東京ブウブウKING

都内・中野区内・中野駅周辺のグルメガイド。 居酒屋・ラーメン・蕎麦・カレー・イタリアン・フレンチ等のお店情報と実食レポート。

カテゴリ: 【ヨーロッパ系|中野区】

「ドイツビアレストラン フィーハウゼン-49@新中野」の3回目のレポート。
杉山公園交差点に近くの中野通り沿いにある本場ドイツ料理と選りすぐりのドイツビールの店。

オーナーシェフの高橋さんは、6年間欧州に滞在した。
オーストリアのザルツブルグのホテルで修業し、その間、調理師免許を取得。
帰国後、本厚木で開業。
その後、新中野に移転オープン。
店名は、修業をした「ホテル ラッシェンスキーホフ」の在地に因んで命名。
07vie05536
ドイツ料理の定番「ザワークラウト」。
Das ist lecker!
続きを読む

「ドイツビアレストラン フィーハウゼン-49@新中野」の2回目のレポート。
杉山公園交差点に近くの中野通り沿いにある本場ドイツ料理と選りすぐりのドイツビールの店。

オーナーシェフの高橋さんは、6年間欧州に滞在した。
オーストリアのザルツブルグのホテルで修業し、その間、調理師免許を取得。
帰国後、本厚木で開業。
その後、新中野に移転オープン。
店名は、修業をした「ホテル ラッシェンスキーホフ」の在地に因んで命名。
57vie4901246
ドイツといえば、やはりソーセージ。
Das ist lecker!
続きを読む

「ドイツビアレストラン フィーハウゼン49@新中野」のレポート。
杉山公園交差点に近くの中野通り沿いにある本場ドイツ料理と選りすぐりのドイツビールの店。

オーナーシェフの高橋さんは、6年間欧州に滞在した。
オーストリアのザルツブルグのホテルで修業し、その間、調理師免許を取得。
帰国後、本厚木で開業。
その後、新中野に移転オープン。
店名は、修業をした「ホテル ラッシェンスキーホフ」の在地に因んで命名。
01vie4901262
新中野駅2番出口を出て、杉山公園交差点を中野方面に少し進んだ右側にある。
今回は、「店舗紹介編」。
続きを読む

「レンガ坂スペインバル シオノ @中野」のレポート。
今回は、「実食編」。

2013年5月8日オープン。
店名の「si o no」は、英語で「yes or no」の意味。
この地で50年以上店舗を構えていた「シオノ化粧品(2013年3月に閉店)」の名前にかけ、「シオノ化粧品のように地元に長く愛されたい」という思いでて命名。
「スペイン・ラマンチャ地方の田舎町にあるバル」がコンセプト。

シオノ (Si o No)@中野
レンガ坂を上がって直ぐ。
白いタイルと木目のシックな外観。

シオノ (Si o No)@中野
店内はカウンター11席と5卓のテーブル席合わせて27席。

シオノ (Si o No)@中野
女性占有率が高い。
ほぼ満席で、外のテラス席へ。

シオノ (Si o No)@中野
「エルバレ・シャルドネ/白/キャラフェ(1300円)」。
原産地:スペイン・ナバーラ
レモンやオレンジの風味がするフルーティな味わい。
甘くスッキリとしていて飲みやすい。

シオノ (Si o No)@中野
「スペインオムレツ(200円)」。
ジャガイモタップリ。
マヨネーズをつけて、いただく。
(*゚Q゚*)ウマ!

シオノ (Si o No)@中野
「イワシのマリネ(580円)」。
酸味が上手い具合に、脂っぽさを抑えていて美味しい。

シオノ (Si o No)@中野
「鶏白レバームース(390円)」。
「ピコス・デ・パン」という乾パン付。
レバームースはタップリあり、食べ応え有り。
つけるパンが足りなくなる位。
このパンは、サクサクとスナック感覚のタイプ。

シオノ (Si o No)@中野
「マオウ・シンコ(700円)」。
スペインを代表する五つ星のビール。
最良のホップ・イーストを使ったもので、ライトな苦味が心地よく、味わい深い。

シオノ (Si o No)@中野
「魚貝のシェリー酒蒸し(980円)」。
マテガイ、海老、ムール貝、アサリなどを使った酒蒸し。
マテガイとは珍しい。
待っていた甲斐があるというもの。

シオノ (Si o No)@中野
素材の旨みがギュっと詰まった汁は、最高。
Σ(´θ`)うめぇ~

Está muy rico.

