東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【カフェ系|中野区】 > ばらーど@中野・高円寺

「COFFEE SHOP ばらーど@中野・高円寺」の9回目のレポート。
一軒家のリビングを改造した隠れ家的な喫茶店。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
2015年(平成27年)2月20日、京橋の店が、地域開発のため閉店。
2015年(平成27年)10月10日、中野の自宅を改造して移転オープン。

店主は、福島県出身の西島静壹さん。
西島さんは、1961年(昭和36年)より「メッカ@有楽町」で修業。
「メッカ」とは、コーヒーの神様と言われていた罇(もたい) 広志さんのお店で、娘は女優の“もたいまさこ”さん。 
12ballad131656
今回は、「野菜・玉子サンド/600円」+「ブレンドコーヒー/400円」(税込)。
ランチタイム(11:00-14:00)は、パンとドリンクをオーダーするとスープアイスクリームが付く。
続きを読む

「COFFEE SHOP ばらーど@中野・高円寺」の8回目のレポート。
一軒家のリビングを改造した隠れ家的な喫茶店。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
2015年(平成27年)2月20日、京橋の店が、地域開発のため閉店。
2015年(平成27年)10月10日、中野の自宅を改造して移転オープン。

店主は、福島県出身の西島静壹さん。
西島さんは、1961年(昭和36年)より「メッカ@有楽町」で修業。
「メッカ」とは、コーヒーの神様と言われていた罇(もたい) 広志さんのお店で、娘は女優の“もたいまさこ”さん。 
63ballad132004503
今回は、「タマゴトースト/500円」+「ブレンドコーヒー/400円」(税込)。
ランチタイム(11:00-14:00)は、パンとドリンクをオーダーするとスープアイスクリーム付き。
続きを読む

「COFFEE SHOP ばらーど@中野」の7回目のレポート。
一軒家のリビングを改造した隠れ家的な喫茶店。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
2015年(平成27年)2月20日、京橋の店が、地域開発のため閉店。
2015年(平成27年)10月10日、中野の自宅を改造して移転オープン。

店主は、福島県出身の西島静壹さん。
西島さんは、1961年(昭和36年)より「メッカ@有楽町」で修業。
「メッカ」とは、コーヒーの神様と言われていた罇(もたい) 広志さんのお店で、娘は女優の“もたいまさこ”さん。 
94ballad08343
今回は、「野菜・タマゴサンド/550円(税込)」+「アイスコーヒー/380円」。
ランチタイム(11:00-14:00)は、パンとドリンクをオーダーするとスープアイスクリーム付き。
続きを読む

「COFFEE SHOP ばらーど@中野」の6回目のレポート。
一軒家のリビングを改造した隠れ家的な喫茶店。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
2015年(平成27年)2月20日、京橋の店が、地域開発のため閉店。
2015年(平成27年)10月10日、中野の自宅を改造して移転オープン。

店主は、福島県出身の西島静壹さん。
西島さんは、1961年(昭和36年)より「メッカ@有楽町」で修業。
「メッカ」とは、コーヒーの神様と言われていた罇(もたい) 広志さんのお店で、娘は女優の“もたいまさこ”さん。 
63ballad08357
今回は、「タマゴ・ハムサンド/550円(税込)」+「ブレンドコーヒー/350円」。
ランチタイム(11:00-14:00)は、パンとドリンクをオーダーするとスープアイスクリーム付き。
続きを読む

「COFFEE SHOP ばらーど@中野」の5回目のレポート。
一軒家のリビングを改造した隠れ家的な喫茶店。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
2015年(平成27年)2月20日、京橋の店が、地域開発のため閉店。
2015年(平成27年)10月10日、中野の自宅を改造して移転オープン。

店主は、福島県出身の西島静壹さん。
西島さんは、1961年(昭和36年)より「メッカ@有楽町」で修業。
「メッカ」とは、コーヒーの神様と言われていた罇(もたい) 広志さんのお店で、娘は女優の“もたいまさこ”さん。 
05ballad08299
今回は、久々なので「店舗紹介編」。
続きを読む

