東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【インド|中野区】 > 南印度ダイニング@中野

「南印度ダイニング@中野」の24回目のグルメレポート。
薬師あいロードにある本格的な南インド料理のお店。

2005年8月創業。
オーナーは、南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のラヤパン アマラダスさん。
「南インドでとれた沢山のスパイスやハーブ・穀物で、四季を通じて皆さんの健康の源を供給します。」とのこと。
13minamiindo131728
今回は、「日替りランチ(バターチキンカレー)/800円(税込)」。
カレー+ナンorライス+サラダ+チャイ付き。
続きを読む

「南印度ダイニング@中野」の23回目のグルメレポート。
薬師あいロードにある本格的な南インド料理のお店。

2005年8月創業。
オーナーは、南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のラヤパン アマラダスさん。
「南インドでとれた沢山のスパイスやハーブ・穀物で、四季を通じて皆さんの健康の源を供給します。」とのこと。
64minamiindo131909
今回は、「カレーランチ(サンバルカレー)/900円(税別)」。
カレー+ナンorライス+サラダ+ピクルス+チャイ付き。
続きを読む

「南印度ダイニング@中野」の22回目のグルメレポート。
薬師あいロードにある本格的な南インド料理のお店。

2005年8月創業。
オーナーは、南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさん。
「南インドでとれた沢山のスパイスやハーブ・穀物で、四季を通じて皆さんの健康の源を供給します。」とのこと。
64minamiin03921
今回は、日替わりランチ「バターチキンカレー/800円(税込)」。
日替りカレー+ナンorライス+サラダ+チャイ+パコラ。
続きを読む

「南印度ダイニング@中野」の21回目のグルメレポート。
薬師あいロードにある本格的な南インド料理のお店。

2005年8月創業。
オーナーは、南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさん。
「南インドでとれた沢山のスパイスやハーブ・穀物で、四季を通じて皆さんの健康の源を供給します。」とのこと。
09minamiin03889
今回は、「ドーサセット(DOSA SET)『プレーンドーサ/900円(税別)』」。
続きを読む

「南印度ダイニング@中野」の20回目の実食レポート。
薬師あいロードにある本格的な南インド料理のお店。

2005年8月創業。
オーナーは、南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさん。
「南インドでとれた沢山のスパイスやハーブ・穀物で、四季を通じて皆さんの健康の源を供給します。」とのこと。
系列店の「南印度ダイニング 川口店@東浦和」は閉店。
76sanba06161
今回は、「カレーランチ/900円」。
カレーは「サンバルカレー」と「ライス」を選択。
ナンorライス、サラダ、ピクルス、チャイ付。
続きを読む

「南印度ダイニング@中野」の19回目の実食レポート。
薬師あいロードにある本格的な南インド料理のお店。

2005年8月創業。
オーナーは、南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさん。
「南インドでとれた沢山のスパイスやハーブ・穀物で、四季を通じて皆さんの健康の源を供給します。」とのこと。
系列店の「南印度ダイニング 川口店@東浦和」は閉店。
 05minain06138
今回は、「日替わりランチ『ほうれん草とチキンのカレー』/800円」。
ナンorライス、サラダ、チャイ、パコラ付き。
続きを読む

「南印度ダイニング@中野」の実食レポート。

2005年8月創業。
南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさんが創り出す本格的な南インド料理のお店。
埼玉県川口市にもお店がある。

南印度ダイニング@中野
早稲田通りから「薬師あいロード」を直進して左手。

南印度ダイニング@中野
店内は、カウンター3席、テーブル16席(4人掛け×2卓、2名×4卓)の全19席。

南印度ダイニング@中野
今回は、「カレーランチ/900円」。
野菜カレー・チキンカレー・キーマカレー・豆カレー・サンバルカレー・マトンカレーから一つを選択。
ナンかライスを選択。
ということで、チキンカレーとナンを選択。

南印度ダイニング@中野
千切りキャベツに、ニンジンドレッシングがたっぷりかかっている。

南印度ダイニング@中野
アチャールは、野菜や果物などをスパイスや酢と一緒にマスタードオイルに漬け込んだピクルス。
激辛で刺激的。

南印度ダイニング@中野
巨大なナン。
おかわりが出来るが、1枚で十分。

南印度ダイニング@中野
マイルドでコクがある。
辛さがボディブローみたいに後からジワジワと押し寄せる。
毛穴全開。
でも、ウマい。

南印度ダイニング@中野
辛さを忘れさせてくれる穏やかな味わい。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

南印度ダイニング 中野店
********************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-23-23
【電話】03-3388-0373
【定休日】第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
【営業時間】 11:30-15:00/17:30-23:00
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩10分/西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分

「南印度ダイニング@中野」の実食レポート。

2005年8月創業。
南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフ・ラヤパン アマラダスさんが創り出す本格的な南インド料理のお店。
埼玉県川口市にもお店がある。

南印度ダイニング@中野
早稲田通りから「薬師あいロード」を直進して左手。

南印度ダイニング@中野
店内は、カウンター3席、テーブル16席(4人掛け×2卓、2名×4卓)の全19席。

南印度ダイニング@中野
今回は、「日替わりランチ/800円」。
本日の日替わりランチは、「バターチキンカレー」。
ナンかライスで、ライスをチョイス。

南印度ダイニング@中野
パコラ は、インドの天ぷら風の揚物。
具は、たまねぎと豆。
サックリとした食感で、中はモッチリでウマい。

南印度ダイニング@中野
アチャールは、野菜や果物などをスパイスや酢と一緒にマスタードオイルに漬け込んだピクルス。
激辛で刺激的。
口の中がホットホット。

南印度ダイニング@中野
バターチキンカレー。
鶏肉のぶつ切りがゴロゴロ。
串の穴が残っているので、竈でじっくりローストしたものみたい。
辛いけど美味しい、美味しいけど辛い。
バターを使っているので、マイルドでコクのある味わい。

