「青山一品@中野坂上」の3回目のレポート。

2012年(平成24年)4月1日オープン。
「株式会社 エム・エートレーディング/1996年(平成8年)10月24日設立」が運営するお店。
「中野坂上店」の他、「青山本店」、「要町店」、「椎名町店」等がある。
中国の料理人で頂点といえる特級調理師の資格を持つシェフによる広東料理が、リーズナブルな価格で味わえる。
50aoya06324
今回は、お昼の定食「鶏肉とカシューナッツ炒め/750円(税込)」。
メイン料理+ご飯+スープ+デザート+おしんこ+ミニ麻婆豆腐。
前回のレポートはコチラ→「青山一品@中野坂上 (2) 」。
51aoya06331
中野坂上駅から青梅街道を西(新中野方面)へ、少し進んだ左側にある。
以前、四川料理「龍苑」があったテナント。
店頭では、惣菜や弁当(450円~)の販売もされている。
52aoya06287
総席数58席。
8人掛け×2卓、6人掛け×2卓、4人掛け×4卓、2人掛け×4卓、個室6人掛け×1卓。
53aoya06284
2017年11月19日放映の「路線バスで寄り道の旅/テレビ朝日」で紹介された。
新宿~中野坂上~目白~江古田で、古き良き“学生街”を巡る旅!
ナビゲーターは、徳光和夫、田中律子、岩崎宏美の3人。
徳さん達がオーダーしたメニュー。
①青椒肉絲/880円
②焼き餃子/500円
③鶏肉とカシューナッツ炒め/800円
④酢豚/800円
⑤自家製はるまき/350円
五目チャーハン 850円

54aoya06326
お昼の定食「鶏肉とカシューナッツ炒め」。
メイン料理+ご飯+スープ+デザート+おしんこ+ミニ麻婆豆腐。
55aoya06321
「ミニ麻婆豆腐とご飯」。
花椒の辛さが刺激的な一品。
旨みやコクは少ないが、ご飯にかければ文句なし。
ご飯はお代わりできる。
56aoya06320
トロミがあり、玉子のふんわり感がある。
トマトの酸味が全体に行き渡り、味に深みを与えている。
57kasyu06312
「鶏とカシューナッツ炒め」。
四川では、肉とピーナッツのみで作らしい。
日本では彩りで、野菜も入れることが多い。
58aoya06314
「煳辣(フーラー)」という、唐辛子を焦げない程度の赤黒くなるまで油で炒める調理法で、適度なピリ辛。
鶏肉に、下味のオイスターソースや醤油がしっかりと付いていて、美味しい。
カシューナッツと野菜の食感が心地よく、楽しめる。
59aoya06317
「ザーサイ」とデザートの「杏仁豆腐」。
ザーサイは、ご飯のお供。
杏仁豆腐で、お口直し。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

広東料理 青山一品 中野坂上店
【住所・地図】東京都中野区本町2-51-10 OKビル1F
【電話】03-5354-8238
【定休日】年中無休
【営業時間】11:30-14:30/17:00-23:00(L.O.)
【アクセス】東京メトロ丸の内線/都営大江戸線 中野坂上駅3番出口 徒歩2分