「ナカノバ食堂@中野」のレポート。
薬膳を取り入れたおいしい食事とお酒の店。

2015年6月1日創業。
「ナカノバ合同会社」が、運営。
店主は、藤原秋一さん。
藤原さんは、フリーペーパー「中野らしさマガジン おこのみっくす」の編集長も兼任。
店長・ホール担当は、塩本悦子さん。
シェフは、閉店した「ラティーナラティーノ@中野坂上」の穂高政明さん。
店名の「ナカノバ」とは、「中野に場を持とう、語り場を持とう」という意味が込められている。

ナカノバ食堂@中野
中野駅南口より、中野通りを五差路方面へ直進。
「中野大勝軒」手前の右斜めに入る路地を進む。

漢方薬の「イスクラ薬局 中野店」の2階。

ナカノバ食堂@中野
リビング・ダイニングのような開放的で、明るい店内。
カウンター5席+テーブル28席(2人×4卓+3人×2卓+4人×1卓+5人×2卓)。

ナカノバ食堂@中野
「アサヒスーパードライ(中瓶)/500円」。
喉を潤す。

ナカノバ食堂@中野
「健康野菜とクルミの白和え(小)/400円」。
彩りが鮮やかで、盛り付けもキレイ。

ナカノバ食堂@中野
「白菜シュウマイ/450円」。
なんと、皮が白菜なのね。
ヘルシーで、イイね。

ナカノバ食堂@中野
「澤乃井/600円」。
東京都青梅市の「小澤酒造株式会社」の日本酒。
口当たりが良く、キレもある。

ナカノバ食堂@中野
「ビーフシチュー定食/1000円」。
食堂で飲む時の利点は、〆にしっかりとした食事ができること。

ナカノバ食堂@中野
角切りのビーフとシメジやポテト、タマネギなどの野菜と煮込まれたシチュー。
シチューといっても、具がしっかりとあるので食べ応えがある。
旨味が凝縮されていて、深いコク。
野菜の甘みも滲み出ていて、美味しい。

ナカノバ食堂@中野
ライス(十穀米)と健康養生スープ。
ライスは、お代わりが1回出来る。

ナカノバ食堂@中野
これからの季節、「薬膳鍋」がお薦めみたい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

ナカノバ食堂
*****************
【住所】東京都中野区中野3-34-4 イスクラ中野ビル 2階
【電話】070-5545-7908
【定休日】日曜・祝日
【営業時間】
*11:00-15:00/17:30-22:30・・・月~金曜
*12:00-15:00-17:30-21:30・・・土曜
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分