東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【蕎麦|中野区】 > 浅見製麺所@中野

「浅見製麺所@中野」の実食レポート。
2010年2月13日オープン。
薬師あいロードにあるそば店。
店主は、池部泰三さん。

浅見製麺所@中野
「薬師あいロード」にある日本蕎麦店。

浅見製麺所@中野
カウンター6席、テーブル6席(無理をすれば微増)。
カウンターは、椅子が高いので、テーブル席の方が落ち着く。

今回は、「天ぷら蕎麦 芝海老かき揚げと盛り蕎麦 三種/1250円」。
蕎麦の三種は、「粗挽き」、「挽砕(ばんさい)」、「御前挽き」。
浅見製麺所@中野
薬味と汁。
控えめの量。

浅見製麺所@中野
「芝海老かき揚げ」。
これは、ボリューミー。
衣が散っていてイイネ。
プリプリのエビちゃんが美味しい。
天ぷらを塩でいただくのが一番。

浅見製麺所@中野
「三種盛り」。

浅見製麺所@中野
「挽砕(ばんさい)」。
挽砕は玄実を粉砕機で砕いた十割蕎麦。
香りも味も強く、そして、かなり硬い。
武骨な感じが、魅力。

浅見製麺所@中野
「御前挽き」。
御前挽は、更科蕎麦のこと。
シルキータッチで、のど越しが素敵。

浅見製麺所@中野
「粗挽き」。
粗挽は、ヌキ実を石臼で挽いた細打ち。
風味よく、ツルッといただける蕎麦。

浅見製麺所@中野
「蕎麦湯」。
オートミールのようだね。
ドロッとした蕎麦湯は、久しぶり。

浅見製麺所@中野
古民家の雰囲気は、何とも風情がある。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

浅見製麺所
****************
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
・JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@中野」の実食レポート。
2010年2月13日オープン。
薬師あいロードにあるそば店。
店主は、池部泰三さん。

浅見製麺所@中野
薬師あいロードをブラブラ歩き、ご無沙汰になっていたお店の前へ。
手作り感のある外装。
そういえば、昼よりも夜に訪れたことの方が多かったけ。

浅見製麺所@中野
カウンター6席、テーブル6席(無理をすれば微増)。
単身で訪れる人も多い。

浅見製麺所@中野
箸、爪楊枝、調味料などが置かれている。
手作り感のある棚。

浅見製麺所@中野
こちらは、お品書き。
蕎麦が4種類も用意されているお店は、他にはほとんど無いであろう。

今回は、「季節の野菜天ぷら蕎麦-1種/1050円」。
1種の蕎麦は、「粗挽き」を選択。

浅見製麺所@中野
真っ先に差し出されたのは、薬味と汁。
~( ̄‥ ̄*)タリルカ?

汁は、醤油は立ってはいなく、鰹は然程香らず、味醂の甘さも際立ってはいない。
程良くまとめあげている感じ。

浅見製麺所@中野
季節の天ぷら。
季節のお野菜タップリ。
近頃、野菜の値段高いし、嬉しいね。
衣はフリッターにはなっておらず、サックリ。

浅見製麺所@中野
粗挽きの蕎麦。
粗挽は、ヌキ実を石臼で挽いた中細。

見るからにザラっとした感じで、色はグレー。
舌触りは荒く、喉越しは求めてはいけない。
噛みしめて、味わいを楽しむタイプ。

浅見製麺所@中野
加水率は低めで、ギュっと詰まったような凝縮感はあるが、蕎麦の風味は強くない。

浅見製麺所@中野
蕎麦湯は、丼鉢に入った多めの量。
ドロ系。
元々、汁が少なめだったので、ちょこっと入れて直ぐ終わり。
残りを単独で飲む。

浅見製麺所@中野
量的には、蕎麦も汁も少なめ。
天ぷらは良心的な量。

満腹度はなく、ヘルシー志向な人には、良いかも。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

浅見製麺所
****************
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
・JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@中野」の実食レポート。
2010年2月13日オープン。
薬師あいロードにあるそば店。
店主は、池部泰三さん。
9回目の訪問。

浅見製麺所@中野
手書きの木製看板が、シブい。
近頃、夜よりも昼時に賑わう。

浅見製麺所@中野
いやはや店内は満席なので、外待ち。
待っていると、後客(カップル)が自分の前に立ちはだかるように立つ。
平然としている。
「並ぶ場所が違いますヨ」。
丁寧に、ご忠告。
反応なし。
バカップルは、退散して「あいロード」より消え去る。

浅見製麺所@中野
仲間と来ても良し、一人で来ても良し。

浅見製麺所@中野
厨房にいる店主の池辺さんと、ホール担当のお兄さんの二人で切り盛り。
ホール担当のお兄さんは、飄々とした感じ。
片付けや出すタイミングが、ワンテンポ速いとイイね。
後、蕎麦に親指が入っていたヨ。

浅見製麺所@中野
今回は、「天もり(850円)」。
蕎麦の種類は、「粗挽きもり」。

まずは、かき揚げ。
海老、パプリカ、玉ねぎ、ズッキーニなどが入ったかき揚げ。
塩をつけながら、いただく。
(*゚Q゚*)ウマ!

