「鮨たじま@中野坂上」の17回目のグルメレポート。
2017年7月27日オープン。
創作和イタリアン「旬家 莉久」が業態変更。

店主(代表取締役)は、田島久丸さん。
田島さんは元プロレスラーで、1974年(昭和49年)創業の「天狗鮨@東陽町(初代・田島 久夫さん)」の2代目。
弟の田島 宗佑さんも鮨職人。
系列店は、「鮨たじま@銀座(2014年2月4日Open)」、「八丁堀 鮨たじま(2018年5月Open)」等がある。
また隣接する「うどん・おでん 久丸」も同じ。

2018年11月4日、日本テレビ放映の「誰だって波瀾爆笑」の中で、俳優・吉田栄作さんが週1回通うお店として紹介された。
また、ニッチェ(お笑いコンビ)の江上敬子さんも訪れたことがある。
62tajima121708
今回は、「海鮮丼/1000円(税込)」。
サラダ・日替わり小鉢・お椀付き。
51tajima120544
中野坂上駅A1出口を出ると、目の前が山手通りと青梅街道が交わる「中野坂上交差点」。
左手の「住友中野坂上ビル」横の脇道を通り、裏手(北)に回る。
飲食店などが入る「アクロスシティ」という建物があり、その一角にある。
52tajima120617
正面入り口右脇に鮨と丼中心の「ランチメニュー」、左脇のボードには焼き魚と煮つけの「本日の定食」が書かれている。
53tajima124210
店内は、白木のテーブルと椅子で統一されていて、清潔で明るい雰囲気。
壁側はソファーシートになっている。
54tajima120814
テーブルにはあらかじめ醤油皿と箸、おしぼりがセッティングされている。
厨房のところの壁には色紙が飾られている。
55tajima121855
総席数29席。
・カウンター5席。
・中央-4人×2卓、2人×1卓。
・壁際-4人×3卓、2人×1卓。
56tajima120912
「付け合わせの小鉢」。
厚揚げとしめじの煮物。
味付けも良く、味が染みていて美味しい。
57tajima120934
「サラダ」。
リーフレタスとミニトマト、水菜のサラダ。
程よい酸味のサッパリとしたドレッシングでいただく。
58tajima121650
「海鮮丼」。
ネタは、いくら、イカ、ホタテ貝柱、ネギトロ、大葉、エビ、マグロ、中トロ、シラス、玉子焼き、ガリ、タコ、キンメ(白身)、鯵。
酢飯には、白胡麻が混ぜられ、刻み海苔が載っている。
寿司飯は赤酢が使われていて、酸味だけではなく、ほんのりと甘くまろやかな味もして美味しい。
59tajima121635
「味噌汁」。
具はワカメ。
60tajima121700
「いくら」と「鯛」、「ホタテ貝柱」、「ネギトロ」。
弾力性があり、プチンと弾けるいくらちゃん。
ふくよかなな帆立貝柱。
ネギトロは、これだけでも一膳は食べられる。
61tajima121657
エビ、玉子焼き、
屋号の烙印のある玉子焼きは、上品な甘さ。
62tajima121708
「マグロ」、「中トロ」。
本マグロは味が良い。
中トロは、くちどけ感がたまらない。
63tajima121711
「シラス」と「ガリ」。
シラスは程良い塩味。
ガリは良い箸休め。
64tajima121715
「イカ」、「タコ」。
イカは溶けるような柔らかさで、タコはプリっとした食感でウマい。
65tajima121719
「鯵」。
ヒカリモノは好み。
海の幸がてんこ盛り。
この美味しさ、満足感は他では得られない。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

鮨 たじま
【住所・地図】東京都中野区中央1-38-1 アクロスシティ102
【電話】03-5330-5339/050-5595-4830
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】11:30-14:00/17:30-22:00
【アクセス】
・都営大江戸線 中野坂上駅A1番出口 徒歩2分
・東京メトロ丸ノ内線 中野坂上駅2番出口 徒歩3分