東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ:【うどん|中野区】 > うどんや 大門@中野

「うどんや 大門@中野」の8回目のグルメレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。

その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
16daimon03241
今回は、「豚ぶっかけ(冷)/中750円」。
続きを読む

「うどんや 大門@中野」の7回目のグルメレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。

その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
17daimon02780
今回は、「肉うどん(中)/750円(税込)」。
続きを読む

「うどんや 大門@中野」の6回目のグルメレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。

その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
12daimon01717
今回は、「釜あげ(中)/550円(税込)」+「密芋/100円(税込)」。
続きを読む

「うどんや 大門@中野」の5回目のグルメレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。

その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
12daimon00828
今回は、「釜玉(中)/600円+とり天/150円(税込)」。
続きを読む

「うどんや 大門@中野」の4回目のグルメレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。

その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
12daimon00032
今回は、「しょうゆ(中)/500円」+「揚げもち/100円(税込)」。
続きを読む

「うどんや 大門@中野」の3回目のグルメレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。
その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
15daimon07825
今回は、「ぶっかけ(中)/550円」+「金時豆の天ぷら/110円(税込)」。
続きを読む

「うどんや 大門@中野」の2回目のグルメレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。
その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
58daimon07669
今回は、「かけ(中)/500円(税込)」+天ぷら「ちくわ/80円」+「半熟玉子/100円」。
「かけ」の食べ方は、“ひやあつ”で。
続きを読む

「うどんや 大門@中野」のレポート。
中野ブロードウェイの地下1階にある讃岐うどんの専門店。
2017年11月20日創業。

店主は、中野区在住の坂本太夫(たかお)さん。
坂本さんは、映画「UDON(2006年公開)」の制作スタッフとして携わっていた時に、香川県独自の食文化に魅せられ、「映画の仕事を辞めることがあれば、うどん屋を開こう。」と思うようになった。
スタジオジブリに所属していた時には、映画「風立ちぬ(2013年公開)」、「思い出のマーニー(2014年公開)」等の制作進行の仕事をしていた。
その後、映画の仕事を辞めて香川県に移り住み、高松市の人気店「うどん 一福@瑞岡」で修業を重ねた。
東京進出1号店「香川 一福@神田」の副店長を務めた後、独立してこのお店を開業した。
屋号は、以前この場所にあった「中華 大門」に敬意を払い、その名を引き継いだ。
03daimon07687
今回は、「店舗紹介編」。
続きを読む

このページのトップヘ