浅見製麺所@中野
汁と薬味。
汁は甘めで、濃いめの鰹節の風味。

浅見製麺所@中野
蕎麦は、「粗挽(あらびき)もり」。
新潟県妙高産のそば粉を使用したもので、細打ち。
スルスルと啜り心地が良い。
噛んではシコシコとしていて、蕎麦の風味が豊か。
Σ(´θ`)うめぇ~

浅見製麺所@中野
最後に、蕎麦湯。
濃厚だなぁ。
量もあり、飲み応え有り。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

浅見製麺所
****************
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
・JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@中野」の実食レポート。
2010年2月13日オープン。
薬師あいロードにあるそば店。
店主は、池部泰三さん。
8回目の訪問。

浅見製麺所@中野
外装は、前回来た時と比べ、大幅に変えた。
葦簀(よしず)の時よりも、今の白地の布の方がオシャレな感じ。

浅見製麺所@中野
入口横に、カウンターなど。
日中は、涼しい日でないと厳しい。
夜はイイかも。

浅見製麺所@中野
メニューは、
①新潟県妙高産のそば粉を使用した細打ち「粗挽(あらびき)もり」、
②神奈川県丹沢産のそば粉を使用した太打ち「挽砕(ばんさい)もり」、
③そばの実の中心部分だけを使用した細打ち「御前挽(ごぜんびき)もり」(以上500円)
それと、店主「おすすめ」の「三種もり①~③」(850円)。

後は、天ぷらなどのトッピングの種類によって値段が変わる。
蕎麦の種類はどのメニューでも選べる。

浅見製麺所@中野
家族連れで、イイでちゅね。
でもね、外で行列が出来ていたんでちゅヨ。

浅見製麺所@中野
今回は、「海老天(2カン)と野菜天(3カン)そば-1200円」
蕎麦は「外二(蕎麦粉10割、細打ち)」。
天ぷらが最初に出てきたので、冷めないうちに食べ始める。
海老2本と、ししとう・玉ねぎ・茄子等の野菜天3種。
塩はなかなかのもので、苦みや尖りのないミネラル分豊富なものでウマい。
海老のしっぽが香ばしくてイイね。
カリカリ、バリボリ。

浅見製麺所@中野
つゆと薬味。
つゆはこれとは別に、とっくりに入ったものが差し出される。
やや甘口で、節の風味が豊か。

浅見製麺所@中野
蕎麦は「外二(蕎麦粉10割、細打ち)」。
器は、檜のざるセイロ。
野球のベースを2枚重ねたような大きさ。

蕎麦は、中細のしっかりとした歯ごたえ。
胚芽とか、甘皮とかが混ざっているようなクキクキとした食感。
流石、手打。
(*゚Q゚*)ウマ!

浅見製麺所@中野
最後に、蕎麦湯。
オッ、丼に入って出てきたよ。
ドロドロしている。
汁の残りを入れて、ズズズッ。
至福の時。
Σ(´θ`)うめぇ~

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

浅見製麺所
****************
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
・JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@中野」の実食レポート。

7回目の訪問。

浅見製麺所@中野-店舗外観
外観が当初と少し変わった。

浅見製麺所@中野-店内
カウンター席が幾分高くなったようだ。
地に足が付く方が、安心感はあるのだが。

浅見製麺所@中野-メニュー
ドリンクのメニュー。

浅見製麺所@中野-メニュー
グランドメニュー。

浅見製麺所@中野-メニュー
蕎麦のメニュー。
一種盛りでも、他店よりは量が多い。

浅見製麺所@中野-メニュー
今週の限定メニュー。

浅見製麺所@中野-穴子白焼
「穴子白焼き(500円)」。
穴子は、ツメ(醤油をベースにしたタレ)を塗ったものが好きだが、これもイケル。

添えられたワサビをチョコっと載せて頂く。
焼きめの部分がサクッとして香ばしい。
身はふっくらとしていて、噛むとジューシー。
~( ̄‥ ̄*)イイネェ~

浅見製麺所@中野-ふきのとう天
「ふきのとう天(350円)」。
天ぷらのネタで好きなのがコレ。
煎った塩で頂く。
(*゚Q゚*)ウマ!