「ばらーど@中野」のレポート。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
京橋の店が、地域開発のため閉店(2015年2月20日)。
2015年(平成27年)10月10日、中野に移転オープン。

ばらーど@中野
「新井交差点」から、早稲田通りを高円寺方面へ直進。
「東京法務局中野出張所」の向かい側。
表の看板の横の細い路地を入って突当りの一軒家がお店。

ばらーど@中野
よそ様のお宅に上がるという感じ。

ばらーど@中野
カウンター3席、テーブル14席(2人×3卓、4人×2卓)。

ばらーど@中野
壁にかけられた振り子時計。

今回は、「ホットドック/350円+ブレンドコーヒー/350円」。
本日は、食パンの在庫がなくなったということで、ホットドックのみの提供。

ランチタイム(11:00~14:00)には、パン+飲みものを注文すると“スープとアイスクリーム”が付く。
パンは、東京浅草にある老舗のパン屋「ペリカン」のものを取り寄せている。
ばらーど@中野
「スープ」。
クルトン入りのコーンクリームスープ。

ばらーど@中野
「ホットドック」。
キュウリは縞目にむかれていてお洒落。
パンの表面がサクッとしていて、中がシットリ。
ソーセージも皮がカリッとしていて美味しい。

ばらーど@中野
「ブレンドコーヒー」。
やはり専門店ならではの美味しさ。
深みがあってイイネ。

ばらーど@中野
お口直しのアイススクリーム。

ばらーど@中野
目印は、この置き看板ね。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

COFFEE SHOP ばらーど
******************************
【住所・地図】東京都中野区野方1-44-1
【電話】03-3387-2807
【定休日】日曜
【営業時間】9:00-18:00
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩15分
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺北口 徒歩13分

「ばらーど@中野」のレポート。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
京橋の店が、地域開発のため閉店(2015年2月20日)。
2015年(平成27年)10月10日、中野に移転オープン。

ばらーど@中野
「新井交差点」から、早稲田通りを高円寺方面へ直進。
「東京法務局中野出張所」の向かい側。
表の看板の横の細い路地を入って突当りの一軒家がお店。

ばらーど@中野
カウンター3席、テーブル14席(2人×3卓、4人×2卓)。

ばらーど@中野
今回は、「ホットドック/350円+ブレンドコーヒー/350円」。
ランチタイム(11:00~14:00)には、パン+飲みものを注文すると“スープとアイスクリーム”が付く。
パンは、東京浅草にある老舗のパン屋「ペリカン」のものを取り寄せている。

ばらーど@中野
「スープ」。
インスタントのコーンスープ。

ばらーど@中野
「ホットドック」。
キュウリは縞目にむかれていてお洒落。

ばらーど@中野
パンは程良い焼き加減で、サクサク。
皮がパリッとしたソーセージ。

ばらーど@中野
砂糖は、コーヒーシュガーとグラニュー糖の2種類。
砂糖とミルクの器は、銅製で洒落ている。

ばらーど@中野
「ブレンドコーヒー」。
豆は「チモトコーヒー」から取り寄せている。
まず酸味が先に立つ味わい。
そして、ゆっくりとコクと苦みが広がっていく。
重厚な味わい。

ばらーど@中野
「アイスクリーム」。
お口直しに丁度良い。

ばらーど@中野
外の喫煙席。
手入れされた庭を眺めると気持ちが安らぐ。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

COFFEE SHOP ばらーど
******************************
【住所・地図】東京都中野区野方1-44-1
【電話】03-3387-2807
【定休日】日曜
【営業時間】9:00-18:00
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩15分
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺北口 徒歩13分

「ばらーど@中野」のレポート。
今回は、「実食編」。

ばらーど@中野
「新井交差点」から、早稲田通りを高円寺方面へ直進。
「東京法務局中野出張所」の向かい側。
表の看板の横の細い路地を入って突当りの一軒家がお店。

ばらーど@中野
カウンター3席、テーブル14席(2人×3卓、4人×2卓)。
ソファーや椅子のムートンが、座り心地が良い。

ばらーど@中野
墨蹟窓に一輪挿し。
和洋折衷のクラシカルな雰囲気が素敵。

今回は、「ミックスサンド/800円+ブレンドコーヒー350円」。
注文を受けてから作り始める。
厨房では、カシャカシャと玉子を掻き混ぜる音。
続いて、ジュ~と焼ける音。
ばらーど@中野
最初に、カップスープ。
ランチタイムに、パンと飲みものをオーダーすると、スープとアイスクリームが付く。
熱々で、身体が温まる。

