東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【カフェ系|中野区】 > アザミ@中野

「アザミ@中野」の9回目のグルメレポート。
中野マルイ並びのコーヒーショップ。

1959年(昭和34年)創業。
オーナーシェフはフレンチ出身で、本格的な洋食やデザート、コーヒーが楽しめる。
契約農家から仕入れた米、無農薬の野菜・果実を使用し、食材の品質保持に努めている。
屋号は、先代のオーナーが好きだった花の名前にちなんで「アザミ」と名付けられた。
58azumi05818
今回は、「ナポリタンAZAMIスタイル/970円(税込)」。
続きを読む

「アザミ@中野」の8回目のグルメレポート。
中野マルイ並びのコーヒーショップ。

1959年(昭和34年)創業。
オーナーシェフはフレンチ出身で、本格的な洋食やデザート、コーヒーが楽しめる。
契約農家から仕入れた米、無農薬の野菜・果実を使用し、食材の品質保持に努めている。
屋号は、先代のオーナーが好きだった花の名前にちなんで「アザミ」と名付けられた。
39azumi05828
今回は、「ロールキャベツトマトソース/970円(税込)」。
続きを読む

「アザミ@中野」の7回目のレポート。
中野マルイ並びのコーヒーショップ。

1959年(昭和34年)創業。
オーナーシェフはフレンチ出身で、本格的な洋食やデザート、コーヒーが楽しめる。
契約農家から仕入れた米、無農薬の野菜・果実を使用し、食材の品質保持に努めている。
屋号は、先代のオーナーが好きだった花の名前にちなんで「アザミ」と名付けられた。
01azami05769
今回は、久々なので「店舗紹介編」。
続きを読む

「アザミ@中野」の6回目のレポート。

中野マルイ並びのコーヒーショップ。
1959年(昭和34年)創業。
シェフはフレンチ出身で、本格的な洋食を出す。
55azami02678
今回は、「霧島鶏のゴルゴンゾーラクリームソーススパゲッティーニ/1080円(税込)」。
続きを読む

「アザミ@中野」の5回目のレポート。

今回は、「店舗紹介編」。
1959年(昭和34年)創業。
シェフはフレンチ出身で、本格的な洋食を出すお店。
31azami02694
中野駅南口を出て、中野マルイ前を通り越して、さらに歩道を進む。
右手にチロル風の店構えの外観が見えてくる。続きを読む

「アザミ@中野」の4回目のレポート。

今回は、「店舗紹介編」。
1959年(昭和34年)創業。
シェフはフレンチ出身で、本格的な洋食を出すお店。
01azami02698
中野駅南口を出て、中野マルイ前を通り越して、さらに歩道を進む。
右手にチロル風の店構えの外観が見えてくる。続きを読む

「アザミ@中野」のレポート。
1959年(昭和34年)創業。
シェフはフレンチ出身で、本格的な洋食を出すお店。

アザミ@中野
中野駅南口を出て、中野マルイ前を通り越して、さらに歩道を進む。
右手にチロル風の店構えの外観が見えてくる。

アザミ@中野
店内は、テーブル4人掛け×6卓、カウンター6席。

アザミ@中野
人気店で、満席の時も多い。

アザミ@中野
今回は、「薩摩豚バラ軟骨のボルドースタイル(880円)」。
デミグラスと赤ワインの煮込み。

最初に、サラダ。
綺麗に盛り付けられたポテトサラダと野菜。

アザミ@中野
続いて、ライスとメインディッシュ。
バケットも添えられている。

アザミ@中野
香草やエディブルフラワーが飾り付けられていて綺麗!

アザミ@中野
赤ワインとデミグラスで煮込んだソースが、しっかり豚バラ軟骨に染み込んでいる。
(*゚Q゚*)ウマ!

