東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ: 【銭湯・サウナ|中野区】

「新越泉@新井薬師前」のレポート。

新井薬師駅南口から、徒歩3分程位のところにある銭湯。

新越泉@新井薬師前
土地勘があっても迷ってしまうような場所にある。
2階に「あらいやくし保育園」があるので、それが目印。
マンションのような建物の1階と地下1階が「新越泉」。
入口左横が、自転車置き場。

新越泉@新井薬師前
マンションやビジネスホテルのようなエントランス。

新越泉@新井薬師前
1階がフロント。
地下1階が、浴場。
下駄箱に、靴を入れフロントへ。
フロアーは、かなり広いスペース。
風呂を出た後に、一息つけるような空間。
テーブルとイスが並べられている。
入浴料金は、460円。
サウナ料金は、500円(バスタオル・専用ロッカー付)。
他の銭湯に比べて、サウナ料金が高い。
おまけに、小さいタオルは付いていない。
~( ̄‥ ̄*)フベンネ

新越泉@新井薬師前
暖簾をくぐり、長い階段を下る。
サウナ客専用のロッカーは、一般利用者の1.5倍ほどの大きさ。

さて、浴場内へ。
設備としては新しく、綺麗。
洗い場24人分。
立ちシャワーブースが3機。
ボディソープ&シャンプーは、5セット常備。

「やすらぎの湯(日替わりの薬湯)」、「電気マッサージ風呂」、「ジェットバス」、「水風呂」などがある。
風呂に使用する水は井戸水で、軟水。

サウナは、遠赤外線サウナ。
専用のカギで開ける。
無理をすれば、12人分。
通常、7~8人が腰かければ満杯か。
テレビ付で、砂時計は2個。
温度は最初82℃、出るとき88℃。
水風呂は、4人ほど入れやや広め。
サウナ利用の合間に一休みするような場がないのが、ちょっと辛い。

銭湯の料金設定にしては高め。
スーパー銭湯・健康ランドに行った方が良いかも。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

新越泉
**********
【住所】東京都中野区新井5-17-2
【電話】03-3386-4917
【定休日】月曜
【営業時間】15:00-24:00
【アクセス】西武新宿線 新井薬師前駅南口 徒歩3分

「中野寿湯温泉@中野」のレポート。
1951年(昭和26年)6月16日創業の銭湯。
オーナーは、小林さん。

2013年3月に、中野区で初の“天然温泉”と認められ、名称も「ことぶき湯」から「中野寿湯温泉」に変更した。
従来より使用していた井戸水の成分を分析した結果によるもの。
温泉の成分は「メタ珪酸(けいさん)」で、天然の保湿成分と言われていて、ツルツル美肌になるらしい。

寿湯@中野
中野ブロードウェイを抜けて早稲田通りに出る。
それを渡り、薬師あいロード商店街を北上して暫く歩いた左側。

寿湯@中野
玄関内は右側にL字状の下足箱があり、左手の自動ドアからロビーに入る。

寿湯@中野
フロントで、料金と松竹錠の鍵を渡す。
料金は460円+サウナ料金200円(タオル大・小付き)。

さて、浴室内に入る。
前回のレポート「寿湯@中野・新井薬師前」も参考までに。

浴槽は、左から深湯、隣の浅湯は座湯、寝湯があり、右端はバイブラ湯となっている。
温泉は、無色透明・無味無臭。
水風呂で、水の匂いを嗅ぐと僅かに金気臭ぽい匂いがする。

洗い場の席数は、19程。
シャンプー&ボディシャンプーは、8セット常備され、奪い合いにならずに済む。

サウナは、詰めて入れば上段3人、下段3人、椅子1人の7人が座れる。
だが、体格がイイ人や股関節がヤワラカイ人もいるので、通常4人位がいいところ。
室温は、97℃をキープ。
砂時計は3つあるのが、嬉しい。

いい汗かいて、お肌ツルツル。
帰り際、近くのイオン(AEON)で発泡酒買って、グビグビ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

中野寿湯温泉
******************
【住所】東京都中野区新井1-14-13
【電話】03-3387-2047
【定休日】火曜
【営業時間】16:00-翌1:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩8分

