「カフェ サンマリノ@中野」の21回目のグルメレポート。

2015年11月3日、リニューアルオープン。
元々は、1979年(昭和54年)6月創業の洋食屋さん。
2015年3月から、店主の体調不良により休業していたが再開。
店名は「クックショップ サンマリノ」から、「カフェ サンマリノ」に変更。
お店は、店主の奥様と娘の岩間麻衣さんが引き継ぎ、切り盛りをしている。
11sanmarino135619
今回は、「きのこ入りソースのハンバーグ定食/1020円(税込)」。
01sanmarino141355
JR中野駅北口より、中野通りを北へ直進。
「新井交差点」より中野通りを北へ進み、右手。
関東バス・京王バスの「新井中野通り」バス停の近く。
赤い軒先テントと「クックショップ サンマリノ(旧店名)」と書かれた袖看板が目印。
02sanmarino141331
店内は重厚な椅子とレンガ壁で、ヨーロッパ調の落ち着いた雰囲気。
入れ代わり立ち代わり人が訪れる人気店。
03sanmarino134023
厨房に2人、ホール担当1人の体制。
04sanmarino135645
総席数24席。
テーブル(6人×1卓、4人×3卓、2人×3卓)。
05sanmarino343479547
イーゼル上のメニュースタンドがカワ(・∀・)イイ!!
06sanmarino135557
「ごはん」と「きのこ入りソースのハンバーグ」。
07sanmarino135600
ライスはふっくらと炊き上がっていて美味しい。
量もしっかり。
08sanmarino00307135610
「きのこ入りソースのハンバーグ」。
きのこたっぷり!
09sanmarino135625
「ポテサラ」。
10sanmarino135630
「付け合わせのサラダ」。
ビネガーの効いたスッキリとした味わいのドレッシングでいただく。
11sanmarino135619
「ハンバーグ」。
フワフワでソフトな食感。
肉汁溢れるジューシーな味わい。
ソースは、オーソドックスなケチャップ寄りの味。
タップリ入ったしめじとエリンギのきのこ達。
12sanmarino135732
「とん汁」。
特筆すべきは、お椀の大きさ。
通常の2倍以上はある。
13sanmarino140008
豚肉とニンジン等の根菜類、豆腐、椎茸、コンニャクなど具沢山。
白味噌仕立てで、野菜の甘みの出た優しい味わい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ。

カフェ サンマリノ
【住所・地図】東京都中野区新井1-11-8 海老沼ビル1F
【電話】03-3389-4896
【定休日】水曜・日曜
【営業時間】11:00-21:00(L.O.)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩6分