南印度ダイニング@中野
店主の“ラヤパン アマラダスさん”直々のパフォーマンス。

南印度ダイニング@中野
パフォーマンスを見てから飲むチャイは、また格別。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

南印度ダイニング 中野店
********************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-23-23
【電話】03-3388-0373
【定休日】第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
【営業時間】 11:30-15:00/17:30-23:00
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩10分/西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分

「南印度ダイニング@中野」の実食レポート。

2005年8月創業。
南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフが創り出す本格的な南インド料理のお店。

南印度ダイニング@中野
早稲田通りから「薬師あいロード」を直進して左手。
ディナータイムへ。
昼と違って、電飾が綺麗。

南印度ダイニング@中野
店内は、カウンター3席、テーブル16席(4人掛け×2卓、2名×4卓)の全19席。

南印度ダイニング@中野
「キリン一番搾り(中瓶)/500円(税別)」。

南印度ダイニング@中野
おつまみ付き。

南印度ダイニング@中野
「グリーンスティックサラダ500円」。
箸休めに食べるつもりで、オーダー。

南印度ダイニング@中野
「シークカバブ(2P)700円」。
ひき肉に野菜を混ぜ、スパイスで味つけをして、タンドールオーブンで焼いたもの。
焼鳥のつくねのようなもの。

南印度ダイニング@中野
「サモサ(1P)200円×3個」。
皮は、小麦粉と食塩、水で作った薄い皮。
具は、ジャガイモとタマネギ、エンドウ豆、レンズ豆、羊の挽き肉をゆでてつぶしたもの。
味付は、クミンやコリアンダーシード、ターメリックなどの香辛料。
具を三角に包んで食用油でさっくりと揚げたスナック。

南印度ダイニング@中野
「アサヒスーパードライ(中瓶)/500円」。

南印度ダイニング@中野
「パコラ(3P)350円」。
スライスした野菜などに、ヒヨコマメ粉(ベサン)を水で溶き、スパイスを加えた衣を付け、油で揚げたもの。
インド式のかき揚げ。

南印度ダイニング@中野
「エッグバジ(6P)400円」。
ゆで玉子のインド風天ぷら(フリッター)。

南印度ダイニング@中野
「レモンサワー400円」。

南印度ダイニング@中野
「マシュルームマサラ/900円(カレー単品)」。
+350円で、ライスorナン+サラダ付き。
マイルドで、コクがあって美味しい。

南印度ダイニング@中野
セットの「サラダ」。
手前の「アチャール(ピクルス)」が、超激辛。
カレーよりも辛い。

南印度ダイニング@中野
「ホウレンソウえび1000円」。
マイルドで甘みのあるカレー。

南印度ダイニング@中野
「マンゴーシャーベット450円」。
辛い物を食べた後は、冷たいものが欲しくなる。

南印度ダイニング@中野
「クルフィアイスクリーム400円」。
「クルフィ」は、エバミルク(無糖の練乳)にお砂糖を加えカルダモン、サフラン、ドライフルーツなどを入れて作る。
インドでは専用の「マトカ」と言われる型に入れてカチコチに冷やす。

インドスタイルのアイスが食べられたのが収穫。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

南印度ダイニング 中野店
********************************
【住所・地図】東京都中野区新井1-23-23
【電話】03-3388-0373
【定休日】第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
【営業時間】 11:30-15:00/17:30-23:00
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩10分/西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分

「南印度ダイニング@中野」の実食レポート。

2005年8月創業。
南インド チェンナイ(旧マドラス)出身のシェフが創り出す本格的な南インド料理のお店。

南インドダイニング@中野
ネパール&インドカレーのお店や北インドカレーのお店は多いが、南インドカレーのお店は少ない。
この界隈では、希少だと思う。

南インドダイニング@中野
店内は、カウンター3席、テーブル16席(4人掛け×2卓、2名×4卓)の全19席。
土・日・祝日は、満席になることが多い。

南インドダイニング@中野
今回は、日替わりの「ココナッツチキンカレー/800円」。

南インドダイニング@中野
ゴロンとした鶏肉の入ったチキンカレー。
ココナッツを使っているので、味は円やか。
でも、スパイシー。
辛いのが苦手な人もこれならOK。

南インドダイニング@中野
千切りキャベツ。
キャベツのサッパリ感と甘みのあるドレッシングで、箸休めとして最適。

南インドダイニング@中野
アチャールは、野菜や果物などをスパイスや酢と一緒にマスタードオイルに漬け込んだピクルス。
カレーよりも刺激的。

南インドダイニング@中野
パコラ は、たまねぎと豆のかき揚げ。
サックリとした食感で、中はモッチリでウマい。

南インドダイニング@中野
アイスチャイ。
ホットチャイの時のパフォーマンスが見られないのは、少し残念。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

南印度ダイニング 中野店
********************************
【住所】東京都中野区新井1-23-23
【電話】03-3388-0373
【定休日】第2・第4月曜日(月曜祝日の場合は翌日火曜定休)
【営業時間】 11:30-15:00/17:30-23:00
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩10分/西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分

このページのトップヘ