10re121dai042400522
今回は、「ビジネスランチ/2500円(税込)」
サラダ・スープ・デザート盛合わせ・コーヒー付き。
「レストラン 121(サン・ヴァンテアン)ダイニング@中野」の7回目のグルメレポート。
中野のランドマーク「中野サンプラザ」の最上階にあるフレンチ・洋食レストラン。
2004年(平成16年)オープン。
「全日空ホテル」のシェフを招き、メニューと装飾を一新。
店名は、フランス語で「Cent Vingt et Un Dining.」。
店名の由来は、中野サンプラザの高さが“海抜121m”(地上高92m)であることから。
中野区内では、一番高層階にあるお店。
店内からは、中野の街を一望できる。
01re121di050156168
JR中野駅北口を出て、中野通りを挟んだ左手斜め前に位置する。
中野のランドマーク的な存在の中野サンプラザ。
1階エレベーターに乗り、20階で降りる。
左手南側が「レストラン 121ダイニング」、右手北側が「日本料理 なかの」。
店名は、フランス語だと「Cent Vingt et Un Dining.」と書く。
“121”は、「100=Cent」、「21=Vingt et Un」と書き、「サン・ヴァンテアン」と読む。
02re121di050141527
突当りのテーブルには、季節により異なるディスプレーが施されている。
03re121di050005655
スタッフに誘導され、中へと進む。
手前と奥の方に、個室席が設けられている。
04re121di040707951
店内中央の客席は、視界がとても開けていて開放的な空間。
05re121di050006815
大きな窓からは、中野の街が一面に広がっている。
東南の方向を見ると、西新宿超高層ビル群が望める。
料理を待つ間、窓の外に広がる景色を眺める。
夜は夜景が楽しめる絶好のロケーション。
06re121di040711336
総席数68席。
(テーブル52席、個室3室)
各テーブルには、透明アクリルパーティションが置かれている。
07re121di041354289
「サラダ」
野菜は、レタスとキュウリ、ミニトマト、ポテトサラダ。
瑞々しい野菜を、ゴマドレッシングでいただく。
サラダはお代わり出来るので、お願いをする。
野菜を大量摂取!
(ᅙωᅙ)ふっふっふ。
08re121di041405258
「スープ」
“具だくさん”という意味のミネストローネ。
細かく刻まれた野菜がたっぷり入り、底に沈殿している。
ホッとする味わい。
09re121di042915849
「バゲット」。
ほかほかで、外側カリッと生地はしっとりとした食感。
これもまたお代わり出来る。
1個目は単独で、2個目はメインのソースにつけて食す。
ホイップバターをたっぷりと塗ると何とも言えぬ美味しさ。
10re121dai042400522
「ステーキプレート」
牛ロース肉のステーキ。
本日のグラタン。
本日の揚物。
温野菜。
11re121di042424756
「本日の揚物」
揚物は、クリームコロッケ。
細かめのパン粉でサックリとした歯触り。
中身はトロっとしたクリームが入っている。
タルタルソースが付いているのが嬉しい。
12re121di042430576
「本日のグラタン」
表面にチーズが覆い、焼き目が付いていて香ばしい。
中はマイルドなマッシュポテト。
底にコンビーフが入っていて、程良い塩気をアシスト。
13re121di042438534
「温野菜」
野菜は茄子とモロッコインゲン、ニンジン、ポテサラ。
14re121di042414916
牛ロース肉のステーキ。
15re121di042422715
ソースは「グレイビーソース」。
肉は厚いが柔らかく、ジューシー。
適度な噛み応えがあり、噛むほどに肉の旨味があふれ出てウマい!
ふちの筋はやや硬い。
16re121di044938763
「ホットコーヒー」
17re121di045306186
「デザート」
最後のお楽しみ。
18re121di045330627
果物は、パイン・キウイフルーツ。
生クリームをつけて食す。
ケーキは「オレンジパウンドケーキ」。
赤いベリー系のソースを付けて食す。
しっとりとした食感で、オレンジピールの爽やかな香りがステキ。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

レストラン 121ダイニング
Cent Vingt et Un Dining
【電話】 03-3388-1150
【定休日】無休
【営業時間】
・11:30~15:00(ラストオーダー 14:30)
・16:30~20:00(ラストオーダー 19:00)
※ディナータイムは短縮営業。
【アクセス】
・JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 「中野駅」北口 徒歩2分
(中野サンプラザ20階)