「つけ麺 しろぼし@東中野」の実食レポート。
2014年12月1日創業。
元力士が営むラーメン屋さん。
相撲界で「勝ち」を表す「しろぼし」が屋号。        
ちゃんこ鍋とつけ麺を融合させた「醤油炊き つけ麺」が看板メニュー。
52shiro02028
店主は、木村謹仁さん。
武蔵川部屋の元力士(四股名は、巨武蔵・おおむさし)。
現役を引退した後、ラーメン店等の飲食店で8年間の修業をし、独立。
51shiro02026
JR東中野駅東口2を出て、右側の道を北へ進む。
「東中野四丁目交差点」を右に曲がり、「West 53rd日本閣」を過ぎた左手角地。
ちょうど「ユニゾンタワー東中野」の裏側に当たる。
53shiro02032
店内に入り、正面に小さな券売機が設置されている。
食券を購入。
左手に進むと厨房と客席がある。
席数は、カウンター5席、テーブル6席。
54shiro02071
店内のモニターには、DVDによる相撲の取り組みが映し出されている。
55shiro02049
今回は、「醤油炊き しろぼし味玉つけ麺/900円」。
並盛(220g)と大盛(330g)同額サービスということで、大盛を選択。
57shiro02052
麺の上には、具がきれいに盛り付けられている。
58shiro02055
麺は「サッポロ製麺」製の中太ストレート麺。
ツルツルとした表面で、滑らかな口当たり。
適度なコシがあり、奥歯でプレスするとムッチリとした食感。
噛み締めると、小麦の甘みが出てきて美味しい。
56shiro02051
つけ汁はサラッとした豚骨魚介醤油味。
酸味や甘みは控えめで、クラシカルなタイプではない。
魚粉や花鰹の風味も手伝い、魚介の香りと芳醇な旨みで溢れている。
麺量が多いにも拘らず、最後まで飽きが来ない。
59shiro02065
チャーシューは、バラ肉ロールのスライス。
ホロホロと崩れ、口どけ感が良く美味しい。
60shiro02061
鶏つくねが入っているところがちゃんこ風。
つくねの味付けも良く、ウマい。
61shiro02067
味玉は、味付けも程よく、黄身がトロトロの半熟具合。
62shiro02059
メンマは柔らかく、シャクシャクとした食感。
63shiro02057
レンゲに載っているのは、「ゆず大根(柚子皮・大根・油揚げ)」。
途中で入れると、爽やかな和風テイストになる。
チャーシューなどの下に隠れているのが、もやしとニンジン、キャベツなどの温野菜。
たっぷり入り、栄養補給もバッチリ。
他の具は、海苔と青葱、微塵切りのネギ。

最後にスープ割り。
ポットに入っているものを自分好みで入れる。
鶏と鰹の風味が香り立ち、最後まで楽しめる。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

つけ麺 しろぼし
【住所・地図】東京都中野区東中野5-6-8 三和マンション1F
【電話】03-5937-4510
【定休日】月曜(祝日の場合営業、翌日休み)
【営業時間】
・11:00-14:00/17:30-21:00(20:45L.O.)・・・火~土
・11:00-15:00・・・日・祝日
【アクセス】JR中央線・総武線/都営大江戸線 東中野駅東口2 徒歩2分