東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【洋食|中野区】 > でみぐら亭@中野新橋

「でみぐら亭@中野新橋」の9回目のグルメレポート。
2008年1月19日、「洋風居酒屋 でみぐら亭」としてリニューアルオープン。

店主は、渡邊雅生さん。
渡邊さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、店主のお父様がこの場所で喫茶店を営んでいた。
息子の雅生さんが修業後に戻り、「洋食や でみぐら亭」を開いた。
洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業。
その後体調の方も良くなり、昼は「洋食屋」、夜は「洋風居酒屋」として再開し今日に至る。
61demigura122726
今回は、「豚ロースのポークソテー/800円」+「ライスセット/350円」(税込)」。
続きを読む

「でみぐら亭@中野新橋」の8回目のグルメレポート。
2008年1月19日、「洋風居酒屋 でみぐら亭」としてリニューアルオープン。

店主は、渡邊雅生さん。
渡邊さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、店主のお父様がこの場所で喫茶店を営んでいた。
息子の雅生さんが修業後に戻り、「洋食や でみぐら亭」を開いた。
洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業。
その後体調の方も良くなり、昼は「洋食屋」、夜は「洋風居酒屋」として再開し今日に至る。
40demigura122935
今回は、「鉄板ステーキ/1000円」+「ライスセット/350円」(税込)」。
続きを読む

「でみぐら亭@中野新橋」の7回目のグルメレポート。
2008年1月19日、「洋風居酒屋 でみぐら亭」としてリニューアルオープン。

店主は、渡邊雅生さん。
渡邊さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、店主のお父様がこの場所で喫茶店を営んでいた。
息子の雅生さんが修業後に戻り、「洋食や でみぐら亭」を開いた。
洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業。
その後体調の方も良くなり、昼は「洋食屋」、夜は「洋風居酒屋」として再開し今日に至る。
00demigura121417
今回は、久々なので「店舗紹介編」。
続きを読む

「でみぐら亭@中野新橋」の6回目のグルメレポート。
2008年1月19日、「洋風居酒屋 でみぐら亭」としてリニューアルオープン。

店主は、渡邊雅生さん。
渡邊さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、店主のお父様がこの場所で喫茶店を営んでいた。
息子の雅生さんが修業後に戻り、「洋食や でみぐら亭」を開いた。
洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業。
その後体調の方も良くなり、昼は「洋食屋」、夜は「洋風居酒屋」として再開し今日に至る。
58demigla01874
今回は、「フワフワでみぐら亭オムライス/1080円(税込)」。
続きを読む

「でみぐら亭@中野新橋」の5回目のグルメレポート。
2008年1月19日、「洋風居酒屋 でみぐら亭」としてリニューアルオープン。

店主は、渡邊雅生さん。
渡邊さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、御尊父がこの場所で喫茶店を営んでいた。
息子の雅生さんが修業後に戻り、「洋食や でみぐら亭」を開いた。
洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業。
その後体調の方も良くなり、昼は「洋食屋」、夜は「洋風居酒屋」として再開し今日に至る。
42demigla01859
今回は、「豚ロースのポークソテー/780円+ライスセット/250円(税込)」。
続きを読む

「でみぐら亭@中野新橋」の4回目のグルメレポート。
2008年1月19日、「洋風居酒屋 でみぐら亭」としてリニューアルオープン。

店主は、渡邊雅生さん。
渡邊さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、御尊父がこの場所で喫茶店を営んでいた。
息子の雅生さんが修業後に戻り、「洋食や でみぐら亭」を開いた。
洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業。
その後体調の方も良くなり、昼は「洋食屋」、夜は「洋風居酒屋」として再開し今日に至る。
03demigla01894
今回は、久々なので「店舗紹介編」。
続きを読む

「でみぐら亭@中野新橋」のレポート。

でみぐら亭@中野
中野新橋駅より、「東京大学教育学部附属中等教育学校」方面へ暫く歩いて左側。
東大附属と言えば、双子なら優先的に受かると言われている学校。
双子の研究をしているとかで。
あと、昔二子山部屋があったから・・・(嘘)。