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

レンガ坂スペインバル シオノ (Si o No)
*********************************************
【住所】東京都中野区中野3-36-3
【電話】03-3381-5178
【定休日】不定休
【営業時間】
*17:00-24:00・・・月・火・水・木
*16:00-23:30・・・日・祝
*17:00-24:30・・・金・土
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩2分

「レンガ坂スペインバル シオノ @中野」のレポート。
今回は、「店舗紹介編」。

2013年5月8日オープン。
店名の「si o no」は、英語で「yes or no」の意味。
この地で50年以上店舗を構えていた「シオノ化粧品(2013年3月に閉店)」の名前にかけ、「シオノ化粧品のように地元に長く愛されたい」という思いでて命名。
「スペイン・ラマンチャ地方の田舎町にあるバル」がコンセプト。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
中野駅南口の三菱UFJ信託銀行の裏手。
レンガ坂を上って、右側にある。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
白いタイルと木目のシックな外観。
ドンキホーテが泊まった宿屋をイメージしたもの。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
店内はカウンター11席と5卓のテーブル席合わせて27席。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
店頭に設けられたテラス席。
ここのみ喫煙席。
店内よりも、チャージ料が安い。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
店頭に飾られたオブジェ。
コルクが入ってる。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
所謂、直ぐに出てくる一品のメニュー。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
前菜(冷製)メニュー。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
前菜(温製)メニュー。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
煮込み料理のメニュー。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
鉄板焼きのメニュー。

レンガ坂スペインバル シオノ @中野
パエリヤとデザートのメニュー。

次回は、実食編。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

レンガ坂スペインバル シオノ (Si o No)
*********************************************
【住所】東京都中野区中野3-36-3
【電話】03-3381-5178
【定休日】不定休
【営業時間】
*17:00-24:00・・・月・火・水・木
*16:00-23:30・・・日・祝
*17:00-24:30・・・金・土
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口 徒歩2分

「La Corona(ラ・コロナ)のレポート」。

2006年創業。
スペイン&イタリア料理のお店。

ラ・コロナ@中野
中野駅北口より、中野ふれあいロードを早稲田通り方面へ進む。
「和牛焼肉 だるま」の2階。

ラ・コロナ@中野
階段を上って、2階へ。

ラ・コロナ@中野
カウンターとテーブル席を合わせて、38席。
開放的な空間。

ラ・コロナ@中野
窓からは、温かい日差し。

今回は、「海の幸のパエリア(1000円)」。
サラダ・ドリンク・デザート付き。

ラ・コロナ@中野
最初に、サラダ。
レタスの上に、薄切りの紫玉ねぎとニンジン。
バルサミコ酢の混ざったドレッシングで、お口サッパリ。

ラ・コロナ@中野
鉄鍋に入ったパエリアが、到着。
正式には、「パエジャ」と言う。

ラ・コロナ@中野
ムール貝、浅蜊、イカ、エビなど魚介類タップリ。
魚介の風味、プンプン。
お米は、芯が少し残る程度で、香ばしい。
レモンを絞りながら、回しかけると旨さ倍増。

ラ・コロナ@中野
食後のプチデザート。
抹茶味。

ラ・コロナ@中野
ドリンクは、グレープフルーツジュース。

外の喧噪を忘れ、静かでゆったりとした時間を過ごす。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

La Corona
*************
【住所】東京都中野区中野5-57-5 マルヤビル 2F
【電話】03-3228-2662
【定休日】不定休
【営業時間】
*11:30-15:00(L.O.14:30)/17:30-24:00(L.O.23:30)・・・平日
*11:30-24:00(L.O.23:30)・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分

「La Corona(ラ・コロナ)のレポート」。

2006年創業。
スペイン&イタリア料理のお店。

ラ・コロナ@中野
中野駅北口より、中野ふれあいロードを北進。
「和牛焼肉 だるま」の2階にある。

ラ・コロナ@中野
狭い階段を登って店内に入ると、店内は予想以上の開放的な空間。
カウンターとテーブル席を合わせて、38席。
貸し切りパーティーも可能な広さ。

ラ・コロナ@中野
どちらかというとカジュアルなレストラン、或は洋風居酒屋のような雰囲気。

ラ・コロナ@中野
ランチメニュー。

今回は、「ムーチョ・エスパニョーラ(1000円)」。
サラダ、ソフトドリンク、デザート付。

ラ・コロナ@中野
サラダ。
レタスの上に、薄切りの紫玉ねぎとニンジン。
バルサミコ酢の混ざったドレッシングでいただく。

ラ・コロナ@中野
ムーチョ・エスパニョーラという料理は現地にはないので、「ラ・コロナ」のオリジナル。

皿にほうれん草を敷き詰め、中央にサフランライスとキーマカレー、サイドにトマトソース、玉子の黄身とマヨネーズ。

タコライスのような、キーマカレーのような創作料理。

ラ・コロナ@中野
ライスはサフランライスで、ボリュームも多め。
このライスに、キーマカレーとトマトソースが良く合う。
辛さとトマトの酸味が合わさって、美味しさ倍増。

玉子の黄身やマヨネーズを混ぜるとコクが増し、野菜はお口直し。
野菜が多めなので、くどさは感じず最後まで美味しくいただけた。

ラ・コロナ@中野
食後のホットコーヒー。

ラ・コロナ@中野
プチデザート。
抹茶味。

ゆったりと午後のひと時を過ごすには、良いお店。
ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

La Corona
*************
【住所】東京都中野区中野5-57-5 マルヤビル 2F
【電話】03-3228-2662
【定休日】不定休
【営業時間】
*11:30-15:00(L.O.14:30)/17:30-24:00(L.O.23:30)・・・平日
*11:30-24:00(L.O.23:30)・・・土・日・祝
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩5分