お肉がトロトロで、コラーゲンたっぷり。
円やかな味わいで、深いコクがある。
Σ(´θ`)うめぇ~

アザミ@中野
〆のコーヒーも、苦味が程良い。
リッチな気分。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

COFFEE SHOP アザミ
****************************
【住所】東京都中野区中野3-33-9 南口ビル 103
【電話】03-3381-4763
【定休日】日曜(月2回)
【営業時間】
*11:00-15:00(ランチ)
*15:00-17:00(ティー)
*17:00-23:00(ディナー)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「アザミ@中野」のレポート。
1959年(昭和34年)創業。
今回は、「実食編」。

アザミ@中野
中野通りはよく歩いていたが、ほぼ素通りしていた。
地味と言うか、シックな外装なので、月並みな喫茶店かと思っていた。

アザミ@中野
ランチメニューが書かれた看板。

今回は、「煮込みハンバーグ.AZAMIスタイル(980円)」。
珈琲or紅茶+デミサラダ付き。
パンorライス。

アザミ@中野
最初に、デミサラダ。
デミとはいえ、トマト・パプリカ・キャベツ・赤キャベツ・きゅうり・マッシュポテトなど盛り沢山。
マッシュポテトが美味しい。

アザミ@中野
ライスではなく、パンをチョイス。
2種類のパン。

アザミ@中野
煮込みハンバーグのことを、
「大きな肉団子だと思っていただければ宜しいかと・・・。茸のトマトソースとグラストビアンで」とのこと。

グラス・ド・ビアンとは、仔牛の骨やスジを長時間煮込んで作った「フォン・ド・ヴォー」を、途中何度も漉しながら更に煮詰めていった濃縮肉汁のこと。
~( ̄‥ ̄*)ゴックン

アザミ@中野
とても色鮮やか!
付け合わせのブロッコリー、トマト、ニンジン、ローズマリー、マッシュポテト。
それと、青いエディブルフラワーが載っている。

アザミ@中野
ハンバーグはムラのない火の入り方で軟らかい。
フワフワとした食感で、ジューシー。
Σ(´θ`)うめぇ~

アザミ@中野
コーヒーは、軽い酸味のあるライトな口当たり。
窓の向こうに見える通行人を眺めながら、ゆっくりと飲む。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

COFFEE SHOP アザミ
****************************
【住所】東京都中野区中野3-33-9 南口ビル 103
【電話】03-3381-4763
【定休日】日曜(月2回)
【営業時間】
*11:00-15:00(ランチ)
*15:00-17:00(ティー)
*17:00-23:00(ディナー)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

「アザミ@中野」のレポート。
1959年(昭和34年)創業。
「COFFEE SHOP アザミ」とあるので、喫茶店のようであるが、食事は本格的な洋食。
シェフはフレンチ出身。
スイーツも評判が良い。
今回は、「店舗紹介編」。

アザミ@中野
場所は、中野駅南口を出て、「中野マルイ」側へ信号を渡る。
中野通りを南下して、暫く歩くとある。
店舗外観は、やや地味な感じのどこにでもありそうな喫茶店風。
アザミ@中野
窓際に、観葉植物が置かれるなど、どこかチロル地方風。

アザミ@中野
グランドメニューが書かれた木製のプレート。

アザミ@中野
店員さんは、厨房に2人・ホール担当1人。
テーブル4人掛け×6卓、カウンター6席。

アザミ@中野
店内は入口手前の予約席を除き、終始満席。
人気店だね。

アザミ@中野
ランチは14種類、ディナーは約20種類の品数。

アザミ@中野
ドリンクメニュー。

アザミ@中野
デザート類のメニュー。
アザミのデザートも評判がイイ。

アザミ@中野
使用食材の解説。

次回は、「実食レポート編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

COFFEE SHOP アザミ
****************************
【住所】東京都中野区中野3-33-9 南口ビル 103
【電話】03-3381-4763
【定休日】日曜(月2回)
【営業時間】
*11:00-15:00(ランチ)
*15:00-17:00(ティー)
*17:00-23:00(ディナー)
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩3分

このページのトップヘ