ばらーど@中野
「ミックスサンド」。
ミックスは、ハム、野菜、玉子の3種類。
一口サイズにカットされていて、親切。

ばらーど@中野
パンは薄く、ふわふわした感じで美味しい。
パンは浅草の老舗「ペリカン」製。

玉子は、マヨネーズで和えたものではなく、オムレツ風。
ほんのりと甘くてウマい。
野菜は、キュウリとトマト。
とてもフレッシュ。
ハムもイイね。
サンドイッチの間には、レタスが挟まれていて仕切りになっている。

ばらーど@中野
砂糖は、コーヒーシュガーとグラニュー糖の2種類。
砂糖とミルクの器は、銅製で洒落ている。

ばらーど@中野
「ブレンドコーヒー」。
豆は「チモトコーヒー」から取り寄せている。
まず酸味が先に立つ味わい。
そして、ゆっくりとコクと苦みが広がっていく。
重厚な味わい。

ばらーど@中野
アイスクリーム。
甘くてヒエヒエのアイスを食べて、お口直し。

ばらーど@中野
和庭を見ていると癒される。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

COFFEE SHOP ばらーど
******************************
【住所】東京都中野区野方1-44-1
【電話】03-3387-2807
【定休日】日曜
【営業時間】9:00-18:00
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩15分
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺北口 徒歩13分

「ばらーど@中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

1966年(昭和41年)、神田で創業。
神田で11年、上野で11年、京橋で26年と、50年にわたって看板を掲げる老舗。
京橋の店が、地域開発のため閉店(2015年2月20日)。
2015年(平成27年)10月10日、中野に移転オープン。

ばらーど@中野
中野駅北口より、中野通りと早稲田通りが交わる「新井交差点」まで進む。
信号を渡って、早稲田通りを左折し、高円寺方面へ直進。
置き看板が、目印。
「東京法務局中野出張所」の向かい側。

ばらーど@中野
「ばらーど」についての店主の挨拶文が貼られている。
神田、上野、京橋と場所を変えながら48年間喫茶店を営んできこと、知人の棟梁に自宅を改装してもらい開業すること等。

ばらーど@中野
看板の右横に路地がある。
細い路地を進むと、一軒家が見えてくる。

ばらーど@中野
ブロック塀の表札には、「ばらーど 西島」と書かれている。
こちらは、店主の西島さんの自宅で、1階部分を改装して営業されている。

ばらーど@中野
玄関の扉を開けて、靴を脱いで上がるシステム。
目の前の階段の右横の扉を開けるとそこが喫茶店。

ばらーど@中野
よそ様のリビングに通された感じで、ちょっとドキドキ。
ウッディな温もりを感じる昭和の雰囲気。

ばらーど@中野
カウンター3席、テーブル14席(2人×3卓、4人×2卓)。
お店の備品は、これまでの店で使っていたもの。

ばらーど@中野
簾がかかった窓からは、和庭が見える。
植栽や置かれた陶器鉢などが、とても風流に感じる。
眺めているだけで、疲れが癒やされる。

ばらーど@中野
「メニュー」。
ランチタイム(11:00~14:00)には、スープとアイスクリームが付く。
パンは、東京浅草にある老舗のパン屋「ペリカン」のものを取り寄せている。

ばらーど@中野
「メニュー/モーニング・モーニングセット」。

次回は、「実食編」。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

COFFEE SHOP ばらーど
******************************
【住所】東京都中野区野方1-44-1
【電話】03-3387-2807
【定休日】日曜
【営業時間】9:00-18:00
【アクセス】
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩15分
*JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 高円寺北口 徒歩13分

このページのトップヘ