「マドリード (Madrid)@中野」の実食レポート。

2012年10月5日、オープン。
「有限会社アルコス」が運営するお店。
渋谷店に次ぐ、2店舗目。

4回目のレポート。

マドリード@中野セントラルパーク
複合施設ビル「中野セントラルパークサウス」の1階。
天気の良い時は、このテラス席で食事をしてみたい。
考えることは同じで、先客で一杯。

マドリード@中野セントラルパーク
ならば、室内で。

マドリード@中野セントラルパーク
窓から入ってくる光が、何とも言えぬ雰囲気を醸し出す。

マドリード@中野セントラルパーク
スペインらしい内装。
オシャレ!

マドリード@中野セントラルパーク
今回は、「直火焼きパエヤ(1100円)」。
ホリデーランチということで、ウィークデーランチと違いサラダはついていない。

マドリード@中野セントラルパーク
大振りの海老2尾、ホタテ、ムール貝、アサリ、イカなどの魚介がたっぷり。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

マドリード@中野セントラルパーク
甲殻類の出汁がシッカリ染みている。
Σ(´θ`)うめぇ~

マドリード@中野セントラルパーク
おこげの香ばしさも、パエーリャならでは。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

スペインワインショップ&レストラン マドリード 中野店
***********************************************
【住所】東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス 1F
【電話】03-3389-0070
【定休日】不定休(中野セントラルパークサウス に準ずる)
【営業時間】11:00-23:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「マドリード (Madrid)@中野」の実食レポート。

2012年10月5日、オープン。
「有限会社アルコス」が運営するお店。
渋谷店に次ぐ、2店舗目。

3回目のレポート。

マドリード@中野セントラルパーク
複合施設ビル「中野セントラルパークサウス」の1階にある。
テラス席でお食事・・・素敵。
でも、空きがない(涙)。

マドリード@中野セントラルパーク
女性の占有率が高い。

マドリード@中野セントラルパーク
タイルの模様が、スペインらしさを醸し出している。

マドリード@中野セントラルパーク
今回は、「イベリコ黒豚の鉄板焼き(1100円)」。

マドリード@中野セントラルパーク
バケットか、ライスかを選択。
腹持ちがいいのは、ライスの方かな。
バケットはお代わりができないようなので、ライスをチョイス。
あっ、ごはんもこれでは・・・。

マドリード@中野セントラルパーク
イベリコ豚は、ドングリを食べて飼育されている(*´з`)ちゃん。
脂身の口溶け感がイイっす。
アスパラやパプリカなどの野菜も美味しい。

とてもヘルシーなランチだった。
あとで、お腹もヘルシー。

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

スペインワインショップ&レストラン マドリード 中野店
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス 1F
【電話】03-3389-0070
【定休日】不定休(中野セントラルパークサウス に準ずる)
【営業時間】11:00-23:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

「マドリード (Madrid)@中野」の実食レポート。

2012年10月5日、オープン。
「有限会社アルコス」が運営するお店。
渋谷店に次ぐ、2店舗目。

今回は2回目の訪問。

マドリード@中野
複合施設ビル「中野セントラルパークサウス」の1階にある。

マドリード@中野
ビルの内廊下からの出入り口。

マドリード@中野
壁に掛けられた絵皿が、スペインの雰囲気を醸し出している。

マドリード@中野
店内は、78席 (店内63席・テラス15席)。
開放感あふれる店内。

マドリード@中野
モザイクのタイルは、スペイン特有の模様。

マドリード@中野セントラルパーク
今回は、「直火炊きパエヤ(1100円)」。

マドリード@中野セントラルパーク
最初にサラダ。
サニーレタスの他、パプリカ、紫キャベツ、そしてコーンフレーク。

マドリード@中野セントラルパーク
「パエヤ」到着。
このお店では、「パエリア」とは言わないのね。

paellaのLLの発音は、地方によって違うので、“ヤ”、“ジャ”、“リャ”に分かれる。
よって、「パエヤ」、「パエージャ」、「パエーリャ」どれでも、間違いではないそうだ。

マドリード@中野セントラルパーク
少々提供に時間のかかるメニューだが、直火炊きならばしょうがない。
海老、ホタテ、ムール貝、アサリ、イカなどの魚介がたっぷり。
(*゚Q゚*)ウマ!(*゚Q゚*)ウマ!

マドリード@中野セントラルパーク
ご飯は魚介の旨みが、しっかりとしみ込んでいる。
おこげの香ばしさも、パエーリャならでは。
Σ(´θ`)うめぇ~

ヾ(*´∀`*)ノ マタネ!

スペインワインショップ&レストラン マドリード 中野店
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【住所】東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス 1F
【電話】03-3389-0070
【定休日】不定休(中野セントラルパークサウス に準ずる)
【営業時間】11:00-23:30
【アクセス】JR中央線・総武線/東京メトロ東西線 中野駅北口 徒歩4分

このページのトップヘ