「昭和湯@中野」のレポート。

1916年(大正5年)、有楽町で創業。
1936年(昭和11年)、野方に移転オープン。
1957年(昭和32年)、リニューアルオープン。
現在の店主は、3代目。

昭和湯@中野
野方の住宅地の奥まった場所にあるので、土地勘がないと分かりにくい。
近隣の場所から、なかなか煙突が見えてこないので見つけるのに一苦労。
迷った末、発見。
角には、元喫茶店であったようなテナントがある。

入り口はレンガ調のモダンな造り。
フロント形式で、入浴料金460円+サウナ利用料金200円(貸しタオル大小付き)。
実際は、660円ではなく、650円とちょっとおまけ。

中に入り、フロントで料金を払い、貸しタオルを受け取る。
サウナ室に入るカギはなく、オレンジ色のタオルが利用者の証となる。

昭和湯@中野
更衣室の横には、休憩室が完備。
リクライニングシート4台に、テレビ付。
ぶら下がり健康器具もある。

浴室は、洗い場の数23人分。
備え付けのシャンプー&ボディシャンプーのセットが、3組。

浴槽は、深槽×2、座ジェット、浅槽バイブラ、電気風呂、水風呂。
壁面はチップタイルで、太陽に鳥2羽が向かっている絵柄。
壁面の一部にTV(普段は使われていない模様)。

BGMは、昭和歌謡(70~80年代のJPOP)が流れている。
ご主人は、北島三郎ファンであるが、因みに昭和湯から5分ほど行ったところに北島三郎の事務所がある。

さて、目的はサウナ。
砂時計は1つで、温度は90℃。
オープンの15時台は80℃で、16時ぐらいになると90℃に上昇する。
スペースは、Max8人。
水風呂は2人サイズ。
~( ̄‥ ̄*)ユアガリゴノ ビールガサイコウ!

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

昭和湯
*********
【住所】東京都中野区野方1-21-1
【電話】03-3385-3886
【定休日】土曜
【営業時間】15:00-翌1:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩15分

「上越泉@野方」のレポート。

環七通りに近い銭湯。
JR高円寺駅、中野駅からも徒歩15分程度。

上越泉@野方
早稲田通りを高円寺方面へ。
盛絽屋という日本蕎麦屋さんの手前を右折。
「大新横丁商店街」を進み、左手3本目の路地を左折して正面に見えてくる。
住宅街にあるので、土地勘があっても少し分かりにくい場所。

上越泉@野方
昔ながらの銭湯の外観そのまま。
風情のある佇まい。

上越泉@野方
銭湯の入浴料460円で、サウナ料金が150円(バスタオル、タオル付)。
サウナ料金は、近隣のお風呂屋さんが200円なので、少し安めか?

上越泉@野方
いざ、中へ。
フロンで、サウナ付を申告。
「1時間なら、600円。それ以上なら700円。どちらにしますか。」だと。
表向きは460円+サウナ料金150円=610円。
10円安くなるが、1時間以内。
時間制限があるとはね・・・。
~( ̄‥ ̄*)オイオイ

浴室内は富士山の絵ではなく、竹林の写真パネルが貼られている。
さらに、その周囲にはギリシャ起源の「メアンドロス模様」。
浴槽は、ボディマッサージやバイブラ、水風呂、露天風呂。
それとサウナ。

洗い場は、21名分。
シャワールーム2か所。
シャンプー&ボディーソープが、3セット常備。

露天風呂は半分が屋根付きで、キャパが大人2人。
この日は、「ホワイトイオン」と言うことで、白いバスクリン。
気持ちイイねぇ。

サウナのキャパは、無理をすれば大人6人。
通常4人ほどか。
温度は、常時100℃、体感温度90℃。
砂時計がないので、汗の出具合で自己管理。
備え付けて欲しいなぁ。

休憩室がないので、1時間入れば十分かも。
ちょっと慌ただしかったな。~( ̄‥ ̄*)アセ フキフキ

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

上越泉
**********
【住所】東京都中野区野方1-51-10
【電話】03-3388-9445
【営業時間】15:30-翌1:00
【定休日】 金曜
【アクセス】西武新宿線 野方駅南口
【料金】
* 入浴料 460円
*サウナ150円(貸しバスタオル付き)
*手ぶら入浴セット 120円

「サウナ・カプセルホテル ノーベル@中野」のレポートです。

サウナ ノーベル@中野 入口
入って右側に靴箱があります。
その番号と更衣室のロッカーの番号が同じとなります。
突き当たりの券売機で入浴券を買います。そして、フロントへ。

