東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【居酒屋|中野区】 > 赤ひょうたん@中野

「赤ひょうたん@中野」の13回目のグルメレポート。
“ふれあいロード”にある老舗の居酒屋。
1964年(昭和39年)11月創業。
アジア初のオリンピックとなる“東京オリンピック”が日本で開催された年である。
2020年1月より、全席禁煙となった。
10akahyou195429
今回の逸品は、コチラ→「鮮魚のカルパッチョ/519円/(税別)」。
続きを読む

「赤ひょうたん@中野」の12回目のグルメレポート。
“ふれあいロード”にある老舗の居酒屋。
1964年(昭和39年)11月創業。
アジア初のオリンピックとなる“東京オリンピック”が日本で開催された年である。
2020年1月より、全席禁煙となった。
59akahyou03950
今回の逸品は、コチラ→「刺身三点盛695円/(税別)」。
続きを読む

「赤ひょうたん@中野」の11回目のグルメレポート。
“ふれあいロード”にある老舗の居酒屋。
1964年(昭和39年)11月創業。
アジア初のオリンピックとなる“東京オリンピック”が日本で開催された年である。
01akahyou03919
今回は、久々に訪れたので「店舗紹介編」。
続きを読む

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
中野駅北口より、「ふれあいロード」に入って右側にある。
スーパー「ライフ 駅前店」のちょっと先。

赤ひょうたん@中野
総席数90席。
奥の掘りごたつ風の居間へ。

赤ひょうたん@中野
「カルピスサワー/330円」。
カルピスは、マンゴー味とかメロン味とかいろいろな種類が販売されている。
昔ながらの白いのは、飽きが来ない味。

赤ひょうたん@中野
「枝豆/280円」。

赤ひょうたん@中野
「イカわたの味噌漬け/250円」。
ショッパウマ。
血圧の高い人は、遠慮した方がよさそう。
でも、酒に合う。

赤ひょうたん@中野
「武の井 辛口 大徳利/460円」。
身体が温まる。

赤ひょうたん@中野
「ヒラメ昆布じめ/580円」。
昆布の旨みが染み込んで美味。

赤ひょうたん@中野
「なすギョーザ/380円」。
皮に茄子を使っているのね。

赤ひょうたん@中野
グループで入るのに適している。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
**************************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
中野では、老舗の大衆酒場。
赤提灯が郷愁をそそる。

赤ひょうたん@中野
総席数90もあるので、「満席につきお断り」ということがあまりないので助かる。

赤ひょうたん@中野
「シークワーサーサワー/330円」。
まずは、喉を潤す。

赤ひょうたん@中野
「イカわたの味噌漬け/250円」。
酒の肴にはもってこいの一品。
ショッパイが、ウマイ。
チビチビと食べる。

赤ひょうたん@中野
「マグロぬた/460円」。
甘酸っぱい味噌の味がイイね。

赤ひょうたん@中野
「海鮮サラダ/610円」。
シッカリ飲むには、野菜をしっかり補給。

赤ひょうたん@中野
「豆乳割り/380円」。
健康志向の呑兵衛には、もってこいの1杯。
牛乳割りを置いているお店は、最近見かけない。

赤ひょうたん@中野
「牛もつ煮込み/400円」。
ねぎたっぷり。
ネギのツンツンとした辛味が、もつ煮とよく合う。
一味をかけると旨さ倍増。

赤ひょうたん@中野
「レバー/130円、ねぎま/160円、つくね/180円」。
価格的には高級だが、それなりのウマさがある。

今宵もほろ酔い気分で、「ふれあいロード」を彷徨い歩く。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
**************************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
赤提灯に引き寄せられ入店。

赤ひょうたん@中野
居酒屋特有の油ぎった感じがしないのがイイ。

赤ひょうたん@中野
「シークワーサーサワー/330円」。
喉を潤す。

赤ひょうたん@中野
「とりササミとごぼうの胡麻だれサラダ/380円」。
飲むときは、最初に野菜を補給しないとね。

赤ひょうたん@中野
「ねぎま/160円+レバー/130円+つくね/180円」。
ちょっと高級な焼き鳥だが、ボリュームがあるので納得。

赤ひょうたん@中野
「豆乳割り/380円」。
最近、ヘルシー志向。
棟方志功は、版画家。

赤ひょうたん@中野
「タコ唐揚げ/380円」。
蛸の食感がイイのね。

赤ひょうたん@中野
「朝日山 百寿盃/460円」。
新潟の「朝日酒造」の日本酒。
サラッとした口当たりで、飲みやすい。

赤ひょうたん@中野
「厚揚げ焼き/360円」。
醤油をチラっとかけて、ネギと生姜を絡めて食べると美味しいのだよ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
**************************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
ふれあいロードを北進(早稲田通り方向)し、右側。

