「でみぐら亭@中野新橋」の10回目のグルメレポート。
2008年1月19日、「洋風居酒屋 でみぐら亭」としてリニューアルオープン。

店主は、渡邊雅生さん。
渡邊さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、店主のお父様がこの場所で喫茶店を営んでいた。
息子の雅生さんが修業後に戻り、「洋食や でみぐら亭」を開いた。
洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業。
その後体調の方も良くなり、昼は「洋食屋」、夜は「洋風居酒屋」として再開し今日に至る。
56demigura133810
今回は、「ポークカレー/850円(税込)」。
51demigura135218
中野新橋駅前の「ショッピングロード中新」を右(方南通り方面)へ進む。
本郷通りと交わる「弥生町二丁目交差点」の横断歩道を渡って、左側に移り直進。
ワインカラーに白抜き文字の置き看板が目印。
52demigura132652
地盤面より階段を数段下りた所が入口。
53demigura135134
店内に入ると左手が厨房、右手がテーブル席を中心としたテーブル席。
厨房で腕を振るう店主とアシストする女性スタッフの2人体制。
54demigura133127
ホールと言った感じの比較的広々とした空間。
55demigura133130
店内は、テーブル席のみの総席数28席。
56demigura133810
「ポークカレー」。
57demigura133849
「味噌汁」。
出汁が効いたワカメと三つ葉の味噌汁。
58demigura133838
「ご飯」。
量はしっかりとある。
ふっくらと炊き上がった美味しいご飯。
59demigura133803
カレーは、ダークブラウン色。
トロミはなく、サラリとした口当たり。
デミグラスソースに似た深みのある味わい。
様々な食材が溶け込んで一体となった繊細さも感じさせる。
塩味も控えめで、極めて上品。
辛味はスパイシーで、唐辛子系ではなくペッパー系の刺激。
適度な辛味で、コクがあり味わい深い。
60demigura133811
豚肉がゴロゴロと入っている。
野菜などは判別しにくく、カレーに溶け込んでいる。
61demigura133830
添えられた福神漬けが良い箸休め。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

洋風居酒屋 でみぐら亭
【住所・地図】東京都中野区弥生町2-17-6 メゾン・タカモリ1F
【電話番号】03-3372-2732 / 090-3916-5175
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-14:00/18:00-22:30
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩3分