ここで、ガウン、バスタオル(1枚)+タオル(2枚)+髭そり+歯ブラシ+入浴サービス券を受け取ります。

ノーベル サウナ
お風呂場のイメージです。
入口の扉はゆっくりと閉めないと、全開してしまいます。
向かって左より、お風呂、ミストサウナ、サウナ、水風呂の順番になっています。
ミストサウナは大方の人は利用しませんが、長時間いるとリラックスできます。

ノーベル サウナ
ドライサウナのイメージです。
元々、混雑する施設ではないので、ほぼ独占状態です。
温度設定は高めな方なので、時計の一回り、12分入るのはきついです。
よって、1ランド6分入り、そして水風呂に入ります。それを6回位繰り返します。
で、出た後に、あ”~と思わず言ってしまいます。
命の洗濯となりました。

サウナ・カプセルホテル ノーベル
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【所在地】東京都中野区中野5-60-7
【電話】03-3387-2130
【定休日】無休
【営業時間】24時間
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩2分
【サウナ料金】2000円

「サウナ・カプセルホテル ノーベル@中野」のレポートです。

新陳代謝が活発でない今日この頃、サウナに行きたい欲求に駆られます。
ということで・・・。

サンモール商店街
中野駅から、サンモール商店街を進みます。

入口-ノーベル・サウナ
サウナのあるビルの前に到着。
パチンコ店の上にあり、エスカレーターで2階に上がります。

ノーベル・喫茶店
2階へ上がると、左手に「COFFEE パフェ ノーベル」があります。
昔ながらの喫茶店という感じですね。

ショーウインドウ-ノーベル・喫茶店
洋食メニューが豊富。

ノーベル・喫茶
洋食の定番、オムライス、ハンバーグ、ナポリタン、グラタンなど・・・キャー美味しそう!
このように店頭にサンプルを置く店は、めっきり減りました。
レトロなんだけど、逆に新鮮。
見ていて飽きません。

えーっと、本題に戻ります。

ノーベル・サウナ@中野
エントランスを入ると、右手に下駄箱のロッカーがあります。
そのロッカーの番号がすなわち、更衣室のロッカーの番号と同じになります。

券売機で2000円のボタンをポチッとな。
安くはないけど、サウナと言えばこれが相場の値段なのかな。

メリットは、休憩室にマグロが数匹転がっていますが、洗い場やサウナ室は独占状態なこと。

出た後のビールの味は最高。
「あ”-」と声を上げる人は、おじさんになった証拠です。
とりあえず、サービス券が10枚貯まるまで、通います。

サウナ・カプセルホテル ノーベル
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
【所在地】東京都中野区中野5-60-7
【電話】03-3387-2130
【定休日】無休
【営業時間】24時間
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩2分
【サウナ料金】2000円

「銭湯 寿湯@中野・新井薬師前」のレポート。
1951年6月16日創業のお風呂屋さんです。

中野駅と新井薬師前駅の中間位の所にあります。
中野駅北口を出て中野ブロードウェイを抜けると早稲田通りに出ます。それを渡り、薬師あいロード商店街を北上して暫く歩いた左側にあります。

余談ですが、「薬師あいロード商店街」の由来は、新井薬師が目の神様なので、“アイ(eye)”と愛をかけて名付けられたとのこと。

寿湯@新井薬師前・中野
ことぶき湯に到着。
斜め前には、バルセロナに本店があるキャンディ専門店「papabble(パパブブレ)」の2号店があります。

中に入ります。
玄関内は右側にL字状に下足箱があります。
左手の自動ドアからロビーに入ります。
フロントで料金と松竹錠の鍵を渡します。
料金は450円、それにサウナ料金200円(タオル大・小付き)です。

フロントに向かって右側が男湯。
夕食時なので、先客1名。
脱衣所はそれほど広くはありません。
中央に、一畳程の腰掛けが置かれています。
浴室入口の右横に、懐かしいアナログ体重計とぶら下がり健康器が置かれています。

浴室の正面は石レンガの装飾壁になっています。
浴槽は、左から深湯、隣の浅湯は座湯、寝湯があり、右端はバイブラ湯となっています。
乾式サウナは入口の右横にあり、水風呂はバイブラ湯の前にあります。

