東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【和食・定食|中野区】 > 梅家@中野

「甘味処 梅家@中野」の6回目のグルメレポート。
中野サンモール商店街にある甘味処と和食のお店。

1956年(昭和31年)創業。
ショッピングアーケードが出来たのが1958年(昭和33年)なので、その前からあった。
店主は、岡村百子さん。
「気軽に楽しむ伝統の味」がコンセプト。
2009年(平成21年)8月8日に麻生太郎元首相が来店し、「氷あずきミルク」を食べた。
74umeya07673
今回は、「お赤飯(定食)/820円(税込)」。
続きを読む

「甘味処 梅家@中野」の5回目のグルメレポート。
中野サンモール商店街にある甘味処と和食のお店。

1956年(昭和31年)創業。
ショッピングアーケードが出来たのが1958年(昭和33年)なので、その前からあった。
店主は、岡村百子さん。
「気軽に楽しむ伝統の味」がコンセプト。
2009年(平成21年)8月8日に麻生太郎元首相が来店し、「氷あずきミルク」を食べた。
36umeya07653
今回は、「季節の炊き込みごはん/800円(税込)」。
(小付・お新香・味噌室汁・フルーツ付き)。
本日の炊き込みごはんは、“生姜”。
続きを読む

「甘味処 梅家@中野」の4回目のグルメレポート。
中野サンモール商店街にある甘味処と和食のお店。

1956年(昭和31年)創業。
ショッピングアーケードが出来たのが1958年(昭和33年)なので、その前からあった。
店主は、岡村百子さん。
「気軽に楽しむ伝統の味」がコンセプト。
2009年(平成21年)8月8日に麻生太郎元首相が来店し、「氷あずきミルク」を食べた。
02umeya07616
今回は、久々なので「店舗紹介編」。
続きを読む

「梅家@中野」のレポート。

中野サンモール商店街にある甘味処「梅家」。
1956年(昭和31年)創業。
店主は、岡村百子さん。
「気軽に楽しむ伝統の味」がコンセプト。

梅家@中野
中野駅北口から、中野ブロードウェイへと抜ける「中野サンモール商店街」の右側にある。

梅家@中野
総席数約34席。

梅家@中野
外の喧噪をビニールシートが遮断する。

梅家@中野
今回は、「鮭ご飯(780円)」。
The 和食といった感じ。
おっ、フルーツも付いている。

梅家@中野
日本に生まれて良かったなと思う瞬間。
白いお米と良く合うコンビネーション。

梅家@中野
ワカメと豆腐の味噌汁。

梅家@中野
白滝と野菜の和え物。

梅家@中野
煮物は、薄味でしみじみと来る味わい。
イチゴと栗が付くところは、さすが甘味処。

梅家@中野
外に出ると、喧噪の世界へ。
それにしても、人が多い。
みんな左側通行じゃないか。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

甘味処 梅家
***************
【住所】東京都中野区中野5-58-6
【電話】03-3387-2390
【定休日】不定休
【営業時間】9:30-20:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩3分

「梅家@中野」のレポート。

中野サンモール商店街にある甘味処「梅家」。
1956年(昭和31年)創業。
店主は、岡村百子さん。
「気軽に楽しむ伝統の味」がコンセプト。

今回は、「実食編」。

梅家@中野
中野駅北口より、中野サンモールを直進。
真ん中辺りの右手。
茶色を基調とした外観。

梅家@中野
外観、店内共に昭和の雰囲気が漂う。

梅家@中野
先ずはお茶を飲み、一息。

梅家@中野
今回は、「五目御飯(800円)」。
要はちらし寿司のこと。

梅家@中野
寿司飯の上に、錦糸卵、魚のそぼろ、ニンジン、椎茸、蓮根、生姜、エンドウが載っている。
色鮮やか。
御飯は甘めで、椎茸などの味付けは濃いめ。
このバランスで、ご飯がススム君。

梅家@中野
わかめと豆腐の味噌汁。

梅家@中野
マロニーちゃんを和えたものと、野沢菜。

梅家@中野
デザートは、イチゴと栗の甘露煮。
さすが甘味処。

量的には、一般男性はもの足りなさを感じると思うが、女性や老人には十分。
軽食でササっと済ませたい場合は重宝しそう。

来年の夏、カキ氷の「シロクマくん」にも、お目にかかりたいものだ。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

甘味処 梅家
***************
【住所】東京都中野区中野5-58-6
【電話】03-3387-2390
【定休日】不定休
【営業時間】9:30-20:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩3分

「梅家@中野」のレポート。

中野サンモール商店街にある甘味処「梅家」。
今回は、「店舗紹介編」。

1956年(昭和31年)創業。
店主は、岡村百子さん。
「気軽に楽しむ伝統の味」がコンセプト。

梅家@中野
場所は、中野駅北口より、中野サンモールを中野ブロードウェイ方面へ直進。
中程より、少し進んだ所の右側にある。
お店の外観は、昔ながらの甘味処という感じ。

梅家@中野
店頭では、おいなりさんや干瓢巻き、お赤飯等のご飯類も売っている。

梅家@中野
もちろん、あんみつ等のスイーツもある。

梅家@中野
店内に入ると左側6人掛け×テーブル3卓で、18席。
右手2人掛けと4人掛けのテーブルがあり、約16席ほど。
混雑時は、相席必至。

スタッフは、割烹着と三角巾の女性数人。

梅家@中野
壁面には、来店した有名人の色紙が飾られている。
三谷幸喜、室井滋、藤田憲子・・・。

梅家@中野
蛭子能収、稲川淳二、はなわ、石塚英彦・・・。
誰が書いたか判読不能のサインも何枚か。

梅家@中野
麻生太郎元首相。
口元が歪んでいるのは、氷あずきが冷たかったせいなのね。

右側の写真には、アヴェさんが映っている。
応援演説で中野に来た時のものらしい。

梅家@中野
左のメニューは、お食事系。
右のメニューは、甘味類。

梅家@中野
お寿司、定食類のメニュー。

梅家@中野
ラーメンもあるのね。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

甘味処 梅家
***************
【住所】東京都中野区中野5-58-6
【電話】03-3387-2390
【定休日】不定休
【営業時間】9:30-20:00
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩3分


このページのトップヘ