でみぐら亭@中野
店内は、テーブル席のみの総席数28席。
「洋食居酒屋」としたのは、夜に飲めるようにした方が、経営上いいのかも。

でみぐら亭@中野
今回は、「ミックスフライ(エビ・コロッケ・牡蠣)/800円」。

でみぐら亭@中野
海老が真っ直ぐピーンと伸びている。
どれも衣がサックリとしていて素敵な食感。
カキフライ、ウマいなぁ。
タルタルソースもいかしている。

でみぐら亭@中野
ジャガイモの煮物とお漬物も付いている。
ご飯の大盛りもサービスしてくれる。

お腹一杯!
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

洋風居酒屋 でみぐら亭
****************************
【住所】東京都中野区弥生町2-17-6 メゾン・タカモリ 1F
【電話番号】03-3372-2732
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-14:00/18:00-23:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩3分

「でみぐら亭@中野新橋」のレポート。
今回は、「実食編」。

でみぐら亭@中野新橋
中野新橋駅を方南通り方面へ直進。
右隣は、理髪店。

でみぐら亭@中野新橋
店内は、テーブル席のみの総席数28席。

今回は、「フワフワでみぐら亭オムライス/1080円」。
でみぐら亭@中野新橋
「サラダ」。
レタス、水菜、玉ねぎ、パプリカ、コーン、カイワレなどの野菜。

でみぐら亭@中野新橋
味噌汁は、ワカメと三つ葉。
出汁が効いていて、美味しい。

でみぐら亭@中野新橋
「フワフワでみぐら亭オムライス」。
「トロトロでみぐら亭オムライス」にも惹かれたが、定番のものを。

でみぐら亭@中野新橋
肉がたっぷり入ったデミグラソース。
これだけ肉が入っていると嬉しい。
深みのあるソースで、ウマい。
肉も柔らかーい。

でみぐら亭@中野新橋
玉子は、外はしっかり火が通っているのに、中はトロトロと絶妙。
ケチャップライスと玉子、デミグラスソースをマゼマゼして食べると、モーたまらん。

ボリューミーで、満足、満足。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

洋風居酒屋 でみぐら亭
****************************
【住所】東京都中野区弥生町2-17-6 メゾン・タカモリ 1F
【電話番号】03-3372-2732
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-14:00/18:00-23:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩3分

「でみぐら亭@中野新橋」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。
店主の渡邊雅生さんは、洋食の名店「たいめいけん@日本橋」、飯田橋にあった「東京パリ食堂」で修業をした。
元々は、御尊父がこの場所で喫茶店を営んでいたが、息子の雅生さんが修業後に戻り、この店を開いた。

洋食屋さんとして順調に歩んできたが、腰痛が悪化して暫く休業していた。
体調の方も良くなり、2008年1月19日に復活し、「洋風居酒屋」としてリニューアルオープン。

でみぐら亭@中野新橋
中野新橋駅前の通りを川島商店街の方に向かって歩き、左側にある。
入口は半地下のようになっていて階段を少し降りる。

でみぐら亭@中野新橋
店内は、テーブル席のみ。
総席数28席。
ご尊母が、ホールを担当している。

でみぐら亭@中野新橋
「ランチメニュー」。

でみぐら亭@中野新橋
「たいめいけん」ゆずりのフワフワのオムライスが自慢。

でみぐら亭@中野新橋
カレーやパスタもあるのね。

でみぐら亭@中野新橋
バリエーションもあり、飽きさせない。

でみぐら亭@中野新橋
肉料理も色々。
人生も色々。
ライスセット+250円で、定食になる。

でみぐら亭@中野新橋
アラカルトと焼魚は、お酒のお供に。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

洋風居酒屋 でみぐら亭
****************************
【住所】東京都中野区弥生町2-17-6 メゾン・タカモリ 1F
【電話番号】03-3372-2732
【定休日】火曜
【営業時間】11:30-14:00/18:00-23:00
【アクセス】東京メトロ丸の内線 中野新橋駅 徒歩3分

このページのトップヘ