877
総席数20席。
カウンター8席、テーブル12席(4人×3卓)。
56kurosuke05888
卓上調味料は、S&Bホワイトペッパー、タバスコ、醤油、酢、ラー油。
卓上備品は、ティッシュとレンゲ、割り箸、爪楊枝、冷水入りピッチャー。
好みで、タバスコを数滴入れるのが店主さんのオススメ。
BGMは、J-POP。
57kurosuke05893
「甘海老の西京味噌ラーメン/850円(税込)」。
期間限定メニュー。
58kurosuke05910
基本ベースのスープは、豚骨と鶏ガラ、香味野菜、サバ節や“エソ”などの4種類の煮干し、昆布等の魚介系を使用。
スープからは甲殻類の風味が、ふんわりと香り立つ。
油分は控えめで、優しい丸みのある味わい。
西京味噌のマイルドで甘みのある味が、口の中にジワジワと広がる。
出汁もしっかりと出ていて、重層的な旨味を感じさせる。
59kurosuke05904
麺は「菅野製麺」製の中細ストレート麺。
麺肌がツルっとしていて、スルスルと啜り心地が良い。
歯を立てるとパッツンと切れる歯切れの良さ。
スープの絡みも良く、モッチリとした食感。
61kurosuke05895
具のチャーシューは、豚バラ肉と豚肩ロース肉の2種類。
豚バラは味付けが良く、口どけが良くジューシー。
62kurosuke05915
豚肩ロースは、低温調理の綺麗なピンク色。
適度な噛み応えを残したしっとりとした肉質。
63kurosuke05908
メンマは極細で、コリコリとした食感。
64kurosuke05901
もやしはシャキシャキとしている。
他の具は、カイワレとネギ、糸唐辛子。
65kurosuke05923
「チーズリゾット/300円」。
残しておいたスープを丼ごと店主さんに渡し、暫く待つ。
厨房で調理後、小さな器に移されて返却。
味噌スープが米に染みてトロトロ。
炙りの入ったチーズが上に載せられているので、かき混ぜる。
味噌味とチーズの相性が抜群。
コクがあって美味しい!
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

らーめん処 くろ助
【住所・地図】東京都杉並区梅里2-24-13 民団東京杉並支部ビル1F
【電話】03-5929-7506
【定休日】毎月0の付く日(10日・20日・30日)
【営業時間】
・11:30-14:00/18:00-翌1:00(L.O.翌12:30)・・・月~金
・11:30-15:30/18:00-22:00・・・土・日・祝
【アクセス】
・東京メトロ丸の内線 新高円寺駅出口1 徒歩5分
・東京メトロ丸の内線 南阿佐ヶ谷駅出口1 徒歩8分