「しろぼし@東中野 」の4回目のレポート。
2014年12月1日創業。
元力士が営むラーメン屋さん。
相撲界で「勝ち」を表す「しろぼし」が屋号。        
ちゃんこ鍋とつけ麺を融合させた「醤油炊き つけ麺」が看板メニュー。
57shiro04888
今回は、「醤油炊き しろぼし味玉つけ麺/900円」。
前回のレポートはコチラ→「しろぼし@東中野 (3) 」。
51shiro04856
JR東中野駅東口2を出て、右側の道を北へ進む。
「東中野四丁目交差点」を右に曲がり、「West 53rd日本閣」を過ぎた左手角地。
ちょうど「ユニゾンタワー東中野」の裏側に当たる。
52shiro04866
店内に入り、正面に小さな券売機があり、食券を購入。
左手に進み、客席へ。
カウンター5席、テーブル6席。
店内のモニターでは、DVDによる相撲の取り組みが放映されている。
53shiro04880
「醤油炊き しろぼし味玉つけ麺」。
並盛(220g)と大盛(330g)が同額サービス、ということで大盛を選択。     
54shiro04891
麺は「サッポロ製麺」製の中太ストレート麺。
透明度が高く、緩やかにウェーブが付いている。
表面がツルツルとしていて、滑らかな口当たり。
加水率多めで、ムチッリとした食感。
コシもあり美味しい。
55shiro04886
つけ汁は、茶濁色。
酸味や甘味は控えめで、芳醇な鰹の香り。
動物系と魚介、カエシのバランスが良く、旨い。
レンゲに載った柚子皮・大根・油揚げを入れると、爽やかさが加わり美味しさ倍増。
56shiro04889
豚バラ巻チャーシューは、口溶け感も良く、ジューシー。
57shiro04888
鶏つくねはふわふわとした食感で、軟骨も加えてあるのでコリコリとした歯触りも楽しめる。
チャーシューの下に隠れているのが温野菜。
もやし、ニンジン、キャベツなど。
58shiro04887
味玉は適度な味付けで、黄身がトロリとした半熟具合。
他の具は、細めのメンマ、海苔、花鰹など。

最後にスープ割り。
ポットから、自分の好みの量を入れる。
鶏と魚介の旨みを味わう。
程よい酸味と甘みを感じつつ完飲。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

つけ麺 しろぼし
【住所・地図】東京都中野区東中野5-6-8 三和マンション1F
【電話】03-5937-4510
【定休日】月曜(祝日の場合営業、翌日休み)
【営業時間】
・11:00-14:00/17:30-21:00(20:45L.O.)・・・火~土
・11:00-15:00・・・日・祝日
【アクセス】JR中央線・総武線/都営大江戸線 東中野駅東口2 徒歩2分