赤ひょうたん@中野
テーブル席。
右側が、一人席用カウンター。

赤ひょうたん@中野
大衆酒場といった雰囲気を醸し出している。
この空間の奥に、小上がりの掘りごたつ風テーブル席の部屋がある。
総席数約90席と広々。

赤ひょうたん@中野
「スーパードライ・中瓶/510円」。
まずは、喉を潤す。

赤ひょうたん@中野
「菜の花からしひたし/330円」。
もうすぐ春ですね。

赤ひょうたん@中野
「枝豆/280円」。
アルコールとの相性バッチリ、健康面で。

赤ひょうたん@中野
「おでん/520円」。
味が染みた大根。
つみれが美味しい。

赤ひょうたん@中野
「ハムカツ/300円」。
食べたくなるのは、郷愁かな。

赤ひょうたん@中野
「焼きおにぎり(2個)/280円」。
五郎丸が焼きおにぎりの宣伝をしているが、おにぎりがかなり小さく見える。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
**************************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
赤い提灯が、僕を呼んでいるよ。

赤ひょうたん@中野
店内奥の掘りごたつ風座敷。

赤ひょうたん@中野
「トマトジュース割り/380円」。
健康を考えて、これを。
リコピン摂取。

赤ひょうたん@中野
「クロムツ刺身/540円」。
お久しぶり。
近頃、サバとイワシしか食ってない感じ。

赤ひょうたん@中野
「あら煮大根/380円」。
出汁が染み込んだ大根ちゃん。

赤ひょうたん@中野
「生グレープフルーツサワー/460円」。
「生」とつくと、身体によさげ。

赤ひょうたん@中野
「ふぐ唐揚げ/570円」。
白状しろ。
君の正体は、トラフグではないのは分かっている。
でも、違いが分からない。

赤ひょうたん@中野
「大徳利/460円」。
2合でこの値段、ありがとう。

赤ひょうたん@中野
「ネギマ/160円、つくね/180円、レバー/130円」。
この界隈では、ちょっと高級な焼き鳥だ。
上等な焼き鳥には、塩だな。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
**************************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
このお店の事をつい「赤ちょうちん」と呼んでしまう。
中野界隈では、昔ながらの居酒屋スタイルを堅持しているお店。
焼鳥も魚も食べたいものが一通り揃っている。

赤ひょうたん@中野
創業時の記念撮影写真が埋め込まれた電光の看板。

赤ひょうたん@中野
入口左手の空間は、テーブル席。
衝立のあるテーブル席もあり、1人客にも配慮されている。

赤ひょうたん@中野
奥の座敷。
総席数90席という広さが魅力。

赤ひょうたん@中野
最初に、「梅酒(410円)」のお湯割り。
ウメーシュ。
ヤギが言ったら、ウメェェシュ。

赤ひょうたん@中野
「イカとトマトのマリネ(390円)」。
適度な酸味が、食欲をそそる。
イカの食感も素敵。

赤ひょうたん@中野
「レバー(130円)、ねぎま(160円)、つくね(180円)」。
2本からというお店も多い中、1本ずつ頼めるのがイイ。

赤ひょうたん@中野
「巨峰サワー(330円)」。
普段、レモンとライム、シークワーサーが多いので、たまにはこれを。

赤ひょうたん@中野
「白身魚の南蛮漬け(280円)」。
アジじゃなくてもイケる。

赤ひょうたん@中野
「わけぎと鮮魚のぬた(430円)」。
なんだが今日は酸っぱいものを多く食べている感じ。
酸っぱいは、成功の基か。

赤ひょうたん@中野
「武の井辛口・大徳利(460円)」。
山梨県の酒。
お手頃な値段。

赤ひょうたん@中野
「焼きおにぎり・2個(280円)」。
〆は、これだね。
焦げた部分の芳ばしさがイイね。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
**************************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「赤ひょうたん@中野」の実食レポート。
1964年11月創業。
「ふれあいロード」にある老舗の居酒屋。

赤ひょうたん@中野
赤ちょうちんと白い暖簾が目印。

赤ひょうたん@中野
店内の入り口付近。

赤ひょうたん@中野
1人でもフラッと立ち寄れるスペースも用意されている。
総席数は、なんと90席。

赤ひょうたん@中野
「カルピスサワー(320円)」。
甘いお酒をグビグビ。

赤ひょうたん@中野
「白身魚の南蛮漬(280円)」。
すぐ出るメニュー。
鯵じゃなくて、白身魚でも美味しい。

赤ひょうたん@中野
「おでん-5品(500円)」。
中身は、玉子、厚揚げ、昆布、コンニャク、大根。
味がしっかり染み込んでていて、美味しい。

赤ひょうたん@中野
「わけぎと鮮魚のぬた(420円)」。
ネギの代わりに、わけぎ。
酢味噌の味がイイね。

赤ひょうたん@中野
「ホッピーセット(420円)」。
プリン体ゼロの発泡酒が増えてきたが、居酒屋ではこれが一番。
アルコール度数もあるもんね。

赤ひょうたん@中野
「ねぎま(160円)・レバー(130円)・つくね(180円)」。
中野界隈では、高めの価格設定だが量はしっかり。
今回は塩で。
肉の旨みを堪能。

居酒屋の様々なメニューを網羅。
握りなどもあるので、嬉しい限り。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

居酒屋 赤ひょうたん
****************
【住所】東京都中野区中野5-36-5
【電話】03-3388-1562
【定休日】月曜
【営業時間】16:00-翌0:30(L.O.23:30)
【アクセス】JR中央線・総武線・東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

このページのトップヘ