浅見製麺所@中野-八海山
「八海山(520円)」。
色々ランクはあるが、コレは八海山の普通酒。
飲んだ後に少し辛味が口に残る感じ。

あと、八海山って、ビールや焼酎も出しているのね。
余り出回っていないので知らなかったけど・・・。


浅見製麺所@中野-わかめと生桜海老蕎麦
「わかめと生桜海老蕎麦(850円)」。
衣サクサク、桜海老の芳ばしさ炸裂。
Σ(´θ`)うめぇ~

ワカメは柔らかく、口溶け感が良くてウマい。

浅見製麺所@中野-わかめと生桜海老蕎麦
蕎麦は表面が少しザラついた感じ。
手打らしい不揃いの形状が、すする時に心地良さを与えてくれる。
シコシコ感もあって美味しい。

汁は円みのある濃口。
節が滲み出た穏やかな味わい。
(*^〇^*)マタネー♪

浅見製麺所
::::::::::::::
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
・西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
・JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@中野」の実食レポート。

浅見製麺所@中野-ハートランドビール
「ハートランドビール(550円)」。
プリン体が気になるが、まずは、お疲れちゃーん。

浅見製麺所@中野-チーズの味噌漬け
「チーズの味噌漬け風(300円)」。
味噌漬けのチーズと水菜を韓国海苔で巻いて、パクリ。

浅見製麺所@中野-さつまあげ焼き
「さつま揚げ焼き(380円)」。
ネギがいっぱいのっているのが嬉しい。

浅見製麺所@中野-菊水の辛口
「菊水辛口(480円)」。
このお店で一番安い日本酒。
菊水は、舌を刺すピリピリ感がなく、飲みやすい。

浅見製麺所@中野-ネバネバばくだん
「ネバネバばくだん(480円)」。
野菜補給。
卵、納豆、おくら、水菜、漬物などをマゼマゼして撹拌。
海苔で巻いて食べる。

浅見製麺所@中野-季節野菜のてんぷら
「季節のてんぷらの盛り合わせ」。
タレよりも、塩で食した方がウマい。

浅見製麺所@中野-もりそば
〆は「もり蕎麦(500円)」。
ピン蕎麦ではないが、蕎麦粉の風味が豊かで美味しい。

浅見製麺所@中野-蕎麦湯
最後に、蕎麦湯。
ドロッとした蕎麦湯。
この濃度がたまらん。

「浅見製麺所@中野・新井薬師前」の実食レポート。

浅見製麺所@中野-店舗外観
最近、店舗の外観が変わった。

浅見製麺所@中野-店内
昭和を感じさせる店内。

浅見製麺所@中野-卓上
卓上は、こんな感じ。

浅見製麺所@中野-ごぼう天
「ごぼう天(350円)」
「菊水辛口(480円)」をチビリチビリやりながら、いただく。
衣サクサク、噛むほどに、ゴボウの甘みが出て美味。

浅見製麺所@中野-温玉肉団子そば
「温玉肉団子そば(750円)
蕎麦の風味薫る。

浅見製麺所@中野-温玉肉団子そば
でかい、肉団子。
ジューシー。

浅見製麺所@中野-温玉肉団子そば
温玉を崩して、蕎麦を啜る。
シコシコ、喉越し良し。

昼間も、夜も盛況。

浅見製麺所
***************
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
 ○西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
 ○JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@中野・新井薬師前」の実食レポート。

夜は盛況です。席が空いているか確認。
あった、あった、良かった。

浅見製麺所@中野-店舗外観
店頭にテーブル席も用意されているので、夏場はここを利用したいですね。

浅見製麺所@中野-店内
本日の客層は、ほとんど中高年。
意図的に間接照明をしている訳ではなく、裸電球の本数の関係でムードのある雰囲気になっています。
落ち着いてゆっくり呑める雰囲気です。

浅見製麺所@中野-メニュー
ホワイトボードに肴メニューが記載されています。
豊富ですね。

浅見製麺所@中野-菊水
「菊水辛口(480円)」
蕎麦屋だと日本酒です。
ビールだとお腹一杯になっちゃうし。

浅見製麺所@中野-梅水晶
「梅水晶(380円)」
サメ(鶏)の軟骨を梅肉で和えた逸品。
軟骨のクキクキとした食感とキュウリの瑞々しさが相まってウマい。
梅の酸味で爽快な気分、食欲増進。

浅見製麺所@中野-生桜海老かき揚げ
「生桜海老のかき揚げ(350円)」
揚げたてで、サクサクとしています。
空煎りした塩で頂きます。
ザックリと噛むと、桜エビの芳ばしさが口内に広がります。

浅見製麺所@中野-もりそば
「もり蕎麦(500円)」
そこいらのお蕎麦屋さんのもり蕎麦は、2枚位いけちゃいそうですが、ここのはボリューミーです。
スルスル、シコシコ、蕎麦の風味も抜群です。