サウナ入口の左横の場所を占拠!
カラン(蛇口)からのお湯の出方が弱々しく温度も温め。

サウナキーを使って室内に入ります。
座席は2段式で6人位座れます。その他に椅子が一台置かれいます。
ガス遠赤サウナで、温度は100度位。
BGMはクラッシックで、テレビはありません。
「サウナ5分(砂時計)⇒水風呂で冷ます」を6回繰り返しました。

風呂は寝湯に入り、〆に深湯につかりました。
寝湯は完全に寝る体制ではなく、斜めなので丁度良い角度です。
深湯は、44度位で皮膚がピリッとして気持ちが良いです。

立ちシャワーブースは2基ありますが、左側は故障中で水しか出ません。右側はレバーを引くとお湯がチョロチョロとしか出ないので、使うのをやめました。

サウナ付としては格安な設定ですが、老朽化による不備があったりしたので値段相応といったところです。
サウナ利用客が少ないので、気兼ねすることなく気ままに入れるところがメリットです。
サービス券に5回スタンプを押してもらうと1回無料になるところも嬉しいですね。

銭湯 寿湯
**************
【所在地】東京都中野区新井1-14-13
【電話】03-3387-2047
【定休日】火曜
【営業時間】16:00-1:30

「サウナ・カプセルホテル ノーベル@中野」のレポートです。

中野サンモールの入口
JR中野駅北口を出ると、目の前に「中野サンモール」の入口があります。
「中野サンモール」は、全長約240mのアーケード商店街です。
ここから、ブロードウェイ商店街まで直結します。

中野サンモール商店街
入居店舗数は、100店舗以上あります。
中野駅利用者の通り道として、また、買い物客などで昼夜いつも混雑しています。

ノーベル入口付近
「中野サンモール」を少し歩いた右側にあります。

ビルの名前は、「TIGAR PLAZA」。
・B1と1Fが、「パチンコ ニラク」&「GAME TIGAR」
・2Fが、「COFFE NOBEL」「SAUNA NOBEL」
・3Fが、「カプセル・ビジネスHOTEL NOBEL」、「ツイーンHOTEL NOBEL」
となっています。

エスカレーターで、2階に上がります。

中野サンモール-タイガープラザ2階より
2階に上がると、左が「コーヒー ノーベル」があり賑わっています。
のぞいてみるとジジババが、たくさんいます。
オムライスが人気のようです。

横に扉があるので、出てみます。バルコニーのようになっていて、サンモールを行きかう人が眺められます。

ノーベル入口
さて、本題にはいります。

中に入ると、右手に下駄箱があるので入れて鍵を閉めます。
続いて、正面突き当たりに、券売機があります。
「サウナ2000円」「サウナ+泊まり3000円」とあります。
終電に乗り遅れた人が、深夜にココを利用することも多いようですね。
因みに、3Fの「カプセルホテル(100席以上)」の利用料金は4300円です。

向かって左に受付があるので、券と下駄箱のカギを預けます。

フロント係から、ロッカーのカギ、歯ブラシ、カミソリ、バスローブ、タオル(小)2枚、タオル(大)1枚を受け取ります。

見取り図
壁に貼ってある見取り図です。

浴室は、洗い場に8人程腰かけることが出来ます。
お風呂は、44度位でしょうか。熱めで気持ちが良いです。
「ウエットサウナ」とは、ミストサウナのことです。リラックスできますね。
「ドライサウナ」は、20人位腰掛けられます。床にも座ることは可能です。
踏み台に乗ってから入る「水風呂」が一つあります。

休憩室-ノーベル
この日は、「ドライサウナ」6分×6回、「ウエットサウナ」に2回入りました。

休憩室は、寝椅子19席+丸椅子が数台置かれていました。

設備や備品は年季が入っていますが、綺麗に整えられています。
夜はどうかわかりませんが、日中はガラスキなのでゆっくりすることが出来ました。

サウナ付の銭湯が750円~1000円位なので、2000円は相場でしょうか。
10枚貯めると、1回無料となる券をもらったので、今後10回は利用するかもしれません。
ではでは。

サウナ・カプセルホテル ノーベル
【所在地】東京都中野区中野5-60-7
【電話】03-3387-2130
【定休日】無休
【営業時間】24時間
【最寄駅】JR中央線 中野駅北口 徒歩2分
【サウナ料金】2000円

このページのトップヘ