「馬関彩@中野」の6回目のレポート。
中野通り沿いにある馬刺し、焼き鳥などが楽しめる居酒屋。

店主は、山口県下関出身の金村和彦さん。
屋号の「馬関」とは、山口県の下関、下関の古称。
以前は、中野五丁目交差点から、新井薬師前に抜ける「柳通り」にあったがコチラに移転。
2011年6月1日放映、テレビ朝日「シルシルミシル」で紹介された。
08bakan06437
コチラは、「お得な串盛りセット(6本入り)/1050円」。
01bakan06414
中野駅南口より、中野通り沿いの「南口本通りアーケード街」へと進む。
「不二家」を通り越し、「ガスト」のちょっと先。
04bakan06451
店内は、照明を落とした落ち着いた雰囲気。
入り口付近と奥に、テレビが設置されている。
03bakan06452
厨房前のカウンター席。
カウンター席は、常連さんの指定席。
1人で訪れるお客さんもいる。
05bakan06421
総席数36席。
1階はカウンター5席、テーブル15席(4人×1卓、5人×1卓、6人×1卓)。
2階は、16席(座敷)。
06bakan06423
「キリンラガー(中瓶)/500円」。
07bakan06431
「お得な串盛りセット(6本入り)/1050円」。
08bakan06437
左から、「ピー肉・しそ巻き・アスパラ巻・やきとり・手羽先」。
外側カリッと焼きあがり、歯触りが良い。
噛むとジューシーな肉汁があふれ出る。
09bakan06440
「つくね」。
甘辛いタレでいただく。
途中で卵黄を割ってつけて食せば、マイルドな味わい。
10bakan06445
「ナカボールセット/500円」。
ナカボールとは、「キリンビール」と老舗飲料メーカーの「東京飲料」が開発した中野区内限定のオリジナルドリンク。
キリンが販売するウイスキー「ジョニーウォーカー」を、東京飲料の炭酸飲料「ハイ辛」で割ったカクテル。
ハイ辛には生姜と唐辛子が入っていて、ピリッとした辛さが特徴。
11bakan06449
「つくね湯豆腐/600円」。
具は、鶏つくね、豆腐、水菜、白菜、椎茸、えのき等。
あっさりとした味わいで、野菜をたっぷり補給。
量もしっかりあり、食べ応えがある。
12bakan06455
「ナカボール(ナカ)/300円」。
ナカをお代わり。
02bakan06415
モノクロにすると、昭和の酒場風景になる。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 馬関彩
【住所・地図】東京都中野区中野2-29-7
【電話】03-5328-6139
【定休日】無休
【営業時間】
*18:00-翌4:00・・・月~土
*18:00-翌2:00・・・日
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分