浅見製麺所@中野-蕎麦つゆ
以前は弱かった節の風味も強めに出ています。
ネギは汁には入れません。
箸休めで、かじります。

浅見製麺所@中野-蕎麦湯
やはり最後の楽しみはこれです。
ドロドロの蕎麦湯。
汁を入れずに、単独で飲み干しちゃいました。テヘ。

ごちそうさま♪

浅見製麺所
***************
【住所】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
 ○西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
 ○JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@新井薬師前・中野」の実食レポート。

浅見製麺所@中野-店舗外観
このところ店内に空席があっても、外で呑む人の姿もチラホラと。
日中、暑くなりましたものね。
外呑みにも良い季節となりました。

浅見製麺所@中野-店内
店内、賑わっています。
前回は御年配のおしどり夫婦、今回はミドルエイジが大半。
若者には、蕎麦屋で呑むという発想はないよな。
自分も昔はそうだったけど・・・。

浅見製麺所@中野-もずく酢
「もずく酢(380円)」。
最初は、「瓶ビール(500円)」。プハーッ。お疲れちゃーん。
それ以後は、「辛口 菊水(480円)」をチビリチビリ。

酢のものは、体をシャッキリとさせてくれます。
口内スッキリ、血液サラサラ。

浅見製麺所@中野-穴子白焼き
「穴子白焼き(520円)」。
直ぐに品切れになる逸品。人気あるのね。
焼きめの部分がサクッ、芳ばしい香りが鼻腔をスルリと抜けます。
わさびをチョンと載せて食せば、ウマ~い。
フワッとした身が、口の中でホロっと崩れ、おいちー。

浅見製麺所@中野-梅水晶
「梅水晶(380円)」。
クラゲを梅ダレで和えた逸品。
クラゲのクキクキとした食感。瑞々しいキュウリのシャキシャキとした食感が相まって心地良い。
梅の酸味で、爽快な気分。

浅見製麺所@中野-ABOSS
「ABOSS(850円)」。
アボスとは何でしょう?何の略かな。
ネーミングで、惹かれます。
見た目は、つけ麺の蕎麦バージョン、もしくは武蔵野うどんの蕎麦版といったところでしょうか。

汁はやや甘めで、カエシの醤油の味わいが口の中に広がる感じ。
醤油の円みのある味が、蕎麦の味と調和して美味しいです。
具は鶏肉、ネギ、水菜、海苔です。

浅見製麺所@中野-もりそば
「もり蕎麦(中)500円」。
肴を楽しんだ後、軽く〆るならば、(小)で十分。
(中)だと、一般的なもり蕎麦の量よりも多めです。

ツルツル、シコシコ。おいしいですねぇ。

浅見製麺所@中野-蕎麦湯
「蕎麦湯」。
このドロドロの蕎麦湯がお気に入りです。

ではごきげんよう。

浅見製麺所
***************
【所在地】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
 ○西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
 ○JR中野駅北口 徒歩13分

「浅見製麺所@新井薬師前・中野」の実食レポート。

浅見製麺所-店舗外観
夜は、店頭を葦(よし)ずで覆っています。

浅見製麺所-店内
今日はちらほら空席あり。
奥のカウンターでは、先客のご夫婦がおり、会話が弾んでおります。
居酒屋と違うのは、まったりとした雰囲気でしょうか。
満席でも、隣席の方達の会話が気になりません。

浅見製麺所-特製かきあげ蕎麦
本日は「特製かき揚げ蕎麦(850円)」。

蕎麦は表面が少しザラついた感じで、啜る楽しさを感じさせます。
手打らしい不揃いの蕎麦の口触りが、心地良さを与えます。
汁の持ち上げ加減も良く、しっかりとしたコシもあります。

汁は円みのある醤油が効いた辛めのタイプ。
穏やかな味わいで、美味しいです。
但し、出汁感は強くないので、もう少し節が効いていた方が好みかも。

浅見製麺所-かきあげ
別添えで出されるかき揚げです。
揚げたてなのが嬉しい。
サクッとした衣の食感を楽しみます。
塩をつけて食べると、具の海老や野菜の甘味が引き立ちとても美味しい。
半分食べたところで、汁の方にダイビングさせます。
芳ばしさが汁に移ります。フワッと柔らかくなった衣の食感を楽しみます。

浅見製麺所-蕎麦湯
蕎麦湯をいただきます。白濁していてトロミが付いています。
残った汁を適量入れて、楽しみます。

日本蕎麦の醍醐味は、最後の〆にあるように思いました。
ご馳走さま。

浅見製麺所
***************
【所在地】東京都中野区新井1-22-5
【電話】03-3386-7750
【定休日】月・火曜
【営業時間】11:30-15:00/17:00-21:00
【アクセス】
 ○西武新宿線 新井薬師前駅 徒歩10分
 ○JR中野駅北口 徒歩13分 

このページのトップヘ